【5歳男の子の七五三】羽織袴の選び方やおすすめ7選! 産着を仕立て直して七五三衣装にできる?

5歳男の子の七五三衣装は「羽織袴」を着るのが伝統的

5歳男の子の七五三衣装は「羽織袴」を着るのが伝統的
5歳の男の子の七五三は、幼児から少年へ成長したお祝いとして初めて袴をはく「袴着(はかまぎ)」のお祝いであり、正装である羽織袴の主流は、格式高い黒と白を基調とした紋付羽織袴です。しかし近年は、黒や紋付にとらわれず、洗練された色やデザインの羽織袴もたくさん見られるようになりました。

男の子の七五三はいつ? 何歳にお祝い? 服装は袴、着物、スーツ、レンタル?
男の子の七五三はいつ? 何歳にお祝い? 服装は袴、着物、スーツ、レンタル?
男の子の七五三は、3歳と5歳の2回でお祝いする場合もあれば、5歳だけの1回でお祝いする場合など地域によって違いがあります。年齢によって、七五三の服装も、着物や袴、スーツ、レンタルなど、おすすめも変わります。男の子の七五三の基礎知識を紹介するので参考にしてみてくださいね。

5歳男の子の羽織袴の選び方

5歳男の子の羽織袴の選び方
5歳男の子の七五三の羽織袴選びとしてポイントとなるのが、男の子らしさを表す柄や子供に合った色、用途を考えた素材選びです。5歳の七五三は一度きりですから、子供に合った羽織袴をじっくりと選んでみましょう。

着物の色と子供のイメージが合うか

着物の色と子供のイメージが合うか
全体の印象を大きく左右するのが色選びです。それぞれの色の特徴をご紹介します。

黒の羽織袴は、男性のもっとも格式高い正装である黒紋付羽織袴の色なので、七五三の衣装としてもふさわしい色です。黒という色は、「荘厳さ、気品、威厳」が感じられ、どんな男の子にも合わせやすい色ですよ。

七五三の場合は黒一色ではなく、黒を基調とした華やかなデザインの羽織袴を選んでもいいでしょう。黒を衣装の一部に取り入れると、全体的な印象が引き締まります。また、黒は他の色を目立たせますので、一緒に合わせる羽織や袴の色が一層際立ちますね。

紺や深緑

紺や深緑の羽織袴は、落ち着きがあり聡明なイメージが強い色です。紺や深緑は制服にもよく使われる色で、5歳の男の子にもとてもよく合う色ですよ。

紺や深緑の羽織袴も、黒のように重厚感や気品が感じられますが、黒よりも洗練され軽やかなイメージです。特に紺は、紺や深緑の色は、近年5歳男の子の七五三衣装として大人気の色で、黒よりも顔写りがよく見えます。青系や緑系で高級感を出したいなら、深みのある濃い色の羽織袴を選ぶのがおすすめです。

白は、けがれのない清潔感や誠実さが感じられる色です。神事で神主や巫女が身に着けている白装束の色でもあり、身を清める場面で使われることが多いのです。

白い羽織袴も近年人気があり、特にパパママやおじいちゃんおばあちゃんに支持されている色です。白の衣羽織袴は清潔感だけでなく高級感もあり、とても風格のあるイメージになります。白地に描かれた絵柄もとてもきれいに映え、豪華に見えますよ。黒や紺など落ち着いた色合いの羽織袴が多い中で、白の羽織袴は華やかで目を引きやすいのが特徴です。

羽織袴に描かれた柄

描かれた柄
男の子の着物によく描かれている柄には、それぞれ意味があるのをご存知ですか? 代表的な着物の柄の意味をご紹介しますので、ぜひ衣装選びの参考にしてみてくださいね。

鷹はとても眼が良く遠くまで見渡せることができ、鋭い爪では獲物を捕らえて離さない動物です。着物に描かれた鷹の絵柄には、そんな鷹の特徴から「つかんだ運や幸福を逃がさない」という意味があります。

また、かつて鷹狩りは身分の高さや権威を象徴することだったため、鷹の絵柄には「子供の出世」を願う意味もあります。

子供の成長をお祝いする場で「子供の幸せ」と「子供の出世」を願う意味を込めて、鷹の絵柄の着物を選んでもいいですね。

兜は戦国時代の武士が身を守るアイテムとして、頭にかぶっていました。そして、身分の高い武士は兜に豪華な飾りをつけていることなどから、兜は権威を象徴するものでもあります。兜の絵柄には、「災難から身を守り丈夫で健やかな成長すること」「立身出世」の願いが込められています。

龍は、神話や伝説の中で存在する生き物で、力強さや威厳を象徴しています。かつて中国では龍が皇帝を意味するシンボルだったことから、龍には気高さを持ち栄光をつかんで欲しいとの意味もあり、七五三の着物の絵柄にぴったりですよね。「昇り龍」が有名なように、天に登っていく龍の姿は、出世や飛躍を意味しており「大願成就」の願いが込められています。

また、龍は干支の辰になぞらえられ、辰年生まれの男の子にとって縁起のいい柄でもありますよ。

着物の絵柄では、鯉が滝登りをする姿がよく描かれています。滝登りをしている鯉には、「急流である黄河の上流にある滝の竜門を登った鯉は龍になる」という中国の故事になぞらえ、男の子の「立身出世」を象徴する絵柄でもあります。

鯉が滝登りをするように、子供にも「厳しい状況を耐え抜き人生の苦難を乗り越え成功を勝ち取り出世して欲しい」という願いが込められているのです。

打ち出の小槌(こづち)

打ち出の小槌は、昔話の「一寸法師」でも登場する、なんでも願いが叶う魔法の小槌です。一寸法師が打ち出の小槌を使い大きくなったことから「子供の健やかな成長」を願う絵柄として意味や、「思い描いたことが叶うように」「一生お金や物に困らないように」という願いが込められています。

子供に好みのデザインを選んでもらう

子供に好みのデザインを選んでもらう
5歳にもなると、子供も自分の好みがはっきりしてきて好き嫌いを主張するようになりますよね。羽織袴を選ぶ時、子供に好きな色や好きな絵柄を選んでもらうのも一つの方法です。5歳の男の子が選ぶ大人気カラーは青色です。5歳の男の子は、紺のように深い色味よりは明るい色味に惹かれることが多いようです。

羽織袴の絵柄も、子供が好きなモチーフを選ばせてあげると、普段着ない着物にも興味を持つきっかけになることもあります。子供が好きな羽織袴を選べば、七五三当日の着付けや儀式、写真撮影もスムーズに進められそうですね。

生地は正絹だけでなくポリエステルを選んでもOK

生地は正絹だけでなくポリエステルを選んでもOK
羽織袴の最高級品は、絹100%でできた正絹(しょうけん)の羽織袴ですが、お手入れの簡単さではポリエステルの方が勝っています。正絹でできた羽織袴は、絹特有の上品な光沢がきれいで高級感があり、質感もしっとりとしていて体になじみます。また、正絹は保湿性や通気性にすぐれるのが特徴です。

一方、ポリエステルでできた羽織袴は、正絹より着心地は劣るものの、正絹よりもお値段が安く正絹と違って自宅の洗濯機でも洗えることが特徴です。また、雨に濡れると正絹の場合はシミになってしまいますが、ポリエステルならすぐ乾き、シミになる心配もないのでお手入れがとても楽ですよ。

5歳のやんちゃな盛りの男の子だと、思わず羽織袴を汚してしまうことも十分考えられるので、最初からポリエステル製の羽織袴を選んでおくのも一つの手ですね。正絹ならではの質感や高級感にこだわりたい場合は、レンタルで正絹の羽織袴を取り揃えているお店もありますので、レンタル店で探してみることをおすすめします。正絹の羽織袴はとても見栄えがするので、一度きりの5歳の七五三に選んでみるのもいいですね。

5歳男の子の着物がレンタルできるお店は?

5歳男の子の着物がレンタルできるお店は?
羽織袴をレンタルできるお店と特徴をご紹介します。

RENCA

RENCAは、レンタル商品総数6,000点を誇るレンタル店で、七五三衣装の品揃えも国内最大級です。迅速な対応にも定評がありますよ。羽織袴のお値段も低価格で、北海道・沖縄・離島を除けば往復送料無料なので、お値段を抑えた衣装選びができます。また、レンタルした羽織袴を汚してしまった場合に備えて「あんしんパック」というサービスも行っています。羽織袴1点につきレンタル料金に、1,000円を支払うことで、それ以上の修理代金は請求されないので、羽織袴を着てお参りに行く場合はぜひ付けておきたいサービスですね。

関連サイト

RENCA

e-きものレンタル

e-きものレンタルは、創業50年以上の愛知の貸衣装店が運営しているレンタル店で、抱えるレンタル着物は10,000枚を超えます。北海道・沖縄・離島を除き往復送料無料です。e-きものレンタルも、着物を汚したり破損してしまったりした場合の安心サポートシステムがあり、着物のレンタル料金にプラス2,000円でサービスを付ければ、修理代金は請求されません。スタッフは長年の貸衣装店としてのノウハウを持ち経験豊富なので、迷ったら気軽に問い合わせしてみるのもいいでしょう。

関連サイト

e-きものレンタル

貸衣裳ぽえむ

貸衣裳ぽえむは、品揃え約6,000着以上の着物専門レンタル店です。北海道・沖縄・離島を除き往復送料無料です。実店舗がなくネットショップのみの運営なので、価格も抑えめで、比較的お安く七五三の羽織袴をレンタルすることが可能です。貸衣裳ぽえむでも「レンタル保険 ホっとプラス」サービスを行っており、羽織袴のレンタル料金にプラス1,000円でサービスを付けておけば、仮に着物を汚してしまってもクリーニング代等は不要になります。

関連サイト

貸衣裳ぽえむ

5歳男の子におすすめの羽織袴デザイン7選

男の子らしい色と柄が使われたおすすめの羽織袴デザインをご紹介します。

5歳男の子の羽織袴おすすめ1:水色×龍・兜

晴天の空のような水色が印象的な羽織袴です。兜の柄も上品ですね。袴も含め全体的に青系でまとまっているので、爽やかで華やかな印象です。

5歳男の子の羽織袴おすすめ2:黒×鷹

黒の羽織に金地の袴の組み合わせが素敵な羽織袴です。格調高い黒に、上品な籠目や鷹の柄が引き立ちますね。袴が華やかなので、地味になりません。

5歳男の子の羽織袴おすすめ3:白×鷹・虎

羽織の背中に鷹と虎が描かれた、とても勇猛な男の子らしい柄の羽織袴です。虎は強さのシンボルなので、たくましく育ってほしいとの願いを込め虎の柄を選ぶのもおすすめです。

5歳男の子の羽織袴おすすめ4:深緑×兜

落ち着いた知的な装いができる深緑の羽織袴です。背中の兜柄も渋く、合わせる袴も黒・グレーなので、全体的にキリッとして凛々しい印象になります。

5歳男の子の羽織袴おすすめ5:赤・茶×鷹

赤や茶を基調としたきらびやかな羽織袴です。赤が大好きな男の子におすすめです。黒や青系の羽織袴が多い中でとても目を引きそうです。

5歳男の子の羽織袴おすすめ6:紺×飛行機・車・船

普通の古典的デザインがお好みではない場合におすすめの、モダンな羽織袴です。紺地に黄色のラインが目立ち、大胆で個性的な乗り物柄なので、注目を集めるデザインです。

5歳男の子の羽織袴おすすめ7:黒と紺を基本としたおまかせコーディネート

どんな色や柄を選んだらいいかわからず迷ってしまう場合には、こちらのおまかせ羽織袴がおすすめです。色は伝統的な黒か紺のどちらかで、柄と合わせる袴はスタッフがコーディネートして選んでくれます。リーズナブルな価格も魅力的ですよ。

パパママでもできる! 羽織袴の着付け方法を紹介

羽織袴は、七五三当日にパパママが初めて着付けをさせる場合は難易度が高いかもしれませんが、事前に練習をしてコツや着付けの流れをつかめたら、当日もパパママが着せてあげてもいいですね。ですが、しっかりきつけをしていないと、着崩れの原因にもなりますので、不安な場合は美容室や出張着付け、着付けができる友人などにお願いするといいでしょう。

羽織袴の着付けに必要なものは「着物、羽織、袴、角帯、袖なし襦袢、腰紐2本、サスペンダー、足袋、草履」と小物の「末広、懐剣、羽織紐、お守り」なので、準備しておきましょう。参考動画では、わかりやすく着付けの方法を紹介しています。

参考動画

お宮参りの産着を七五三の着物に仕立てることもできる

お宮参りの産着を七五三の着物に仕立てることもできる
産着を記念に手元に残している場合は、仕立て直して七五三で再度活用するという方法もあります。5歳なら、お宮参りで使った産着を着物に仕立て直してギリギリ着られる年齢です。お宮参りで掛け着として使用した初着は、作り的に羽織に仕立て直すことはできないため、羽織の下に着る着物に仕立て直します。

仕立て直しは、和裁ができるならば自分自身でやってもいいのですが、着物を縫うのはとても難しいので、やはり専門店にお願いすることをおすすめします。仕立て直しは、呉服店のほか、着物の取り扱いがあるお店であればたいていは依頼することができますよ。専門店に頼んで産着を七五三用の着物に仕立て直してもらう場合、料金はだいたい2万円前後とお店によって異なります。産着を買ったお店ならば、1万円程度で仕立て直してくれるところもあるので、購入したお店に確認してみるといいですね。

仕立て直しにかかる期間はおよそ1ヶ月くらいなので、七五三に間に合うように余裕を持って仕立て直しに出すようにしましょう。産着は、おじいちゃんおばあちゃんからお祝いでいただくことも多いかと思います。おじいちゃんおばあちゃんの思いのこもったプレゼントを2度活用できればなお嬉しいですよね。

5歳の七五三はスーツでお参りも人気

5歳の七五三はスーツでお参りも人気
5歳の七五三の正装は羽織袴ですが、近年は慣習にとらわれず、スーツで七五三のお参りをする家庭も増えています。元気な盛りの5歳の男の子なら、洋装であるスーツのほうが断然動きやすいです。お手洗いも羽織袴に比べると楽に済ませられますよね。着付けも、スーツならプロに頼まずにすぐにできます。

羽織袴を購入しても、兄弟がいる場合でないとなかなか活用の場がありませんが、スーツなら、幼稚園・保育園の卒園式や、小学校の入学式、発表会のようなフォーマルな場などにも着ていけるので、活用の幅が広がりますね。普段、着慣れない着物を着てお参りするのはが難しいなと思った場合は、前撮りで着物、お参りはスーツと分けている家庭はたくさんありますよ。子供に似合うおしゃれなスーツをコーディネートするのも楽しいですよ。  

まとめ

まとめ
袴着のお祝いである5歳の七五三の正装は黒と白を基調とした紋付羽織袴ですが、近年は、様々な色やデザインの羽織袴が出回っています。また、羽織袴にこだわらず、スーツで七五三を迎えるケースも多くなってきました。七五三の衣装は、子供の好みや意見を尊重しつつ、ぴったりの羽織袴を選んであげたいですね。お手元にある産着がある場合は、仕立て直して七五三の衣装に再活用するのもおすすめですので、ぜひ検討してみてくださいね。

七五三のお祝いはいつ? 男の子、女の子でどう違う? お参り時期や写真撮影時期のおすすめは?
七五三のお祝いはいつ? 男の子、女の子でどう違う? お参り時期や写真撮影時期のおすすめは?
子供の成長をお祝いする七五三は、3歳・5歳・7歳の時に行うイベントとは知っていても、男女でどう違うのか、お祝いは数え年か満年齢でい行うのか、どこの神社やお寺にお参りすればいいのかなど初めてだとわからないことだらけですよね。七五三の写真撮影や参拝時期などの基礎知識をわかりやすくご説明します。
【3歳男の子の七五三】被布と袴どっち? 選び方やおすすめを紹介!
【3歳男の子の七五三】被布と袴どっち? 選び方やおすすめを紹介!
男の子も地域に関係なく3歳の七五三をお祝いするケースが増えてきました。3歳でしか着ることができない被布(ひふ)は可愛いデザインが豊富で、3歳で袴を着た場合は5歳の七五三と比べた時に成長を感じることができますよ。衣装の選び方やおすすめ、着付け方法を紹介します。

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!