赤ちゃんの首すわりはいつから始まるの? 確認方法と首すわり前後の注意点を紹介

赤ちゃんの首すわりって?

赤ちゃんの首すわりって?
生まれたばかりの赤ちゃんはとても柔らかく、特に首はグラグラしていて不安定です。大人がしっかりと頭を手で支えてあげる必要があります。赤ちゃんの首は次第にしっかりしてきて、自分でしっかりと安定するようになります。このことを首すわりといい、赤ちゃんの運動機能の発達を確認する目安になります

赤ちゃんの首すわりが始まる時期、完成する時期は?

首すわりが始まる時期、完成する時期は?
抱っこをするとき、いつも首を支えて持ち上げなければいけない月齢の低い時期の赤ちゃん。首がグラグラする不安定な状態がしっかりとしてくるのは、どのくらいの時期なのでしょうか。赤ちゃんの成長には個人差がありますが、一般的な成長過程をご紹介します。

生後2ヶ月頃から5ヶ月頃が平均的

生後2ヶ月頃から5ヶ月頃が平均的
生後2ヶ月頃になると、赤ちゃんをうつ伏せにしたとき、少し顎をあげる仕草を見せるようになります。抱っこをすると少しの間なら頭の位置を保てるようになり、少しずつしっかりしてきます。生後3ヶ月頃になると約5割、そして生後4ヶ月頃になると約9割の赤ちゃんの首が座ります

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均体重と身長、発育ペースは?
赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均体重と身長、発育ペースは?
赤ちゃんが生まれたばかりの新生児から1歳ごろまでは、人生で一番成長する時期です。この時期の赤ちゃんの成長はパパママにとっても心配なはず。そこで赤ちゃんの月齢ごとの平均身長や平均体重、月齢ごとにどのように発育していくのかを見通せるように、まとめて解説します!
寝返りはいつからできる? 赤ちゃんの月齢目安や練習方法は? 注意点も紹介
寝返りはいつからできる? 赤ちゃんの月齢目安や練習方法は? 注意点も紹介
赤ちゃんはいつ頃寝返りをするようになるのか、ご存知でしょうか? ウチの赤ちゃんはなかなか寝返りしないので練習した方がいいの? などと不安なパパママに向けて赤ちゃんが寝返りをする赤ちゃんの月齢目安、寝返りの練習方法、注意点などをご紹介します。
赤ちゃんの3ヶ月健診・4ヶ月健診の目的や診察項目を紹介!
赤ちゃんの3ヶ月健診・4ヶ月健診の目的や診察項目を紹介!
生後3ヶ月健診・生後4ヶ月健診は、生後1ヶ月健診では見つけることができなかった病気や発達の遅れを見つけるきっかけになります。体重の増加・視力など、早期発見で良くなる症状もありますよ。生後3ヶ月健診・生後4ヶ月健診の診察内容をご紹介します。
生後3ヶ月の赤ちゃんの成長目安と発達 体重・身長はどのくらいになる? 睡眠時間は?
生後3ヶ月の赤ちゃんの成長目安と発達 体重・身長はどのくらいになる? 睡眠時間は?
生後3ヶ月の赤ちゃんはどのくらい体重が増え、身長が伸びるのでしょうか? 授乳回数や睡眠・排便の特徴などを見てみましょう! 生後3ヶ月の赤ちゃんのお世話のポイントや遊び方も紹介します。
生後4ヶ月の赤ちゃんの成長目安は? 体重や身長は? 寝返り&スプーン練習スタート!
生後4ヶ月の赤ちゃんの成長目安は? 体重や身長は? 寝返り&スプーン練習スタート!
生後4ヶ月の赤ちゃんは、どのくらい成長しているのでしょうか? この時期は、誤飲などもあるので目が離せません。生後4ヶ月の赤ちゃんの成長目安や発達、お世話について詳しく紹介します!

赤ちゃんの首すわり確認方法

赤ちゃんの首すわり確認方法
縦に抱っこをしたとき、首が座ってきたように見えることもありますが、本当に座っているのかどうかは分かりにくいものです。おうちでもできる、首すわりを確認する方法をご紹介します。ただし、完全な自己判断では不十分なので、3、4ヶ月健診で医師や保健師の判断を仰ぎましょう。

赤ちゃんの3ヶ月健診。持ち物は? 服装は? どんな検査をする? 詳しく解説
赤ちゃんの3ヶ月健診。持ち物は? 服装は? どんな検査をする? 詳しく解説
赤ちゃんが生まれて生後3ヶ月から4ヶ月になったころに自治体で赤ちゃんの健診を受けることになっています。生後1ヶ月の時にまず健診がありますね。その後約2~3ヶ月経ってから今度は自治体が主催する健診があるのです。では具体的に何をするのか、親子が健診を受けやすい服装などについても解説します。

赤ちゃんをうつぶせに寝かせてチェックする

赤ちゃんをうつぶせに寝かせる
赤ちゃんをうつ伏せにの状態にしてみましょう。首がまだ安定していない赤ちゃんは、顔を床につけたままで動かすことができません。しっかりと首が座っていれば、頭を上に持ち上げることができます

赤ちゃんのうつ伏せは危険? いつできる? 練習は必要? やり方や注意点も紹介
赤ちゃんのうつ伏せは危険? いつできる? 練習は必要? やり方や注意点も紹介
赤ちゃんがうつ伏せ姿勢でいるとどのような危険があるのでしょうか? 赤ちゃんの成長とともに、安全な環境づくりも大切ですよね。また、うつ伏せ練習は必要なのか、うつ伏せ練習のやり方や注意点も紹介します。

赤ちゃんを縦抱きにしてチェックする

縦抱きにしてチェックする
縦抱きにしたときに首が安定していない場合は、がくんと首が倒れてしまいます。確認するときは手で首を支ながらゆっくり離し、十分に注意しながら行いましょう。首が座っていたら、1人で頭を支えることができます

赤ちゃんの両腕を持って引き起こしてチェックする

あおむけに寝かせて赤ちゃんの両腕を持って引き起こす
赤ちゃんを仰向けの状態にして両手持って45°まで引き起こし、頭が後ろに残らずにしっかり付いてくるようであれば、首が安定しています。頭が後ろに垂れてしまうようであれば、まだ首は不安定です。無理に行わずに、ゆっくり優しく行いましょう。

次のページでは赤ちゃんの首すわる前後の時期の抱っこの方法などの注意点、他の家庭では生後何ヶ月頃に首が座ったのかの体験談をご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!