男の子の七五三はいつ? 3歳でもお祝いする? 服装や決めるべきこと

男の子の七五三のお祝いはいつ行う?

男の子の七五三はいつ行う?

3歳、5歳でお祝いするのが一般的

七五三は子供の成長を祝う日本の伝統的な儀式で、男の子の場合、地域によっても異なりますが、3歳と5歳で七五三を行うのが一般的です。3歳と5歳で七五三を行うのは、かつて日本の伝統儀式であった「髪置きの儀(かみおきのぎ)」(=3歳)、「袴着の儀(はかまぎのぎ)」(=5歳)に由来しています。主に関東圏では、男の子の七五三のお祝いは5歳の1回のみ、というケースが多いです。

男の子の七五三を、3歳も5歳もどちらも行うのか、それともどちらかにするのかは、お住まいの地域や家庭の方針で決めていいでしょう。3歳から5歳ころの男の子は、1年ごとに顔つきや体つきがぐんぐん変わっていきます。3歳と5歳のどちらも七五三のお祝いを行う場合は、たった2年でも、男の子の驚くほどの成長ぶりを確認することができるでしょう。

最近は7歳でもお祝いするケースも

また、もともと女の子が行うイメージだった7歳の七五三ですが、最近では男の子が7歳でも七五三を行う家庭も増えてきました。3歳、5歳、7歳の3回とも男の子の七五三を行うケースもあります。兄弟・姉妹がいる場合などは特に、一緒に七五三をお祝いするために、七五三を行う年齢には柔軟に対応しているパパママも多いようです。七五三は本来子供の健やかな成長を願って行う行事なので、性別や年齢など正式な形にこだわらずに、家庭の事情や兄弟の有無などで、柔軟に七五三を行う時期を決めるといいでしょう。

家族揃って子供の成長をお祝いできるのはとても嬉しいことです。七五三ではしっかりと家族で記念撮影しておき、後で子供の成長ぶりをふり返りましょう。

七五三はいつお祝いするの? 数え年・満年齢のどっち? 男の子と女の子でお祝いする年齢が違うの? 
七五三はいつお祝いするの? 数え年・満年齢のどっち? 男の子と女の子でお祝いする年齢が違うの? 
七五三はいつお祝いしたらいいのでしょうか? 子供が3歳・5歳・7歳の時に行う伝統行事ということは知っていても「数え年? 満年齢?」と、悩むパパママもいるかもしれません。さらに、男の子と女の子でお祝いする年齢も違うため、七五三についての基礎知識を説明します。また、写真撮影の時期やおすすめのスタジオも紹介します。

七五三は数え年で行うの? それとも満年齢?

七五三は数え年で行うの? それとも満年齢?

かつて七五三は数え年で行うのが正式でしたが、現在では、七五三は数え年と満年齢のどちらで行ってもいいとされています。「数え年」とは、0歳という年齢をカウントせず、生まれてからその年の大晦日までが1歳、年を越すと2歳…と年を数える方法です。一方「満年齢」は、通常の年齢の考え方と同じで、生まれた日を0歳とし、翌年の誕生日で1歳、その翌年の誕生日で2歳…と数える方法になります。数え年と満年齢の数え方に従って年齢を数えると、約1年分の差ができることになります。

七五三を行うのは数え年でも満年齢でもどちらでも大丈夫なのですが、地域によっては今でも七五三を数え年で行うのが一般的なところもあります。また、世代の違うおじいちゃんおばあちゃんとは考えが違う場合もありますので、数え年と満年齢のどちらかで行うかは、周りと相談しながら決めるのがいいでしょう。

3歳の七五三は満年齢3歳でやるのがおすすめ

3歳の七五三は、数え年よりも満年齢でお祝いするのがおすすめです。数え年での3歳は、満年齢で2歳の男の子もいるということになります。魔の2歳児と言われるイヤイヤ期と七五三が重なると、パパママは大変です。七五三のお祝いでお参りに行って子供が静かにしていられるか、機嫌良く着物を着ていられるか、長時間耐えられるかかなど、何かと心配がつきませんね。2歳と3歳では、たった1歳の差でもぐずりが減るなどずいぶん男の子の様子が変わってくるので、満年齢3歳の方がスムーズに七五三を行うことができるでしょう。

男の子の七五三の服装は?


男の子の七五三の衣装は年齢によって何を選べばいいのでしょうか? 和装や洋装のどちらにするかも迷うポイントですね。

3歳の和装なら被布がおすすめ


3歳の七五三祝いでは帯を締めないので、3歳では「被布(ひふ)」という着物の上から羽織るベストのようなもので、腰紐や兵児帯を隠します。被布は女の子の七五三のイメージが強いかもしれませんが、男の子用の被布もあります。5歳の七五三祝いは「袴儀」という男の子が袴を着用し始める儀という意味合いを持っているため、ほとんどの男の子が袴を選びます。そのため、被布を着ることができるチャンスは3歳の七五三のみです。被布は動きやすく、着付けやトイレ、オムツ替えも楽なので、3歳の七五三では被布がおすすめです。

七五三 男の子 被布セット

着物・被布コート・袖なし襦袢がセットになった被布セットです。ポリエステル製でお手入れしやすいので、汚してしまいがちな3歳の男の子でも気にせずに着せることができますよ。着付けも簡単です。オフシ白/黒菊菱、濃紺緑縞/グレー市松など、4種類の中から選べます。

七五三 3歳 男の子 ブランド被布セット

被布コート・着物・伊達衿(重ね衿)・長襦袢・半衿・雪駄・巾着・足袋の合計8点の被布セットです。着付けが簡単にできるのもポイントです。着物は黒地に鷹や松、軍配などの柄で、被布コートは水色地に兜に松や七宝の刺繍がほどこされています。

5歳の和装なら羽織袴

和装の場合
5歳の七五三は男の子にとって成人への第一歩とされる「袴着の儀」です。伝統に沿って羽織袴をおすすめします。羽織袴には2種類あり、「行灯袴」はロングのスカートのような作りをしています。もう片方の「馬乗り袴」は江戸時代に武士が乗馬するために着た袴で、足が二股に分かれています。馬に乗っていただけあり動きやすいので、5歳の七五三でよく着用されるのは「馬乗り袴」です。

七五三五歳用 羽織袴 フルセット

コーディネート済みの羽織と着物、袴など12点が揃った5歳男の子用の羽織袴フルセットです。着物・袴・羽織のコーディネートは18種類もあり、お好みの色や柄のコーディネートを選ぶことができます。高級ポリエステル生地でできているので、家庭でのお手入れもOKです。

七五三 5歳 絵羽アンサンブル羽織袴セット

こちらも、羽織・着物・長襦袢など9点の羽織袴セットです。白の羽織には、背面に大きく昇り龍が描かれ、インパクト大です。生地はポリエステル製なので扱いやすいですよ。

スーツなどの洋装でもOK!

洋装の場合
普段から着慣れない着物や袴に比べ、スーツは洋服に近く動きやすいので、子供が機嫌を損ねることも少ないでしょう。最近の子供服にはおしゃれなものが多いので、フォーマルスーツでなくても七五三のコーディネートも作りやすいでしょう。洋服であれば万が一汚してしまっても、着物に比べて洗いやすいのもパパママには嬉しいポイントです。洋服は動きやすく長時間着ていられるので、七五三のお参り後にそのまま食事にも行きやすいでしょう。

七五三のお祝いのほかに、結婚式のお呼ばれなどにも着回しができるので、子供のために1着スーツを購入してもいいでしょう。スーツでの場合メリットが多いことから、七五三の写真撮影は和装で行い、お参りやお祝いの食事はスーツで行う、というケースも増えています。

男の子フォーマルスーツ

ベスト・ズボン・ジャケットの3点スーツセットです。素材は綿なので、ゴワつかず柔らかです。サイズが90cm~160cmと幅広くあるのも魅力です。

カジュアルな洋服

気楽に七五三のお祝いを行う場合は、かしこまった着物やスーツではなく、カジュアルな服装を選んでもいいでしょう。普段から着ている洋服なので子供に負担がかかりませんし、もしも汚してしまっても気になりません。シャツやパンツ、靴や帽子などパパママがコーディネートするのも楽しいですね。最近の子供服にはおしゃれなものが多いので、七五三のコーディネートも作りやすいでしょう。

男の子の七五三衣装は購入? レンタル?

衣装は購入とレンタルどっちがいいの? メリットデメリット
七五三のお祝いの衣装は購入とレンタルのどちらがいいのでしょうか。七五三の衣装の購入とレンタルのそれぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

七五三衣装を購入するメリット・デメリット

購入のメリット、デメリット
七五三祝いの衣装の購入のメリットは、やはり新品を着せてあげられることでしょう。たくさんの中から選ぶことができ、トレンド物の新作なども多くあります。購入してしまえばずっと手元にあるので、写真撮影とお参りは別の日にするなど、日程の調整もやりやすくなります。七五三の衣装は、しっかりしたものだと2万円前後、安いものなら1万円以下でそろえることもできるため、七五三の衣装を購入する家庭も多いですよ。

七五三の衣装を購入するデメリットは、着用する回数が少ないことです。特に着物の場合は七五三以外で着る機会はなかなかありません。兄弟がいればおさがりで使うことも可能ですが、着物は保管にも気を使わねばならず、年に数回虫干しをするなどのお手入れが必要です。

七五三衣装をレンタルするメリット・デメリット

レンタルのメリット、デメリット
写真撮影と七五三のお参りでしか使わない衣装を買うのはちょっとな…という場合は、七五三衣装のレンタルがおすすめです。七五三祝いの衣装は、写真スタジオや美容院、ネットショップなど最近ではいろいろなところでレンタルができます。七五三の衣装をレンタルするメリットは、購入するより断然安く済むことです。また、七五三で衣装を着た後に自分で洗う必要もなく、そのまま返却するだけでOK。着物の知識がなくても気軽に扱うことができます。着物のお手入れや保管場所の確保も不要です。

七五三の衣装をレンタルするデメリットは、選べるデザインが限られることでしょう。近所のお店やメジャーなスタジオなどで七五三の衣装をレンタルすると、お友達と全く同じものだった! なんてこともありえます。また、レンタルスタジオに気に入った七五三衣装のデザインがあっても、貸出中だったり他の予約が入っていると借りることができません。七五三祝いの衣装をレンタルする場合は、早めに下見して予約を入れておくといいでしょう。また、七五三衣装のレンタル先によっては、衣装を汚してしまったり破いてしまったりした場合、別料金が発生するところが多いのも注意したい点です。レンタルの場合は子供が汚したり破いたりしてしまわないよう、特に目を配って気をつけなければいけません。

七五三に向けて決めるべきことまとめ

七五三に向けて、考えておくべきことや準備するものを確認しましょう。七五三シーズンである秋の土日祝日は早めに予約が埋まっていくので、早め早めの行動が鍵になります。

七五三の参拝はいつするか

正式な七五三の日にちは11月15日です。七五三が11月15日になった理由は「第5代将軍徳川綱吉が長男徳松の健康を祈った日であることによる」とするものや、「七五三の7と5と3をたすと15になることから」など諸説あり、11月15日には特別な意味合いが込められているのです。

実際に七五三で神社に参拝する日にちは必ずしも11月15日である必要はなく、10月~12月頃に行うケースが多いです。おじいちゃんおばあちゃんの予定も聞きつつ、柔軟に日にちを決めるといいでしょう。ただ、やはり土日祝日は神社が混み合うので、七五三のご祈祷をしてもらう場合に長時間待つことになることも留意しておかなければいけません。もしも都合がつくなら、平日に七五三の参拝をするのがいいですね。

七五三の衣装は購入かレンタルか

まずは七五三の時どのような服装をさせるか考えましょう。その上で、七五三衣装を購入するならばだいたい七五三の半年くらい前まで、レンタルするならば半年から1ヶ月前ころまでに手配を済ませましょう。

着付けは誰が行うか

スーツの場合は着付けは不要ですが、被布や羽織袴の場合は着付けをどうするか決めましょう。被布は、パパママでも比較的簡単に着付けをすることができます。羽織袴は少し複雑ですが、You Tubeなどで着付け方法の動画がアップされているので、パパママが動画を見ながら1つずつ順を追って着付けすることもできます。

着付けに自信がない場合は、美容院で着付けサービスを行っているところや、出張着付けサービスもあるので、調べておくといいですね。

ヘアセット

男の子の髪型も、パパママが簡単にセットしてあげるか、美容院などでプロにお願いするか検討しておきましょう。七五三にはどのような髪型がいいか、事前にネットやインスタなどで探しておくといいですね。

七五三で参拝する神社はどこにするか

七五三で参拝する神社は、有名で大きな神社である必要はなく、自宅の近くにある神社でもかまいません。パパママが結婚式を行った思い出深い神社を選ぶケースもあります。神社で七五三のご祈祷をしてもらえるかどうか、その予約方法なども確認しておきましょう。神社によっては、七五三のご祈祷から衣装のレンタル、着付け、写真撮影、会食までセットになった七五三プランがあるところもあります。プランの有無や内容などをよく調べてみるといいでしょう。

七五三の記念撮影はどうするか

七五三では、当日に記念撮影を行うだけでなく、前撮りや後撮りを行うことも多いです。スタジオで撮影する場合は、混み合って希望の日時が取れなくなることもあるため、早めに予約を取ることをおすすめします。土日祝日に撮影を行いたい場合は、七五三の半年前ころを目安に予約を取りましょう。

七五三のお祝いの会食はどうするか

七五三の参拝・ご祈祷を終えた後のお祝いの会食をどこで行うのかも決めて、予約を取っておきましょう。神社でセットになっているプランもありますし、レストランやホテルで七五三プランを打ち出しているところもたくさんあります。希望の日時を取りたいのであれば、半年くらい前から動き始めましょう。七五三のお祝い膳の宅配もあるので、宅配で料理を手配して自宅でお祝いの会食を行ってもいいでしょう。

七五三の初穂料とは? 金額、のし袋の書き方、渡し方など注意点も紹介!
七五三の初穂料とは? 金額、のし袋の書き方、渡し方など注意点も紹介!
七五三のお参りで、ご祈祷の際に必要な「初穂料(はつほりょう)」。金額はいくらぐらい? のし袋の書き方や渡し方はどうするの? など悩むパパママも多いですよね。マナーを守り正しく初穂料を準備して、子供のお祝いの日を気持ちよくお参りしましょう。
七五三の写真はいつ撮るの? 3歳と5歳ではおすすめの時期が違う?
七五三の写真はいつ撮るの? 3歳と5歳ではおすすめの時期が違う?
七五三はいつ写真を撮ればいいの? という疑問を持つパパママも多いです。男の子と女の子とではお参りする年齢も異なりますよね。写真撮影の3つのパターンとメリットをご紹介します。お子さんの性格を考慮しつつベストな時期を選ぶ参考にしてください。

男の子だって七五三を楽しもう!

男の子だって七五三を楽しもう!
男の子の七五三は、3歳・5歳で行ったり、5歳のみで行ったりするのが通例ですが、3歳、5歳、7歳のどの年齢でも自由に七五三を行うことも増えてきています。伝統にとらわれず、七五三を行う時期を柔軟に決めましょう。3歳、5歳、7歳は男の子はまだまだ手のかかる年齢なので、七五三の準備は大変かもしれませんが、その歳で行う七五三は一度きりです。七五三をいいきっかけにして、家族の大切な思い出を写真に残すのもおすすめです。昔の写真と見比べながら、子供の成長をふり返るのもパパママの楽しみになりますね。

【3歳男の子の七五三】被布と袴どっち? 選び方やおすすめを紹介!
【3歳男の子の七五三】被布と袴どっち? 選び方やおすすめを紹介!
男の子も地域に関係なく3歳の七五三をお祝いするケースが増えてきました。3歳でしか着ることができない被布(ひふ)は可愛いデザインが豊富で、3歳で袴を着た場合は5歳の七五三と比べた時に成長を感じることができますよ。衣装の選び方やおすすめ、着付け方法を紹介します。
【5歳男の子の七五三】羽織袴の選び方やおすすめ7選! 産着を仕立て直して七五三衣装にできる?
【5歳男の子の七五三】羽織袴の選び方やおすすめ7選! 産着を仕立て直して七五三衣装にできる?
男の子の5歳の七五三では羽織袴を着るのが一般的ですが、色やデザインがたくさんあってどれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。鷹や兜などの絵柄の意味や5歳の七五三でおすすめな衣装の色などをご紹介します! 子供に合うデザインを見つけてみてくださいね!
七五三の千歳飴の由来は? 食べるときの注意点やインスタ映えするおしゃれな千歳飴も!
七五三の千歳飴の由来は? 食べるときの注意点やインスタ映えするおしゃれな千歳飴も!
子供の成長を祝う七五三。七五三に欠かせないのが千歳飴です。千歳飴が細長いのは、子供の長寿や粘り強さを願った形と言われています。そんな千歳飴の由来や、人とは被らないおしゃれな千歳飴など、パパママの気になる情報を紹介します。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!