お食い初めはいつ、どうやればいいの? 献立に決まりはある?

お食い初め(おくいぞめ)は子供が一生食べ物に困らないように、健康に成長してくれるようにという願いをこめて、生後100日前後に行われる日本の伝統儀式です。いつ、誰を招待して、どんな献立で行うのか、自宅でやらないとダメなのか、などお食い初めの基礎知識を紹介します。

目次

お食い初めはどういうイベントなの? いつからはじまったの?

お食い初めはどういうイベントなの? いつからはじまったの?
赤ちゃんが生まれて100日が過ぎたお祝いとして行われるのが「お食い初め」です。無事に生後100日目を迎えることができたことを感謝し、我が子の成長をお祝いするとともに、「一生食べ物に困らないように」という願いを込めてごちそうを食べさせる儀式です。

早い子だと下の前歯が生え始めている頃ですが、まだ赤ちゃんなのでご馳走を食べることはできません。そのため、お食い初めではあくまでご馳走を食べる真似をするだけです。

1200年前からある日本の伝統儀式

1200年前からある日本の伝統儀式
お食い初めは約1200年前の平安時代から始まったとされています。その頃は、赤ちゃんにお餅を食べさせる行事でした。その後、鎌倉時代には食べさせるものがお餅から魚に代わり、「真魚初め(まなはじめ)」とも呼ばれるようになりました。お食い初めはこんなに古くから伝わる日本の伝統行事なんですね。

お食い初めにはいろいろな呼び方があるの?

お食い初めにはいろいろな呼び方があるの?
お食い初めには、いろいろな呼び方があるのを聞いたことがありますか? パパやママの出身地によっては、お食い初めとは別の名前で呼ばれているかもしれません。

百日祝い、真魚始め、などとも呼ばれます

お食い初めは生後100日前後に行われるため、「百日祝い(ひゃくにちいわい)」や「百日祝い(ももかいわい)」と呼ばれることもあります。他にも、一つ前でご紹介した、鎌倉時代に魚を食べさせるようになったことから名づけられた「真魚初め(まなはじめ)」や、初めてお箸を使うことから「箸揃え(はしそろえ)」「箸初め(はしはじめ)」「箸立て」という呼び方もあります。また、ちょうど乳歯が生え始める時期のため「歯固め(はがため)」と呼ばれることもあります。

お食い初めはいつやればいいの?

お食い初めはいつやればいいの?
これからお食い初めを迎えるパパママのために、お食い初めのすすめ方について具体的にご説明します。

お食い初めは生後100日前後の週末に行われることが多い

まずは、お食い初めをおこなう時期についてです。お食い初めは生後100日目に行われるのが一般的ですが、地域によっては110日目や120日目に行うこともあります。「絶対に100日目に行わなければいけない」ということはありません

ママや赤ちゃんの体調の良い時や、パパママのお仕事がお休みの日などに合わせてお祝いすると良いでしょう。平日はお仕事があるパパママが多いので、最近では100日前後の週末に行われることが多くなりました。

ちなみに筆者の家庭では生後100日を過ぎた最初の週末にお食い初めを行いました。お食い初め用のお料理や着せる衣装もしっかり用意していたのに、お食い初め前日からパパが風邪をひき、当日私にもうつり、パパママはボロボロになりながらもなんとかお食い初めを行いました。

そんな状態だったので家族写真を撮ることができなかったのが悔やまれます。お食い初めは赤ちゃんのコンディションはもちろん、家族全員が元気で万全の状態の日に行うことをおすすめします

お食い初めには誰を招待すればいい? 家族だけ? 親戚、友人は?

お食い初めには誰を招待すればいい? 家族だけ? 親戚、友人は?
お食い初めを行うときには誰を招待すればいいのか、皆さんご存知でしょうか。パパママと赤ちゃんの3人だけ? パパママ両方のおじいちゃんおばあちゃんも招待した方がいい? 親戚やお友達も招待してもいいのかな? 考えれば考えるほど悩ましい問題ですね。

今は家族だけでお食い初めを行うのが一般的

昔は親戚や近所の親しい友人もお食い初めに招いていました。しかし、最近は家族だけでお食い初めを行うのが一般的です。近くに祖父母が住んでいる場合は招待すると喜んで参加してくれるでしょう。しかし、おじいちゃん、おばあちゃんが遠方に住んでいる場合はお食い初めに参加するのも大変です。そのため、パパママと赤ちゃんだけでお食い初めを行う家庭も増えています。

ただし、子供が第一子の場合は、おじいちゃんおばあちゃんが遠くからでも参加したいと思っているかもしれません。あまり気を遣い過ぎずに、おじいちゃんおばあちゃんには声をかけてみましょう。

お食い初めに使う食器など、事前に準備すべきものは?

お食い初めに使う食器など、事前に準備すべきものは?
さて、お食い初めの準備をするにあたり、用意すべきものがあります。それぞれの意味や細かいルールなどもあるので、事前に知っておきましょう

お食い初めには料理、食器(祝い膳)、祝い箸、歯固め石が必要

お食い初めで準備が必要なものは「料理」、「食器(祝い膳)」、「祝い箸」、「歯固めの石」の4つとなります。それぞれについて下記でご紹介していきましょう。

お食い初めの料理・献立について

お食い初めのメニューはご飯と「一汁三菜」が基本となっており、「赤飯、お吸い物、鯛、煮物、香の物」が一般的です。それぞれの意味や具体的なメニューは以下となります。

献立 説明
赤飯 邪気を祓ったり魔除けの意味が込められている
お吸い物 「吸う」力が強くなるようにという意味を込めている。ハマグリや鯛などで作ることが多い
めでたいという由来から尾頭付きの焼き魚で用意する
煮物 季節・旬の野菜を使うと縁起をかつぐとされる
香の物 大根と人参を使ったなますが一般的

上記に加え、シワシワになるまで長生きできるように、と梅干を添える地域もあります。

上記のメニューが絶対ではありません。赤飯を白米にしたり、鯛以外の魚でお祝いしたり、と地域や家庭によって献立もさまざまです。魚は尾頭つきのものであれば、お食い初めの時期に旬なものを選んでもOKです。

お食い初め用の食器(祝い膳)について

お食い初めでは、普段使う食器ではなくお祝い用の食器「祝い膳」を用意するのが一般的です。お食い初めの祝い膳は男の子用と女の子用で違います。男の子用も女の子用も、食器は伝統的な漆器を使うのですが、男女で食器の色が違っています。男の子用は外側も内側も朱塗り、女の子用は外側が黒塗りで内側が朱塗りとなっています。一見、女の子用が朱い食器と勘違いしがちなので、用意するときは注意しましょう。ただし、お住まいの地域によっては祝い膳の色のルールが違うこともあります。あらかじめ確認しておきましょう。

最近は、離乳食用の食器でお食い初めを行ったり、1回きりの行事なので祝い膳をレンタルするケースも増えてきています。食器にこだわりすぎる必要はありません。子供の成長を祝う気持ちを持ってお食い初めを行うことが一番大事です。

筆者も1回きりのためにお食い初め用の食器を買うことを悩み、新品未使用の食器をフリマアプリで安く手に入れました。お宮参りをした際に、神社から贈与されるケースがあり、未使用の祝い膳も出品されていますよ。

関連記事

離乳食はいつから、どんな進め方で始めればいい? 初期、中期、後期それぞれを紹介!

お食い初め用の祝い箸について

お食い初め用の祝い箸について
お箸は柳の白木で両端が細くなっているものを使います。祝い箸はインターネットや百貨店、100円ショップでも簡単に手に入ります。

お食い初め用の歯固め石について

お食い初めでは赤ちゃんに石のように丈夫な歯が生えることを願う「歯固め」の儀式も行います。お宮参りの際に歯固めの石を神社から授かることがありますが、近所の氏神様の神社の境内や、河原などから拾って使うこともできます。拾った際はしっかりと洗い、使い終わったら元の場所に戻すようにしましょう。

歯固め石はインターネットで買うこともできます。地域によっては、石ではなく、料理に添えた梅干しを歯固め石として使う地域もあります。関西地方では、タコを歯固め石として使う地域があり、「固いタコでも食べられる丈夫な歯」、「タコに多幸という漢字をあてて、たくさんの幸せを願う」という意味が込められています。地方によってやり方や意味が違っていて面白いですね。

祝い膳を食べさせる順番は?

祝い膳を食べさせる順番は?

ご飯→汁物→ご飯→魚→ご飯を3回繰り返す

お食い初めでは、赤ちゃんに料理を食べさせる順番があります。「ご飯→お吸い物→ご飯→魚→ご飯」の順番で食べさせるふりをして、これを3回繰り返します。まだミルクしか飲んでいない月齢の赤ちゃんの口にご飯を近づけたときの反応は見物です。泣いてしまう子もいますし、興味津々で観察する子もいるでしょう。

お食い初めは食べた真似をするだけ アレルギーにも注意

お食い初めは、あくまで食べる真似をするだけで、本当に食べさせる訳ではありません。そのため、それぞれを口の近くに近づける形でいいでしょう。実際に食べてしまうと、アレルギーを発症してしまう可能性もあります。おじいちゃんおばあちゃんやパパにも「食べさせないでね」と伝え、注意するようにしてください。

祝い膳は誰が食べさせてもいいの?

お食い初めにおじいちゃんおばあちゃんを招いた場合、またパパママと赤ちゃん3人で行った場合、誰が祝い膳を食べさせるのでしょうか? 実は、食べさせる人にも決まりがあるので、知っておきましょう。

出席者の中でもっとも長寿の人が食べさせる

出席者の中でもっとも年齢が上の人が祝い膳の食べさせ役を担当します。これには長寿にあやかるという意味があります。また、赤ちゃんが男の子なら男性が、女の子なら女性が食べさせるのが伝統的な作法です。お食い初めでは、食べさせ役の人の他に、赤ちゃんをしっかりと支えたり、食べさせるサポートしたり、写真を撮ったりと忙しくなるはず。みんなで役割を分担して、楽しく行うといいですね。

歯固めの儀式はいつ、どうやって行うの?

歯固めの儀式は、祝い膳を食べさせる前に行うケースと後に行うケースがあるようです。やり方は、用意した歯固めの石にお箸をちょんと軽くあてて、そのお箸を赤ちゃんの歯ぐきにやさしく、ちょんちょんとあてます。その時に「石のように丈夫な歯が生えますように」とお願いしてください。歯固めの石を赤ちゃんの歯ぐきに直接あてないようにしてくださいね。

お食い初めに招待されたらご祝儀やお祝い品は必要?

お食い初めに招待されたらご祝儀やお祝い品は必要?
お食い初めに招待されたとき、何かお土産やお祝い品を持っていくべきなのか悩みますよね。ケースバイケースですが、一般的なお話をご紹介しましょう。

お祝い金が一般的、祝い膳が送られる場合も

お食い初めに招待された際には、お祝い金を用意するのが一般的です。祝い膳の金額を目安に、約5,000~10,000円くらいが妥当でしょう。その場合、お祝い用ののし袋と、紅白の蝶結びの水引を用意し、表書きは「祝御食い初め」、「お祝い」などとします。昔はお食い初めの祝い膳を母方の実家が贈る習わしがありました。今でも祝い膳を送ったり、子育てに役立つちょっとしたプレゼントを贈るケースもあります。

ちなみに、出産お祝いをもらったあとはお返し(内祝い)がありますが、お食い初めに関してはお食事代としていただき、特にお返しをする必要はありません。当日撮った写真にお礼のお手紙を添えて送ると喜ばれるかもしれませんね。筆者の場合、どちらの祖父母も筆者宅から離れていて奥染めに招くことができなかったので、当日の写真をたくさんメールで送りました。

お食い初めが予約できるレストランや祝い膳のデリバリーも

「お食い初めは食器や料理の準備が必要で、食べさせる順番も決まっていて大変だな」と思った方もいるでしょう。最近は、お食い初めの会食が予約ができるレストランもあるので安心してください。赤ちゃん用のお食い初めセットに、大人用の食事もついたコースもあり、お店の予約以外に何も準備する必要がありません。自宅でお食い初めの準備するのが不安な方は、お近くの和食レストランでお食い初めコースがないか探してみると良いでしょう。

また、生後100日前後であまり外に出たことがなく、予防接種も終わっていなくて不安という場合には、祝い膳のデリバリーサービスもあるので、こちらも利用もオススメです。プロが作った祝い膳だと味はもちろん、ママが不安な盛り付けもバッチリです。こちらも大人向けの料理や、歯固めセットなどもあります。尾頭付きの焼き魚(鯛)だけをオーダーすることもできます。必要に応じて探してみてください。

まとめ:全員で家族写真を撮るなら外でお食い初めを開くのがおすすめ

全員で家族写真を撮るなら外でお食い初めを開くのがおすすめ
赤ちゃんの生後100日のお祝い、お食い初めについての由来や実際に用意するものなどをご紹介しました。お食い初めを全て伝統の通りにきっちり行うとなると大変です。祝う気持ちがあれば、しきたりにはできる範囲で従えばいいでしょう。

筆者も1人目のお食い初めでは祝い膳を手作りして頑張りました。準備などで結構大変だったので、2人目の時はレストランを予約しようかなと思っています。ちなみに、家族全員で写真を撮るならレストランでお食い初めを開き、お店の人に家族写真を撮ってもらうのがおすすめですよ。