飛行機は何歳の乳幼児まで無料? 子供料金はいつから必要? 国内線・国際線で違うの?

飛行機の子供料金って何歳から?

飛行機の子供料金って何歳から?
飛行機の子供料金には、複雑な条件があります。年齢によって幼児(赤ちゃん)と小児(こども)料金の2種類があり、国内線か、国際線かによっても子供料金の条件が異なります。まずは、搭乗日時点の年齢と、行き先が国内か海外なのかを確認しましょう。この記事では、飛行機の子供料金システムを、航空会社ごとにわかりやすく解説します。

飛行機の子供料金:一般航空会社(ANA・JAL)

飛行機の子供料金:一般航空会社(ANA・JAL)

    

年齢 運賃(国内線) 運賃(国際線)
小児(子供) 満3~11歳 搭乗日によって運賃が異なる 大人運賃の75% 
※一部小児運賃の設定がない路線がある、5歳以上~12歳未満の子供が1人で乗る場合は大人運賃
幼児(赤ちゃん) 生後8日~2歳 大人1名につき、幼児1名が膝の上に座れる(無償) 大人運賃の10% 
座席を利用する場合は小児運賃が適用される
※路線・クラスによって設定がない場合や割引率が異なる場合がある

ANAやJALなど大手航空会社は、パパママの膝の上に座らせることで2歳までが無料で搭乗できます。(※大人1人に対して子供1人が無料)

また「ずっと膝の上はつらいので子供の分も席をとりたい」というときは、小児料金(国内線の場合、満3~11歳)で座席を確保することもできます。小児料金は、国内線だと大人の50%で、大人料金と同様、ピーク期と閑散期によって価格が変動します。国際線になると、無料は1歳まで・小児料金は大人の75%と条件が変わります。間違わないよう注意しましょう。

関連リンク

ANA
JAL

飛行機の子供料金:LCC(ピーチ・スターフライヤー・ジェットスター)

飛行機の子供料金:LCC(ピーチ・スターフライヤー・ジェットスター)
【ピーチ・スターフライヤー】

年齢 運賃(国内線) 運賃(国際線)
小児運賃の設定なし 2歳~11歳 大人と同額 
※適切な同伴者が必要
大人と同額 
※適切な同伴者が必要
幼児 生後8日以上~1歳 座席を使用しない幼児は無償 座席を使用しない幼児は無償

【ジェットスター】

年齢 運賃(国内線) 運賃(国際線)
小児運賃の設定なし 2歳~11歳 大人と同額 
※適切な同伴者が必要
大人と同額 
※適切な同伴者が必要
幼児 生後8日以上~1歳 座席を使用しなくても1予約区間ごとに1530円 座席を使用しなくても1予約区間ごとに3500円

ピーチ・スターフライヤーを利用する場合、パパママの膝の上に座らせることで、1歳までが無料で搭乗できます。ジェットスターは、座席料金はかかりませんが1区間ごとに1,530円の別途料金が発生します。また、LCC各社には子供料金がありません。そのため子供の分の座席をとる場合は大人運賃になります。搭乗予定日がずっと先で、早割が適用できるのであればおトクに利用できます。

関連リンク

ピーチ
スターフライヤー
ジェットスター

子供の航空券の予約・購入方法は?

子供の航空券の予約・購入方法は?
子供の航空券も、大人分と一緒に電話やインターネットで予約購入できます。ANAとJALは大人と小児を一緒に予約する場合、大人と同じ運賃を選択して予約することが可能です。

膝の上に乗せる場合は、『幼児』を選択し予約する

2歳までの子供は『幼児(赤ちゃん)』を選択して予約しましょう。膝の上に乗せ、無料で乗ることができます。

座席をとりたい場合

生後8日~2歳の幼児(赤ちゃん)も、座席をとることは可能です。しかし、お座りが安定しない0歳~1歳はインターネットからは予約できません。

幼児の席の確保について、ANAの場合は国内線予約・案内センターへの電話予約が必要、JALの場合はお問い合わせ窓口に連絡しましょう。3歳になっていれば、ネットからも予約可能。その場合は『小児(こども)』を選択して座席予約しましょう。

飛行機の子供料金の注意点

飛行機の子供料金の注意点
子供料金は、必ずしも最安値とは限りません。飛行機料金で損をしないための注意点をお伝えします。

飛行機の子供料金は割引運賃が適用されない

大人料金の半額で利用できる子供料金には、『先得・旅割』などの早期予約特典が適用されません。搭乗予定日が2ヶ月以上先だと、大人料金が子供料金よりも安くなる場合があります。とはいえ、自分で計算する必要はないのでご安心ください。子供料金と早期割引のどちらが安いのかわからなくても、電話やネットで予約すると自動で料金が比較され、安い方が適用されるようになっています。特典航空券やマイル割を利用する場合は、自動で比較されず大人運賃になります。

飛行機の子供料金はLCCよりも一般航空会社の方が安い場合も

LCCを利用するとき、膝の上に乗せて無料になるのは1歳までです。2歳になると大人と同額の運賃がかかります。ANAやJALは2歳まで無料なので『年齢が2歳・膝の上に乗せる』という条件であれば、ANAやJALを選んだほうが安くなります。

子供の発熱で飛行機に乗れなかったら?

子供の発熱で飛行機に乗れなかったら?
もし子供の急な病気やケガで飛行機に乗れない場合はどうすればよいのでしょうか。各航空会社によって対応が異なるので比較してみましょう。

ANA、JALは手数料無しで払い戻し可能

ANA、JALは医師の診断書があれば、手数料無しで払い戻しが可能です。電話窓口や空港のカウンターで手続きができます。診断書は後日でもかまいませんが、キャンセル申請は搭乗便の出発前までに済ませる必要があります。また、キャンセルせず出発予定便から30日以内の便へ変更することもできます。

スターフライヤーは払い戻し可能

LCCのスターフライヤーはANAとJAL同様、払い戻しが可能です。また30日以内の便への変更もできます。

ピーチ、ジェットスターは購入したチケットよって異なる

LCCのピーチやジェットスターは、通常の運賃で予約していた場合キャンセルはできません。「LCCを使いたいけれど、キャンセルできないのは不安」という場合は、少し割高になりますが払い戻しに対応している付帯サービス付の運賃プランもあります。ピーチには『Peachチケットガード』というチケットにかける保険商品もあります。チケット代が高額であればかけておくとより安心です。保険料は、旅行代金5,000円に対して570円です。

診断書には、病気により搭乗できないことを書いてもらう

診断書の書き方は医師によってさまざまですが、『病気のため飛行機に搭乗不可』と書いてもらいましょう。いざ提出時に不備があって困らないよう、事前に航空会社に診断書の書き方を確認しておくと安心です。

赤ちゃんの体温が高いけど大丈夫? 平熱と発熱の目安
赤ちゃんの体温が高いけど大丈夫? 平熱と発熱の目安
赤ちゃんの体温は大人よりも高く、一見「熱かな?」と思える体温でも実はそれが「平熱」だったということは少なくありません。赤ちゃんの場合「熱=病気」とは言えません。赤ちゃんの体温についてご紹介します!
赤ちゃんによく起きる事故と場所や年齢別の安全対策を紹介!
赤ちゃんによく起きる事故と場所や年齢別の安全対策を紹介!
生まれたばかりの赤ちゃんはまだ自分の力や判断で動くことができなかったり、赤ちゃんが成長してハイハイや一人歩きができるようになっても、好奇心旺盛な赤ちゃんの周りでは危険なことがたくさんあります。パパママは、赤ちゃんに起きやすい事故を理解し、正しい安全対策を行いましょう。

ハプニングあり!? 飛行機に子連れで乗ったパパママの声

飛行機に子連れで乗ったパパママの声
子供と一緒に飛行機に乗ると、予想外のハプニングもあります。先輩パパママの声を集めました。事前に知っているのと知らないのとでは大違いです。

3歳になったら注意! 子供がひとりで座席に座れずチケット代がパー

3歳になったら注意! 子供がひとりで座席に座れずチケット代がパー
膝の上に乗せることができる2歳までは問題なく利用できていましたが、3歳になり座席で1人で座らなければいけなくなったときは注意が必要です。わが子の場合、飛行機のエンジン音を怖がり、座席のベルトすら付けることができないほど暴れてギャン泣き。離陸時間がせまり、他の乗客から白い目で見られる中、CAさんから「すみません、このままでは出発が困難ですので…」と言われ、泣き叫ぶ息子を抱えながら飛行機を降りました。すでに積み込んだ荷物を降ろす時間もかかり、出発時間を大幅に遅延させる始末。結局、新幹線で移動することになり、航空券と新幹線代のダブル出費になってしまいました。

気圧の影響で水筒のストローから麦茶が噴出しました

気圧の影響で、水筒のストローから麦茶が噴出しました
お茶を飲もうとストロータイプのステンレスマグボトルのふたを開けた瞬間、気圧の影響で中身のお茶がピューッと噴出しました。しかもなかなか止まらないのでアタフタ。水筒を片手に子供をかかえていたので、フタをすぐ閉めることもできずけっこうな量のお茶をこぼしてしまいました。離陸後にストローマグの蓋を空けるときは気をつけてください。

子供用の水筒はステンレス or 2way? 幼児向け水筒の選び方
子供用の水筒はステンレス or 2way? 幼児向け水筒の選び方
熱中症対策に必要不可欠な水筒ですが、子供用の水筒はどんな点に注意して選んだらいいのか迷うものですよね。そこで、子供用水筒の選び方を素材や飲み口、その他チェックして欲しい機能についてご紹介していきたいと思います。選び方を網羅した商品も紹介しています。

離陸直前にオムツ交換

離陸直前にオムツ交換
ベルト着用サインが点灯した瞬間、オムツ交換せざるをえない状況に。焦ってあたふたしていると、CAさんが気づいてくれてトイレまで案内してくれました。オムツ交換台もあり、スムーズに取り替えできました。うっかり私は座席におしりふきを忘れてきたのですが、CAさんがそばについてくれていたのでウェットティッシュを頂くことができました。座席指定をするとき、子連れパパママはCAさんが近くにいる最後列やトイレの近くを選んでおくと安心です

おしりふきケースは家用、外出用にあると便利! 選び方や手作りの方法も紹介
おしりふきケースは家用、外出用にあると便利! 選び方や手作りの方法も紹介
おしりふきがすぐ乾燥してしまう、取り出しにくい、と感じるパパママにはおしりふきケースがおすすめです。デザインも豊富でおしゃれなおしりふきケースもたくさんありますよ。おしりふきケースの選び方やおすすめ商品を紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
赤ちゃんのおむつポーチの選び方、おすすめ5選!
赤ちゃんのおむつポーチの選び方、おすすめ5選!
赤ちゃんとのおでかけの時に、おむつやおしりふきを入れておくポーチがあると便利です。おむつポーチには、おむつ替えの時におむつを取り出しやすい工夫などがされていたり、デザインや大きさなどの違いでも種類が豊富です。この記事では、おむつポーチの選び方やおすすめをご紹介します。

YouTubeを見せながら飛行機に乗るイメトレをしました

YouTubeを見せながら、飛行機に乗るイメトレをしました
初めて飛行機に乗る子供が怖がらないように、離陸する様子を機内で撮影したYouTube動画を見せながらイメージトレーニングをしました。「耳が痛くなったらつばをゴックンするんだよー」と教えたり、ベルトは外してはいけないことなどを伝えておきました。

子供向けアニメや番組の動画配信サービスご紹介! VODの特徴とアニメ一覧も
子供向けアニメや番組の動画配信サービスご紹介! VODの特徴とアニメ一覧も
Amazonプライム・ビデオやHulu、Netflixなどの動画配信サービスを楽しむ家庭が増えてきています。せっかくならお子さんが好きな番組に対応した動画配信サービスを選びたいですよね。それぞれのサービスの特徴と、どのサービスがどの子供向け番組に対応しているのかをまとめました。

保安場から搭乗口まではカートを使うと楽です

保安場から搭乗口まではカートをつかうと楽です
地方の小さな飛行場なら問題ありませんが、羽田や成田など大きな都市空港になると、保安場から搭乗口までの距離がかなり長いです。子供をかかえて大荷物を運ぶのは大変なので、チェックイン時にカートを利用したいことを伝えておくと良いです。行きだけでなく到着先でも、飛行機から降りたときにカートを用意してくれていたので、とても助かりました。

まとめ

まとめ
飛行機の子供料金は、航空会社によって異なります。年齢区分や、国内線・国際線でも条件が違うので、必ずご自身で公式サイトや問い合わせをして最新情報を確認しましょう。楽しい飛行機の旅になりますように。

初めての子連れ(赤ちゃん連れ)旅行の持ち物リスト! おすすめ便利グッズも紹介
初めての子連れ(赤ちゃん連れ)旅行の持ち物リスト! おすすめ便利グッズも紹介
子供がうまれ、そろそろ子供と一緒に旅行に行きたいなと考えているパパママも多いかもしれません。初めての子連れ(赤ちゃん連れ)旅行はドキドキですが、ポイントや持ち物リストをチェックして楽しい旅行にしましょう!
新幹線は何歳の乳幼児まで無料? 子供料金はいつから何歳まで? チケットが安くなる方法も紹介
新幹線は何歳の乳幼児まで無料? 子供料金はいつから何歳まで? チケットが安くなる方法も紹介
子供との楽しい旅行を計画していて気になるのが、交通機関の子供料金です。「新幹線は何歳まで無料? いつからいつまで子供料金?」と疑問に思っているパパママに、新幹線の子供料金を徹底解説します! 新幹線が無料の乳幼児が新幹線を利用するときの座席ルールもあわせて紹介しますね。
赤ちゃん、子供との飛行機移動はいつからOK? 料金は? 子連れでの移動におすすめなフライトットとは?
赤ちゃん、子供との飛行機移動はいつからOK? 料金は? 子連れでの移動におすすめなフライトットとは?
子供と一緒の飛行機のおでかけは楽しみな反面、不安や心配もありますよね。フライトットは飛行機の座席で子供が横になって寝られるアイテムです。これがあれば、「子供の睡眠」に関してのお悩みは解決するかもしれませんよ。使い勝手やママたちの口コミを紹介します。
【東京都のおでかけにおすすめ】0歳~5歳の子供連れで楽しめる人気スポット25選!
【東京都のおでかけにおすすめ】0歳~5歳の子供連れで楽しめる人気スポット25選!
乳児や幼児とのおでかけでは、授乳室やおむつ替えスペース、最寄り駅や施設内のエレベーターの有無など、チェックしておきたいポイントはたくさんありますよね。東京都の人気スポットを、エリアやシーンに合わせて選べるよう、気になるポイントを徹底調査し紹介します!
【横浜のおでかけにおすすめ】0歳~5歳の子供連れで楽しめる人気スポット20選!
【横浜のおでかけにおすすめ】0歳~5歳の子供連れで楽しめる人気スポット20選!
横浜には大人が楽しめるスポットはたくさんありますが、小さい子供を連れて一緒に行けるところはないかな…とお困りではないでしょうか? 定番スポットから、雨の日でも楽しめたり、体験型のイベントに参加できたり、子供から大人まで楽しめるスポットをご紹介します!
【名古屋のおでかけにおすすめ】0歳~5歳の子供連れで楽しめる人気スポット25選!
【名古屋のおでかけにおすすめ】0歳~5歳の子供連れで楽しめる人気スポット25選!
愛知県名古屋市には子供と一緒に楽しめる施設がたくさんあります。名古屋で子連れ観光を計画しているパパママにおすすめの遊び場をまとめました。雨の日でもOKなスポットも紹介するので参考にしてくださいね!
妊娠中のママは飛行機に乗って大丈夫? ダメな時はある? 飛行機利用の注意点を解説
妊娠中のママは飛行機に乗って大丈夫? ダメな時はある? 飛行機利用の注意点を解説
仕事や帰省などで妊娠中のママが飛行機に乗る必要が出てきた場合、乗っても大丈夫なのか不安を感じるママも多いでしょう。妊娠中の搭乗にはどんな手続きが必要か、どんなことに注意をすればよいのかをまとめました。
【大阪のおでかけにおすすめ】0歳~5歳の子供連れで楽しめる人気スポット36選!
【大阪のおでかけにおすすめ】0歳~5歳の子供連れで楽しめる人気スポット36選!
大阪は子連れで楽しめるスポットがたくさんあります。大阪に子供と一緒に遊びに行こうと計画しているパパママにおすすめの場所をご紹介します。雨の日でも遊べる施設も紹介するので、大阪観光の参考にしてくださいね。
【札幌のおでかけにおすすめ】0歳~5歳の子供連れで楽しめる人気スポット22選!
【札幌のおでかけにおすすめ】0歳~5歳の子供連れで楽しめる人気スポット22選!
子供と札幌観光を計画しているパパママに向けて、小さい子供を連れて楽しめるおでかけスポットを大特集! 人気の観光スポットから雨の日でも楽しめる施設まで、子供も大人も大満足のおすすめスポットを紹介します。

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!