1人で赤ちゃんをお風呂入れられるのかが不安…お風呂に入れるときのコツを月齢別に紹介!

赤ちゃんをお風呂に入れる前に準備しておくもの

赤ちゃんをお風呂に入れる前に準備しておくもの
生後間もない赤ちゃんを、スムーズにお風呂へ入れるため、入浴時に使用する物と入浴後に使用する物を準備しておきましょう。まず、パパママ2人でお風呂へ入れる場合、入浴時に使用する物は以下の3つです

  • バスマット1枚(体を洗うときに使用)
  • ガーゼやハンドタオル、ティッシュ
  • お湯を張った洗面器

次に入浴後に使用する物は以下の6つです。赤ちゃんの入浴中に準備しても構いません。

  • 座布団1枚(赤ちゃんに洋服を着せるときに使用)
  • バスタオル2枚(座布団に敷くものと入浴後の赤ちゃんを拭くために使用)
  • 洋服(ボタンを外し広げておいておくと楽)
  • オムツ
  • スキンケア用品一式(まとめて箱に入れておくと良い)
  • 水分補給(ベビー麦茶やお白湯、授乳中はミルクや母乳で良い)
赤ちゃんにはいつから麦茶を飲ませていいの? 大人用でもOK?
赤ちゃんにはいつから麦茶を飲ませていいの? 大人用でもOK?
暑い季節なってくると、赤ちゃんの水分不足が心配になりますよね。「麦茶もあげたほうが良いかな?」と思うものの、そもそも飲ませても大丈夫なのか悩むママも多いのではないでしょうか。この記事では、赤ちゃんに麦茶をあげるときの注意点やポイントを紹介します。

【基本編】赤ちゃんのお風呂の入れ方

基本編】赤ちゃんのお風呂の入れ方
準備ができたらお風呂の時間です。パパママ2人でお風呂へ入れるときの方法を詳しくご紹介していきます。リラックスしてお風呂に入れてあげましょう。

低月齢の赤ちゃんは、どこで洗う?

赤ちゃんを洗う場所
赤ちゃんをお部屋で洗ってあげて大丈夫です。お部屋で体を洗ってあげるときはベビーバスがあれば便利ですが、ベビーバスが家に無い場合でご説明しますね。寒い時は暖房を使い、部屋を温かくしましょう。準備しておいた座布団にバスタオルを敷き、オムツだけ履かせた赤ちゃんを仰向けで寝かせて洗っていきます。寝かせて洗うことで赤ちゃんは体勢が楽ですし、ママも両手が使えるので丁寧に洗えます。

ママが部屋で赤ちゃんを洗っているときに、パパはお風呂場で湯船に浸かってお湯の調整をしておきましょう。赤ちゃんの体を洗い終わったら、パパのところに赤ちゃんを連れていき、適温の湯船で体を温めてあげましょう。

赤ちゃんのベビーバスはいつまで使うの? 選び方やおすすめはどれ? タイプ別にメリット・デメリットを紹介
赤ちゃんのベビーバスはいつまで使うの? 選び方やおすすめはどれ? タイプ別にメリット・デメリットを紹介
首が座っていない赤ちゃんを片手で支えながら、もう一方の手で石鹸をつけて体を洗ったり流してあげたりするのは大人用の大きなお風呂では難しいですね。そういう方におすすめなのが新生児の赤ちゃん用のベビーバスです。いろいろな種類のものをタイプ別にご紹介します。

赤ちゃんの部位別の洗い方


体を洗うときは、手のひらを使って体に湿疹や傷ができていないか確認しながら洗いましょう。また、体を動かすときは必ず関節を持つようにすることが重要です。では、洗う順番と洗い方のコツをまとめたので参考にしてください。

赤ちゃんの部位別の洗い方1:顔

液体石鹸で洗うと泡立ちが良く、泡が目に入りやすいです。そのため、顔は固形の石鹸で洗うと安心です。石鹸を少し泡立て、指で円を描くイメージで優しくしっかり洗いましょう。洗い終わったら、洗面器のお湯でガーゼを濡らして顔についている泡を拭きます。最後にお風呂で泡を流すので、ゴシゴシ拭かなくても大丈夫です。

赤ちゃんの部位別の洗い方2:頭・耳の後ろ・首

ここでは、泡立ちの良い液体石鹸を使うと良いでしょう。腕を使い赤ちゃんの後頭部を支えて後頭部、耳の後ろをしっかり洗います。首周りは腕を後頭部から抜いたあと、顎を上に向けるようにすると首のしわまでしっかり洗えます。

赤ちゃんの部位別の洗い方3:脇・手・足・背中

脇は赤ちゃんの関節を掴み、腕を持ち上げて洗います。その次に胸周辺を優しく洗い、腕を洗いましょう。肘や手首など曲がるところ、シワができやすいところは汚れが溜まりやすいのでよく洗ってあげてください。赤ちゃんが手をぎゅっと握っている場合、小指からママの親指をそっと差し込んであげると手のひらも上手く洗うことができます。

膝や手首、足の指は汚れが溜まりやすいのでよく洗いましょう。もし、足の指が閉じて洗えないときは、かかとを押すと足の指が開くので試してみてください。最後に赤ちゃんをうつ伏せに寝かせ、仰向け状態で洗えなかった背中などを優しく洗います。意外と脇腹周辺にホコリがつきやすいので、しっかり洗ってくださいね。

赤ちゃんの部位別の洗い方4:お尻

赤ちゃんを仰向けに寝かせ、オムツを外します。冬は冷えないよう胸にタオルや手ぬぐいなどをかけてあげましょう。股や脂肪で隠れている部分、股からお尻の部分などウンチが残っている場合があるので隅々をよく洗ってあげます。お尻を洗う場合は仰向けのまま太もも部分を持ちあげて、片方ずつ洗ってあげるとよいでしょう。全身を綺麗に洗えたら、バスマットに敷いていたタオルで赤ちゃんを包みこみ、パパが待っているお風呂場へ連れていきます。

赤ちゃんに適したお湯加減と石鹸の流し方、湯船の浸かり方

赤ちゃんに適したお湯加減と石鹸の流し方、湯船の浸かり方
赤ちゃんに適切なお湯の温度は、38度~41度くらいが理想的です。温度計でしっかり測り、熱くないかどうか自分の手でも確認しましょう。ママから赤ちゃんを受け取り、石鹸を流すときはあぐらをかいた状態でおこないます。

太ももあたりに赤ちゃんを仰向けに寝かせ、湯船のお湯を片手桶などですくってそっとかけていきます。頭の泡を流すときは赤ちゃんをうつ伏せにし、うしろからお湯をかけます。こうすると目に石鹸が入りにくく、上手に石鹸を流すことができます。

綺麗に石鹸を流したらお湯に浸かります。湯船で三角座りをして太ももの斜めになっているところに赤ちゃんを寝かせます。このとき赤ちゃんはモロー反射といって、両手を広げた格好をすることがあります。赤ちゃんが不安になっているサインなので、安心させるために胸のところにタオルなどをかけてあげましょう。手にもタオルを握らせてあげると、リラックスした状態で入浴できます。赤ちゃんの入浴の時間は15分以内が目安ですので、長く浸からないように注意しましょう。

低月齢の赤ちゃんに、シャワーを使っても良い?

低月齢の赤ちゃんに、シャワーを使っても良い?
赤ちゃんがシャワーを嫌がる様子がなければ、少しずつシャワーを使ってみても良いです。初めて使う場合、シャワーを直接当てると赤ちゃんが驚いてしまいます。お風呂に苦手意識をもってしまうこともあるため、体にガーゼを被せて足からお腹の順にかけましょう。もしガーゼがない場合は、シャワーをパパママの手に当てて赤ちゃんの体に優しく当たるようにしても良いです。

シャワーを使って石鹸を流すときは、湯船のお湯で流すとき同様、あぐらの上で仰向けに寝かせましょう。シャワーが顔にかからないよう弱めの水圧で頭の石鹸を流し、後頭部は体を少し起こして流してあげると綺麗に流せます。シャワーを使うときは水圧を強くしすぎないこと、手で触って温度を確かめてからかけること、赤ちゃんが嫌がったらすぐに止めることを心がけてください。

入浴後の、赤ちゃんのスキンケアは?

入浴後の、赤ちゃんのスキンケアは?
お風呂上りは湯冷めしないように素早く身支度をします。先に準備しておいたタオルで頭とお尻拭き、ベビーオイルやローションで保湿をしてからオムツを履かせます。そのあと他の部位を拭いて保湿をし、洋服を着せましょう。余裕があるときはマッサージをしながら保湿をすると赤ちゃんの体のチェックもでき、スキンシップも楽しめます。

赤ちゃんにおすすめなベビーオイルの選び方! 人気はどれ? マッサージにも使えるものは?
赤ちゃんにおすすめなベビーオイルの選び方! 人気はどれ? マッサージにも使えるものは?
ベビーオイルは成分によって効果が違います。赤ちゃんの肌は生後3ヶ月をすぎると乾燥しやすくなるので、ベビーオイルで保湿してあげましょう。ベビーオイルの成分や選び方から、赤ちゃんのデリケートな肌に合うおすすめベビーオイルまでをご紹介します。
赤ちゃんにベビーローションは使うべき? 赤ちゃんの正しい肌ケア方法とは?
赤ちゃんにベビーローションは使うべき? 赤ちゃんの正しい肌ケア方法とは?
ベビーローションは赤ちゃんにとって必要なの? そう思っているママ!ぜひ使ってあげてください。赤ちゃんの肌を守るだけでなく、塗るときのベビーマッサージは素敵なコミュニケーションタイムにもなるんです。ママが使っているおすすめのベビーローションもご紹介します。

【応用編】月齢・発達に合わせたお風呂のポイント

【応用編】月齢・発達に合わせたお風呂のポイント
生後0ヶ月、1ヶ月、7ヶ月と赤ちゃんの様子はどんどん変化していきます。月齢・発達に合った入浴のポイントをご説明します。

生後0ヶ月の新生児

生後0ヶ月の新生児
生後0ヶ月の新生児は抵抗力が弱く、細菌に感染するリスクが高いため大人と同じお風呂ではなく沐浴をします。赤ちゃんの生活リズムをつけるために、決まった時間帯に5分間の目安で行いましょう。入浴時間はあくまでも目安なので、慌てなくて大丈夫です。慣れるまでは洗い流しが不要な沐浴剤を使ったり、沐浴剤と石鹸の両方を使い分けたりするのも良いです。沐浴のタイミングは自由ですが、授乳前後は避けるようにしましょう。授乳前は空腹で赤ちゃんの機嫌が悪くなりやすく、授乳後は赤ちゃんの胃に負担がかかるためです。

赤ちゃんのお風呂に沐浴剤は必要? ベビーソープは使うの? 効果とおすすめ品も紹介
赤ちゃんのお風呂に沐浴剤は必要? ベビーソープは使うの? 効果とおすすめ品も紹介
新生児期の入浴は、ベビーバスを使った沐浴がメインです。そんなとき、あると便利なのが沐浴剤。体も頭も洗える上に入浴剤と違って上がり湯が不要、さらには保湿効果もあるため、ママにとって嬉しいアイテムです。必要性や効果など沐浴剤の基本から、ママたちの疑問まで解説します。

生後1ヶ月〜4ヶ月の首すわり前

生後1ヶ月〜4ヶ月の首すわり前
生後1ヶ月頃になるとおへそが乾き、湯船への入浴ができる時期になります。健診で入浴の許可が出たら、いよいよ入浴デビューです。しかし、1ヶ月経ってすぐに沐浴を卒業する必要はありません。ママの体調や、入浴への不安がなくなったら始めてみましょう。沐浴の場合は、新生児期よりも汗や汚れが増えてくるのでしっかり洗い流すようにしましょう。生後1ヶ月~4ヶ月の赤ちゃんの首座り前は、赤ちゃんの首をしっかり支えてあげてください。お湯に浸かるのは1分程度と、短めにしておきましょう

生後1ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話! 発熱時や肌トラブルなどの対応方法を紹介
生後1ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話! 発熱時や肌トラブルなどの対応方法を紹介
生後1ヶ月の赤ちゃんは、産まれたばかりの赤ちゃんと比べてどれほど成長し、どのような違いがあるのでしょう。平均的な成長をしているのかが気になるパパママもいるでしょう。生後1ヶ月の赤ちゃんの成長やお世話の特徴、発熱や肌トラブルへの対応方法などもご紹介します。
赤ちゃんの首すわりはいつから始まるの? 確認方法と首すわり前後の注意点を紹介
赤ちゃんの首すわりはいつから始まるの? 確認方法と首すわり前後の注意点を紹介
生まれたばかりの赤ちゃんは頭を首で支えることはできませんが、生後1ヶ月頃から首の筋肉が発達し、徐々に首がすわるようになります。首すわりが始まる時期や首すわりの確認方法をご紹介します。

生後7ヶ月頃

生後7ヶ月頃
生後7ヶ月頃になったらベビーバスは卒業し、大人と一緒に入浴しましょう。この時期の赤ちゃんはよく動くので、赤ちゃんが石鹸で滑って落ちてしまわないよう十分注意をしてください。お座りをし始めたら、赤ちゃん用のお風呂で使うイスに座ってもらい、一緒に入浴することも可能になります。慣れてきたら、湯船に浸かっているとき遊べるおもちゃを用意して赤ちゃんが楽しめるお風呂の時間を作ってあげましょう。

パパママ1人しかいないときのお風呂の入れ方


1人で赤ちゃんをお風呂に入れるときは、事前の準備をしっかりしておくことで慌てずに対応することができます。冬場は脱衣所が冷えるので暖房器具で暖めておき、浴室もシャワーや湯船の蓋を開けて暖めておきましょう。

用意するもの

用意するもの
まず以下の8つを脱衣所に用意して入浴後の水分補給を部屋に準備してから入りましょう。

  • バスマット1枚(赤ちゃんを待たせるときやお風呂上がりに使用)
  • バスタオル1枚(赤ちゃんを拭くときに使用するので広げてバスマットの上に置く)
  • ガーゼ1枚
  • 赤ちゃんの着替え(すぐ着られるようにボタンを外し広げて置くと良い)
  • オムツ
  • スキンケア用品一式
  • パパママ用のガウン(湯冷めしないよう、すぐに羽織れるもの)
  • ママ用タオル(髪を洗った後にまとめる用)

1人で赤ちゃんの体を洗う手順

1人で赤ちゃんの体を洗う手順
準備ができたら入浴です。脱衣所に用意したバスマットの上で服を着せたまま赤ちゃんを寝かせて以下の手順で進めていきましょう。

  1. パパママが先に頭や体を洗います。ドアを開けて、声掛けしながら洗うと赤ちゃんは安心です。
  2. 赤ちゃんの洋服とオムツを脱がし、首をしっかり支えた状態で抱っこして浴室へ行きます。
  3. バスマットの上に座り、太ももの上で赤ちゃんを仰向けの状態で抱えます。
  4. 優しく湯船のお湯をかけ、赤ちゃんの体を洗っていきます。両手が使えず少し大変ですが慌てず、顔から順に洗っていきましょう。
  5. 背中を洗うときは、赤ちゃんとママが向かい合い、赤ちゃんの後頭部から首の後ろを手でしっかり支えて洗います。お尻は、パパママの片腕を赤ちゃんの両脇の下に入れて抱えると洗いやすいです。
  6. 湯船のお湯を使ってお尻を洗うときの格好のまま、頭から優しくお湯をかけて流し、湯船に浸かります。

ここで赤ちゃんのスキンシップの時間を楽しみましょう。お風呂が終わったらすぐに赤ちゃんをバスタオルで包みます。パパママはバスローブをさっと羽織り、スキンケアをして洋服を着せてあげましょう。

あると便利な赤ちゃん用お風呂グッズ


2人でも1人でも、赤ちゃんをお風呂に入れるのは大変です。少しでも楽になるように、自宅にあると便利なグッズを3つ選びました。

ねんね期の赤ちゃんのお風呂に最適!ひんやりしないおふろマットR

サイズ(幅×奥行×高さ): 680×470×290
材料・成分: ポリプロピレン
重量: 862g
使用月齢: 0ヶ月~6ヶ月
参考価格:2,206円(税込)~
赤ちゃんを洗うときに、一時的に寝かせておくためのマットです。寒さや転倒などを防ぐのに適しています。パパママが1人で赤ちゃんをお風呂に入れるときに待たせておくときにも使用できます。

お座りができたら楽になる!ふかふかベビーチェアR

サイズ:46x48x27H(cm)
対象月齢:7ヶ月~2才頃まで
参考価格:1,620円(税込)~
お座りができるようになったら、お風呂用ベビーチェアを使って赤ちゃんを待たせておくことができるようになります。ベビーチェアがあれば、赤ちゃんが座り姿勢で遊びながら待つことができるため、パパママも慌てずゆっくり入浴できるようになります

手にはめるだけで、洗いにくいところもしっかり洗える「パパ洗って」

素材:ポリプロピレン95%、ポリウレタン5%、
参考価格:325円(税込)~
「タオルだと首や手足のシワなどが洗いにくい……」「ガーゼを持っていると、赤ちゃんを落としてしまいそう!」そんな不安を、この手袋型のスポンジが解消します。手にはめて指でなぞったり擦ったりするだけできれいに洗えるため、パパママの手元が安定します。
赤ちゃん用のバスチェアはいつから使える? リッチェル・アップリカなどおすすめを紹介
赤ちゃん用のバスチェアはいつから使える? リッチェル・アップリカなどおすすめを紹介
赤ちゃんとママの2人でお風呂に入るとき、あると便利なのがバスチェア。赤ちゃんの安全を確保するだけでなく、ママの両手が空くので頭や体を洗うのもラクラク! ねんねさせたまま使えるものからお座りさせるタイプまで、人気のバスチェアを紹介します。
お風呂で遊べるおもちゃの選び方、年齢別おすすめアイテム15選
お風呂で遊べるおもちゃの選び方、年齢別おすすめアイテム15選
お風呂のおもちゃを探しているけれど種類があり過ぎて何を基準に選んだらいいのか迷うものですよね。そこで、お風呂で遊べるおもちゃの選び方と、年齢別におすすめしたいアイテムをご紹介したいと思います。

赤ちゃんをお風呂に入れる方法を動画で紹介!

赤ちゃんを初めてお風呂に入れるのを動画で確認したい、というパパママ向けにベビーカレンダーが公開している動画をご紹介します。皆さんのお子さんをお風呂に入れる際の参考にしてください。

まとめ


赤ちゃんにとってお風呂の時間は汗や汚れを流すだけではなく、心身の丁度よい運動や信頼できる家族とのリラックスタイムでもあります。声をかけてコミュニケーションやスキンシップをして、赤ちゃんとパパママにとって楽しいバスタイムを過ごしてください。

お風呂掃除を簡単に済ませたい。楽にお掃除ができるグッズと掃除のコツ
お風呂掃除を簡単に済ませたい。楽にお掃除ができるグッズと掃除のコツ
お風呂掃除はやらなきゃいけないと分かっていても、やる気が出ないという人も多いのではないでしょうか。でも、汚れと場所に応じて洗剤を使い分ければ意外と簡単にできるのです。そこで、楽にお掃除ができるお風呂掃除グッズを紹介したいと思います。

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!