子供用の水筒はステンレス or 2way? 幼児向け水筒の選び方

子供用水筒の選び方


子供が幼稚園や保育園に通うようになったら通園グッズとして水筒が必要になります。普段のお出かけにも水筒があると便利なので、用意しておくのがおすすめです。けれど、子供用の水筒にはいろいろな種類があります。それぞれ機能や使い勝手が異なるので、どのような水筒を選んだら良いのか迷ってしまいます。例えば、小さい子供が使う場合は蓋の開閉が簡単なものが良いでしょう。子供用水筒の選び方をチェックして子供が使いやすいものを選んであげましょう

水筒の素材

水筒の素材
子供用の水筒選びは水筒が何の素材で作られているかが重要になります。子供が小さいうちは水筒を落としてしまうことも多く、素材によっては水筒が壊れてしまうこともあります。素材によって値段も異なり、それぞれの素材でメリットとデメリットがあるので紹介します。

プラスチックタイプ

プラスチックタイプの水筒は重さも軽量であるため、小さい子供でも持ち運びが簡単です。水筒の軽さを重視する場合はプラスチックタイプの水筒がおすすめです。キャラクターのデザインの水筒も多くあるので子供が喜びます。プラスチックタイプの水筒は安価なものが多く、買い替えがしやすいというのも嬉しいポイントです。デメリットは保温機能がないため、温かいお茶をいれることができません。さらに水筒を落としたときなど、プラスチックタイプの水筒は壊れやすい傾向があります。

ステンレスタイプ

ステンレスタイプの水筒はプラスチックタイプと比べると丈夫に作られているため、壊れにくくなっています。水筒を長く使い続けたいという方はステンレスタイプの水筒がおすすめです。水筒を落としたり、ぶつけたりしても水筒の本体が凹むことはありますが、割れてしまうということは少ないです。保冷と保温機能の両方がついているものが多く、冷たいお茶も温かいお茶も入れることができます。デメリットはプラスチックタイプの水筒と比べると値段が高価になってしまいがちなことです。水筒の重さもプラスチックタイプよりも重くなりますが、ステンレスタイプでショルダーパッドが付いているものであれば、肩への負担が減ります

水筒の飲み口

水筒の飲み口>
水筒の飲み口は種類が多く、子供の年齢や水筒を使う場所によって使いやすさが異なります。子供が使いやすいものを選んであげるようにしましょう。

直飲み

直飲みタイプの水筒は蓋を取って直接口をつけて飲むことができます。子供用の直飲みタイプは蓋がワンプッシュ式で開閉できるものが多く、簡単に蓋の開閉ができるので小さい子供でも飲みやすくなっています。小さい子供や遠足などの外での活動のときは直飲みタイプが使いやすくて便利です。さらに直飲みタイプの水筒は洗うパーツが少なくなっているので、毎日の洗浄やお手入れが簡単ですし、おしゃれなデザインのものが多くあります。

ストロー

ストロータイプの水筒は飲みやすくて倒れても中身がこぼれにくいので、子供の初めての水筒として選ばれることが多いです。蓋もワンプッシュ式で開閉ができるものが多く、小さい子供でも扱いやすくなっています。
ストローは洗いやすくなっていたり、ストローのみを交換ができるものもあります。

コップ

コップタイプの水筒は中の飲み物をコップに入れて使います。水筒に直接口が触れることがないので、衛生面で安心して使うことができます。子供が小さいうちはコップに注ぐのが難しいので、練習が必要になったり、子供が大きくなってからでないと使うことができません。コップタイプを選ぶときは取っ手の持ちやすさもチェックしておくと安心です。

2way

2wayタイプの水筒はコップと直飲みの両方を使うことができます。コップタイプと直飲みタイプでパーツを取り替えて使います。普段はコップタイプで使い、遠足などの外での活動のときには直飲みタイプにするなどの利用方法があります。子供の年齢や使うシーンに応じて使い分けることができるので便利です

内容量

子供用の水筒を選ぶときは内容量もどれぐらいのものが良いのかを考えましょう。幼稚園や保育園に通う年齢の子供の場合は、500ml前後のものだと安心です。夏場は熱中症対策として水分補給を多く取るため、水分が足りなくならないように内容量の大きいものを選ぶ必要があります。幼稚園や保育園で水筒の中身を補充してくれる場合は300~400ml程度の内容量のものでも大丈夫でしょう。小学生に上がると活動時間も増えるので、1Ⅼサイズのものを使うことが多いです。子供は成長するごとに飲む量も変わってくるので、子供が飲む量をチェックしながら適切なサイズの水筒を選びましょう

保冷・保温機能

保冷や保温機能がついている水筒だと安心して使うことができます。幼稚園や保育園など冷房がある場所で使う場合は、保冷機能がなくても問題はありませんが、暑い季節の外での使用は水筒の中身の劣化が気になります外での活動が多い場合は保冷機能がついているものを選ぶようにすると安心です。プラスチックタイプの中にも保冷機能がついている水筒はありますが、ステンレスタイプのものと比べると保冷効果が弱くなってしまいます。プラスチックタイプの水筒には保温機能がついていないので、保温機能を求める場合はステンレスの水筒を選びましょう。水筒の中には保冷専用のタイプもあるので、購入するときには気をつけてください。

洗いやすさ

水筒は毎日洗浄するので、洗いやすいものを使うのがおすすめです。水筒の洗いやすさやお手入れがしやすいかどうかをチェックしておきましょう。パッキンなどのパーツができるだけ少ないものだと、洗う手間がかからないので楽ちんです。細かいパーツが多いものはパーツを紛失をしてしまう心配もあります。パッキンなどのパーツは紛失してしまうと、水筒の中身が漏れてしまい使うことができなくなってしまいます。メーカーによってはパーツのみの購入ができることもありますが、パーツのみの購入ができない場合は再度水筒を購入することになります。水筒を洗うときに水筒の本体部分に手が入るものだと、ボトル洗浄用の棒の付いたスポンジを使わずに水筒を洗うことができます。

紐またはストラップの有無

通園に水筒を使うなら紐やストラップがついているものがおすすめです。子供が小さいうちは特に水筒を落としたりぶつけてしまうことがよくあります。子供が肩から水筒を掛けて使うことができる紐やストラップがついていれば、水筒を落としてしまうという心配がなくなります。バッグなどに水筒を入れて使うときは、邪魔にならないように紐やストラップを取り外して使うことができるものだと便利です。

種類別おすすめ水筒

種類別おすすめ水筒
子供用の水筒にはプラスチックやステンレス、飲み口にもそれぞれ違いがあります。子供が使いやすいと感じる水筒を選んであげると良いです。子供用の水筒を選ぶときは子供の年齢や、使い勝手の良さをチェックしましょう。種類別のおすすめの子供用の水筒を紹介しますので、水筒選びの参考にしてみてください。

スケーター 子供用 水筒 480ml プリンセス ディズニー

スケーター 子供用 水筒 480ml プリンセス ディズニー

参考価格:1,190円
楽天で見る
amazonで見る

プラスチック×直飲みタイプの子供用の水筒です。プッシュ式で蓋の開閉が簡単にできるので、すぐに飲み物を飲むことができます。容量は480mlで幼稚園や保育園で使うのに丁度良いサイズです。人気のキャラクターのものが多く、子供が好きなキャラクターの水筒を選ぶことができます。食器洗い乾燥機にも対応しています。広口になっているので夏場は氷が入れられるようになっています。

関連記事

ディズニーおもちゃ大集合! 赤ちゃんから女の子男の子におすすめ紹介

スケーター 子供用 水筒 クリアボトル ストロー式 スヌーピー PEANUTS PDSH5

スケーター 子供用 水筒 クリアボトル ストロー式 スヌーピー PEANUTS PDSH5

参考価格:1,653円
楽天で見る
amazonで見る

プラスチック×ストロータイプの子供用水筒で、容量は480mlになっています。こちらも人気キャラクターのものが豊富で、男の子女の子共に人気のあるキャラクターのものが販売されています。プッシュ式で簡単に開閉ができて、ストローで飲むことができます。底面には衝撃をやわらげるクッションも付いています。

スケーター 直飲み プラスチック水筒 コップ付き 480ml ミニオンズ PSB5KD

スケーター 直飲み プラスチック水筒 コップ付き 480ml ミニオンズ PSB5KD

参考価格:833円
楽天で見る
amazonで見る

プラスチック×コップタイプのミニオンの可愛いイラストが特徴の子供用水筒です。容量は480mlです。コップに注いで使うのはもちろん、直飲みもすることができる優れものです。注ぎ口も飲み物が注ぎやすい口になっています。また、食器洗い乾燥機にも対応していて、氷も入れられるので夏場も安心です。

スケーター 2WAY 保冷水筒 400ml プラレール 15 FKDS4

スケーター 2WAY 保冷水筒 400ml プラレール 15 FKDS4

参考価格:2,880円
楽天で見る
amazonで見る

プラスチック2wayタイプの子供用水筒で、コップタイプと直飲みタイプを取り替えて使います。2way仕様なので、子供の年齢や使うシーンによって使い分けることができます。容量は400mlで、直飲みタイプはワンプッシュ式で開閉が簡単です。水筒本体には発砲断熱材が入っているので、飲み物の温度をキープすることができます。

スケーター 子供用 直飲み ステンレス水筒 470ml カーズ SDC4

スケーター 子供用 直飲み ステンレス水筒 470ml カーズ SDC4

参考価格:1,780円
楽天で見る
amazonで見る

ステンレス×直飲みタイプの子供用水筒です。保冷専用で容量は470mlです。蓋はワンプッシュで開閉ができ、キャップロック機能がついているので飲んでいるときに蓋が邪魔になりません。蓋を閉じてるときにもロックをすることができるので、持ち運びにも安心です。

サーモス 真空断熱ストローボトル 【ワンタッチ】 400ml ミニー ピンクハート FHL-401FDS PHT

サーモス 真空断熱ストローボトル 【ワンタッチ】 400ml ミニー ピンクハート FHL-401FDS PHT

参考価格:2,580円
楽天で見る
amazonで見る

ステンレス×ストロータイプの子供用水筒です。400mlの容量で蓋はワンプッシュで簡単に開閉ができます。真空断熱で水筒の中の飲み物をしっかり保冷してくれます。水筒のポーチには子供の肩にかかる負担を軽減するショルダーパッドもついています。

象印 ( ZOJIRUSHI ) 水筒 コップつき ステンレスボトル 600ml ピンク SC-MC60-PA

象印 ( ZOJIRUSHI ) 水筒 コップつき ステンレスボトル 600ml ピンク SC-MC60-PA

参考価格:2,580円
楽天で見る
amazonで見る

ステンレス×コップタイプの子供用水筒です。容量は600mlで、保冷・保温の両方の機能がついています。取っ手が大きめのコップで、カチッと閉まるようになっているので閉め忘れがありません。水筒の内面はフッ素コートで本体も丸洗いができるので、水筒を清潔に保つことができます。

サーモス 水筒 真空断熱2ウェイボトル ミントフラッグ 800ml/830ml FHO-801WF M-F

サーモス 水筒 真空断熱2ウェイボトル ミントフラッグ 800ml/830ml FHO-801WF M-F

参考価格:3,002円
楽天で見る
amazonで見る

ステンレス2wayタイプの子供用水筒です。容量は中せんでの使用で800ml、キャップユニットでの使用は830mlになります。 キャップユニットでの使用は保冷専用、コップタイプでの使用は保冷・保温機能共に使うことができます。シンプルな構造でお手入れが簡単です。

まとめ


子供用の水筒は種類がいくつかありますが、それぞれ機能や容量などが異なります。子供の年齢や使うシーンによって使い分けても良いでしょう。ママがお手入れがしやすいかどうかも大切です。水筒を購入するときは後悔しないように、水筒の飲み口や機能をチェックして子供が使いやすい水筒を選んであげましょう