七五三の初穂料を正しく準備しよう! 金額やのし袋、書き方をわかりやすく紹介

七五三の初穂料とは? 平均的な金額相場はいくら? お札のマナーやのし袋の選び方、書き方をわかりやすく紹介

七五三の初穂料とは?

七五三の初穂料とは?
七五三の初穂料とは、七五三でご祈祷を受けるために神社やお寺に納めるお金です。祝辞をあげご祈祷を希望する場合は必ず準備しましょう。

七五三の初穂料の相場はいくら?

七五三の初穂料の相場はいくら?
七五三の初穂料はいくら用意するのでしょうか。初穂料の金額を明記している神社もあれば、「お気持ちで結構です」と言われる神社、お守り・お札といった記念品の種類でご祈祷代を選べる神社もあります。

5千円~1万円が一般的

七五三の初穂料は5千円~1万円が相場です。

例えば、渋谷区代々木にある明治神宮は公式サイトによると初穂料は5千円からです。明治神宮は初詣で人気がある神社で、七五三に訪れる人も多くみられます。1万円より祈願神符(きがんしんぷ)とも呼ばれるおふだが大きくなり、お札にご祈祷される子供の名前が入ります。初穂料の差で祈願神符(きがんしんぷ)の大きさやお供えのお下がりをいただけるなど記念品の内容が異なります。

東京都千代田区の日枝神社は公式サイトに七五三のご祈祷料は1万円からと明記されています。ちなみに記念品には日枝神社オリジナルのリカちゃん巫女人形が含まれます。男の子はオリジナルのウルトラマンです。記念品が欲しくて日枝神社まで七五三詣に行く家族も多く人気です。

千歳飴発祥の江戸総鎮守神田明神は個人のご祈祷は1万円からとなっています。結婚式やイベントでいつもにぎやかな神社です。埼玉県川越市にある川越氷川神社の七五三詣は「初穂料はお気持ちの額」でと公式サイトに明記されています。

「初穂料はお気持ちの額で」と書かれた神社の場合は、いくら払っても問題はありません。具体的な金額は決まっていませんが、3千円~5千円ほどが相場です。もちろんそれ以上の金額を納める人もいます。

七五三の初穂料は神社ごとに違いがあるため、事前に神社の公式サイトで金額や内容を確認しておくと安心ですね。

七五三の千歳飴の由来は? 食べるときの注意点やインスタ映えするおしゃれな千歳飴も!
七五三の千歳飴の由来は? 食べるときの注意点やインスタ映えするおしゃれな千歳飴も!
子供の成長を祝う七五三。七五三に欠かせないのが千歳飴です。千歳飴が細長いのは、子供の長寿や粘り強さを願った形と言われています。そんな千歳飴の由来や、人とは被らないおしゃれな千歳飴など、パパママの気になる情報を紹介します。

きょうだいでご祈祷してもらう場合は人数分の初穂料を納める

きょうだいでご祈祷をしてもらう際、基本的には人数分の初穂料が必要です。1つののし袋で2人分の初穂料を納められるので、連名で記載しましょう。

ただし、大阪府にある住吉大社の七五三の初穂料は子供1人の場合1万円、2人の場合は1万5千円、福岡県にある太宰府天満宮は子供1人5千円、2人の場合は8千円、3人の場合は1万円です。

ほとんどの神社は人数分の初穂料ですが、例外もありますので事前に確認しましょう。

初穂料と玉串料の違いは? 七五三にはどちらを納める?

初穂料と玉串料の違いは? 七五三にはどちらを納める?
七五三の時は玉串料ではなく初穂料と書きます。

初穂料も玉串料も、神様にお供えするという意味では同じです。初穂とは、実りの秋に神様にお供えするその年に初めて収穫された稲穂などの穀物です。その初穂の代わりに納めるお金を初穂料といいます。

それに対して玉串は、榊の枝に紙垂(しで)をつけたもので神事を執り行う時に使います。その玉串を用意する代わりにお供えするお金が玉串料です。玉串料には神様に直接捧げるお供えの意味があるため、お守りやお札を受け取る場合は玉串料ではなく初穂料を納めます。

七五三のお土産の内容が分からない神社もあるため、七五三詣の場合は初穂料と書くと安心です。

初穂料を包むのし袋を正しく準備しよう

初穂料を包むのし袋を正しく準備しよう
どのようなのし袋に入れるのか、水引や表書きなど、初穂料を包むのし袋についてお伝えします。

水引は「赤と白の花結び」が正解

水引は花結び・鮑結び・結切りと全部で3種類あります。七五三の初穂料を包むのし袋は、水引が「赤と白の花結び」のものを使用しましょう。

花結びは蝶結び、もしくは真締め(まじめ)とも言われており、結び目が簡単に解けるため何度も繰り返したい一般祝辞や贈答に使います。

関西では花結び以外にも鮑結び(あわびむすび・あわじむすび)を使うことがあります。鮑結びは両端を引っ張るとさらに強く結びつけてくれること、昔からおめでたいとされていた貝の鮑に似ていることから、お祝い全般に利用されます。そのほか、結切りと同じく法事やお葬式などの用途もあります。

結切りはしっかり結んでほどくことができず、切ってしまうと結び直せないため、二度と繰り返さない婚礼や仏事の時に使います。七五三詣で使わないように気をつけてくださいね。

七五三の初穂料は水引印刷の封筒や白い封筒に包んでもOK

七五三の初穂料は、水引が印刷された封筒や白い封筒に包んでも問題はありません。白い封筒は郵便用ではなく、郵便枠のない真っ白な封筒を使います。

のし袋はコンビニや100均でも購入できる

のし袋は100均やコンビニでも販売されています。そのため、ついつい購入を後回しにしてしまうかもしれませんが、購入しようと思った時に売っていなかった、バタバタしていて購入するのを忘れてしまった…などまさかの事態に備えて事前に準備しておく方が安心です。

初穂料ののし袋の書き方

初穂料ののし袋の書き方
のし袋の表書きなどをを正しく記載するためには、何を使ってどこに何を書けばいいのでしょうか。七五三の場で恥ずかしい思いをしないために正しいマナーをお伝えしますね。

のし袋の表面には「初穂料」「子供の名前」を記載

のし袋の表面の上の方に初穂料と書き、その下に子供の名前を記載します。

神社でご祈祷を受ける際には、お布施と書いたり、親の名前を書いたりしないよう注意してください。お布施とは宗教の信仰対象に対して捧げるものであり、ご祈祷などの対価のために支払うものではありません。

ただし、お寺でご祈祷を受ける場合の表書きは「御布施」です。お布施は仏教用語のため、神社では使わないようにしましょう。

のし袋の中袋には「金額」「住所」を記載

のし袋の中袋の表面には金額を、裏面には住所と七五三のご祈祷を受ける子供の名前を記載します。

金額は大字(だいじ)を使うことが多いのですが、大字でないといけないわけではありません。漢数字の記載でも受け付けてもらえます。

漢数字だと線を付け足すと一を十、二を三に書き換えることができてしまいます。そういった数字の改ざんを防ぐために、書き換えやすい一や二、三、十は大字を使います。漢数字よりも改まった印象になるので、金額は大字で書くのがおすすめです。

漢数字 大字(だいじ)
阡(仟)

筆ペンを使うのが望ましい

のしに文字を書く時は墨を使って毛筆で書くのが望ましいと言われています。最近では筆ペンで書く人がほとんどです。

慶事で筆を使って文字を書くことには、幸せが長く太く濃く続くようにとの願いが込められています。ボールペンや油性マジックペンではなく、できるだけ筆ペンや毛筆を使いたいですね。

次のページでは初穂料のお札準備や封筒に入れる向き、渡し方のマナーなどについてご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!