トランポリンの子供への効果と選び方、家庭用とマンション向けおすすめトランポリン10選

トランポリンの子供への効果とは?

トランポリンの効果
子供はソファやベッドで飛び跳ねることが大好き。トランポリンは、子供が遊び感覚で楽しみながらできる運動としておすすめです。トランポリンで5分間ジャンプするだけで、なんと1kmのジョギングに相当する運動効果があると言われています

また、ジャンプすることで、子供は空中感覚を身につけつつ、体幹を鍛えることもできます。つまり、スポーツする際に必要な運動神経を鍛えることができるのです。その他にも、リンパ液の流れが良くなったり、免疫力向上、便秘解消、ダイエット効果、ストレス解消などさまざまなメリットがあるので、トランポリンを使った運動は、子供にも大人にも大変効果的です。

子供の体操教室は何歳から通える? 体操教室の種類やメリット、選び方のポイントを紹介
子供の体操教室は何歳から通える? 体操教室の種類やメリット、選び方のポイントを紹介
子供の初めての習い事に「体操教室」を考えているパパママも多いのではないでしょうか。体操教室って何をするの? 何歳から通えるの? といろいろな疑問がありますよね。今回は体操教室の種類やメリット、選び方のポイントなどを紹介します!

子供は何歳から何歳まで家庭用トランポリンで遊ぶことができる?

子供向けの室内遊園地の中にはトランポリンを設置しているところも多いですが、3歳頃から遊ぶことができると年齢制限を設けていることが多いです。「3歳になるまではトランポリン遊びはダメなのか…」と思うかもしれませんが、子供向けトランポリン教室の中には3歳未満でも受け入れてくれる場所もあります。重要なのは子供がトランポリンで飛び跳ねても大丈夫な安全性が確保されているかです。子供がトランポリンから落ちないような転落防止ネットがついているものを選べば3歳未満でも安心して遊ぶことができるでしょう。

また、何歳までトランポリンで遊ぶことができるのかについてはトランポリンの耐荷重によって違います。トランポリンによっては100㎏までの重さに耐えられるものもあり、こういった製品なら大人も遊ぶことができます。耐荷重40~50㎏ぐらいのトランポリンなら小学生高学年頃までが対象となるでしょう。

子供向けトランポリンの選び方

子供向けトランポリンの選び方
子供が使うトランポリンは、どういった点に注意して選べばいいのでしょうか? 安全面や性能などについて、ポイントをお伝えします。

トランポリンの選び方1:安全性から選ぶ

トランポリンには、構造として金属製のスプリングを使用したものとゴムバンドを使用したものの2種類があります。ゴムバンド式のほうが安全性が高く、教育機関で使われることも多いです。スプリング式の場合、スプリングの間に足がはさまってしまう恐れがあります。ただ、最近はスプリングの部分にカバーがついていたりと、安全性に考慮したものもあります。その他にも、脚の数が多いほど安定感があるなど、安全性に関わる要素はいくつかあります。購入を考えている商品の安全性については、必ずチェックしましょう。

トランポリンの選び方2:サイズから選ぶ

サイズは大きいほうが安全性の面でも安心ですが、あまり大きいと部屋が狭くなってしまいますよね。置きたい部屋とのバランスを考慮しながら選ぶようにしましょう。

トランポリンの選び方3:耐荷重から選ぶ

耐荷重とは、一度にのれる総重量のこと。トランポリンを選ぶ際には必ずチェックすべきポイントです。大きさにもよりますが、耐荷重によって子供が一度に何人のっても平気か、大人が一緒にのっても大丈夫かなどの判断ができます。

トランポリンの選び方4:手すりや転落防止ネットがあるものを選ぶ

特に小さい子供の場合、手すりや転落防止ネットつきだと恐怖心を持つことなく安全に遊ぶことができます。ただ、子供によっては逆に手すりがあるほうがぶつかって危ないということも。手すりや転落防止ネットが取り外し可能なものを選ぶと、どちらにも対応できて便利です。

トランポリンの選び方5:静音性から選ぶ

スプリングを使用したものはギシギシと音を立てることがあるので、ゴムバンドを使用したもののほうが音が気になりません。その他、脚にゴム製のキャップがついている、マットとセットになっているなど、静音効果のある商品を選ぶと良いでしょう。

家庭でトランポリンをするときの注意点

特にマンションの場合、ドスンドスンという音と衝撃が階下に響いてしまう可能性があるので、静音設計のものを選びましょう。また、衝撃を緩和して音を響かせないため、それから床に傷をつけないためにも、マットを敷いたほうがベターです。

家庭用におすすめのトランポリン

家庭用におすすめのトランポリン
子供が安全に使えるもの、大人の運動不足解消にも役立つものなど、おすすめの家庭用トランポリンを5つご紹介します。

大人も子供も楽しめるトランポリン

  • 商品の特徴:大人も子供も使える、折りたたみ可能なトランポリン。カバーが21色と豊富で、インテリアに合わせて選ぶことができます。
  • サイズ:直径102cm×高さ22cm
  • 耐荷重:110kg
  • 口コミ:「子どもにはかなり好評で、テレビを見ながらや時間があるときに飛び跳ねています」「毎日4歳の子供が飽きずに遊んでいて、買って良かった」「カバーの色がたくさんあって、選ぶのも楽しいです」

手すりつきで小さい子供も安心

  • 商品の特徴:手すりは、子供の成長に合わせて85〜135cmまで5段階調整可能。取り付け、取り外しも簡単にできます。
  • サイズ:直径102cm×高さ85〜135cm
  • 耐荷重:110kg
  • 口コミ:「手すりがあると、ひねる運動なども安定してできるので、手すり付きでよかったです」「とてもしっかりした作りで、子供と夫が一緒に跳ねても問題ないです」「ジャンプができなかった2歳の娘が、数日でジャンプを習得しました!」

安全ネットつきの幼児用トランポリン

  • 商品の特徴:屋内でも屋外でも使えるトランポリン。幼児1〜2人で遊ぶのに適しています。安全ネットがついているので落ちる心配もなく、安心です。
  • サイズ:直径140cm×高さ165cm
  • 耐荷重:45kg
  • 口コミ:「下にもネットがあり、幼い子が入れないようになっているので安全です」「早速夢中で遊んでいます。網があるので安心です」「手こずることなく、簡単に組み立てることができたので良かったです」

トイザらス限定! トーマスのトランポリン

  • 商品の特徴:子供たちに大人気のきかんしゃトーマスのトランポリン。脚が6本ついているので、安定感があります。
  • サイズ:直径90cm×高さ20cm
  • 耐荷重:70kg
  • 口コミ:「思っていたより軽量で、サッと壁に立てかけることもできます」「3歳の息子の誕生日プレゼントにしました。 毎日ジャンプして楽しそうに遊んでいます」「大好きなトーマスのトランポリン、毎日楽しく遊んでいます」

みんな大好き! アンパンマンのトランポリン

アンパンマン ぴょんぴょんジャンプ

アンパンマン ぴょんぴょんジャンプ

7,900円(12/08 12:21時点)
Amazonの情報を掲載しています
  • 商品の特徴:アンパンマンが大好きなお子さんにおすすめ。ネット固定用のフックの先端を丸くするなど、安全に配慮した設計になっています。
  • サイズ:直径90cm×高さ20cm
  • 耐荷重:70kg
  • 口コミ:「最初は怖がっていましたが、1週間も経たないうちに慣れて今は楽しそうに飛んでいます」「アンパンマンもかわいくて、毎日喜んで跳ねてます」「ほどよいスプリングで、安心して遊ばせることができます」

マンションでも使えるトランポリン

マンションでも使えるトランポリン
マンションに住んでいる場合は、階下に音が響いて迷惑にならないか気になりますよね。そこで、静音の工夫がされているもの、マットとセットになっているトランポリンなどを5つご紹介します。

静音設計の手すりつきトランポリン

  • 商品の特徴:静音設計されているうえ、脚の部分にキャップがついているため、階下への騒音を気にせずに遊ぶことができます。手すりがついているので子供でも安心。
  • サイズ:直径91cm×高さ62〜91cm
  • 耐荷重:110kg
  • 口コミ:「子供たちが思い切り飛んでも大して音もせず、下の部屋の人と話しましたが聞こえていないようです」「手すりの高さを調整出来たり、手すりの場所も変えられるため安心して使えます」「大人も体幹を鍛えられ、ダイエットにも良いので、家族みんなで使っています」

あると安心のトランポリン専用マット

  • 商品の特徴:6枚のパーツを組み合わせるジョイント式マット。衝撃を吸収し、階下への騒音や床の傷ができるのを防ぎます。
  • サイズ:116cm×118cm
  • 口コミ:「敷くのと敷かないのとでは大違いだと思いました」「使い始めてしばらく経ちますが、床は傷ついておらず、また音への苦情もありません」「さすが専用品だけあってしっかりしています。トランポリンの足の跡も数時間できれいに元に戻ります」

マット付きでリーズナブル

  • 商品の特徴:スプリングに金属を使用していないので、金属独特のきしむ音がしません。さらにマット付きなので安心。マンションでも問題なく使用できます。
  • サイズ:直径 102cm×高さ22.5cm
  • 耐荷重:100kg
  • 口コミ:「跳んでもほとんど音はしないし、マットがついてこの値段は安いと思います」「音も静かで、マットのおかげでトランポリンがずれて移動してしまうこともなく快適です」「金具がないので怪我などの心配がなく、安心です。子供がソファでピョンピョンすることが減りました」

空気で膨らませるトランポリン

  • 商品の特徴:空気を入れて膨らますタイプなので、衝撃が伝わりにくく、安全性も万全。安心して子供を遊ばせることができます。
  • サイズ:直径182cm
  • 耐荷重:54kg
  • 口コミ:「雨の日や暑い日でも家の中で遊べるし、怪我の心配もなく、子供も大喜びです」「ちょっとした秘密基地みたいで、家族みんな大喜びでした」「雨の日や寝る前など30分ほど入っていると疲れてすぐ寝付いてくれるので助かります」

ジャンピングボード型トランポリン

  • 商品の特徴:ボードの下にあるスプリングが衝撃を吸収するので、音が響きにくく、階下への騒音の心配なく遊ぶことができます。マットも付いているので、さらに安心。
  • サイズ: 縦70cm×横70cm×高さ12.5cm
  • 耐荷重:100kg
  • 口コミ:「脚の部分は空気入れのポンプのような物で、普通のトランポリンのように弾むわけではありませんが、小さい子には安全で良いと思います」「跳ねすぎないので、転ぶこともなく安心です」「子供だけでなく大人も使用していますが、階下の人に聞いても音がわからないそうで良かったです」

まとめ


雨の日も家で運動ができるトランポリン。ひとつあると、何かと役立ちますよ。大人も使えるものを選べば、コストパフォーマンスも文句なしです!

6歳の子供の成長と発達の目安 身長・体重・ことば・社会性の目安も紹介
6歳の子供の成長と発達の目安 身長・体重・ことば・社会性の目安も紹介
小学校への入学が目前に迫ってきた6歳。できることが増え、体も心も大きく成長している時期です。今回は6歳の身体面・知能面の発達の目安について紹介していきます。我が子の成長具合が気になるママ、ぜひ参考にしてみてくださいね。
おすすめの幼児教室19選! スポーツ、英語、お受験など人気の教室を紹介!
おすすめの幼児教室19選! スポーツ、英語、お受験など人気の教室を紹介!
幼児教室とひと言で言っても教室ごとに特徴があります。小学校受験に特化していたり、英語教育に特化していたり、といったことです。どの教室が親のニーズを満たしていて、かつ我が子の感性に合うのかを判断するには情報収集がカギとなるでしょう。今回は幼児教室の特徴ごとにわかりやすく紹介します。
キックボードの選び方とは? 幼児や小学生におすすめの人気キックボードを紹介
キックボードの選び方とは? 幼児や小学生におすすめの人気キックボードを紹介
公園で子供がキックボードに乗っている姿を見ると、我が子にも買ってあげたいと思うパパママも多いのではないでしょうか。でも、キックボードを買う前に先に三輪車を買ってあげるべきかなど、迷いますよね。そこで、幼児向けのキックボードの選び方やおすすめキックボードをご紹介します。
自転車デビューにおすすめの子供用自転車9選 失敗しない選び方も解説
自転車デビューにおすすめの子供用自転車9選 失敗しない選び方も解説
一口に子供用自転車といっても、実は細かくサイズが分かれています。安全性のために、そして何より子供が楽しんで乗ってくれるよう、成長に合った自転車を選んであげましょう。おすすめの自転車、安全に自転車にのるポイントを紹介していきます。
2歳の子供が乗るなら、三輪車とストライダーどっちがおすすめ?
2歳の子供が乗るなら、三輪車とストライダーどっちがおすすめ?
2歳頃になって公園遊びも増えてくると、三輪車やストライダーに興味を持つ子もでてきます。買ってあげたいと思うものの、「三輪車とストライダーどっちがいいの?」と悩みますよね。本記事では結局どちらがおすめなのか、徹底検証します!
室内用ジャングルジムは子供に必要? おすすめ商品とママたちの口コミを紹介
室内用ジャングルジムは子供に必要? おすすめ商品とママたちの口コミを紹介
室内用ジャングルジムでの遊びは子供の発達に良いといわれています。では何歳頃から遊ばせるとよいのでしょうか? 選び方やおすすめ商品とともに紹介していきます。実際のママたちの口コミも取り上げるので、購入を検討しているパパママはぜひ参考にしてみてくださいね。
砂遊びが子供に与えるメリットを紹介! 砂遊びデビューはいつがおすすめ?
砂遊びが子供に与えるメリットを紹介! 砂遊びデビューはいつがおすすめ?
砂遊びには、子供の能力を高めるようなメリットがたくさんあります! 砂遊びでは、洋服が泥んこになったり、衛生面が気になったりする部分もあるかもしれませんが、子供には思いっきり砂遊びをさせてあげたいですよね。砂遊びの効果や注意点などをご紹介します。
子供の習い事の選び方とは? 小学生に人気の習い事をスポーツ・文化・教育別に紹介
子供の習い事の選び方とは? 小学生に人気の習い事をスポーツ・文化・教育別に紹介
子供の同級生が習い事を始めたと聞くと、そろそろ我が家も習い事を…と考えますよね? でも、習い事の種類が多くて何を選んだらいいのか悩むパパママが多いはず。ここでは年々進化している小学生の習い事について、種類別におすすめな子供の習い事の特徴と費用の目安についてまとめてみました。

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!