赤ちゃんにベビーローションは使うべき? 赤ちゃんの正しい肌ケア方法とは?

赤ちゃんにとってのベビーローションの役割は?

赤ちゃんにとってのベビーローションの役割は?

乾燥しやすい赤ちゃんの薄い肌に潤いを与えてくれます

ベビーローションは、赤ちゃんの肌を乾燥から守るための保湿アイテムです。赤ちゃんの肌はとても薄くて繊細で、すぐに水分が失われてしまいます。乾燥が原因で肌荒れを起こすこともあるため、ベビーローションで水分を補ってあげましょう。赤ちゃんを毎日お風呂に入れるのと同じように、新生児期のうちからスキンケアとして使ってあげたいですね。汚れ落としやふき取りとしても使え、オムツ替えのときに塗るのもおすすめです。

同じく赤ちゃんの保湿アイテムとして、ベビーオイルもあります。ベビーローションとベビーオイルには、違った役割があります。ベビーローションは赤ちゃんの肌に水分を補って潤いを与えるもの、ベビーオイルは油分を補って水分にフタをし、潤いを逃がさないようにするものです。補う成分が違うため、特に乾燥しがちな冬はローションとオイルを併用するとよいでしょう。

赤ちゃんにおすすめなベビーオイルの選び方! 人気はどれ? マッサージにも使えるものは?
赤ちゃんにおすすめなベビーオイルの選び方! 人気はどれ? マッサージにも使えるものは?
ベビーオイルは成分によって効果が違います。赤ちゃんの肌は生後3ヶ月をすぎると乾燥しやすくなるので、ベビーオイルで保湿してあげましょう。ベビーオイルの成分や選び方から、赤ちゃんのデリケートな肌に合うおすすめベビーオイルまでをご紹介します。
赤ちゃんの肌荒れ・乳児湿疹の原因と病院受診の目安
赤ちゃんの肌荒れ・乳児湿疹の原因と病院受診の目安
赤ちゃんの肌は弱く、ちょっとしたことでもすぐ荒れてしまいます。カサカサしていたり、ザラザラしていたり…原因によって症状もさまざまです。この記事では、赤ちゃんの肌荒れの原因とそれぞれのケア方法をご紹介します。クリームやローション、オイルの違いも解説します。
赤ちゃんのほっぺが赤い理由は? カサカサ・ポツポツの原因と対処方法
赤ちゃんのほっぺが赤い理由は? カサカサ・ポツポツの原因と対処方法
「赤ちゃんのほっぺが赤い!?」とびっくりしたことはありませんか。赤ちゃんの肌は薄くまた弱いため、ちょっとしたことですぐに赤くなりがちです。「ぶつぶつ」や「カサカサ」「皮膚が固い」など、赤ちゃんの肌トラブルの原因と対処法を解説します。

赤ちゃんのスキンケアとベビーローションの使い方

ベビーローションの使い方
ベビーローションを塗る時間帯や塗り方を意識しておくと、一層効果的に使うことができます。塗るタイミングや塗り方について具体的に見ていきましょう。

ベビーローションが効果的なのは、お風呂上がりや着替えた後

ベビーローションが効果的なのは、お風呂上がりや着替えた後
おすすめのタイミングは、お風呂上がりや朝の着替えなど、服を脱がせているときです。特に、お風呂上がりは水分が蒸発しやすいため保湿は必須です。また、朝の着替えのときにベビーローションを塗ってあげると、日中も外部の刺激から肌を守ってくれる効果があります。このほか、汗を拭いたときやオムツ交換のときなども水分が蒸発しやすいので、ローションを塗ってあげると効果的です。塗る回数に決まりはありませんので、乾燥が気になるときにはこまめに塗ってあげてくださいね。

紙おむつの選び方と人気のおむつ比較! サイズアップのタイミング、おむつはずしの時期は?
紙おむつの選び方と人気のおむつ比較! サイズアップのタイミング、おむつはずしの時期は?
初めての育児では、赤ちゃんにどんなおむつを選べば良いのか悩んでしまいますよね。おむつメーカーによって、素材や価格、機能性などが異なります。おむつのサイズアップの時期、テープタイプからパンツタイプに切り替えるタイミング、おむつをはずす時期についてご紹介します。
1人で赤ちゃんをお風呂入れられるのかが不安…お風呂に入れるときのコツを月齢別に紹介!
1人で赤ちゃんをお風呂入れられるのかが不安…お風呂に入れるときのコツを月齢別に紹介!
「赤ちゃんのお風呂の入れ方は、これで合っているのかな?」と悩んでいませんか? シャワーを使っていいのか、1人で入れるときはどうしたらいいのか…赤ちゃんのお風呂に関する悩みは意外ありますよね。いろいろなシーンを想定した赤ちゃんのお風呂の入れ方を紹介するので参考にしてください。

顔や手足、体の部位ごとにベビーローションの塗り方を変える

部位 塗り方
腕・足 小さな円を描くようにくるくると塗ったあと、手のひら全体で包み込むようにして馴染ませます。ひじ・ひざの内側は汗がたまりやすく肌荒れを起こしやすいので忘れずに塗ってくださいね。
おなか・せなか・おしり 手のひら全体を使って、大きな円を描きながら塗ります。
人差し指で、ほほやおでこをくるくる塗ります。鼻の下やあごなど細かい部分もやさしく塗ってあげましょう。
首・わき 肌トラブルを起こしやすい部位です。人差し指などを使って丁寧に塗りましょう。

「やさしく、なでるように」が塗り方の基本です。体の部位ごとに塗り方を変えると、まんべんなく塗りやすくなります。ベビーローションを塗る量は、季節や空気の乾燥具合によって異なります。赤ちゃんの肌がパパママの手にしっとりと吸いつくくらいを目安にしてくださいね。

赤ちゃんのベビーローションを選ぶときのポイント


赤ちゃんの肌はとても敏感です。一度肌荒れを起こしてしまうと、治るまでに時間がかかってしまう場合もあります。赤ちゃんの肌を乾燥から守るため、また、ベビーローション自体が肌荒れの原因とならないように、選ぶときのポイントを押さえておきましょう。

ベビーローションの成分表をチェック

ベビーローションの成分表をチェック
まずは成分表をチェックして、「保湿効果のある成分が配合されているか」「刺激成分は含まれていないか」を確認しましょう。刺激成分はアレルギーなどの肌トラブルを引き起こす可能性があると考えられています。主な保湿成分と刺激成分をまとめましたので、参考にしてみてください。

【保湿成分】

・セラミド
・ヒアルロン酸
・アミノ酸
・植物オイル など

【刺激成分】

・合成香料
・合成着色料
・鉱物油
・パラベン(防腐剤)
・アルコール エタノール
・合成界面活性剤 など

刺激成分は100種類以上あり、表記の仕方もさまざまです。成分表だけで判断するのは難しいかもしれません。「赤ちゃんも使えます」と書かれているものや、特定のオーガニック認証を受けている製品なら安心して使うことができるでしょう。

使用感が好みのベビーローションを選ぶ

使用感が好みのものを選ぶ
液状タイプや乳液タイプ、ジェルタイプなど、ベビーローションにはさまざまなテクスチャーがあります。サラッとして塗りやすいものや、しっとり感がつよく高い保湿力が感じられるものなど使用感が異なるため、赤ちゃんの肌の状態や使用する季節などに合わせて好みのテクスチャーを選びましょう。

あせもができやすい季節は薬用タイプのベビーローションを

あせもができやすい季節は薬用タイプを
あせもの予防には肌を清潔にし、しっかりと保湿することが大切です。薬用タイプは、あせも予防やあせも・ニキビなどで荒れた肌に有効な成分が含まれています。汗をかきやすい夏には特におすすめです。

新生児ニキビはいつ治る? 正しいケア方法を詳しく解説
新生児ニキビはいつ治る? 正しいケア方法を詳しく解説
生まれたばかりの赤ちゃんの肌にいつのまにかポツポツが。これは「新生児ニキビ」と呼ばれる新生児特有の湿疹です。成長とともに治っていきますが、赤ちゃんのデリケートな肌を守るためには適切なケアが重要になります。洗い方や保湿方法を詳しく紹介します。

次のページではママから人気のベビーローションを7種類ご紹介します。手頃な値段のものから高級品までありますが、皆さんの赤ちゃんに合ったものを見つけてください。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!