赤ちゃんの首すわりはいつから始まるの? 確認方法と首すわり前後の注意点を紹介

赤ちゃんの首すわりって?

赤ちゃんの首すわりって?
生まれたばかりの赤ちゃんはとても柔らかく、特に首はグラグラしていて不安定です。大人がしっかりと頭を手で支えてあげる必要があります。赤ちゃんの首は次第にしっかりしてきて、自分でしっかりと安定するようになります。このことを首すわりといい、赤ちゃんの運動機能の発達を確認する目安になります

赤ちゃんの首すわりが始まる時期、完成する時期は?

首すわりが始まる時期、完成する時期は?
抱っこをするとき、いつも首を支えて持ち上げなければいけない月齢の低い時期の赤ちゃん。首がグラグラする不安定な状態がしっかりとしてくるのは、どのくらいの時期なのでしょうか。赤ちゃんの成長には個人差がありますが、一般的な成長過程をご紹介します。

生後2ヶ月頃から5ヶ月頃が平均的

生後2ヶ月頃から5ヶ月頃が平均的
生後2ヶ月頃になると、赤ちゃんをうつ伏せにしたとき、少し顎をあげる仕草を見せるようになります。抱っこをすると少しの間なら頭の位置を保てるようになり、少しずつしっかりしてきます。生後3ヶ月頃になると約5割、そして生後4ヶ月頃になると約9割の赤ちゃんの首が座ります

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?
赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?
赤ちゃんが生まれたばかりの新生児から1歳頃までは、人生で一番成長する時期です。この時期の赤ちゃんの成長はパパママにとっても心配なはず。そこで、赤ちゃんの月齢ごとの平均身長や平均体重、月齢ごとにどのように発育していくのかについてご紹介します。
赤ちゃんは寝返りをいつできるようになる? 寝返りの練習方法や注意点は?
赤ちゃんは寝返りをいつできるようになる? 寝返りの練習方法や注意点は?
赤ちゃんはいつ頃寝返りをするようになるのか、ご存知でしょうか? ウチの赤ちゃんはなかなか寝返りしないので練習した方がいいの?などと不安なパパママに向けて赤ちゃんが寝返りをする赤ちゃんの月齢目安、寝返りの練習方法、注意点などをご紹介します。
赤ちゃんの3ヶ月健診・4ヶ月健診の目的や診察項目を紹介!
赤ちゃんの3ヶ月健診・4ヶ月健診の目的や診察項目を紹介!
生後3ヶ月健診・生後4ヶ月健診は、生後1ヶ月健診では見つけることができなかった病気や発達の遅れを見つけるきっかけになります。体重の増加・視力など、早期発見で良くなる症状もありますよ。生後3ヶ月健診・生後4ヶ月健診の診察内容をご紹介します。
生後3ヶ月の赤ちゃんの成長目安と発達 体重・身長はどのくらいになる? 睡眠時間は?
生後3ヶ月の赤ちゃんの成長目安と発達 体重・身長はどのくらいになる? 睡眠時間は?
生後3ヶ月の赤ちゃんはどのくらい体重が増え、身長が伸びるのでしょうか? 授乳回数や睡眠・排便の特徴などを見てみましょう! 生後3ヶ月の赤ちゃんのお世話のポイントや遊び方も紹介します。

赤ちゃんの首すわり確認方法

赤ちゃんの首すわり確認方法
縦に抱っこをしたとき、首が座ってきたように見えることもありますが、本当に座っているのかどうかは分かりにくいものです。おうちでもできる、首すわりを確認する方法をご紹介します。ただし、完全な自己判断では不十分なので、3、4ヶ月健診で医師や保健師の判断を仰ぎましょう。

赤ちゃんの3ヶ月健診。持ち物は? 服装は? どんな検査をする? 詳しく解説
赤ちゃんの3ヶ月健診。持ち物は? 服装は? どんな検査をする? 詳しく解説
赤ちゃんが生まれて生後3ヶ月から4ヶ月になったころに自治体で赤ちゃんの健診を受けることになっています。生後1ヶ月の時にまず健診がありますね。その後約2~3ヶ月経ってから今度は自治体が主催する健診があるのです。では具体的に何をするのか、親子が健診を受けやすい服装などについても解説します。

赤ちゃんをうつぶせに寝かせてチェックする

赤ちゃんをうつぶせに寝かせる
赤ちゃんをうつ伏せにの状態にしてみましょう。首がまだ安定していない赤ちゃんは、顔を床につけたままで動かすことができません。しっかりと首が座っていれば、頭を上に持ち上げることができます

赤ちゃんを縦抱きにしてチェックする

縦抱きにしてチェックする
縦抱きにしたときに首が安定していない場合は、がくんと首が倒れてしまいます。確認するときは手で首を支ながらゆっくり離し、十分に注意しながら行いましょう。首が座っていたら、1人で頭を支えることができます

赤ちゃんの両腕を持って引き起こしてチェックする

あおむけに寝かせて赤ちゃんの両腕を持って引き起こす
赤ちゃんを仰向けの状態にして両手持って45°まで引き起こし、頭が後ろに残らずにしっかり付いてくるようであれば、首が安定しています。頭が後ろに垂れてしまうようであれば、まだ首は不安定です。無理に行わずに、ゆっくり優しく行いましょう。

赤ちゃんが首すわりをする前後の注意点は?

赤ちゃんが首すわりをする前後の注意点は?
首すわりが見られ始めた前後は、まだ完全ではないため、首がガクンと大きく動きがちです。ガクンとなった後に泣き出すと「痛いのではないか」「脳に影響があるのではないか」と心配になりますが、赤ちゃんの体は柔軟性があります。何度も揺さぶられた場合は危険ですが、1度動いた程度であればあまり過度に心配する必要はありません。もし、何度も動かしてしまった場合は、まず赤ちゃんを安静にし、普段と違った様子がないかを確認しましょう。異常が見られた場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。

赤ちゃんの揺さぶられ症候群の原因は? 症状は? 予防方法は? 詳しく解説!
赤ちゃんの揺さぶられ症候群の原因は? 症状は? 予防方法は? 詳しく解説!
「揺さぶられ症候群」あるいは「揺さぶられっ子症候群」という言葉を耳にしたことがありますか? 首が座ってからも、赤ちゃんをあやすときには注意が必要です。もし赤ちゃんが揺さぶられ症候群になったらどんな症状が出るのでしょうか? 予防する方法はあるのでしょうか? 詳しく説明します。

首がすわる前と後で赤ちゃんの抱っこの仕方は変わる?

首がすわる前と後の抱っこの仕方は変わる?
ふにゃふにゃと柔らかい生まれたての赤ちゃんは抱っこをするのも大変です。首が座ってくると自分で支えられる部位が増えるため、抱っこの仕方も変わってきます。首すわり前と首すわり後での抱っこの方法をご紹介します。

首すわり前

首すわり前
まだ運動機能が発達していない生まれたての赤ちゃんは、体全体を支てあげなければいけません。横抱きで、少し頭を高くする状態がベストです。抱っこ紐などを使う場合に縦抱きにすることもあるかもしれませんが、首が座っていない場合は首が苦しそうになっていないかをこまめに確認し、長時間縦抱きにすることは避けましょう。

ベビービョルン抱っこ紐「ONE KAI」と「MINI」を徹底紹介
ベビービョルン抱っこ紐「ONE KAI」と「MINI」を徹底紹介
ベビービョルンはママたちからの支持が高い抱っこ紐メーカーのひとつです。 大きく「ONE KAI」と「MINI」の2シリーズが展開されていて、新生児から使える点が特徴です。ベビービョルン抱っこ紐の人気の秘密やママたちの実際の口コミを紹介します。

赤ちゃんの首すわり後

首すわり後
健診で首すわりが確認された後でも、ときどき首がガクンと動いてしまうことがあります。縦抱きをはじめたばかりの頃は、手で支えながら様子を見るようにしましょう。生後4ヶ月を過ぎるといろいろなものに興味を持ち始めるので、縦抱きでなければ嫌がる赤ちゃんも出てきます。また、おんぶもできるようになるため、寝かしつけや家事もしやすくなるでしょう。

おすすめ抱っこ紐8選!抱っこひも選びで知っておくべきポイントとは?
おすすめ抱っこ紐8選!抱っこひも選びで知っておくべきポイントとは?
子供が生まれる前にすべての家庭で買いそろえておく育児グッズの1つが抱っこ紐です。抱っこ紐を使わず育児をするパパママはまずいないと思いますが、抱っこ紐はどのような視点で選べばいいのでしょう? 対象年齢? 機能? 価格? たくさんの種類がある抱っこ紐購入に悩むパパママに、抱っこ紐を選ぶ時のポイントとおすすめをご紹介します!
エルゴの抱っこ紐は新生児から使えるの? 人気のインファントインサートの使い方とよくある悩みについて
エルゴの抱っこ紐は新生児から使えるの? 人気のインファントインサートの使い方とよくある悩みについて
抱っこ紐を買おうと思う時、気になるのが安全面とどれくらいまで使えるのかという点ですよね。でもどこを選んだらいいのか分からないという人のために、ママたちから人気があるエルゴのインファントインサートの使い方や注意点についてご紹介します。

いつ赤ちゃんの首がすわった? 先輩ママの体験談

いつ首がすわった? 先輩ママの体験談
実際に育てているママたちの、赤ちゃんの首すわりはどうだったのでしょうか。みんな同じような状況ではなかったようですよ。さまざまな体験談をご紹介します。

生後3ヶ月健診で赤ちゃんの首すわりを確認

生後3ヶ月健診で首が座っていると言われました。先生は、うつ伏せに寝かせて飛行機みたいに頭が上がっているのを見て判断していました。先生には大丈夫と言われましたが、まだ不安定だったので、家事をするときは抱っこベルトを使っています。苦しそうでもなく、気持ち良さそうに寝ていました。

関連記事

3歳児健診は何をするの? 行くべき理由と健診内容を紹介

生後5ヶ月でやっと赤ちゃんの首が安定した

生後3ヶ月健診では首すわりができていると言われましが、半信半疑でした。現在5ヶ月近いのですが、やっと安定してきてホッとしています。首が安定していないと、寝返りしたときに頭があげられないと聞きました。今は寝返りのときも、長時間頭を持ち上げることができています。完全に首がすわって安心できるのには、時間がかかるかもしれません。

生後2ヶ月で首すわり!発達早めタイプ

娘は生後1ヶ月健診のときには、首のぐらつきもなくなって安定してきましたよ。生後2ヵ月頃にはしっかりと首がすわっていました。うちは早い方だったと思いますが、子供によってはすぐに安定してきます。

生後4ヶ月健診時の医師判断

自己判断はなかなか難しいですよね。うちの子の場合は、生後2ヵ月過ぎた頃から、横抱っこを嫌がるようになってきたので、すこしずつ斜め抱っこから縦抱っこになりました。それでもまだ首は安定しておらず、首を手で支えながらの縦抱っこをしていました。生後2ヵ月にある予防接種に連れて行くときは、首を支えながら首座りから使える抱っこ紐を使っていました。本当は安定してからの方がよいと思いましたが、どうしても嫌がるので。4ヵ月健診の時に医師から「首すわりは完璧だね」と言われてから、自信をもって「首がすわった」と言えるようになった感じです

生後4~5ヶ月でも焦らなくてOK

息子は首が座ったのは生後5ヶ月です。うつ伏せで首を上げ始めたのは生後4ヵ月くらいから始めた気がします。そんなに焦らなくても大丈夫じゃないでしょうか?

体の発達は遅めだったけれど、今は他の子と変らず元気いっぱい

息子はうつ伏せで首を上げられたのは生後5ヵ月以降でした。3、4ヵ月健診で首が座っていると先生に言われましたが、うつ伏せで全く首が上がらないし、縦抱っこもちゃんとできないし……という感じだったので、不安に思っていました。今は1歳半ですが、おすわりもハイハイも、つかまり立ちも、歩くのも全部平均よりも遅かったです。でも、今は保育園の他の子と同じように歩いたり遊んだりできているので安心しました。

赤ちゃんはいつからおすわりできる?発達個人差と楽しい練習方法
赤ちゃんはいつからおすわりできる?発達個人差と楽しい練習方法
赤ちゃんの首が完全に座り、手足の動きが活発になってくると「そろそろおすわり?」と期待が高まります。赤ちゃんのおすわりはいつから? またおすわり間近の赤ちゃんへの接し方は?そんな疑問を解消します。
赤ちゃんはいつからハイハイをはじめる? しない子もいる? おすすめのハイハイ練習方法5選!
赤ちゃんはいつからハイハイをはじめる? しない子もいる? おすすめのハイハイ練習方法5選!
赤ちゃんがハイハイを始めるのは生後7~8ヶ月といわれますが、赤ちゃんによってかなり個人差があります。「うちの子はなかなかはいはいしない!大丈夫?」と心配するパパママに、赤ちゃんがハイハイをする理由やしない赤ちゃんについてなど、ハイハイについての基礎知識をご紹介します。

赤ちゃんの成長はひとりひとり違って当然!

首すわりに判断の基準はあっても、赤ちゃんによって成長の度合いはさまざま違うようですね。首すわりが遅くても、その後は何も問題なく成長しているという体験談もあれば、生後1ヶ月で安定してきたという赤ちゃんまでいました。体の発達時期の基準は、大まかな目安として捉えておくと良いですね。

まとめ

まとめ
首が座るということは、赤ちゃんが一歩成長した証です。少しずつ自分で体を支えて、少しずつ自分で歩いていけるようになるのは、とても喜ばしいことですね。赤ちゃんの成長には基準というものが多くあります。平均よりも遅くなると、パパママは心配になりがちですが、首が安定する時期は赤ちゃんにより大きく差があることもわかりました。どうしても気になる場合は、ひとりで抱え込まずに医師や保健師に相談をしましょう。ちょっとしたサポートで、赤ちゃんの発達を促すこともできます。ゆったりとした気持ちで、成長を見守ることが大切ですね。

赤ちゃんと動物園に行くのはいつからがおすすめ? 動物アレルギーは大丈夫? 病気への免疫力がつくって本当?
赤ちゃんと動物園に行くのはいつからがおすすめ? 動物アレルギーは大丈夫? 病気への免疫力がつくって本当?
「赤ちゃんのうちに動物園に連れて行くとアレルギーにならない」そんな話を聞いたことはありませんか。動物園に行くことで病気への免疫がつくのは本当なのかを解説します。赤ちゃんと動物園を楽しむポイントやおすすめ動物園も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!