お食い初めはいつ行う? やり方や場所は? 準備するものなどを紹介

お食い初めとは?

お食い初めはどういうイベントなの? いつからはじまったの?
赤ちゃんが生まれて100日が過ぎたお祝いとして行われるのが「お食い初め」です。無事に生後100日目を迎えることができたことを感謝し、我が子の成長をお祝いするとともに、「一生食べ物に困らないように」という願いを込めてごちそうを食べさせる儀式です。早い子だと下の前歯が生え始めている頃ですが、まだ赤ちゃんなのでご馳走を食べることはできません。そのため、お食い初めではあくまでご馳走を食べる真似をするだけです。

お食い初めは生後100日前後に行われるため、「百日祝い(ひゃくにちいわい)」や「百日祝い(ももかいわい)」と呼ばれることもあります。他にも、一つ前でご紹介した、鎌倉時代に魚を食べさせるようになったことから名づけられた「真魚初め(まなはじめ)」や、初めてお箸を使うことから「箸揃え(はしそろえ)」「箸初め(はしはじめ)」「箸立て」という呼び方もあります。また、ちょうど乳歯が生え始める時期のため「歯固め(はがため)」と呼ばれることもあります。

お食い初めは1200年前からある日本の伝統儀式

1200年前からある日本の伝統儀式
お食い初めは約1200年前の平安時代から始まったとされています。その頃は、赤ちゃんにお餅を食べさせる行事でした。その後、鎌倉時代には食べさせるものがお餅から魚に代わり、「真魚初め(まなはじめ)」とも呼ばれるようになりました。お食い初めはこんなに古くから伝わる日本の伝統行事なんですね。

お食い初めはいつやる?

お食い初めはいつやる?

お食い初めは生後100日目に行うのが一般的ですが、地域によっては110日目や120日目に行うこともあります。絶対に100日目に行わなければいけないということはありません。ママや赤ちゃんの体調の良い時や、パパママのお仕事がお休みの日などに合わせてお祝いするといいでしょう。天気のいい日や吉日を選んでもいいですね。生後100日前後の週末に行われることも多いようです。

お食い初めには誰を招待すればいい? 家族だけ? 親戚は?

お食い初めには誰を招待すればいい? 家族だけ? 親戚?

お食い初めはパパママ赤ちゃんの3人でお祝いすることもできますが、おじいちゃんおばあちゃんを招待してお祝いする家庭もあります。おじいちゃんおばあちゃんが遠方に住んでいる場合は食い初めに参加するのも大変ですが、遠くからでも参加したいと思っているかもしれません。パパママが無理のない範囲で、おじいちゃんおばあちゃんに声をかけてみてもいいでしょう。おじいちゃんおばあちゃんを招待しない場合は、写真などを撮って送ってあげると喜んでもらえますね。

お食い初めで事前に準備するものは?

お食い初めに使う食器など、事前に準備すべきものは?
さて、お食い初めの準備をするにあたり、用意すべきものがあります。それぞれの意味や細かいルールなどもあるので、事前に知っておきましょう

お食い初め食器

お食い初めには、「脚付き膳、器6種類(飯椀、汁椀、高坏、平椀、つぼ椀、二の膳)」の食器が必要です。お食い初め専用の食器を購入する場合は、男の子は朱色、女の子は外側が黒・内側が朱色に塗られている漆塗りの食器を選びましょう。地域によって異なるので、事前に確認するといいでしょう。離乳食まで長く使えるよう、ベビー食器で代用する家庭もあります。食器については、関連記事で詳しくご紹介しています。

【男の子用・女の子用】お食い初め食器セットおすすめ12選! 並べ方や選び方は?
【男の子用・女の子用】お食い初め食器セットおすすめ12選! 並べ方や選び方は?
お食い初め食器はどんなものを選べばいい? お食い初め食器セットなら必要な食器が一式揃います。購入する際は、男の子や女の子で決められた色か、長く使えるか、価格も選ぶ時のポイントです。人気のお食い初め食器セットのおすすめを紹介します。

祝い箸

お食い初め用の祝い箸について
お箸は柳の白木で両端が細くなっているものを使います。祝い箸はインターネットや百貨店、100均でも簡単に手に入ります。

料理

お食い初めのメニューはご飯と「一汁三菜」が基本となっており、「赤飯、お吸い物、鯛、煮物、香の物」が一般的です。それぞれの意味や具体的なメニューは以下となります。

献立 説明
赤飯 邪気を祓ったり魔除けの意味が込められている
お吸い物 「吸う」力が強くなるようにという意味を込めている。ハマグリや鯛などで作ることが多い
めでたいという由来から尾頭付きの焼き魚で用意する
煮物 季節・旬の野菜を使うと縁起をかつぐとされる
香の物 大根と人参を使ったなますが一般的

上記に加え、シワシワになるまで長生きできるように、と梅干を添える地域もあります。

上記のメニューが絶対ではありません。赤飯を白米にしたり、鯛以外の魚でお祝いしたり、と地域や家庭によって献立もさまざまです。魚は尾頭つきのものであれば、お食い初めの時期に旬なものを選んでもOKです。

【2020年最新版】お食い初めセット10選 人気の通販で頼めるお食い初めセットを紹介 
【2020年最新版】お食い初めセット10選 人気の通販で頼めるお食い初めセットを紹介 
お食い初めは正式にやろうと思うと、料理に食器に…と多くの準備が必要になるので大変です。そこで今人気なのが、手軽に本格的なお食い初めができる「お食い初めセット」を注文することです。どんなセットなのか、ママたちの口コミと合わせて紹介します!

歯固め石

お食い初めでは赤ちゃんに石のように丈夫な歯が生えることを願う「歯固め」の儀式も行います。お宮参りの際に歯固めの石を神社から授かることがありますが、近所の氏神様の神社の境内や、河原などから拾って使うこともできます。拾った際はしっかりと洗い、使い終わったら元の場所に戻すようにしましょう。

歯固め石はインターネットで買うこともできます。地域によっては、石ではなく、料理に添えた梅干しを歯固め石として使う地域もあります。関西地方では、タコを歯固め石として使う地域があり、「固いタコでも食べられる丈夫な歯」、「タコに多幸という漢字をあてて、たくさんの幸せを願う」という意味が込められています。地方によってやり方や意味が違っていて面白いですね。

お食い初め儀式のやり方


お食い初めの儀式のやり方をご紹介します。

赤ちゃんに食べさせる真似をする

お食い初めは、あくまで食べる真似をするだけで、本当に食べさせる訳ではありません。出席者の中でもっとも年齢が上の人が祝い膳の食べさせ役を担当します。これには長寿にあやかるという意味があります。また、赤ちゃんが男の子なら男性が、女の子なら女性が食べさせるのが伝統的な作法です。お食い初めでは、食べさせ役の人の他に、赤ちゃんを支える人、食べさせるサポートをする人、写真を撮る人など、みんなで役割を分担して楽しく行うといいですね。

そのため、それぞれを口の近くに近づける形でいいでしょう。実際に食べてしまうと、アレルギーを発症してしまう可能性もあるので、おじいちゃんおばあちゃんやパパにも「食べさせないでね」と伝え、注意するようにしましょう。

お食い初めの祝い膳を食べさせる順番

お食い初めの祝い膳を食べさせる順番は?

お食い初めでは、赤ちゃんに料理を食べさせる順番があります。「ご飯→お吸い物→ご飯→魚→ご飯」の順番で食べさせるふりをして、これを3回繰り返します。まだミルクしか飲んでいない月齢の赤ちゃんの口にご飯を近づけたときの反応は見物です。泣いてしまう子もいますし、興味津々で観察する子もいるでしょう。

祝い膳の後に歯固め石


祝い膳を食べさせる真似を3回繰り返した後に、歯固め石を使います。歯固め石に触れた箸を赤ちゃんの口や歯茎をそっと触ります。その際に「丈夫な歯になりますように」とお願いしましょう。固いものを食べることで歯が丈夫になると言われていたため、歯固め石の他に「タコ」「栗」などで代用する地域もあります。歯固めの石を赤ちゃんの歯ぐきに直接あてないようにしてくださいね。

次のページでは、お食い初めができるレストランやデリバリー、お祝い品や内祝いについてご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!