赤ちゃんにベビーローションは使うべき? 赤ちゃんの正しい肌ケア方法とは?

赤ちゃんにとってのベビーローションの役割は?

赤ちゃんにとってのベビーローションの役割は?

乾燥しやすい赤ちゃんの薄い肌に潤いを与えてくれます

ベビーローションは、赤ちゃんの肌を乾燥から守るための保湿アイテムです。赤ちゃんの肌はとても薄くて繊細で、すぐに水分が失われてしまいます。乾燥が原因で肌荒れを起こすこともあるため、ベビーローションで水分を補ってあげましょう。赤ちゃんを毎日お風呂に入れるのと同じように、新生児期のうちからスキンケアとして使ってあげたいですね。汚れ落としやふき取りとしても使え、オムツ替えのときに塗るのもおすすめです。

同じく赤ちゃんの保湿アイテムとして、ベビーオイルもあります。ベビーローションとベビーオイルには、違った役割があります。ベビーローションは赤ちゃんの肌に水分を補って潤いを与えるもの、ベビーオイルは油分を補って水分にフタをし、潤いを逃がさないようにするものです。補う成分が違うため、特に乾燥しがちな冬はローションとオイルを併用するとよいでしょう。

関連記事

肌に優しい成分のベビーオイルはどれ? マッサージにおすすめなのは? 選び方と人気6選!
赤ちゃんの肌荒れの原因と病院受診の目安
1人で赤ちゃんをお風呂入れられるのかが不安…お風呂に入れるときのコツを月齢別に紹介!
赤ちゃんのほっぺが赤い理由は? カサカサ・ポツポツの原因と対処方法

赤ちゃんのスキンケアとベビーローションの使い方

ベビーローションの使い方
ベビーローションを塗る時間帯や塗り方を意識しておくと、一層効果的に使うことができます。塗るタイミングや塗り方について具体的に見ていきましょう。

ベビーローションが効果的なのは、お風呂上がりや着替えた後

ベビーローションが効果的なのは、お風呂上がりや着替えた後
おすすめのタイミングは、お風呂上がりや朝の着替えなど、服を脱がせているときです。特に、お風呂上がりは水分が蒸発しやすいため保湿は必須です。また、朝の着替えのときにベビーローションを塗ってあげると、日中も外部の刺激から肌を守ってくれる効果があります。このほか、汗を拭いたときやオムツ交換のときなども水分が蒸発しやすいので、ローションを塗ってあげると効果的です。塗る回数に決まりはありませんので、乾燥が気になるときにはこまめに塗ってあげてくださいね。

関連記事

紙おむつの選び方と人気のおむつ比較! サイズアップのタイミング、おむつはずしの時期は?

顔や手足、体の部位ごとにベビーローションの塗り方を変える

部位 塗り方
腕・足 小さな円を描くようにくるくると塗ったあと、手のひら全体で包み込むようにして馴染ませます。ひじ・ひざの内側は汗がたまりやすく肌荒れを起こしやすいので忘れずに塗ってくださいね。
おなか・せなか・おしり 手のひら全体を使って、大きな円を描きながら塗ります。
人差し指で、ほほやおでこをくるくる塗ります。鼻の下やあごなど細かい部分もやさしく塗ってあげましょう。
首・わき 肌トラブルを起こしやすい部位です。人差し指などを使って丁寧に塗りましょう。

「やさしく、なでるように」が塗り方の基本です。体の部位ごとに塗り方を変えると、まんべんなく塗りやすくなります。ベビーローションを塗る量は、季節や空気の乾燥具合によって異なります。赤ちゃんの肌がパパママの手にしっとりと吸いつくくらいを目安にしてくださいね。

赤ちゃんのベビーローションを選ぶときのポイント


赤ちゃんの肌はとても敏感です。一度肌荒れを起こしてしまうと、治るまでに時間がかかってしまう場合もあります。赤ちゃんの肌を乾燥から守るため、また、ベビーローション自体が肌荒れの原因とならないように、選ぶときのポイントを押さえておきましょう。

ベビーローションの成分表をチェック

ベビーローションの成分表をチェック
まずは成分表をチェックして、「保湿効果のある成分が配合されているか」「刺激成分は含まれていないか」を確認しましょう。刺激成分はアレルギーなどの肌トラブルを引き起こす可能性があると考えられています。主な保湿成分と刺激成分をまとめましたので、参考にしてみてください。

【保湿成分】

・セラミド
・ヒアルロン酸
・アミノ酸
・植物オイル など

【刺激成分】

・合成香料
・合成着色料
・鉱物油
・パラベン(防腐剤)
・アルコール エタノール
・合成界面活性剤 など

刺激成分は100種類以上あり、表記の仕方もさまざまです。成分表だけで判断するのは難しいかもしれません。「赤ちゃんも使えます」と書かれているものや、特定のオーガニック認証を受けている製品なら安心して使うことができるでしょう。

使用感が好みのベビーローションを選ぶ

使用感が好みのものを選ぶ
液状タイプや乳液タイプ、ジェルタイプなど、ベビーローションにはさまざまなテクスチャーがあります。サラッとして塗りやすいものや、しっとり感がつよく高い保湿力が感じられるものなど使用感が異なるため、赤ちゃんの肌の状態や使用する季節などに合わせて好みのテクスチャーを選びましょう。

あせもができやすい季節は薬用タイプのベビーローションを

あせもができやすい季節は薬用タイプを
あせもの予防には肌を清潔にし、しっかりと保湿することが大切です。薬用タイプは、あせも予防やあせも・ニキビなどで荒れた肌に有効な成分が含まれています。汗をかきやすい夏には特におすすめです。

関連記事

新生児ニキビはいつ治る? 正しいケア方法を詳しく解説

ママ人気の高いおすすめベビーローション7選

ママ人気の高いおすすめベビーローション7選
多くのパパママに使われている人気のベビーローションをご紹介します。赤ちゃんに安心して使える商品を探すためにも、ぜひ参考にしてくださいね。

手軽さ・知名度No.1!ピジョン ベビーミルクローション

ピジョン ベビーミルクローション 300ml

保湿成分:ピジョンベビーリピッド配合
弱酸性、無着色、無香料、パラベンフリー
原産国:日本
参考価格:674~922円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

ベビーローションの定番となっている商品です。保湿成分には「ピジョンベビーリピッド」という赤ちゃんの胎脂に近い成分が配合されています。価格がお手頃なのも嬉しいポイントですね。

ママも昔使ってた?ピジョン薬用ローション ももの葉

ピジョン 薬用ローション ももの葉 200ml

保湿成分:ももの葉エキス、アロエエキス配合
弱酸性、無着色、無香料、パラベンフリー
原産国:日本
参考価格:543~550円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

こちらもピジョンから発売されているベビーローションです。薬用タイプで、あせも・ニキビなどで荒れてしまった肌をやさしく整える効果があります。程よいとろみがついていて塗りやすいことも好評です。

世代を超えた愛用者の多いジョンソン・エンド・ジョンソン ベビーローション

ジョンソンエンドジョンソン ベビーローション 無香料 300ml

保湿成分:グリセリン配合
無着色、無香料、パラベンフリー
原産国:マレーシア
参考価格:556~1,042円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

ピジョンの製品と並んで、ベビーローションの定番商品のひとつになっています。2019年に製品がリニューアルされてから処方成分がさらに低刺激になり、ボトルも中身が取り出しやすい形状になりました。

赤ちゃん用品の老舗から!和光堂 ミルふわ ベビーミルキーローション

和光堂 ミルふわ ベビーミルキーローション ポンプタイプ 300ml

保湿成分:オリゴ糖、イノシトール、リン脂質、セラミド配合
弱酸性、無着色、無香料、パラベンフリー
原産国:日本
参考価格:836~1,188円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

ベビーフードなどでも有名な「和光堂」から販売されている商品です。肌の潤いを保つため、水分と油分の配合バランスに着目して作られています。300ml入りの商品は容器がポンプタイプなので、中身がさっと出せて使いやすいのも人気です。

赤ちゃんの肌研究から生まれた!メリーズ ベビーローション ポンプ

メリーズ ベビーローション ポンプ 300ml

保湿成分:セラミド機能成分配合
弱酸性、無着色、無香料、パラベンフリー
原産国:日本
参考価格:1,271~1,404円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

メリーズから販売されている商品です。オムツのブランドとしてもおなじみで、安心感があるという理由から購入しているパパママもいます。サラッと伸びる使用感で保湿力も高く、口コミでもとても好評です。

新生児にやさしいMama&Kids ベビーミルキーローション

Mama&Kids ベビーミルキーローション

保湿成分:アミノ酸、ベビーズエマルジョン配合
弱酸性、無香料、無着色、パラベンフリー
原産国:日本
参考価格:5,700~6,480円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

ベビー雑誌などに何度も取り上げられている有名商品です。保湿成分はママのお腹の中の環境をお手本にして配合されています。低刺激で安心、塗りやすいことから多くのパパママに選ばれています。

オーガニックにこだわるならエルバビーバ ベビーローション

エルバビーバ ベビーローション 235ml

保湿成分:シア脂、アロエベラ液汁などの植物油配合
無着色、合成香料・パラベンフリー
原産国:アメリカ
参考価格:2,380~3,672円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

オーガニックスキンケア製品のブランドとして有名なエルバビーバのベビーローションです。マンダリンオレンジとカモミールのさわやかな香りがします。香りの成分は合成香料ではなく、100%天然由来なので安心して使用できます。

まとめ:赤ちゃんにやさしいベビーローションで、保湿とスキンシップを


赤ちゃんの繊細な肌を守るためにも、ベビーローションは保湿効果や成分をよく確認して選ぶことが大切です。また、マッサージしながら塗ることで、赤ちゃんとのスキンシップを深めることもできます。コミュニケーションをとりながら、毎日丁寧なスキンケアを心がけてくださいね。