七五三の写真はいつ撮るの? 3歳と5歳ではおすすめの時期が違う?

子供の七五三はいつ祝う?

七五三は子供の成長に感謝をし、これからも健やかに成長することを願う伝統行事です。一般的に男の子は3歳と5歳または5歳のみ、女の子は3歳と7歳にお祝いをしますが、地域によってお祝いをする年齢に違いがあります。七五三をお祝いをする年齢やお参りにはいつ行くべきか、詳しく解説します。

女の子の七五三はいつ? 3歳と7歳のお祝いの違い! 人気の着物の色は?
女の子の七五三はいつ? 3歳と7歳のお祝いの違い! 人気の着物の色は?
女の子の七五三は3歳と7歳でお祝いするのが一般的です。年齢によってお祝いの意味や着る着物が異なることをご存知ですか? 年齢別で女の子の七五三の着物で人気の色もご紹介します。

男の子は3歳と5歳にお祝いする?

七五三では男の子の場合、祝う年齢に地域によって違いがあります。東日本では5歳のみお祝いをする家庭が多いですが、西日本では3歳と5歳でお祝いすることが多いようです。関東では以前は5歳のみ七五三をお祝いする家庭が多かったのですが、近年では3歳でもお祝いする家庭が増えています。
また、3歳・5歳・7歳すべてで男の子の七五三のお祝いをする家庭や地域があるなどさまざまです。七五三で男の子はいつお祝いをするのかわからなければ、地域の神社や長く住んでいる地域の人に尋ねてみるのもいいでしょう。また、パパママの両親に地域のしきたりなどを確認してお祝いをするのもすてきです。

男の子の七五三はいつ? 何歳にお祝い? 服装は袴、着物、スーツ、レンタル?
男の子の七五三はいつ? 何歳にお祝い? 服装は袴、着物、スーツ、レンタル?
男の子の七五三は、3歳と5歳の2回でお祝いする場合もあれば、5歳だけの1回でお祝いする場合など地域によって違いがあります。年齢によって、七五三の服装も、着物や袴、スーツ、レンタルなど、おすすめも変わります。男の子の七五三の基礎知識を紹介するので参考にしてみてくださいね。

七五三は満年齢と数え年齢、どちらでお祝いする?

七五三を満年齢にお祝いするか数え年にお祝いするかの違いもあります。数え年とは生まれた年を1歳とし、新年のたびに歳を加える昔の歳の数え方です。
満年齢は現在の歳の数え方で、生まれた年は0歳で誕生日を迎えるごとに歳が増す年齢の数え方です。昔は数え年で七五三をお祝いしていましたが、現在ではどちらでもいいとされています。しかし早生まれの子供の3歳のお祝いは、幼い子供の負担を考えて満年齢で七五三をする家族が多いようです。

七五三はいつお祝いするの? 数え年・満年齢のどっち? 男の子と女の子でお祝いする年齢が違うの? 
七五三はいつお祝いするの? 数え年・満年齢のどっち? 男の子と女の子でお祝いする年齢が違うの? 
七五三はいつお祝いしたらいいのでしょうか? 子供が3歳・5歳・7歳の時に行う伝統行事ということは知っていても「数え年? 満年齢?」と、悩むパパママもいるかもしれません。さらに、男の子と女の子でお祝いする年齢も違うため、七五三についての基礎知識を説明します。また、写真撮影の時期やおすすめのスタジオも紹介します。

七五三のお参りは11月15日に行くべき?

七五三では神社にお参りをするのが一般的です。神社は家の近くの神社でも、大きな有名神社でも構いません。七五三のお祝いをする正式な日にちは11月15日です。しかしパパママの仕事の都合や祖父母の都合、子供の体調などで11月15日にお参りに行くのが困難な家庭も多いでしょう。現在では11月15日前後の、都合のいい日にお参りに行く人が多いため、無理なくお参りに行ける日にちを選んでみましょう。

七五三の写真撮影のパターンは3つ

七五三では晴れ着に身を包んだ我が子の姿を、きれいに写真におさめたいと思うパパママも多いことでしょう。晴れ着姿で神社で写真撮影をするほか、写真スタジオで写真撮影を行う家族も増えています。七五三の写真撮影のパターンは「前撮り」「当日撮影」「後撮り」の3つがあります。スタジオでの写真撮影はいつがベストなのか、それぞれの時期の特徴を理解して我が子にぴったりのパターンを選びましょう。

七五三の写真撮影のパターン1:前撮り

七五三の前撮りとは、11月に神社にお参りに行く前の時期に写真撮影だけを済ませてしまうことをいいます。七五三の前撮りは、多くのスタジオで4月~10月ごろまで行っていて、日焼けをする前に七五三の写真を撮っておきたい、桜や新緑の時期に写真を撮りたいというパパママも多く人気です。スタジオで着たい晴れ着を選んだら着付け・ヘアメイクなどをしてもらった後に写真撮影をする流れです。

七五三の写真撮影のパターン2:当日撮影

七五三の当日撮影を、神社にお参りに行く日と同日に済ませるパターンです。お参り当日に写真撮影とお参りをするのでバタバタしますが、1日ですべて終わるので忙しいパパママにおすすめです。子供専用のフォトスタジオでは、着付けやヘアメイクなどをしてもらったあとに写真を撮り、その恰好のまま神社に向かうことになります。出張撮影してくれるカメラマンを予約すれば、神社で撮影することも可能です。フォトスタジオとはまた違った写真が残せます。神社によっては写真撮影がNGの所もあるので、事前に確認しておくと安心です。

七五三の写真撮影のパターン3:後撮り

七五三の写真撮影では後撮りパターンもあります。七五三の写真を撮り忘れていたパパママや、混んでいて予約が取れなかった人、七五三が終わって落ち着いたころに写真を撮りたいパパママにおすすめです。写真スタジオによって違いはありますが、ほとんどの場合12月~1月頃まで後撮り期間が設けられています。七五三の後撮りを子供専用フォトスタジオで撮る場合、晴れ着を選んだら着付け・ヘアメイクなどをしてもらった後に写真撮影をします。

次のページでは七五三の撮影タイミングによるメリット・デメリットについてご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!