新幹線は何歳の乳幼児まで無料? 子供料金はいつから何歳まで? チケットが安くなる方法も紹介

新幹線の子供料金って何歳から?

運賃区分 年齢 運賃・料金
大人 12歳以上(中学生以上) 大人料金
小児 6~12歳の小学生 子供料金
幼児・乳児 1~6歳の未就学児・乳児 無料

6~12歳の小学生は子供料金

新幹線の子供料金は、上表のように6~12歳で小学生の子供に限られます。子供料金とは、JRで「小児運賃」と呼ばれるものです。小児運賃は小学生のみのため、6歳でも未就学児なら無料、12歳でも中学生なら大人料金になります。年齢を聞かれたり、身分証の提示を求められることはありませんが、万が一のためには年齢を証明できるものを持っていると安心ですね。

新幹線の子供料金:自由席・指定席の場合

新幹線の子供料金:自由席・指定席の場合
新幹線では「乗車券」と「特急券」が必要となります。「乗車券」は電車に乗る運賃のことで、「特急券」は「自由席」「指定席」のことです。子供料金は、「乗車券」「特急券」のどちらも適用されます。子供料金は大人料金の半額で、5円の端数は切り捨てて計算します

新幹線の子供料金:「のぞみ」「みずほ」「はやぶさ」「こまち」の場合

新幹線の子供料金:「のぞみ」「みずほ」「はやぶさ」「こまち」の場合
「のぞみ」「みずほ」「はやぶさ」「こまち」の場合は、列車利用時に割増料金がかかりますが、子供料金は割増料金を含めた大人料金の半額になります

新幹線の子供料金:グリーン車の場合

新幹線の子供料金:グリーン車の場合
また、新幹線のグリーン車に乗る場合は、「乗車券」「特急券」の他に「グリーン券」が必要になります。グリーン券には子供料金はありません。「グリーン券」のみ大人料金になりますので、グリーン車に乗る場合は「子供の運賃(乗車券)」+「子供の特急料金(特急券)」+「大人のグリーン料金(グリーン券)」が必要です。グランクラス利用の場合も同様の計算となります。

新幹線の子供料金の調べ方は?

新幹線の子供料金の調べ方は?
事前に新幹線の子供料金を調べたい場合は新幹線は、JRのおでかけネットが便利です。

新幹線の子供料金が調べられるサイトは少ないのですが、こちらは繁忙期や閑散期の料金も調べることができます。もし、子供料金が調べられない場合は、上記のように、基本的には大人料金の半額、一部例外の「割増料金」がかかるものや「グリーン車」などは別に計算という点をふまえれば、およその料金はわかりますので、試してみてくださいね。

関連リンク
JR おでかけネット

新幹線に幼児・乳児が乗る場合は無料?

新幹線に幼児・乳児が乗る場合は無料?

乳幼児が新幹線を利用する際は基本的に無料

幼児・乳児は、原則として無料ですが、「料金を払う旅客1人」につき2人の乳幼児までが無料となります。3人目以上は子供料金が必要です。ただし「料金を払う旅客1人」とは、大人だけに限らず小児(子供料金を払う小学生)も対象となります。そのため、大人1人と小学生の子供1人が同伴の場合は、それぞれ2人ずつ乳幼児が無料になり、4人の乳幼児まで無料で乗車できます。

指定席やグリーン車を使う場合

「指定席」や「グリーン車」を使う場合も、乳幼児のために席を確保する場合は有料です。先ほどの子供料金と同じように、乳幼児でも「指定席」なら大人料金の半額、「グリーン車」なら大人のグリーン料金が必要になります。ただし、乳幼児の席は確保せずパパママの膝に乗せる、ベビーカーに乗せておく場合は無料になります。(グランクラスも同様)

自由席を使う場合

一方、「自由席」を使う場合は原則無料です。そのため、金額面では自由席の方がお得になりますね。ただ、無料の乳幼児を座席に座らせていると、乗車券を購入して乗車している他の乗客の座席が足りなくなります。混雑時は乳幼児を膝の上に乗せるなど、できる限りの配慮が大切です。

「幼児」が1人で乗る場合

幼児でも1人で乗る場合は、幼児でも乗車券と特急券が必要です。おばあちゃんやおじいちゃんの家に行くときなどに迷う方が多いですが、必ず乗車券を買って持たせましょう。また、大人の同伴なしに幼児だけで乗る場合も同様に、指定席・自由席・グリーン席、すべての座席で子供料金の切符が必要です。

新幹線の子供料金を安くする方法は?

新幹線の子供料金を安くする方法
新幹線は子供料金も安くなるのでしょうか? 新幹線は高額ですので、少しでも安く乗ることができればうれしいですよね。下記のサービスでは、子供料金の設定があるものは安く購入することができますので、参考にしてみてくださいね。

新幹線の子供料金を安くする方法:スマートEX

東海道・山陽新幹線(東京~博多間)でお得に使える、ネット予約&チケットレスサービスです。クレジットカードと交通系ICカードがあればすぐにネットから会員登録ができ、登録完了メールが届けばすぐに利用できます。通常価格より安く新幹線の予約ができ、年会費も無料です。早めの予約でお得な「EX早得」というサービスがいくつかありますが、中でも子供料金の設定がある「EXのぞみファミリー早特」がおすすめです

関連リンク
「スマートEX」気軽にネット予約で新幹線を利用するなら!

新幹線の子供料金を安くする方法:エクスプレス予約

こちらも、東海道・山陽新幹線(東京~博多間)でお得に使える会員制のネット予約サービスです。「スマートEX」との違いは、年会費が1,000円(税抜)かかり、指定されたカードのみの利用になる点です。「スマートEX」よりも割引率が高くなりますので、よく新幹線を利用される方にはおすすめです。こちらも「早得」のサービスがありますので、事前の予約がお得になります。

関連リンク
エクスプレス予約 新幹線の会員制ネット予約

新幹線の子供料金を安くする方法:えきねっとトクだ値

全国の新幹線・JR特急列車の切符をお得に購入したい場合は、JR東日本の「えきねっとトクだ値」がおすすめです。お得に購入できるのは「インターネット予約限定」ですので、クレジットカード決済・会員登録が必要になりますが、年会費などはかかりません。JR東日本のサービスですが、JR北海道やJR西日本でも一部の地域で切符の受け取りが可能です。

関連リンク
えきねっと(JR東日本)

新幹線の子供料金を安くする方法:日本旅行の新幹線+宿泊のセットプラン

旅行先の宿泊も一度に予約したい場合は、日本旅行の「新幹線+宿泊」のセットプランがおすすめです。往復の新幹線と宿泊先がセットになり、新幹線の価格が格安に設定されていますので、とてもお得に購入できます。ただし、座席の指定などはできませんので、それよりも安さを優先したいという方におすすめです。

関連リンク
日本旅行の国内旅行・海外旅行

子供と一緒に新幹線に乗ったパパママの感想

子供と一緒に新幹線に乗ったパパママの声!
実際、子供と一緒に新幹線に乗るとどうなるのか気になりますよね。子供と一緒に新幹線に乗ったパパママの体験がありますので、参考にしてみてくださいね!

  • 6歳の未就学児でしたが、体が大きい方だったので席を確保するため指定席を利用しました。とても膝に乗せることはできなかったので、席を確保して正解でした。ただ、途中少し飽きてきましたが、買っていたお菓子や本を持っていったのでなんとかしのげました。(38歳・主婦)
  • 混雑するシーズンだったので、パパママを指定席に、3歳の子供を膝に乗せる予定で予約しました。でも、膝に乗せなくても、2人掛け席の間に子供を座らせることができ、ゆっくりお弁当を食べることもできました!(33歳・主婦)
  • 4歳の子のママです。乗車時間が短いときや子供が先頭車両に乗りたがるときは自由席を利用しています。また、席が確保できたときは、車両内の、一番前か後ろに乗ると、トイレやデッキも近く迷惑もかけにくいですよ!(29歳・主婦)
  • 以前、混雑時に自由席を利用したとき、パパが座れず、私(ママ)が2歳の子供を膝に乗せて大変でしたので、今回は始発から乗ることにしました。始発では席が確保でき快適に乗ることができましたので、行ける方は始発から乗るのがおすすめです。(40歳・主婦)
  • 子供が1歳になるまで、帰省のため新幹線を利用する必要がありました。でも、泣いたときや授乳の心配があったので、席はいつも指定席を予約し、なるべく多目的室の近くに席を確保していました。授乳のときは多目的室を利用し、泣いたときは、デッキであやしました。デッキは人が少ないので迷惑をかけることなく安心でした。小さい子供と一緒に新幹線に乗るのは大変かと思いますが、工夫をすれば心配しすぎることはありませんよ!(35歳・会社員)
  • 長男が7歳のときに、2歳の次男を連れて新幹線で帰省しました。7歳の長男の新幹線乗車券と特急券は子供料金で購入し、2つの座席を3人で分け合って40分程乗車しました。いつもと違った電車旅の雰囲気がよかったのか、2人とも比較的静かに乗車してくれて不便はありませんでした。(30歳・主婦)

新幹線や特急電車が遅れたら?

新幹線や特急電車が遅れたら?
新幹線や特急列車は、2時間以上遅れた場合全額払い戻してもらうことができます。予約割引で乗車券を購入し「いざ出発!」となってから新幹線が遅れてしまった場合、到着先の電車の接続の心配もあります。ツアーや待ち合わせなどの関係で指定時間に着きたい場合も困りますね。払い戻しの手続きができるケースもあると覚えておきましょう。

まとめ

まとめ
子供と一緒の新幹線の旅、子供だけの新幹線一人旅は、楽しい思い出になりますね。子供の料金を把握し、お得に購入して、より楽しく快適な旅を送ってくださいね。当日に向けて体調管理もお忘れなく!

飛行機は何歳の乳幼児まで無料? 子供料金はいつから必要? 国内線・国際線で違うの?
飛行機は何歳の乳幼児まで無料? 子供料金はいつから必要? 国内線・国際線で違うの?
家族で遠方への旅行や海外旅行を計画していると、「飛行機は乳幼児は無料? いつから子供料金がかかるの?」と疑問に思いますよね。年齢によって値段が変わる飛行機の子供料金について解説します!
初めての子連れ(赤ちゃん連れ)旅行の持ち物リスト! おすすめ便利グッズも紹介
初めての子連れ(赤ちゃん連れ)旅行の持ち物リスト! おすすめ便利グッズも紹介
子供がうまれ、そろそろ子供と一緒に旅行に行きたいなと考えているパパママも多いかもしれません。初めての子連れ(赤ちゃん連れ)旅行はドキドキですが、ポイントや持ち物リストをチェックして楽しい旅行にしましょう!
赤ちゃん、子供との飛行機移動はいつからOK? 料金は? 子連れでの移動におすすめなフライトットとは?
赤ちゃん、子供との飛行機移動はいつからOK? 料金は? 子連れでの移動におすすめなフライトットとは?
子供と一緒の飛行機のおでかけは楽しみな反面、不安や心配もありますよね。フライトットは飛行機の座席で子供が横になって寝られるアイテムです。これがあれば、「子供の睡眠」に関してのお悩みは解決するかもしれませんよ。使い勝手やママたちの口コミを紹介します。
【東京都のおでかけにおすすめ】0歳~5歳の子供連れで楽しめる人気スポット25選!
【東京都のおでかけにおすすめ】0歳~5歳の子供連れで楽しめる人気スポット25選!
乳児や幼児とのおでかけでは、授乳室やおむつ替えスペース、最寄り駅や施設内のエレベーターの有無など、チェックしておきたいポイントはたくさんありますよね。東京都の人気スポットを、エリアやシーンに合わせて選べるよう、気になるポイントを徹底調査し紹介します!
子供向けアニメや番組の動画配信サービスご紹介! VODの特徴とアニメ一覧も
子供向けアニメや番組の動画配信サービスご紹介! VODの特徴とアニメ一覧も
Amazonプライム・ビデオやHulu、Netflixなどの動画配信サービスを楽しむ家庭が増えてきています。せっかくならお子さんが好きな番組に対応した動画配信サービスを選びたいですよね。それぞれのサービスの特徴と、どのサービスがどの子供向け番組に対応しているのかをまとめました。
赤ちゃんと動物園に行くのはいつからがおすすめ? 動物アレルギーは大丈夫? 病気への免疫力がつくって本当?
赤ちゃんと動物園に行くのはいつからがおすすめ? 動物アレルギーは大丈夫? 病気への免疫力がつくって本当?
「赤ちゃんのうちに動物園に連れて行くとアレルギーにならない」そんな話を聞いたことはありませんか。動物園に行くことで病気への免疫がつくのは本当なのかを解説します。赤ちゃんと動物園を楽しむポイントやおすすめ動物園も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
【名古屋のおでかけにおすすめ】0歳~5歳の子供連れで楽しめる人気スポット25選!
【名古屋のおでかけにおすすめ】0歳~5歳の子供連れで楽しめる人気スポット25選!
愛知県名古屋市には子供と一緒に楽しめる施設がたくさんあります。名古屋で子連れ観光を計画しているパパママにおすすめの遊び場をまとめました。雨の日でもOKなスポットも紹介するので参考にしてくださいね!
妊娠中のママは飛行機に乗って大丈夫? ダメな時はある? 飛行機利用の注意点を解説
妊娠中のママは飛行機に乗って大丈夫? ダメな時はある? 飛行機利用の注意点を解説
仕事や帰省などで妊娠中のママが飛行機に乗る必要が出てきた場合、乗っても大丈夫なのか不安を感じるママも多いでしょう。妊娠中の搭乗にはどんな手続きが必要か、どんなことに注意をすればよいのかをまとめました。
【大阪のおでかけにおすすめ】0歳~5歳の子供連れで楽しめる人気スポット36選!
【大阪のおでかけにおすすめ】0歳~5歳の子供連れで楽しめる人気スポット36選!
大阪は子連れで楽しめるスポットがたくさんあります。大阪に子供と一緒に遊びに行こうと計画しているパパママにおすすめの場所をご紹介します。雨の日でも遊べる施設も紹介するので、大阪観光の参考にしてくださいね。
【札幌のおでかけにおすすめ】0歳~5歳の子供連れで楽しめる人気スポット22選!
【札幌のおでかけにおすすめ】0歳~5歳の子供連れで楽しめる人気スポット22選!
子供と札幌観光を計画しているパパママに向けて、小さい子供を連れて楽しめるおでかけスポットを大特集! 人気の観光スポットから雨の日でも楽しめる施設まで、子供も大人も大満足のおすすめスポットを紹介します。

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!