赤ちゃんの定義って? 何歳何ヶ月までが赤ちゃん? 赤ちゃんの後は何て呼べばいい?

ウチの子はまだ赤ちゃんなのかな?

ウチの子はまだ赤ちゃんなのかな?
筆者には4歳の息子と9ヶ月の娘がいます。娘はオムツ、授乳、ミルク、離乳食を食べているので「赤ちゃん」と呼んで良い時期でしょう。息子は一人でトイレができますし、大人と同じ物を食べているのでもう「赤ちゃん」ではありません。

子供が母乳を飲まなくなったり、つかまり立ちをするようになったり、子育てをしていると赤ちゃんの成長の速さを感じ、「少しずつ赤ちゃんではなくなってきた」のを実感するパパママも多いはず。その境界線はどこにあるのでしょうか? 今回は赤ちゃんの定義について調べてみましたのでご覧ください。

どのくらいのママが完全母乳育児で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
どのくらいのママが完全母乳育児で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
赤ちゃんは母乳で育てた方がいいというのはどのママも聞いたことがあるでしょう。では、どのくらいのママが実際に母乳育児をしているのでしょうか? 母乳に粉ミルクを混ぜて赤ちゃんに飲ませたり、ミルクで育児をするのはダメなのでしょうか? いろいろな事情を持つママのために母乳育児、混合育児、ミルク育児について調べてみました。
赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんが生後5ヶ月、生後6ヶ月になった頃から離乳食はスタートします。ちょうど下の前歯が生えはじめる頃ですね。しかし、初めて子育てをするママは初めての離乳食でどんなものを食べさせればいいのか、不安ですよね。この記事では離乳食の基本的な内容を離乳初期、中期、後期、完了期に分けてご紹介します。

赤ちゃんの定義って? 法律で決まっているの?

赤ちゃんの定義って? 法律で決まっているの?
赤ちゃんという呼び方は実は法律には一切使われていません、そのため、赤ちゃんの定義もあいまいになりがちです。ただ、赤ちゃんを守るために定められた母子保健法という法律を参考にすれば、赤ちゃんがどの年齢を指すのかはおおよそわかります。

母子保健法では、出生後28日未満を「新生児」、生後0日から満1歳未満までを「乳児」、満1歳から小学校就学までを「幼児」と表現しています。そのため、新生児・乳児=赤ちゃん、幼児=子供と解釈すると、0歳から1歳までが赤ちゃんということになります。

新生児や乳児はなぜ赤ちゃんと呼ばれるの?

新生児や乳児はなぜ赤ちゃんと呼ばれるの?
では、新生児や乳児がなぜ赤ちゃんと呼ばれるようになったのでしょうか。赤ちゃんは皮膚が薄く、興奮して血の巡りがよくなると肌が赤くなります。このため赤子と呼ぶようになり、それが転じて赤ちゃんと呼ぶようになったと言われています。新生児を過ぎたら皮膚の赤みは落ち着いてくるので、皮膚が赤いから「赤ちゃん」と呼ぶのであれば、生後28日を過ぎた乳児はもう「赤ちゃん」では無さそうな気もしますね。

赤ちゃん=新生児、乳児?

赤ちゃん=新生児、乳児?

赤ちゃん=乳児は正しい

先ほど紹介した母子保健法でも児童福祉法でも「乳児=1歳未満」とされているので、法律に準じるなら1歳未満の子供を赤ちゃんとするのでいいでしょう。ただし、ベビー用品販売会社によっては2歳未満までを赤ちゃんと呼ぶこともあります。

ベビー用品は対象年齢が0~2歳など幅広く対応しているモノが多いですし、上で紹介したような厳密な赤ちゃんの定義を採用すると1~2歳までのベビー用品は「幼児用」と書かなければならなくなります。パパやママにとっては、1~2歳対応のベビー用品であっても「赤ちゃん用」と紹介される方が違和感はないでしょう。そのため、赤ちゃんという言葉が、法律上の乳児の定義を超えて2歳頃まで使われても仕方がないでしょう。

新生児は生後28日までの赤ちゃんを指す

新生児は赤ちゃんですが、赤ちゃん=新生児というわけではありません。新生児は母子健康法という法律で生後28日までの赤ちゃんと定義されています。月齢が1ヶ月頃までの赤ちゃんが新生児、それ以降は赤ちゃんか乳児ということになります。新生児の定義については下記記事で詳しく解説していますので、そちらをご覧ください。

赤ちゃんが新生児と呼ばれるのはいつまで? 新生児の特徴や発達、一人目だと不安な育児について
赤ちゃんが新生児と呼ばれるのはいつまで? 新生児の特徴や発達、一人目だと不安な育児について
新生児は、生まれてからいつまでのことを言うのでしょうか? 法律で決まっているのでしょうか? 乳児と新生児は違うのでしょうか? 新生児の赤ちゃんの定義や特徴、成長についてご紹介します!

赤ちゃんと幼児の線引き、違いはどこにある?

赤ちゃんと幼児の線引き、違いはどこにある?
ハイハイをしている子は【赤ちゃん】、よちよち歩きも【赤ちゃん】、哺乳瓶を使ってる【赤ちゃん】、オムツをはいている【赤ちゃん】、ベビーカーに乗っている【赤ちゃん】、筆者が考え付くまでにあげてみました。哺乳瓶、オムツ、ベビーカーに関しては親の都合で使うことも多く、オムツは性能がいいため4歳を過ぎても使用してる子供もいます。ですから、しっかり歩き始めたかどうかを赤ちゃんと幼児の線引きにしてもいいのではないでしょうか。

ハイハイ、よちよち歩きの子は赤ちゃんに見えますよが、子供がしっかり歩き始めると赤ちゃんではなくなるイメージがあります。ただ、子供が歩き始める時期には個人差があります。1歳前から歩き始める子供もいますし、1歳を過ぎていてもまだ歩いていない子供もいるでしょう。そのため、1~2歳頃に子供がしっかり歩き始めたら「ウチの子はもう赤ちゃんじゃなくなった…」と考えてもいいのではないでしょうか。ただ、ママの気持ちを考えれば、「赤ちゃん」と「幼児」の線引きはそこまで厳密にせず、曖昧にしておいた方がいい気もします(笑)。

ベビーカー選びのポイントを徹底解説!アップリカとコンビのどちらが人気? おすすめ10選
ベビーカー選びのポイントを徹底解説!アップリカとコンビのどちらが人気? おすすめ10選
選択肢があり過ぎて選ぶのに迷うベビーカーについて、選び方のポイントや実際に育児中のパパママが選んだメーカー、価格帯、製品までを徹底的に調査しました。A型・B型・ベビーバギーの違いとメリット、デメリット、シートが高いハイシートタイプがおすすめな理由など、ベビーカーの基礎知識もまとめました。
赤ちゃんの哺乳瓶の選び方! いつまで使う? 消毒は毎回必要? 人気のピジョンなど、おすすめ5選!
赤ちゃんの哺乳瓶の選び方! いつまで使う? 消毒は毎回必要? 人気のピジョンなど、おすすめ5選!
赤ちゃんの授乳には欠かせない哺乳瓶はピジョンやコンビなどの育児用品メーカーから、いろいろな種類が販売されています。どれを買うべきか迷ってしまいますよね。どのサイズを買えばいいのか? 哺乳瓶の消毒は利用の度に必要なのか? おすすめは? などパパママの疑問にお答えします。

参考:赤ちゃん返りって何?

いろいろなことができるようになった子供が、まるで赤ちゃんに戻ったような振る舞いをすることがあり、「赤ちゃん返り」と呼ばれています。下の子が産まれたばかりの上の子に特に起こりやすいと言われていますが、一人っ子でも環境が変わったときに起こることもあります。

赤ちゃん返りの原因は「もっと愛情を注いで欲しい」という気持ちの表れだと言われています。自分を見て欲しい、構って欲しい、可愛がって欲しい、という気持ちです。そのため、今までできていたことをやらなくなったり、激しいワガママや自己主張をして親に手をかけさせる行動を取ります。

筆者の息子も赤ちゃん返りがありました。特に多かったのは「抱っこのおねだり」と食事を「食べさせて」という要求でした。今でも続いていますが、「赤ちゃんだね」とよく言っています。何をするにも本人が受け身になっていることが赤ちゃんなのかもしれない、とも感じますね。

赤ちゃん返りにイライラしないで! 子供がママに求めていることとは?
赤ちゃん返りにイライラしないで! 子供がママに求めていることとは?
下の子が生まれた頃から上の子が今まで以上に甘えっ子になったり、困らせることばかりしてきたり…仕方ないと思う反面、正直イライラしてしまうこともありますよね。赤ちゃん返りをしている子供求めていること、どう対応するのが良いのか先輩ママの体験談を交えながら解説します。
一人っ子のメリットは? 男の子と女の子の一人っ子それぞれの特徴をご紹介
一人っ子のメリットは? 男の子と女の子の一人っ子それぞれの特徴をご紹介
子供を何人産むかはママだけで決められることではありませんね。「3人産むように」という無責任な政治家の発言に一人っ子を育児しているのママは憤ったでしょう。一人っ子にもきょうだいにもそれぞれメリットがあります。今回は一人っ子のメリットと特徴を探っていきます。

まとめ:赤ちゃんなのか、幼児なのかの線引きはあいまいがいい

赤ちゃんなのか、幼児なのかの線引きはあいまいがいい
1~2歳頃には赤ちゃんでもあり幼児でもある時期があります。法律上の乳児の定義はありますが、赤ちゃんの定義がいつからいつまでと決まっているわけではありません。つまり、「赤ちゃんは何歳まで?」というのはパパママの感じ方次第、解釈によって異なるということでしょう。赤ちゃんがだんだん成長していく姿は嬉しくもありますが、寂しくもあります。いつまでも赤ちゃんで居られるのは困りますが、ゆーっくり成長して、ママの側に居て欲しいものですね。

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!