4歳におすすめの絵本 定番から知育絵本まで自分で読むのにぴったりな本も紹介

4歳児にぴったりな絵本の選び方

4歳児にぴったりな絵本の選び方
会話が上手になり、自分の気持ちを言葉でしっかりと伝えられるようになる4歳。この時期に読む絵本が子供の成長に与える影響はとても大きいのです。4歳になるとシンプルなお話なら自分で読めるようになり、自分でお話を考えてオリジナルストーリーを作れるようにもなります。絵本で学んだ事が日々の生活に直結するので、さまざまな世界観を知れたり、いろいろな知識を得ることができる本を選んであげたいですね。

関連記事

絵本の読み聞かせの教育効果とは? 年齢別の絵本の読み聞かせ方法も紹介!

1、読みながら「主人公になりきれる」絵本を選ぶ

読みながら「主人公になりきれる」
4歳になると、主人公になりきってお話の展開に泣いたり笑ったり喜ぶことができます。想像力豊かな4歳児には、想像の世界で自由に遊べるファンタジー性の強い物語がおすすめです。絵本の世界に入り込んで空想の世界を楽しめるお話は、想像力を高めて好奇心を刺激してくれますよ。子供の気に入ったストーリーなら、長めの絵本でも最後まで飽きずに聞いてくれるでしょう。

2、おともだちとの関わり方を学べる絵本を選ぶ

おともだちとの関わり方を学べる
おともだちと一緒に遊ぶことが増えてくる4歳児は、おともだちとの関わりの中でさまざまな気持ちを学びます。集団生活の中でおともだちとケンカをしたり、おもちゃの取り合いをしたりといろいろな場面に遭遇するでしょう。そのような場合にどのように対応すればいいのかをパパママが口で伝えるのではなく、絵本を通して子供に伝えるのがおすすめです。絵本の世界を現実世界に結び付けて、すんなり受け入れてくれますよ。また相手への思いやりや助け合う気持ちなどを描いた絵本を選んであげると、やさしい心を育むことができて心を豊かにしてくれます

3、好奇心と考える力を育む図鑑もおすすめ

好奇心と考える力を育む図鑑もおすすめ
「どうしてこうなるの?」「なんでこうなの?」と生活の中のなぜ? なに? が複雑になってくるのが4歳児です。パパママが答えに困ってしまうような質問もありますよね。そんな質問や疑問に答えてくれて、子供の興味を深堀りしてくれるのが図鑑です。子供の「なんでだろう?」はとても大切な気持ちなので、好奇心や考える力を育ててくれる図鑑をプレゼントしてあげましょう。図鑑は子供だけではなくパパママが一緒に楽しむことで、図鑑の魅力がグンとアップします。図鑑で見たものを公園に探しに行くなど親子で楽しんでくださいね。

4歳のプレゼントにもおすすめの人気絵本

ロングセラー絵本や定番絵本など、4歳児に人気の絵本をご紹介します。4歳の誕生日プレゼントにもおすすめですよ。

からすのパンやさん

作:加古 里子
出版社:偕成社
参考価格:1080円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

発売から40年以上経った今でも愛されているロングセラー絵本。パパママも1度は読んだことがあるのではないでしょうか? からすの夫婦が赤ちゃんのお世話をしながら美味しいパンを焼くお話です。約80種類のパンが見開きいっぱいに描かれたページは子供たちに大人気! 「どのパンが好き?」など子供と会話しながら楽しめる絵本です。

くれよんのくろくん

作・絵:なかや みわ
出版社:童心社
参考価格:1296円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

くれよんの「くろくん」はせっかくきれいに描いた絵を汚されたくないからと、他のくれよん達に仲間外れにされてしまいます。でもその後、最終的にはくろくんのおかげで素敵な絵が完成するというお話。仲間外れにされたくろくんの気持ちに寄り添い、仲間の長所を見つけるなどお友達との関わり方を学び思いやりの気持ちを育む絵本です。カラフルで可愛らしい絵は、プレゼントとしても喜ばれますよ。

ねえ、どれがいい?

作:ジョン バーニンガム
出版社:評論社
参考価格:1620円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

たくさんある質問の中から自分で考えて答えを選んでいくという、主人公になりきって空想の世界で遊べる絵本です。質問の内容は奇想天外なものばかりで「選べない!」「どれもいや!」など親子で会話が弾みますよ。子供にその答えを選んだ理由を聞いてみると、子供の豊かな発想力に驚いたり、面白い答えに笑ったり盛り上がること間違いなしです。

4歳児の力を引き出す知育絵本

好奇心旺盛な4歳児の考える力や答えを見つける喜びを教えてくれるのが図鑑や知育絵本です。4歳の子供の可能性を引き出してくれますよ。

はっけんずかん どうぶつ 改訂版

作・編集:山口正義、今泉忠明
出版社:学研プラス
参考価格:2030円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

イラストのあちこちに出てくるしかけの扉をめくると、質問の答えや巣の中など普段は見られない部分を覗けるなどたくさんの「はっけん」が出来る図鑑です。ページをめくるたびにワクワクドキドキがいっぱい詰まっているので、4歳児の好奇心を刺激してくれます。

1から100までのえほん

作:たむら たいへい
出版社:戸田デザイン研究室
参考価格:1728円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

たくさんの動物や乗り物が出てきて、ストーリー性もあるので楽しみながら数が学べる知育絵本です。1から100まで丁寧なイラストで細かく描かれています。絵が5個ずつになっているので数えやすく、この本1冊で100までの数の概念を学べますよ。

とけいのほん1

作:まつい のりこ
出版社:福音館書店
参考価格:972円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

どんぐりぼうやと時計の針「ちび」と「のっぽ」が、時計の読み方をわかりやすく教えてくれる絵本です。とけいのほん1では針の進むスピードが違うことや、「何時」「何時半」を学べます。「とけいのおべんきょう」ではなく、読んでいくことで自然ととけいの概念を理解できますよ。とけいのほん2では「何時何分」を学べるので、1の内容を理解出来たら2にステップアップするといいでしょう。

4歳児が自分で読むのにぴったりな絵本

完璧ではないけれど、少しずつひらがなが読めるようになる4歳児。ひらがなを理解し始めた子供が自分ひとりで読める絵本をご紹介します。自分で読むといつもとは違う発見があるかもしれませんね。

わゴムはどのくらいのびるかしら?

作:マイク サーラー 絵:ジェリー ジョイナー 訳:きしだ えりこ
出版社:ほるぷ出版
参考価格:1296円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

主人公がわゴムがどのくらい伸びるのか試してみようとさまざまな場所に出かけていくお話。いつわゴムが切れてしまうのか、読みながらハラハラドキドキを楽しめます。文字が少なく読みやすいので、4歳児でも絵本の世界に入り込んで自分のスピードで読めますよ。 

14ひきのあさごはん

作:いわむら かずお
出版社: 童心社
参考価格:1296円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

ほのぼのとしたイラストが人気で、ねずみの大家族が描かれた14ひきのシリーズ。大家族がみんなで協力しておいしい朝ごはんを用意して、賑やかに食卓を囲む様子が楽しめます。色彩豊かでねずみの動きなどが細かく描かれているので、絵本を開くたびに新しい発見ができますよ。1ページに1文と少ない文章なので、自分で読むのにぴったりな絵本です。

す~べりだい

作・絵:鈴木 のりたけ
出版社:PHP研究所
参考価格:1080円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

こんなすべりだいで遊んでみたい! とワクワクしちゃういろいろな形のすべりだいが出てくることばあそび絵本。「すーーーべりだい」「するするべりべりだい~ん!」など子供なら夢中になってしまうこと間違いなしの面白い響きの言葉がたくさん出てきます。単純な言葉ばかりですが読み方で雰囲気が変わるので声色を変える、抑揚を付けてみるなど子供が感じたまま読んで楽しめる絵本ですよ。

まとめ

4歳の子供に人気の絵本や、自分で読める絵本をご紹介しましたが、いかがでしたか?
絵本は子供とコミュニケーションが自然にとれて、会話を楽しめるものです。また、絵本を通じて知らなかった世界を知るきっかけになり、子供の好奇心を満たしてくれます。身体と心の成長がめざましい4歳児の助けになってくれる絵本。ぜひ積極的にいろいろな絵本に触れ合ってみてくださいね。

関連記事

子供から人気な絵本、親が好きだった絵本は? おすすめの絵本10選!