歯の発育には「歯固め」がおすすめ! いつからいつまで使う? 選ぶときの3つのポイントも紹介

歯固めとは?

歯固めとは?
「歯固め」には、二つの意味合いがあります。一つは赤ちゃんの健やかな成長と丈夫な歯が生えることを願い、「お食い初め」の儀式で使う石のこと。もう一つは、歯が生え始めた赤ちゃんに使うアイテムのことです。今回は、後者の歯固めについて紹介していきたいと思います!

赤ちゃんの歯が生える時期は個人差が大きいですが、一般的に生後6ヶ月~7ヶ月に下の前歯から生え始めます。歯が生えはじめる前の赤ちゃんは、口をモグモグしたり、機嫌が悪くなったり、夜泣きをすることがあります。これを「歯ぐずり」といい、歯肉がムズムズしたり、痛みを感じたりしているのが原因。そんな時に、適度な固さのものを噛ませて不快感や痛みをまぎらわしてあげるアイテムが「歯固め」です。

お食い初めはいつ、どうやればいいの? お食い初めの献立に決まりはある?
お食い初めはいつ、どうやればいいの? お食い初めの献立に決まりはある?
お食い初め(おくいぞめ)は子供が一生食べ物に困らないように、健康に成長してくれるようにという願いをこめて、生後100日前後に行われる日本の伝統儀式です。いつ、誰を招待して、どんな献立で行うのか、自宅でやらないとダメなのか、などお食い初めの基礎知識を紹介します。
お食い初めセットって何? 通販で頼めるおすすめのお食い初めセット10選 
お食い初めセットって何? 通販で頼めるおすすめのお食い初めセット10選 
お食い初めは正式にやろうと思うと、料理に食器に…と多くの準備が必要になるので大変です。そこで今人気なのが、手軽に本格的なお食い初めができる「お食い初めセット」を注文することです。どんなセットなのか、ママたちの口コミと合わせて紹介します!

歯固めの効果

歯固めの効果
歯ぐきにあててカミカミさせることで、赤ちゃんの不快感や痛みをまぎらわすことができる歯固め。ですが、それ以外にも様々な効果があるんです。

「噛む」トレーニングになる

生後すぐの赤ちゃんは母乳やミルクだけで栄養をとっていますが、歯が生え始めると離乳食でも栄養がとれるようになります。歯固めを使ってカミカミさせることによって、歯が生え始めた赤ちゃんが食べ物をスムーズに噛んで食べるためのトレーニングになります。

赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんが生後5ヶ月、生後6ヶ月になった頃から離乳食はスタートします。ちょうど下の前歯が生えはじめる頃ですね。しかし、初めて子育てをするママは初めての離乳食でどんなものを食べさせればいいのか、不安ですよね。この記事では離乳食の基本的な内容を離乳食初期、中期、後期、完了期に分けてご紹介します。

歯磨きの練習になる

赤ちゃんの歯が生え始める時期は、何でも口に入れたがる時期でもあります。この頃に歯ブラシを口の中に入れられて嫌がる赤ちゃんはほとんどいません。そのため歯固めで歯ぐきをカミカミさせ、その後に仕上げ歯ブラシで歯ぐきを数回マッサージしてあげれば、歯磨きや仕上げ磨きの練習にもなります。その時に、「気持ちいいね」「上手に歯磨きできるね」などと優しく声をかけてあげるといいでしょう。

歯ぐきや歯の発育をサポートできる

歯固めをカミカミすることで、歯ぐきがマッサージされ血行が促進されます。そのことにより、歯ぐきや歯の発育をサポートする効果も得られます。また「噛むこと」で脳を刺激したり、あごの骨や筋肉の発達を促進させたりすることもできます。

歯固めはいつからいつまで使う?

歯固めはいつからいつまで使う?
歯固めは、乳歯が生えていない時から使いはじめるのがおすすめです。虫歯予防の観点では、最初の歯が生え始めたらすぐに歯磨きをスタートすることが望ましいとされています。ですが、突然口の中に歯ブラシを入れると赤ちゃんは困惑し、歯磨きが苦手になってしまう可能性があります。そのため、あらかじめ歯固めで歯の中に物が入っている状態に慣れさせておけば、スムーズに歯ブラシに移行できます。

歯磨きの練習として歯固めを持たせるのは1日に朝と晩の2回、3分ずつくらいがいいでしょう。おもちゃ代わりとして長時間持たせると、噛み合わせや歯並びに影響することがあるので控えるようにしてくださいね。歯が上下それぞれ2本ずつ生えてきたら、歯固めは卒業してください。その後は乳児用の歯ブラシに移行させてあげましょう。

赤ちゃんの歯磨きはいつから始めた? 虫歯を作らない歯磨きのポイント
赤ちゃんの歯磨きはいつから始めた? 虫歯を作らない歯磨きのポイント
赤ちゃんの歯磨きは歯が生え始める生後6ヶ月頃からとされています。歯茎から乳歯が見えだしたら、早い段階で歯磨きに慣れさせる練習をはじめましょう。正しい習慣づけや虫歯ゼロを目指す歯磨きのポイントと、赤ちゃんの歯磨きについてのママたちのお悩みを解説します!
赤ちゃんに使う歯磨き粉のおすすめは? いつから必要? フッ素などの成分も知っておこう!
赤ちゃんに使う歯磨き粉のおすすめは? いつから必要? フッ素などの成分も知っておこう!
赤ちゃんの歯が生え始めたら歯磨きの練習をはじめますよね。赤ちゃんの歯が生えそろってきたら、そろそろ歯磨き粉を使った方が良いのかな? と思うパパママもいるのでしょうか。赤ちゃんの歯磨きではいつから歯磨き粉が必要なのか、どんな歯磨き粉を選べば良いのかなどをご紹介します。

歯固めを始める具体的な目安

歯固めを始める具体的な目安
「歯ぐずり」が出てきたら、歯固めをはじめるサイン。当てはまる項目があれば、赤ちゃんの口の中を確認してみてください。歯茎が膨らみ、下に白くて硬いものが見えていれば歯が生え始めている証拠。歯固めを準備してあげましょう。また歯固めの中には、生後すぐから3ヶ月くらいの赤ちゃんを対象にした商品もあります。これは、歯固めを早めに使うことで、スプーンや歯ブラシを口に入れられることによる抵抗を減らせるから。離乳食や歯磨きをスムーズにはじめられるというメリットがあります。

  • よだれの量が増える
  • 機嫌が悪くなる
  • タオルやおもちゃなどをよく噛む
  • 口の中に手や指を入れる
  • おっぱいやミルクをあまり飲まなくなる
  • 今までなかったのに夜泣きをするようになる

歯固めを選ぶときのポイント

歯固めを選ぶときのポイント
歯ブラシタイプのものから、リング状、ボールタイプなど、様々な歯固めが販売されています。どういった歯固めがおすすめか、選ぶときのポイントをご紹介していきます!

赤ちゃんがもちやすい形状

赤ちゃんの握力はまだ弱いため、持ちやすい歯固めがおすすめです。またのど付き防止が付いているタイプなど、安全に配慮されている歯固めを選ぶようにしましょう。

素材をチェック

歯固めは赤ちゃんの口に直接入れるものですので、素材はしっかり確認するようにしてくださいね。場合によっては赤ちゃんが嫌がったり、アレルギー反応が出たりすることもあるので注意が必要です。

天然ゴム

天然ゴムは、耐久性や弾力性に優れているため、多くの歯固めに使われています。天然木の樹液から精製された天然ゴムは、乳幼児でも安心して使えます。またエストラマー系のTPE(TPR)と呼ばれる素材も、ゴムのような素材で歯固めとしておすすめです。一方、弾力性があるものはほこりやゴミが付着しやすくお手入れが大変だというデメリットもあります。

自然素材

天然木やお米が原材料の歯固めもあります。安全性はもちろん、自然素材ならではの温かみがある質感が人気です。木製の歯固めは品質の高い日本メーカーのものがおすすめ。外国製であれば、米国や欧州などの厳しい玩具安全基準に合格しているものを選ぶようにしましょう。

塩化ビニールには注意!

塩化ビニールは彩りが鮮やかで柔軟性と弾力性に優れていますが、近年、有害性が指摘されています。舐めたり噛んだりしただけでも体内に有害害物質を取り込んでしまう可能性があるため、塩化ビニール製の歯固めは選ばないようにしましょう

赤ちゃんによく起きる事故と場所や年齢別の安全対策を紹介!
赤ちゃんによく起きる事故と場所や年齢別の安全対策を紹介!
生まれたばかりの赤ちゃんはまだ自分の力や判断で動くことができなかったり、赤ちゃんが成長してハイハイや一人歩きができるようになっても、好奇心旺盛な赤ちゃんの周りでは危険なことがたくさんあります。パパママは、赤ちゃんに起きやすい事故を理解し、正しい安全対策を行いましょう。

手入れのしやすさ・消毒方法をチェック

手入れのしやすさ・消毒方法をチェック
シンプルな形で洗いやすいかどうかも大切なポイントです。また、自然素材の歯固めなど、製品によっては煮沸消毒や、薬液、電子レンジを使った消毒ができない場合もあります。選ぶときにはお手入れ方法をしっかり確認するようにしましょう。

哺乳瓶の消毒はレンジがおすすめ。メリットとデメリット、便利グッズを紹介
哺乳瓶の消毒はレンジがおすすめ。メリットとデメリット、便利グッズを紹介
哺乳瓶の消毒は大事な作業ですが、確実に消毒ができなおかつ時短ができる方法があるとしたら、試してみたいと思うものですよね。そこで、哺乳瓶の消毒に電子レンジを使うメリットとデメリット、そして消毒のための便利グッズをご紹介したいと思います。
哺乳瓶の消毒方法や保管方法はどうすればいい? 煮沸消毒、レンジ、消毒液、どれがいい?
哺乳瓶の消毒方法や保管方法はどうすればいい? 煮沸消毒、レンジ、消毒液、どれがいい?
哺乳瓶は免疫力が弱い赤ちゃんが口にするものなので、哺乳瓶は清潔に保ちたいですよね。赤ちゃんの哺乳瓶は消毒方法によって手順や消毒にかかる時間が異なります。煮沸消毒、電子レンジ、消毒液で消毒する方法や、消毒後の保管方法もご紹介します。
赤ちゃんの哺乳瓶の選び方! いつまで使う? 消毒は毎回必要? ピジョンなどのおすすめ5選!
赤ちゃんの哺乳瓶の選び方! いつまで使う? 消毒は毎回必要? ピジョンなどのおすすめ5選!
赤ちゃんの授乳には欠かせない哺乳瓶はピジョンやコンビなどの育児用品メーカーから、いろいろな種類が販売されています。どれを買うべきか迷ってしまいますよね。どのサイズを買えばいいのか? 哺乳瓶の消毒は利用の度に必要なのか? おすすめは? などパパママの疑問にお答えします。

赤ちゃんも喜ぶ人気の歯固め10選

カラフルなものやおもちゃとして遊べるものなど、様々な種類がある歯固め。おすすめの歯固めをご紹介します!

エジソン(EDISON)「カミカミBabyバナナ」

エジソン(EDISON) カミカミBabyバナナ 3か月~

エジソン(EDISON) カミカミBabyバナナ 3か月~

599円(10/13 23:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

ブラシのような凹凸の形状が、赤ちゃんの歯ぐきを優しくマッサージ。また、バナナの皮は、可愛いだけではなく誤飲防止にも役立ちます。洗いやすく立てて保管ができるから、衛生面でも安心な歯固めです。

対象月齢 3ヶ月〜
素材 TPR樹脂(本体)※耐熱温度:130度
お手入れ方法 ・電子レンジ
・煮沸消毒
・薬液消毒

Sassy(サッシー)「バンブル・バイツ・ファン TYSA80679」

感触や色の異なる4枚の羽が楽しいミツバチ型のラトル。低月齢の赤ちゃんにも持ちやすく作られていて、歯のムズムズをやわらげるクールティーザー付きです。

対象月齢 0ヶ月〜
素材 BS樹脂、合成ゴム、EVA樹脂、ポリプロピレン
お手入れ方法 水またはぬるま湯で丁寧にすすぎ洗いをする。

おもしろ名札工房「歯がため・ティース君」

職人の手作業で丁寧にやすりをかけており、手触りが心地良い木製の歯固め。名入れが可能なので、出産祝いなどにもぴったりです。

対象月齢 3ヶ月〜
素材 無垢材
お手入れ方法 湿らせた布で拭く。

キリンのソフィー「Vulli キリンのソフィー 18cm」

フランスで1961年に発売されて以来、約半世紀にわたって愛され続けるキュートな歯固めおもちゃ。「フランス人はソフィーと一緒に育つ」と言われるほど、フランスでは親しまれています。自然由来の素材でできているため安心して使える点も魅力です。

対象月齢 0ヶ月〜
素材 天然ゴム、食用塗料
お手入れ方法 石鹸水を含ませた布でよごれを取る。その後、水を含ませた布で拭き取り、自然乾燥させる。

ピープル「お米のシリーズ お米の歯がため」

お米のシリーズ お米の歯がため

お米のシリーズ お米の歯がため

840円(10/13 23:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

原料の51%が国産米の歯固め。国内で一つ一つ丁寧に作られており、品質、信頼性ともに抜群です。材料も製造も国産にこだわりたい方におすすめですよ。

対象月齢 0ヶ月〜
素材 お米(51%)
お手入れ方法 水洗い後、清潔な布で水分を拭き取る。

ピジョン「ぺらぺらキャロットフラワー」

赤ちゃんでも持ちやすいリング状の歯固め。2種類の噛み心地や認識しやすいコントラストのカラー、音が鳴る白黒の鈴など、赤ちゃんが夢中になってくれる工夫がいっぱいです。

対象月齢 6ヶ月〜
素材 TPE(ソフト部分)、ポリプロピレン(ハード部分)※耐熱温度:120度、ポリスチレン(鈴)※耐熱温度:70度
お手入れ方法 薬液

Bemixc「歯がためおもちゃ ハンドラトル 10PCS」

トランペットやミツバチ、キャンディー、タンバリンなど、合計10種類のバリエーション豊かな形の歯固めがセットになっています。歯固めとしてはもちろん、おもちゃとしても楽しめますよ。

対象月齢 0ヶ月〜
素材 天然ゴム※耐熱温度:100度
※手塗のフードペイント製です。
お手入れ方法 煮沸消毒

リッチェル「歯がため ケース付 かめさん」

歯ぐきにやさしい素材でできた歯固め。振るとシャカシャカと音が鳴る点もポイントです。楽しく遊びながら、噛むだけではなく握るトレーニングもできますよ。

対象月齢 3ヶ月〜
素材 エラストマー、ポリプロピレン
お手入れ方法 ・電子レンジ
・煮沸
・液剤

ティーレックス「ボリィ はじめてボール 歯がため」

赤ちゃんの手でも持ちやすいユニークな形状の歯固め。伸縮性があるから引っ張ったり押したりと、おもちゃとして遊ぶことも可能です。

対象月齢 6ヶ月〜
素材 シリコン
お手入れ方法 ・丸洗い
・煮沸消毒
・電子レンジ
・薬液

ピジョン「にぎる・かむ R-3」

ピジョン にぎる・かむ R-3

ピジョン にぎる・かむ R-3

356円(10/13 23:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

様々な凹凸でバラエティにとんだ噛み心地が味わえたり、ハンドル部分を振るとカラカラと優しい音が鳴ったりと、赤ちゃんの知覚を養える歯固め。コストパフォーマンスが抜群な点も嬉しいですね。

対象月齢 3ヶ月〜
素材 ABS樹脂(ハンドル部分)、水添型スチレンブタジエン共重合樹脂(ソフト部分)、スチロール樹脂(カラーボール部分)
お手入れ方法 ・水洗い
・薬液消毒

まとめ

まとめ
歯固めは赤ちゃんの歯ぐずりによる不快感をまぎらわせるのはもちろん、おもちゃとしてなど、色々な使い方ができる便利なグッズです。歯ブラシ状の歯固めであれば、歯が生えたときの歯磨きの予行練習にもなりますね。歯固めの種類は様々ありますので、色や形、素材など赤ちゃんのお気に入りの一つを探してみてください!

子供の歯が生え変わるのはいつ? 仕組みやトラブル対処法
子供の歯が生え変わるのはいつ? 仕組みやトラブル対処法
子供から「歯がグラグラしてきた」と言われると、そろそろ乳歯が抜ける時期なのかと感慨深いものですよね。でも、乳歯が抜ける時期にはさまざまなトラブルもあるのをご存知ですか。ここでは、乳歯の抜ける時期や順番、そして生え変わる時期によくあるトラブルと解決策についてご紹介したいと思います。
子供の乳歯の保存には乳歯ケースがおすすめ。人気商品と買える場所を事前にチェック
子供の乳歯の保存には乳歯ケースがおすすめ。人気商品と買える場所を事前にチェック
子供の歯がグラグラしてくると、いよいよ乳歯が抜ける時期です。初めて抜けた歯は、記念に取っておきたいと思う人も増えてきていますが、どのように保存すればいいのでしょうか。ここでは乳歯を保存するための乳歯ケースの選び方やおすすめについてご紹介したいと思います。
かわいいおしゃぶりホルダーを見つけよう! 選び方とおすすめ10選
かわいいおしゃぶりホルダーを見つけよう! 選び方とおすすめ10選
おしゃぶりを一度落としてしまうと、しっかり洗ってからでないとまた赤ちゃんの口に入れることはできませんよね。気づいたら赤ちゃんがおしゃぶりを落としているなんてことも良くあるので、おしゃぶりホルダーを使うとおしゃぶりを落とさずに済むので便利です。