エルゴの抱っこ紐は新生児から使えるの? 人気のインファントインサートの使い方とよくある悩みについて

エルゴの抱っこ紐とは?

エルゴの抱っこ紐とは?
赤ちゃんを迎える準備をしているママにとって、『エルゴ』は良く耳にする言葉ではないでしょうか。『抱っこやおんぶで赤ちゃんを身につけるように一緒にいたい』というママの思いから誕生した、ハワイはマウイ島発のブランドです。その中でも特に評判が高いのがベビーキャリア(=抱っこ紐)です。

抱っこされる赤ちゃんは快適に、抱っこするパパママには負担を少なく、という嬉しい仕様に作られています。その抱っこ紐を指して『エルゴ』または『エルゴベビー』という呼び方をすることが、新しい育児用語になりつつあるほどの人気ぶりです。

エルゴの抱っこ紐はいつから使えるの?

エルゴはいつから使えるの?
エルゴの抱っこ紐は新生児から使用することができます。公式サイトの中でも明記されていますが、エルゴの抱っこ紐は体重が3.2kg・身長が50.8cmからの使用を推奨しています。赤ちゃんがその体重、身長になってから使用するのが安全です。また、首が完全にすわる生後6ヶ月ごろ(体重は7.8kg)までは、赤ちゃんと向かい合うようにする『対面抱き』を推奨しています。

関連記事

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?
赤ちゃんの首すわりはいつから始まるの? 確認方法と首すわり前後の注意点を紹介

エルゴの新生児用インファントインサートとは

エルゴの新生児用インファントインサートは、新生児から赤ちゃんの首が完全にすわるまでの間にエルゴと一緒に使用する補助具です。安定しない赤ちゃんの頭部と首を支えつつ、背骨のカーブに寄り添って包み込み、エルゴの中の赤ちゃんをしっかりとサポートします。こちらも公式サイト内にて必ず使用するよう注意喚起されていますので、新生児にエルゴを使用する際には一緒に用意しましょう。

エルゴの新生児用インファントインサートの種類

新生児用インファントインサートの種類
新生児用インファントインサートには、ⅡとⅢの二種類があります。それぞれの違いはどこにあるのでしょうか。

新生児用インファントインサートⅡ

新生児用インファントインサートⅢ

エルゴのインファントインサートⅡとⅢの違いとは

インファントインサートⅡは『新生児対面抱き』用のインファントインサートです。ちょうど新生児のお腹あたりにストラップが来るようになっており、首がすわるまでの間に使用する専用の補助具です。特徴として、赤ちゃんが胎児のときのような自然な姿勢で頭部と首を支えます。一方インファントインサートⅢは、体重3.2kgからの新生児用インサートです。専用設計された形状が、カーブした背骨からM字型に縮めた足までそのまますっぽりと支えます。

エルゴのインファントインサートの使い方

インファントインサートは必ずエルゴの抱っこ紐と一緒に使用します。詳細の使い方は以下のとおりです。

  1. 使用前にバックル、ストラップ、ベビーウエストベルトの異常、破れ・ほつれがないかを確認します。
  2. まずは、赤ちゃんをインファントインサートに固定します。シートアジャスターを黒いボタンに取り付け、インファントインサートの上にベビーウエストベルトを載せます。
  3. 赤ちゃんのおしりとボトムサポートクッションの位置を合わせます。
  4. 赤ちゃんのお腹の前でベビーウエストベルトを巻き、バックルをループに通してからスワドロストラップを留めます。
  5. 次に、抱っこ紐をママの体に取り付けます。ウエストバンドをおへその高さに固定し、着脱テープ、ウエストストラップを留めます。
  6. 体に合わせて肩側のストラップの長さを調整し、キャリアアタッチメントのスナップボタンを外します。
  7. 最後に赤ちゃんを抱いていきます。インファントインサートで固定した赤ちゃんを体の斜め前で抱き、ベビーウエストベルトのバックルをキャリアアタッチメントのバックルに留めます。
  8. キャリアアタッチメントのスナップボタンを留め、肩にストラップを掛けて抱っこ紐を赤ちゃんに覆いかぶせます。
  9. 首の後で胸ストラップのバックルを留め、長さを調整します。更に肩ストラップの長さも片方ずつ調整し、赤ちゃんが自然な座り姿勢を取れているか確認します。

※無理に足を出す必要はありません。

エルゴのインファントインサートのよくある悩みと対処法

インファントインサートのよくある悩みと対処法
インファントインサートの使い方がわかったところで、インファントインサートにまつわるママたちの疑問について解決していきましょう。抱っこ紐での抱っこの際にも、いろいろと困ったことが起ります。そんなときにはどうしたら良いのでしょうか。前もって対処法を知っておくと安心できますよ。

エルゴのインファントインサートでの前抱っこはいつから可能?


赤ちゃんがママの方ではなく外を向いている前抱きは、首が完全にすわった生後4ヶ月以降で、体重が5.5kg以上になると取り入れるできます。注意ポイントとして、前抱きに対応している360シリーズの抱っこ紐を使用する必要があります。

エルゴのインファントインサートでのおんぶはいつからできる?

おんぶはいつからできる?
対面抱きの必要がなくなる生後6ヶ月以降、体重が7.8kg以上になるとおんぶや腰抱きができるようになります。

赤ちゃんが抱っこされるのを泣いて嫌がる

泣いて嫌がる
赤ちゃんが泣いて嫌がる場合には、抱っこ紐の一部が体に食い込んでいたり、収まりが悪いなどの理由が考えられます。少し面倒ですが、一度降ろして抱き直しましょう。また、抱っこの仕方が好みでない場合もあるので、別の抱き方を試してみるのも手です。

赤ちゃんが抱っこ紐に埋まってしまう

埋まってしまう
対象月齢に入っているにも関わらず赤ちゃんが埋まってしまうときは、肩紐の長さが合っていないことが考えられます。再度説明書を確認し、肩紐の長さを調整してみましょう。また、赤ちゃんの姿勢によっては埋もれてしまうこともあるので、その際には抱っこ紐の上部を折り返すなどして赤ちゃんが苦しくならないよう対処してあげてくださいね。

ずれてうまくフィットしない

ずれてうまくフィットしない
抱っこ紐の中で赤ちゃんがずれてしまう際には、各部分のストラップやベルトに緩みがないか確認しましょう。ママの体と抱っこ紐がフィットしない際には、抱っこ紐と体の間にタオルを一枚挟んでみるなど工夫をすると良いですね。

エルゴの抱っこ紐の本物と偽物の見極め方

エルゴの本物の見極め方
エルゴの抱っこ紐を購入する際に気をつけなければならないのが、本物を見極めることです。公式サイトや正規取扱店で購入するのであればまず問題はありませんが、インターネットサイトでエルゴの抱っこ紐を購入する方も多いですよね。エルゴの抱っこ紐は人気の高いアイテムですから、それを悪用して偽物を販売している業者がいることも否定できません。その際に注意すべきポイントについてご紹介します。

エルゴの偽物は存在するか

公式サイトでも公表されていますが、正規品の写真を無断で転用し、偽物を販売している店舗があることが確認されています。写真が正規品のため、それだけでは判断が付きません。エルゴを安全に購入するには正規取扱店か公式通販サイトを利用するのがおすすめです。

エルゴの抱っこ紐の並行輸入品は本物か

インターネットサイトなどを見ていると、エルゴの抱っこ紐が正規取扱店や公式通販よりも多少安く販売されていますよね。その際に記載してある『並行輸入品』というワードが気になってなかなか購入を悩んでいる方もいることでしょう。でも、まず知っておいていただきたいのが、『並行輸入品は原則本物である』ということです。『並行輸入品』というのは正規取扱店などとは別のルートで輸入された正規品のことなので、基本的に偽物ではありません。

注意が必要なのは、『並行輸入品にはコピーチェックがかかっていない』というところなのです。つまり、『輸入の過程で偽物かの確認が行われていない」のです。悪質な業者の場合にはエルゴの抱っこ紐の偽物を並行輸入品として販売している場合もありえます。残念ながらインターネット上での見極めは難しいでしょう。価格を抑えたい場合には、できるだけ大手のインターネットサイトが直接並行輸入しているものを探しましょう。大手インターネットサイトでの販売でも、商品の提供者が個人などの場合には注意すべきですね。

年齢に合わせてエルゴの抱っこ紐を使い分けよう

年齢に合わせて抱っこ紐を使い分けよう
エルゴに限らず、抱っこ紐には対象月齢や対象年齢があります。小さな赤ちゃんに大きな抱っこ紐を使用すれば、転落などの危険があります。逆に小さ過ぎる抱っこ紐では、赤ちゃんが苦しい思いをすることになりますね。思いがけない体調不良につながることもありえます。一時的なものと安易に考えず、成長に合わせて適切なものを使用しましょう。

関連リンク

消費者庁HP 抱っこひもからの転落事故に気を付けて!

まとめ


エルゴの抱っこ紐は赤ちゃんにもママにも優しいのが人気のポイントだったのですね。ですが、赤ちゃんにとってどの抱っこ紐が好みかは違うものです。人気だからといって、必ずしもエルゴにこだわる必要はありません。ママと赤ちゃんにとって、いちばん心地の良いものを取り入れることが大切ですね。

関連記事

エルゴインサートの洗濯方法は?お手入れで気をつけたい9つのポイント
おすすめ抱っこ紐10選!抱っこひも選びで知っておくべきポイントとは?
【タイプ別】今人気のおすすめベビーキャリー12選 抱っこ紐・スリング・ヒップシート徹底比較!
新生児から使えるスリングの正しい使い方。抱き方や注意点を徹底解説
あると便利なおんぶ紐! おんぶ育児のメリットやデメリット、おすすめ4選を紹介!
アップリカの人気抱っこ紐「コアラ」「コラン」を大特集! 使い方も解説
ベビービョルン抱っこ紐「ONE KAI」と「MINI」を徹底紹介
人気の抱っこ紐用防寒ケープ10選! 代用品や作り方も紹介
抱っこ紐収納カバーは必要? おすすめ品・簡単な作り方・代用品まで紹介