男の子の七五三はいつ? 何歳にお祝い? 服装は袴、着物、スーツ、レンタル?

男の子の七五三のお祝いはいつ?

男の子の七五三はいつ?
七五三は子供の成長を実感できる日本の伝統的なお祝いです。男の子の七五三をお祝いする年齢は地域によっても異なりますが3歳と5歳にお祝いをするのが一般的です。ただし、男の子の七五三のお祝いは、関東圏では5歳の1回のみという地域や家庭もあります。

みなさんが今、お住まいの地域やパパママの家庭の方針で3歳も5歳も七五三を祝うのかを決めていいと思いますが、3歳も5歳も七五三のお祝いを行い、家族写真を撮影した方が将来の思い出になりますよ。3歳と5歳、たった2年の違いですが、驚くほど子供は成長し、表情も変わっていますから。3歳の子供はまだ幼く、顔も可愛らしい時期です。その後、1年ごとに子供はグングン顔つきや体つきが変わっていきます。また、家族揃って子供の成長をお祝いする機会が多いことはとても嬉しいことです。七五三は本来子供の健やかな成長を願って行う行事なので、男女の区別なく3歳、5歳、7歳と全年齢でお祝いをするのもいいですね。

関連記事

七五三のお祝いはいつ? 男の子、女の子でどう違う? お参り時期や写真撮影時期のおすすめは?

3歳の七五三は満年齢3歳でやるのがおすすめ

3歳の七五三は満年齢3歳でやるのがおすすめ
3歳の七五三は実際にどのタイミングやるといいのでしょうか?日本には、「数え年」と「満年齢」という年齢の数え方があります。数え年では0歳という年齢をカウントせず、生まれてからその年の大晦日までが1歳、年を越すと2歳…と年を重ねます。つまり、数え年での3歳は満年齢の2歳の子もいるということになります。魔の2歳児と言われるイヤイヤ期と重なると、パパママは大変です。七五三のお祝いでお参りに行って子供が静かにしていられるか、機嫌良く晴れ着を着ていられるかと心配が尽きません。七五三のお祝いは長時間になることが考えられますので、満3歳になってからお祝いをするがおすすめです

男の子の七五三の衣装は? 着物? 袴? スーツ?

男の子の七五三の衣装は? 着物? 袴? スーツ?
パパママも楽しみな七五三の衣装選び。男の子の七五三は何を着せたらいいでしょうか?

男の子の七五三のお祝いの衣装:和装の場合

和装の場合

3歳の男の子の七五三祝い:被布の着用がおすすめ

3歳の七五三祝いでは帯を締めません。7歳の「帯解きの儀」で初めて帯を締めます。3歳では「被布(ひふ)」という着物の上から羽織るベストのようなもので、腰紐や兵児帯を隠します。被布は女の子の七五三のイメージが強いかもしれませんが、男の子用の被布もあるんですよ。

5歳の七五三祝いは「袴儀」という男の子が袴を着用し始める儀という意味合いを持っているため、ほとんどの子が袴を選びます。そこで3歳の七五三では、その時しか着られない被布を選んでみてはいかがでしょう? 被布は動きやすく、着付けやトイレ、オムツ替えも楽なのでおすすめです

5歳の男の子の七五三祝い:羽織袴がおすすめ

5歳の七五三は男の子にとって成人への第一歩とされる「袴着の儀」です。伝統に沿って羽織袴をおすすめします。羽織袴には2種類あり、「行灯袴」はロングのスカートのような作りをしています。もう片方の「馬乗り袴」は江戸時代に武士が乗馬するために着た袴で、足が二股に分かれています。馬に乗っていただけあり動きやすいので、5歳の七五三でよく着用されるのは「馬乗り袴」です

男の子の七五三のお祝いの衣装:洋装の場合

洋装の場合

スーツ

七五三での男の子の服装では、普段から着慣れない着物や袴に比べ、スーツは洋服に近く動きやすいので子供の機嫌を損ねることも少ないでしょう。万が一七五三の衣装を汚してしまっても洗いやすいのもパパママには嬉しいポイントです。洋装であれば、着物と違って動きやすく長時間着ていられるので、七五三のお参り後もそのまま食事にも行きやすいでしょう。また、洋装であれば着付けがいらないのもおすすめなポイントです。七五三のお祝い後に結婚式などのお祝い事にも着回しができるので、洋装であれば子供のために1着購入してもいいかもしれません。このように、洋装での七五三祝いはメリットが多いことから、七五三の写真撮影は和装でし、お参りやお祝いの食事はスーツで、というケースも増えています

カジュアルな洋服

気楽に七五三のお祝いをするならカジュアルな服装を選んでもいいでしょう。普段から着ている洋服なので子供の負担がありませんし、汚してしまっても気になりません。シャツやパンツ、靴や帽子などパパママがコーディネートするのも楽しいですね。最近の子供服にはおしゃれなものが多いので、七五三のコーディネートも作りやすいと思います。

七五三のお祝いの衣装は購入とレンタルどっちがいいの? メリットとデメリット

衣装は購入とレンタルどっちがいいの? メリットデメリット
七五三のお祝いの衣装は購入とレンタルのどちらが良いのでしょうか。七五三の衣装の購入とレンタルのメリット・デメリットをご紹介します。

七五三祝いの衣装を購入するメリット、デメリット

購入のメリット、デメリット
七五三祝いの衣装の購入のメリットは、やはり新品を着せてあげられることでしょう。たくさんの中から選ぶことができ、トレンドの加わった新作なども多くあります。購入してしまえばずっと手元にあるので、写真撮影とお参りは別の日にするなど、日程の調整もつけやすくなります。七五三祝いの衣装は、しっかりしたものだと2万円前後、安いものなら1万円以下でそろえることもできるため、七五三の衣装を購入するパパママは意外とたくさんいます。

七五三の衣装を購入するデメリットは、着用する回数が少ないことです。着物は七五三以外で着る機会はなかなかありません。一生に一度の機会だからいい着物を…と考えるパパママだと高くついてしまうでしょう。兄弟がいればおさがりで使うことも可能ですが、着物は保管にも気を使わねばならず、年に数回虫干しをするなどのお手入れが必要です。

七五三祝いの衣装をレンタルするメリット、デメリット

レンタルのメリット、デメリット
写真撮影と七五三のお参りでしか使わない衣装を買うのはちょっと…というパパママは七五三衣装のレンタルはいかがでしょう。七五三祝いの衣装は写真スタジオや美容院、ネットショップなど最近ではいろいろなところでレンタルができます。七五三の衣装をレンタルするメリットは、購入するより断然安く済むこと。七五三で衣装を着た後に洗う必要もなく、そのまま返却するだけでOK。着物の知識がなくても気軽に扱うことができます。着物のお手入れや保管場所の確保も不要です。

七五三の衣装をレンタルするデメリットは、選べるデザインが限られることでしょう。近所のお店やメジャーなスタジオなどで七五三の衣装をレンタルすると、お友達と全く同じものだった! なんてことも起こるかもしれません。レンタルスタジオに気に入った七五三衣装のデザインがあっても、貸出中だったり他の予約が入っていると借りることができません。七五三祝いの衣装をレンタルするのなら、早めに下見して予約を入れておくといいでしょう。また、七五三衣装のレンタル先によっては、衣装を汚してしまったり破いてしまうと別料金が発生するところもあります。天気が悪くて汚さないか、やんちゃな子供が服を破ってしまわないかヒヤヒヤしてしまうこともあるかもしれません。

まとめ:男の子だって七五三を楽しもう!

まとめ:男の子だって七五三を楽しもう!
もともと女の子のイメージだった3歳と7歳の七五三ですが、男の子もお祝いしてもよく、性別を気にせず七五三を楽しむ家庭も増えてきました。子供の成長をお祝いする七五三は、衣装や年齢も伝統に縛られず、柔軟にお祝いしてはいかがでしょう? 3歳、5歳、7歳は男の子はまだまだ手のかかる年齢です。日々の子育てにパパママは大変かもしれませんが、七五三をいいきっかけにして、家族の大切な思い出を写真に残し、昔の写真と見比べながら、子供の成長を振り返ってみてください。

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!