3歳になったら読んでほしいおすすめ絵本 定番から知育絵本まで大紹介!

3歳児にぴったりの絵本の選び方

3歳児にぴったりの絵本の選び方
0歳〜2歳の乳幼児は、リズムを楽しむ絵本やカラフルなイラストの絵本が中心でしたが、3歳児は好奇心が高まり人やものへの興味でいっぱいになる時期。言葉の理解も進み、ストーリー性のある絵本も楽しめるようになります。読みごたえのある絵本を読み聞かせることで言葉はもちろん、感情の発達にも大きな効果が! 絵本選びで大切にしたいポイントは文書がシンプルであること。1ページ5行程度で、20〜30ページのボリュームのものがいいでしょう。また、イラストがストーリーに沿って丁寧に描かれていると、視覚からも話の内容を楽しむことができます。絵本が苦手という子供には、興味のある題材や経験した題材を選ぶのがいいですよ。たとえば犬や猫など身近な動物が出てくるお話や、散歩などの日常を扱ったお話など。その他、誕生日・クリスマスなどのイベントをテーマにしたお話もおすすめです。

関連記事

子供から人気な絵本、親が好きだった絵本は? おすすめの絵本10選!
収納力バツグンの絵本ラック特集 おしゃれにかわいく絵本をお片づけ!

子供の力を伸ばす絵本の読み聞かせ方

子供の力を伸ばす絵本の読み聞かせ方
3歳児は簡単なお話なら理解できるようになりますが、一度で理解するのはまだ難しい年齢。何度も同じ本を読みたがる場合は、繰り返し読み聞かせをしてあげてください。同じ絵本を何度も読むことで、子供はより速く新しいことを学ぶというイギリスのサセックス大学の研究結果も出ています。3~5歳になるとストーリーの理解度が上がり、好奇心もさらに旺盛になります。少し難しい内容の絵本でも、本人が興味を示すなら積極的に読んであげてくださいね。また、3歳児は語彙力、記憶力、集中力、感情が大きく発達する時期でもあります。これらの能力をさらに伸ばすには、読み聞かせの方法も重要になってきます。そのポイントを一緒に見ていきましょう。

関連記事

絵本の読み聞かせの教育効果とは? 年齢別の絵本の読み聞かせ方法も紹介!

子供が感じた絵本の世界を大切にする

子供が感じた絵本の世界を大切にする
親が正解を求めたり、内容を理解させたりすることは避け、子供が自分で考える余地を残してあげてください。これは「共有型」の読み聞かせといわれ、子供の語彙力を伸ばすことが分かっています。また、親も一緒に絵本体験を楽しんだり、子供のペースや興味に合わせて読み聞かせをしたりしてあげることも「共有型」の読み聞かせとして有効です。

オーバーな表現は控え、アドリブはしない

大げさに絵本の内容を表現しようとするとかえって子供の集中力が途切れてしまいますし、表現上の工夫であっても絵本を動かすことはNG。絵本が動くと絵から内容を読み取りづらくなるので注意してくださいね。
そして絵本はイラストと言葉のリズムもしっかり考えられています。言葉を言い換えずに文章通りに読んであげましょう。

話の途中で質問せずゆっくりとしたペースで読む

話の途中で質問せずゆっくりとしたペースで読む
子供の集中力やストーリーへの感情移入を中断させてしまうため、お話の途中で親から質問するのはやめましょう。難しい単語が出てきたときは、その言葉が示すイラストを指さしてあげるといいですよ。また、はっきりとした口調で、心を込めて読んであげましょう。ページはゆっくりめくるように心がけてくださいね。

裏表紙まで読んであげる

著作権上の「内容の改変」にあたるため、文章やページを飛ばすことはNGです。また絵本は表紙から裏表紙まで物語が続いていたり、余韻を味わう工夫がされていたりします。そのため裏表紙までしっかり見せてあげてください。

ママたちからも大好評! 人気のおすすめ絵本3選

時代を超えて愛される名作は『やさしさ』『勇気』『愛』といった、普遍的なテーマが根底にあります。「どんな絵本を選べばいいの? 」と迷ったら、まずはロングセラー作品を選んでみましょう。

ぐりとぐら

作者:中川李枝子(作)・大村百合子(絵)
出版社:福音館書店
参考価格:972円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

お料理と食べることが何よりも好きなぐりとぐらが、森で大きな卵を見つけてパンケーキを作るお話。こんがりフワフワなパンケーキは、子供たちの食への好奇心を刺激すること間違いなし。読み終わった後にパンケーキを手作りするのも楽しいですね。

はらぺこあおむし

作者:エリック=カール
出版社:偕成社
参考価格:1296円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

世界で愛される色の魔術師カールの代表作。あおむしが卵から美しい蝶へと成長する姿が描かれており、大人になることに対しての希望と期待を抱くことができます。ちょっとしたしかけや数遊びなども魅力です。

たんじょうびおめでとう

作者:わかやまけん
出版社:こぐま社
参考価格:864円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

3歳の誕生日を迎えてはりきるこぐまちゃんの一日を描いたお話。こぐまちゃんを通して、子供たちは「ぼくもできるよ」「わたしはまだ苦手だな」など、感情移入しながら楽しむことができます。3歳の誕生日プレゼントとしてもおすすめ。

驚きがいっぱい! 「体験」できるしかけ絵本3選

ひらく、つまむ、考える…参加型のしかけ絵本は、子供の積極性や自発性を高めるのにぴったり! また、驚きと感動が脳の活性化にも繫がります。

みんなみんなみーつけた

作者:木村裕一(作)・黒井健(絵)
出版社:偕成社
参考価格:1188円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

ライオンやしまうま、うさぎ、…キュートな動物たちが森でかくれんぼをするお話です。ページをめくると隠れた動物の姿が見えるようになっており、観察力や想像力を養えます。可愛いイラストも魅力の一冊。

しろくまのパンツ

作者:tupera tupera
出版社:ブロンズ新社
参考価格:1512円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

しろくまのパンツをねずみと一緒に探すお話。しましま柄や花柄、水玉柄など、さまざまなパンツが登場します。そして物語の最後にはあっと驚く発見が…! 第2回 街の本屋が選んだ絵本大賞、第4回 ようちえん絵本大賞など、多くの賞を受賞するしかけ絵本の傑作です。

とけいであそぼう アンパンマンいまなんじ?

作者:やなせたかし(原作)・東京ムービー(作画)
出版社:フレーベル館
参考価格:1188円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

絵本に組み込まれた時計の長針を動かせば短針も回るしかけで、時計の概念が感覚的に分かる点がポイント。3歳児にはまだ◯時◯分と教えるのは難しいので、1時間や30分単位で「朝ご飯の時間」「おやつの時間」という風に教えるといいですよ。

子供の発育を促す「知育」絵本3選

知育絵本を通して、思考力や記憶力、判断力、発想力、想像力を育てていくことができます。内容はもちろん、子供が「やってみたい」と興味を示すものを選んであげてください。

関連記事

アンパンマンおもちゃの人気ランキング15選! 0・1・2歳編

ふれあい親子のほん 3歳だもん

作者:無藤隆
出版社:学研プラス
参考価格:1620円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

動物、昆虫、草花、乗り物、恐竜などテーマ毎に分かれており、生き物の秘密に興味津々な3歳児の好奇心にしっかりこたえます。130ページと情報量が多い点もポイントです。

すくすくげんき! 脳とこころ 3さいのおけいこ

作者:成田奈緒子
出版社:ポプラ社
参考価格:1274円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

3歳児特有の好奇心や探究心を刺激する知育絵本。思いやりを育てる章や言葉への理解を深める章、正しい生活習慣を身につける章などさまざまな項目に分かれており、運動機能と五感を総合的に育めます。

コロボックルのことばえほん おとがいっぱい

作者:たちもとみちこ
出版社:ブロンズ新社
参考価格:1296円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

「ぐつぐつ」「とことこ」…朝ごはんのしたくや登園など、朝起きてから幼稚園のお迎えまでのストーリーに、動物たちの動作を表す擬音語が添えられています。擬音語は発声しやすく覚えやすいから、遊び感覚で言葉に親しめます。

関連記事

知育とは? 年齢ごとにおすすめな家庭でもできる知育教育を紹介!

まとめ

好奇心や言葉の理解力、記憶力がグンとアップする3歳児。自分で考える力も身についていきます。そのため絵本のメッセージや親が伝えたいテーマよりも、まずは「絵本って楽しいな」という子供の気持ちを大切にしてあげましょう。また幼稚園や保育園への入園など、新しい世界が広がり社会性を身につけていくのもこの年齢。さまざまなことに興味を持ち吸収していく時期だからこそ、多くの魅力的な絵本を通して子供の成長を後押ししてあげたいですね。