七五三のお祝いはいつ? 男の子、女の子でどう違う? お参り時期や写真撮影時期のおすすめは?

目次

七五三は、いつ、どのようにお祝いすればいいの?

年齢 性別
3歳 男女とも(関東では3歳はお祝いしない場合も)
5歳 男の子
7歳 女の子

七五三を祝う年齢は男女で違います

第一子の七五三をお祝いするパパママの中には七五三は3歳、5歳、7歳それぞれでお祝いすると思っている方もいませんか? 3歳の子供は男女ともに七五三をお祝いしますが、5歳、7歳は上の表の通り、性別によってお祝いしたりしなかったりします。男女ともに七五三のお祝いは2回しかしないわけです。

関連記事

女の子の七五三はいつ? 3歳と7歳のお祝いの違い! 人気の着物の色は?
男の子の七五三はいつ? 何歳にお祝い? 服装は袴、着物、スーツ、レンタル?

初めての七五三は他にも知らないことだらけ

男の子、女の子でどの年齢でどのようなお祝いを行うのか、お祝いは数え年で行うのか、満年齢なのか。何月にお参りに行けばいいのか、お参りは神社、お寺どちらにいけばいいのか…など他にもわらかないだらけですよね。そちらについても下記でご紹介しましょう。

七五三ってどんなイベント? 3歳・5歳・7歳で行う意味とは?

子供の成長の節目を祝う伝統行事です

現在は幼少期に子供が亡くなってしまう確率は減少していますが、昔は小さな子供が病気や栄養失調で亡くなってしまうことは少なくありませんでした。そのため、子供が無事に成長していくことは非常にありがたいこととされており、そしてこの先も健やかに育ってほしいというパパママの願いを込めて成長の節目節目にお祝いが行われていました。そしてそれぞれの行事がひとつに合わさり七五三と呼ばれるようになったのです

男の子は3歳と5歳(地域によっては5歳のみという場合もあります)、女の子は3歳と7歳が七五三のお祝いの対象とされています。この「3歳・5歳・7歳」という年齢にはちゃんとした意味があるのをご存知でしょうか? 以下より詳しくご説明しましょう。

3歳の七五三イベント:神置の儀(かみおきのぎ)


平安時代~江戸時代くらいまでは、3歳までの子供は男の子も女の子もすべて髪を剃るということが当たり前だったそうです。理由は諸説ありますが、ひとつは幼いうちに髪の毛を剃っておくと将来丈夫な髪の毛が生えてくると信じられていたということと言われています。

また、昔は髪の毛を衛生的に保つことが難しかったため、病気の予防のために剃っていたという説もあります。そして、3歳になるとようやく髪を伸ばすことが許されていました。その節目のお祝いとして行われていたのが「髪置の儀」であり、これが3歳の七五三のお祝いの起源となっています。関東では昔は男の子は3歳の七五三のお祝いをしない場合が多かったのですが、最近では3歳もお祝いする家庭が増えてきました。

関連記事

赤ちゃんの散髪は自宅と美容院どっちがいい? セルフカットや美容院選びのポイント、初めて切った髪の毛の残し方を紹介

5歳の七五三イベント:袴着の儀(はかまぎのぎ)


幼児に初めて袴(はかま)を穿かせる儀式のことを言います。昔は3~7歳の間で男の子も女の子もどちらも同じ儀式が行われていましたが、江戸時代から5歳の男の子に限定されるようになりました。この七五三の儀式を行う際には、お祝いされる男の子は碁盤(ごばん)の上に立ち縁起がいいとされる南の方角を向きます。その状態で袴に着替え、パパや健康で子供が多い人などにお願いし腰紐を結んでもらいます。5歳は男の子の成人への一歩とされていたため、立派な大人になりますようにという願いのもと、この「袴着の儀」が行われていました。

7歳の七五三イベント:帯解きの儀(おびときのぎ)


幼少期に着物を着用する際には、帯ではなく着物自体に付けられている「付け紐」が使用されていました。それが7歳を期に大人と同じ帯締めの着物を着用できるようになり、その七五三のお祝いが「帯解きの儀」と呼ばれていました。子供にとっては大人と同じ着物を着られるイベントということで、少し大人になったと感じる、背筋が伸びるようなイベントだったのでしょう。こちらもかつては男の子にも女の子にも同様の儀式があり年齢も4~5歳が対象とされていましたが、江戸時代以降には7歳の女の子のお祝いとして定着するようになりました。

七五三は数え年? 満年齢? 早生まれの子供は?

七五三は数え年・満年齢で選べる

「数え年」と「満年齢」について簡単に説明しましょう。「数え年」では生まれた日からその年の12月31日までが1歳とされ、年が明けると1歳ずつ年齢が増えていきます。一方「満年齢」は今の年齢の考え方と同様で生まれた日を0歳として、翌年の誕生日で1歳となります。同じ3歳という表現をしていても「数え年」と「満年齢」では約1年分の差が出てくるのですね。

お祝い事によっては「数え年」で行うと決められているものもあります。七五三もかつては数え年で祝われていましたが、最近の七五三のお祝いは「満年齢」で祝われることが一般的になってきました。もちろん、昔のように数え年で七五三をお祝いしても構いません。例えば、兄弟姉妹がいる場合に、3歳・5歳・7歳が一度に行えるように子供によって「数え年」と「満年齢」を使い分けるというパパママもいます。子供の状況に合わせて七五三のお祝いが行いやすい方を選びましょう。

ただし、今、お住まいの地域や家庭の伝統などで数え年で七五三を祝うのが決まっている、などがあるかもしれません。あらかじめ祖父母や親族などに確認しておくようにしましょう。

早生まれの子供の3歳の七五三は満年齢でお祝いするのがおすすめ


七五三のお祝いは「数え年」と「満年齢」のどちらで行うかを迷うパパママが多いようです。七五三のお祝いは着物を着たり写真を撮ったりなどやることも多く、長時間拘束されるため子供が七五三のお祝いに耐えられるかも気になるポイントです。そのため、特に3歳の七五三にはなるべく子供が大きくなってからお祝いをすることをおすすめしています

例えば、12月生まれの子供が数え年で七五三を行った場合には1歳11ヶ月でお祝いをすることとなりますが、3月生まれの子供が数え年で七五三を行った場合には2歳8ヶ月でのお祝いとなります。数え年だと元旦を境目に年齢が1歳増えるため、生まれた月が年末に近ければ近い程、七五三当日の生後月齢は低くなっていきます。この点を考慮すると年末生まれの子供は「満年齢」で七五三を祝うようにした方が良いでしょう。

年齢別、七五三の早見表【2019年バージョン】

「うちの子は2019年に七五三を祝うべきなのか?」がわからない人のために、七五三の早見表を作成しました。数え年、満年齢それぞれの早見表を用意しましたので、皆さんの子供は今年、七五三のお祝いをすべきなのかの確認にご利用ください。

数え年で七五三をお祝いする場合

年齢 対象性別 誕生日
3歳 男の子、女の子 2017年1月1日~2017年12月31日生まれ
5歳 男の子 2015年1月1日~2015年12月31日生まれ
7歳 女の子 2013年1月1日~2013年12月31日生まれ

満年齢で七五三をお祝いする場合

年齢 対象性別 誕生日
3歳 男の子、女の子 2015年11月16日~2016年11月15日生まれ
5歳 男の子 2013年11月16日~2014年11月15日生まれ
7歳 女の子 2011年11月16日~2012年11月15日生まれ

※七五三のお祝いを11月15日以外の日に行う場合は上記表の「11月16日」の日付が変わります。

七五三の参拝はいつ? 近所の神社でもいいの?

11月15日にお参りするのが一般的

七五三のお祝いは一般的には11月15日とされていますが、平日の場合には前後の土日にずらして参拝しても大丈夫です。また、おじいちゃんおばあちゃんも一緒にお祝いしたいということもあるでしょう。その際は親族の都合に合わせて前後1ヶ月程ずらして七五三を祝う家庭もあります。前後で七五三のお祝い日程をずらす場合には気候にも注意し、暑すぎたり寒すぎたりしないよう、子供に負担が掛からないような時期を選んであげてください。

七五三のお祝いでは六輝(六曜)は気にしなくていい

また、結婚式などのお祝いごとでは、縁起がいい日かどうかを判断するための六輝(六曜)を気にすることがありますよね。七五三のお祝いでは特に意識する必要はありません。ただ、パパママは気にしていなくても、おじいちゃんおばあちゃんが「大安にすべき」と思っている場合もあるため、気になる場合は七五三のお祝い予定日の六輝をあらかじめ、確認しておくと安心です。

七五三のお参りは有名神社・近所の神社どちらでもOK


「七五三は子供の健康を願うものだから有名な神社に行くべきだろうか? 」と悩むパパママもいますが、自宅近くの地元の神社への参拝で問題ありません。昔から通い慣れた場所があればそこでの七五三の参拝を選んでも良いですし、結婚式をあげた神社に報告も兼ねて七五三のお参りをするというパパママもいます。もちろん有名神社への七五三での参拝を選んでももちろん構いません。

七五三の参拝には予約が必要な場合があります。有名神社は七五三の時期は大変混み合うため、予約なしで行くと長時間待たされてしまうこともあります。神社によっては七五三のお参りの予約を受けていない場合もあるため、参拝する神社が決まったら、七五三のお参りに予約が必要かどうかは事前に確認をしておくと良いでしょう。

七五三の写真撮影はいつした方がいい? 撮影予約はいつすべき?

七五三の撮影には前撮り、当日撮影、後撮りの3種類があります

七五三の撮影には、参拝よりも前の日程で撮影だけを行う「前撮り」、参拝の日にカメラマンが同席して七五三の参拝の様子を撮影する「当日撮影」、七五三参拝を終え後日改めて撮影をする「後撮り」の3種類があります。七五三は紅葉シーズンということと、気候的にも過ごしやすいため七五三の撮影は9月~11月がピークとなっています。前撮り・後撮りの場合でも七五三の参拝からそれほど日程を空けずに行うことが多いようですね。

前撮りは早いところだと4月から、後撮りは一番遅くて1月まで行っています。七五三のピーク時には料金も高く混み合ってしまうことも多いため、敢えて七五三のピークを外して撮影を行うのも賢い選択です。それぞれのメリット・デメリットを確認しながら「いつ七五三の撮影するのがベストか? 」をぜひ検討してみてください。

七五三の前撮り写真撮影(4月~11月)のメリット・デメリット

七五三の前撮り写真撮影のメリット

七五三の前撮り撮影は「割引プランが豊富」で「キャンペーン期間が長いこと」が最大のメリットです。春先に七五三の前撮りを行う家族は少なく撮影スタジオにも空き枠が多くあります。ですので、ある程度料金を下げてでも撮影予約を入れたいということから各社で割引プランが登場してくるのです。衣装をレンタルする場合にも、まだ利用者が少ないため豊富な衣装の中から選ぶことができます。

七五三の撮影は9月にはピークを迎えますが、それまでの4月~8月の5ヶ月間という比較的長い期間でキャンペーンを行っていることが多いため、春先から予定を立て始めても焦らずゆっくりと準備ができますし、万が一当日子供の体調が悪くなったとしてもキャンペーン期間の中で日程変更をすることができます。

七五三の前撮り写真撮影のデメリット

七五三の前撮りのデメリットとしては、7月頃の夏シーズンだと子供が日焼けをしてしまう可能性があります。こんがり焼けた肌に着物姿もとても可愛らしいですが、色白の子供の着物姿をイメージしているパパママは前撮りの時期を検討する必要がありますね。日焼けを懸念する場合はそれより前の春先に撮影するという方法もありますが、4月ですと子供がまだ小さく撮影自体が大変だということもあるため、早めの撮影を検討する際にはその点も考慮しましょう。前撮りの場合も9月~11月は撮影のピークとなるためこの期間を希望する場合は早めに予約を取ることをおすすめします。

七五三の当日撮影のメリット・デメリット

七五三の当日撮影のメリット

参拝と撮影を1日で済ませることができるのが当日撮影のメリットです。子供によっては動きづらい着物を嫌がることもあるため、何度も着せるのは大変だから一度で終わらせたいと思うパパママは当日撮影を選ぶことが多いですね。

七五三の当日撮影のデメリット

当日撮影だとピーク真っ盛りのため混雑は避けられません。撮影スタジオはどこも予約でいっぱいのため予約を取るのも困難ですし、当日も次の撮影予定者が待っているため常に時間に追われ余韻に浸る時間はあまりないでしょう。

参拝自体にもある程度時間がかかるうえに撮影時間もあるため子供への負担も大きくなります。慣れない着物を脱ぎたがったり、疲れてぐずりだすことも考えられます。そのため取り敢えず行事を終えることが目的となりバタバタと終わってしまうということになりがちです。料金面でも繁忙期は割引も少ないもしくは無い場合が多いため、その点は考慮しておいた方が良いですね。

七五三の後撮り写真撮影(12月~1月)のメリット・デメリット

七五三の後撮り写真撮影のメリット

後撮りも、前撮り同様「割引プランの豊富さ」がメリットにあげられます。後撮り自体が最近注目されてきたサービスということもあり割引額は前撮り程大きくはありませんが、後撮りの認知度自体がまだ低いため予約も取りやすく混雑もしていないのでゆったりと撮影することができます。またピークは過ぎているので着物も豊富な選択肢から選ぶことができます。

後撮りは前撮りよりも子供が成長した状態で撮影に望めるため、前撮りよりも子供が落ち着いた状態で撮影ができたという声もあります。

七五三の後撮り写真撮影のデメリット

12月に撮影をしたとしてもすぐに写真を貰えるとは限りません。七五三の写真を年賀状に使ったり、年始の親戚の集まりで写真を見せたいなどと考えているパパママは、後撮り写真がいつ貰えるのかは必ず確認しておきましょう。相談次第で柔軟に対応してくれる場合もありますよ。

七五三の参拝風景の撮影をプロカメラマンに依頼する人も!

当日撮影を神社やお寺で行うのもいい思い出になります

最近ではカメラマンを現地に呼び、参拝風景や神社での子供の姿を自由に撮影してもらう出張撮影サービスも増えてきています。筆者も七五三ではなくお宮参りの時ですが、出張撮影をお願いしたことがありました。家族の集合写真も撮ってもらいましたが、それ以外にも参拝中の光景や家族で会話しているシーン、子供がぐずって焦っている自分の姿やぎこちない抱っこの仕方なども写真に残っており、見返すととても懐かしい気持ちになります。かしこまった写真も良いですが、出張撮影でありのままの姿を残してもらうという方法もおすすめです。

関連記事

お宮参りっていつ、誰を呼んで行うものなの? 赤ちゃんやパパ、ママの衣装選びのポイントは?

七五三のお参り時は付き添いのパパママの服装はどうすればいい?

落ち着いた色のフォーマルな服装を選ぶ

小さい子供を連れて過ごすため動きやすさは重視して構いませんが、お祝いごとなのでフォーマルな服装を心がけると良いですね。ママは着物かワンピース、セットアップのスーツなどが一般的です。パパもスーツを着ていくと良いでしょう。あくまでも主役は子供なので、パパママが目立ちすぎないように落ち着いた色味の服装を選ぶようにしてください。

まとめ:七五三は伝統に縛られ過ぎず、ある程度自由に楽しんでもOK


七五三のお祝いには伝統的な習わしはあるものの、日程や実施の年齢などある程度、パパママの都合に合わせて変えても問題ありません。子供やパパママが「ただ大変なだけだった」という形で終わらないよう、予定を立てて楽しい七五三の思い出を作ってくださいね!

関連記事

お食い初めはいつ、どうやればいいの? お食い初めの献立に決まりはある?
お宮参りっていつ、誰を呼んで行うものなの? 赤ちゃんやパパ、ママの衣装選びのポイントは?
節分はいつ? 豆まきの由来は? 子供と楽しく豆まきする方法ご紹介
女の子の初節句のお祝いはどんなことをするの? 雛人形の意味やお祝いメニューも紹介
男の子の初節句のお祝いをしよう! 兜や鯉のぼり、料理、お返しの準備は?
小学校の入学祝いは何がおすすめ?相場と定番、喜ばれるプレゼントを男女別に紹介