赤ちゃんの定義って? 何歳何ヶ月までが赤ちゃん? 赤ちゃんの後は何て呼べばいい?

ウチの子はまだ赤ちゃんなのかな?

ウチの子はまだ赤ちゃんなのかな?
筆者には4歳の息子と9ヶ月の娘がいます。娘はオムツ、授乳、ミルク、離乳食を食べているので「赤ちゃん」と呼んで良い時期でしょう。息子は一人でトイレができますし、大人と同じ物を食べているのでもう「赤ちゃん」ではありません。

子供が母乳を飲まなくなったり、つかまり立ちをするようになったり、子育てをしていると赤ちゃんの成長の速さを感じ、「少しずつ赤ちゃんではなくなってきた」のを実感するパパママも多いはず。その境界線はどこにあるのでしょうか? 今回は赤ちゃんの定義について調べてみましたのでご覧ください。

どのくらいのママが完全母乳育児で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
どのくらいのママが完全母乳育児で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
赤ちゃんは母乳で育てた方がいいというのはどのママも聞いたことがあるでしょう。では、どのくらいのママが実際に母乳育児をしているのでしょうか? 母乳に粉ミルクを混ぜて赤ちゃんに飲ませたり、ミルクで育児をするのはダメなのでしょうか? いろいろな事情を持つママのために母乳育児、混合育児、ミルク育児について調べてみました。
赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 離乳初期、離乳中期、離乳後期、離乳完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 離乳初期、離乳中期、離乳後期、離乳完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんが生後5ヶ月、生後6ヶ月になった頃から離乳食はスタートします。ちょうど下の前歯が生えはじめる頃ですね。しかし、初めて子育てをするママは初めての離乳食でどんなものを食べさせればいいのか、不安ですよね。この記事では離乳食の基本的な内容を離乳初期、中期、後期、完了期に分けてご紹介します。

赤ちゃんの定義って? 法律で決まっているの?

赤ちゃんの定義って? 法律で決まっているの?
赤ちゃんという呼び方は実は法律には一切使われていません、そのため、赤ちゃんの定義もあいまいになりがちです。ただ、赤ちゃんを守るために定められた母子保健法という法律を参考にすれば、赤ちゃんがどの年齢を指すのかはおおよそわかります。

母子保健法では、出生後28日未満を「新生児」、生後0日から満1歳未満までを「乳児」、満1歳から小学校就学までを「幼児」と表現しています。そのため、新生児・乳児=赤ちゃん、幼児=子供と解釈すると、0歳から1歳までが赤ちゃんということになります。

新生児や乳児はなぜ赤ちゃんと呼ばれるの?

新生児や乳児はなぜ赤ちゃんと呼ばれるの?
では、新生児や乳児がなぜ赤ちゃんと呼ばれるようになったのでしょうか。赤ちゃんは皮膚が薄く、興奮して血の巡りがよくなると肌が赤くなります。このため赤子と呼ぶようになり、それが転じて赤ちゃんと呼ぶようになったと言われています。新生児を過ぎたら皮膚の赤みは落ち着いてくるので、皮膚が赤いから「赤ちゃん」と呼ぶのであれば、生後28日を過ぎた乳児はもう「赤ちゃん」では無さそうな気もしますね。

次のページでは赤ちゃん、新生児、乳児、それぞれの意味の違いや、赤ちゃんと幼児の定義の違いをご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!