おむつ漏れの原因と対策! 赤ちゃんのおむつ漏れを防ぐ4つの方法

赤ちゃんのおむつからおしっこやウンチが漏れてしまい、困った経験があるパパママは多いのではないでしょうか。洋服やお布団が汚れてしまうおむつ漏れは、洗い物を減らすためにも予防したいですが、赤ちゃんも汚れたおむつを不快に感じてしまいます。おむつ漏れの原因と対策をご紹介しましょう。

おむつ漏れとは?


日本のおむつは性能が良いと世界的にも有名で、たくさんおしっこをしてもしっかり防いでくれます。しかし、正しくおむつを装着できていなかったり、おしっこやうんちの量や状態によってはおむつから漏れてしまうこともあります。おしっこの場合はおむつの太もも部分から漏れてしまうことが多いですね。新生児の赤ちゃんはうんちの水分が多いため流れやすく、寝転がっていることも多いためうんちが背中に回っておむつから漏れてしまうこともよくあります。このような状況をおむつ漏れと呼びます。

おむつ漏れの原因は?


おむつ漏れはどうして起きてしまうのでしょうか。おむつ漏れの原因をご紹介します。

おむつ漏れの原因1:おむつのサイズが赤ちゃんに合っていない


おむつは赤ちゃんの体重ごとにサイズ分けがされています。おむつメーカーによっておむつの規定体重は多少前後しますが、サイズの変化によっておむつの腰回りや太もも回りなどの幅、おへそから股下までの長さなどが違います。

赤ちゃんの成長はあっという間なので、大量にストックしているおむつが赤ちゃんの成長が早すぎて小さくなることもあるでしょうし、おむつが小さくなっていることに気が付かないこともあるでしょう。赤ちゃんの適正体重より 小さいサイズのおむつをつけていると、おむつと赤ちゃんの身体がフィットしないのでおむつ漏れしやすくなります。おむつが大きすぎても太ももや腰回りに隙間ができてしまうため、うんちやおしっこが漏れやすくなります。おむつのサイズは新生児用、S、M、L、ビックサイズなどと分かれているため、お使いのおむつと赤ちゃんの体重や体型とおむつのサイズが合っているかを確認してみましょう。

おむつ漏れの原因2:おむつが赤ちゃんの体にフィットしていない


あまり気にしたことがないパパママもいるかもしれませんが、おむつには漏れを防止する工夫がたくさんあります。例えば、横漏れを防ぐギャザーです。このギャザーが立っておらず横に倒れていると漏れの原因になってしまいます。また、おむつが歪んでいたりおむつの履かせ方が浅かったりしても、隙間が生まれてしまうため、これもおむつ漏れの原因になります

おむつはさまざまなメーカーが出しており、同じ体重設定でも幅感やゴムの締めつけなどメーカーによって細かい点が異なります。おむつのサイズも赤ちゃんへの履かせ方も間違っていないのにおむつ漏れをする場合は、使用しているおむつのメーカーが赤ちゃんの体型に合っていない可能性があります。布おむつを利用しているパパママは、特におむつ漏れの悩みが多いのではないでしょうか? 布おむつは、この「フィット感」が紙おむつに比べると少ないため、おむつ漏れしやすくなってしまうのです。

おむつ漏れの原因3:おしっこの量が多かったり軟便だと漏れやすい


おむつは赤ちゃんの月齢ごとの1回のおしっこの平均量を想定し、おむつのサイズごとに吸水性が決められます。しかし、同じ体重の赤ちゃんでもおしっこの量には差がありますし、たくさん水分を摂ればたくさんおしっこが出ます。長時間、赤ちゃんのおむつ替えができずに何回分もおしっこを溜めてしまった、という状況になれば、おしっこの量がおむつの吸収量をオーバーしてしまいます。うんちがゆるい場合にもおむつ漏れしやすい傾向にあります。おむつのサイズが合っていたとしてもゆるいうんちは背中の隙間から流れ出てしまうため、新生児期やちょっと軟便ぎみの時にはおむつ漏れに注意が必要です

おむつ漏れを防ぐ! 4つの対策


赤ちゃんがおむつ漏れをしてしまったときは服やおくるみ、シーツなどの洗濯物が増えてしまうので、できればおむつ漏れは防ぎたいですよね。それでは、赤ちゃんのおむつ漏れを防ぐ4つの対策をご紹介します。

関連記事

おくるみは何歳から何歳まで使えるの? 赤ちゃんにおくるみは必要? おすすめ10選!

おむつ漏れの対策1:赤ちゃんの体型に合ったおむつを使う


まずは赤ちゃんの体重がおむつのパッケージに表記されているサイズの範囲内かどうかを確認し、大きすぎたり小さすぎたりしないものを選びましょう。体重とサイズは合っているけれども
「おむつが赤ちゃんのお尻を完全に覆っていない」
「腰や太ももがきつそうで、ゴムの部分が赤く跡が付いている」
「気がつけばおむつがパンパン」
という場合には、ひとつ上のサイズのおむつを使用するのをおすすめします。また、おむつにはテープタイプとパンツタイプがあります。寝返りやハイハイを始めて動きが活発になってくると、テープタイプはどうしてもずれてしまうため、パンツタイプに切り替えると良いですよ。

おむつ漏れの対策2:おむつのメーカーを変える


おむつメーカーによって同じMサイズでも微妙にサイズ感が変わってきます。おむつメーカーによって、おむつに1度に溜めておけるおしっこの量なども異なるため、赤ちゃんに合ったおむつメーカーを見つけることをおすすめします。おむつメーカーによっては赤ちゃんの軟便を漏らさないようにうんちポケットが付いているものもあります。赤ちゃん用品売り場などに行くと1枚だけ入ったおむつの試供品を貰えることもあるため、いくつかのメーカーを貰って試してみても良いですね。

筆者は育児中にはメリーズ、パンパース、ムーニーの3ブランドのおむつを入れ替えながら赤ちゃんにはかせていました。新生児の頃は「このメーカーがいい!」と思っていても、成長とともに赤ちゃんに合うおむつメーカーは変わりました。最初は他のママからのおすすめでメリーズを買っていました。メリーズのおむつは確かによくできているのですが、欲しいサイズが売り切れのことが多く、パンパースやムーニーも試してみた結果、子供が2歳の今はパンパースで落ち着いています。このように、いろいろ試すことで赤ちゃんに合ったおむつが見つかることがあるので、たまには他のおむつメーカーにも浮気をして、いろいろ試してみるのもいいですよ。

おむつ漏れの対策3:おむつを正確につける


赤ちゃんはおむつ替えの時にじっとしているとは限りません。赤ちゃんが泣いたり暴れたりする中でおむつを替えるのは大変ですが、正しくおむつをつけることもおむつ漏れ対策になります。おしっこの横漏れを防ぐために付いている立体的なギャザーはしっかり立てておむつをつけるようにしましょう。また太もものフリルも内側に入り込んでいると隙間の原因となるため、フリルが外に出ているかどうかも確認してください。腰回りや太もも周りは、指を一本入れてみて少し締めつけられる位が調度良いとされています。おむつを締めつけすぎると赤ちゃんは苦しいかな? と心配になりますが、ゆるいとおむつ漏れをしてしまうため、しっかり赤ちゃんの体にフィットした状態でおむつをつけましょう。

おむつ漏れの対策4:赤ちゃんのおむつをこまめに取り替える


おむつメーカーが日々工夫を重ねていることもあり、おむつの吸収量は増えていますが、それでも限界量を超えればおむつ漏れをしていまいます。また、おしっこをしたおむつは蒸れてしまうので、蒸れたままつけているとお尻がかぶれてしまいます。赤ちゃんが泣いていなくても、こまめにおむつの状態をチェックして定期的に取り替えてあげてください。

関連記事

おむつかぶれの原因、予防、対処法! ママが自宅でケアする方法は?

まとめ:おむつのはかせ方と交換頻度でおむつ漏れは予防できる


出先でなかなかおむつが替えられずにおむつ漏れしてしまった、というような仕方がないケースも多々ありますが、おむつのサイズやメーカーを替えるだけで改善できることもあります。おむつ漏れに悩むパパママはいろいろなおむつをぜひ一度試してみてくださいね!