粉ミルクは何を基準に選んだらいいの?注意点と選ぶポイント

粉ミルクは何を基準に選んだらいいの? 注意点と選ぶポイント

粉ミルクの種類

粉ミルクは何を基準に選んだらいいの?注意点と選ぶポイント
粉ミルクはいろいろな種類がありますね。各メーカーから発売されているので種類も豊富です。栄養成分も各社によって違うと思われがちですが、実は、国内メーカーであれば、粉ミルクには厚生労働省が定めた基準値があります。そのため基本的な成分は同じなのです。粉ミルクは子供の発育に大きな影響をあたえます。そのため、許可を得たメーカーの製品には消費者庁のマークがついています。各メーカーで味を変えたり、企業努力でプラスしている成分の違いがありますので、ご家庭での予算などを考えたうえで、お好みで選ぶことができますね。

関連リンク

厚生労働省:乳及び乳製品の成分規格等に関する省令

離乳食まで使える粉ミルク

粉ミルクは、飲ませるだけでなく離乳食に使うこともできます。赤ちゃんに必要な栄養素がたっぷり入っているので、バランスが良い離乳食をつくることができます。また、開封して賞味期限が迫ったものや、余ってしまった粉ミルクを活用することができるので、コスパ的にもおすすめです。

関連記事

赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!

フォローアップミルク

フォローアップミルクは、離乳後期の9ヶ月頃から、3歳くらいまで使用できます。牛乳は、たんぱく質やカルシウムを多く含んでいますが、消化やアレルギーの問題から、月齢が低い赤ちゃんにはおすすめできません。また、通常の牛乳は鉄分が少なく、ビタミン類も不足しています。牛乳では足りない栄養を補うように作られたのが、フォローアップミルクです。

関連記事

フォローアップミルクは絶対に必要? いつからいつまで飲ませるの? おすすめ5選!

アレルギー対応ミルク

アレルギー対応ミルクは、ミルクアレルギーを持つ子供のために開発されたミルクです。通常のミルクを適切な処理でアレルゲン性を低下させているので、アレルギーがある子供でも安心して飲むことができます。ちなみに、湿疹などを見て勝手にアレルギー対応ミルクを飲ませることは良くありません。アレルギーが疑われる症状が出たら、必ずかかりつけ医などに相談してください。

粉ミルクのパッケージの種類

粉ミルクは何を基準に選んだらいいの?注意点と選ぶポイント
日頃使いがしやすい缶タイプのものから、持ち運びを重視したキューブ型タイプのものまで、いろいろなパッケージの粉ミルクがあります。その時の用途に分けて選んでおくと便利ですよ。

内容量800gの大缶から、300gの小缶まで販売されているメーカーもあります。大缶は比較的にコスパがいいですが、開封すると1ヶ月以内に使い切る必要があるので注意が必要です。また、重量があるので持ち運びには向きません。フタの種類もいろいろあり、全て外して開けるものや、手前だけを開けるものもあります。

プラスチックケース

プラスチックケースの粉ミルクで、詰め替え可能なタイプもあります。プラスチックケースのタイプは缶より小容量です。コスパ重視の方には不向きですが、ゴミが捨てやすいというメリットもあります。

スティック

スティックタイプは、粉ミルクが小分けにされているので持ち運びしやすいです。いつも愛用している粉ミルクのスティックバージョンを準備しておくと、お出かけ時などに使用できますね。いつも飲んでいる種類のものなら、赤ちゃんも味に慣れているので、粉ミルクを飲まなくて困ることがなく安心です。

キューブ

キューブタイプは、お湯に入れるだけで簡単にミルクを作ることができます。育児に慣れていないおじいちゃんおばあちゃんに預ける時にも利用しやすいですね。お出かけ時などにも便利です。

液体ミルク

乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(乳等省令、厚生労働省)が平成30年8月8日に改正されました。それにより、乳幼児向け液体ミルクの国内での製造や販売ができることになりました。液体ミルクは常温保存も可能です。また、お湯などを必要としないため、開封してすぐに飲ませることができます。お出かけ時だけでなく、災害時にも利用が期待されています

関連リンク

厚生労働省:乳及び乳製品の成分規格等に関する省令及び食品、添加物等の規格基準の一部改正について

月齢別に必要な粉ミルクの量とは

粉ミルクは何を基準に選んだらいいの?注意点と選ぶポイント
赤ちゃんは、1日でどれくらいの量のミルクを飲むのでしょうか。粉ミルクの量と飲ませる回数の目安(生まれてから1歳まで)です。参考にしてくださいね。

  1. ~生後2週間(平均体重3.0kg):1回の授乳で80〜100ml、1日7〜8回程度
  2. 生後2週間〜生後1ヶ月(平均体重3.7kg):1回の授乳で100~120ml、1日7回程度
  3. 生後1ヶ月~生後2ヶ月(平均体重4.6kg):1回の授乳で140〜160ml、1日6回程度
  4. 生後2ヶ月~生後3ヶ月(平均体重5.6kg):1回の授乳で160〜180ml、1日6回程度
  5. 生後3ヶ月~生後4ヶ月(平均体重6.4kg):1回の授乳で200〜220ml、1日5回程度
  6. 生後4ヶ月~生後5ヶ月(平均体重7.0kg):1回の授乳で220ml、1日5回程度
  7. 生後5ヶ月~生後6ヶ月(平均体重7.4kg):1回の授乳で220〜240ml、1日4回+1程度
  8. 生後6ヶ月~生後9ヶ月(平均体重7.7〜8.2kg):1回の授乳で200〜240ml、1日3回+2程度
  9. 生後9ヶ月~生後12ヶ月(平均体重8.4〜8.8kg):1回の授乳で200〜240ml、1日2回+3程度

粉ミルクは1回ごとに調乳します。飲み残しは必ず捨ててください。また、勝手に薄めたり濃くしたりしないでください。ミルクの適量を知るために気をつけることは、「体重は増えているか」ということです。飲む量が少なくても体重が増えていれば大丈夫です。また、嘔吐、下痢、便秘など、赤ちゃんの調子にも気をつけてください。粉ミルクのパッケージに記載してある量はあくまでも目安です。赤ちゃんにもそれぞれの個性があるので、様子を見て判断しましょう。気になる場合は、かかりつけ医や市区町村の相談窓口に聞いてみましょう。

関連記事

赤ちゃんの授乳間隔の目安ってどれくらい? 授乳でよくあるトラブルと対処法

粉ミルクを選ぶ時の注意点

粉ミルクは何を基準に選んだらいいの?注意点と選ぶポイント
国内で製造されている粉ミルクは、基本的な成分はどれも変わりありませんが、メーカーによって味などが多少変わります。迷ったら、いくつかの粉ミルクを試してみることをおすすめします。

成分

粉ミルクは、「タンパク質」「脂質」「炭水化物」の身体に必要なエネルギー産生栄養素を含みます。他に、「ビタミン」「ミネラル」などの成分が配合され、牛乳や大豆でできています。

関連リンク

消費者庁:特別用途食品の表示許可基準

アレルギーの有無

粉ミルクの原材料は、牛乳や大豆です。赤ちゃんに牛乳や大豆のアレルギーがあれば、体調に影響が出ることがあります。牛乳や大豆にアレルギーがある子供は、普通の粉ミルクは使えません。アレルギーの症状は、嘔吐・下痢・血便などがあります。症状が出たら、すぐにかかりつけ医に相談しましょう。

値段

毎日粉ミルクを飲ませる「完ミ」の方は、粉ミルクの消費量が多いので価格も気になるところですね。家計に優しいお値段の粉ミルクを選んでも、国内生産のものであれば、基本成分は変わらないので安心ですよ。

病院で使っていたもの

入院中に病院で飲ませていた粉ミルクは、大抵の赤ちゃんは抵抗なく飲むことができます。どの種類を使っていたのか、退院時に確認しておくことをおすすめします。

粉ミルクを選ぶポイント

粉ミルクは何を基準に選んだらいいの?注意点と選ぶポイント
粉ミルクには、生後すぐから飲める育児用ミルクと、生後9ヶ月~3歳頃まで飲めるフォローアップミルクがあります。粉ミルクの対象月齢を必ずチェックしてから選んでください。また、赤ちゃんの好みがわからないうちは、サンプルや小さいサイズの粉ミルクでいろいろ試してみることをおすすめします

粉ミルクには味の違いがある

赤ちゃんにも、味の好みがあるみたいだと感じるママも多いですね。赤ちゃんによって好みが違います。パパママがこれが良いと選んでも、飲んでくれないこともあるのです。なかなかミルクを飲まなかった赤ちゃんが、別のメーカーのものに変えたら飲むようになることも多々あります。赤ちゃんの好みの粉ミルクをみつけてあげましょう。

赤ちゃんが喜ぶものを

赤ちゃんに味の好みがあることは、前にお伝えしましたね。好みじゃないミルクは飲んでくれないばかりか、時には機嫌が悪くなってしまうこともあります。いろいろな種類を試してみて、赤ちゃん好みの粉ミルクを選んであげてくださいね。

赤ちゃんの様子をチェック

粉ミルクを飲んでいる時の、赤ちゃんの様子を観察しましょう。赤ちゃんは自分の意思を伝える手段が限られています。「泣く」「ぐずる」も赤ちゃんからの大事なサインです。いつもと違う様子が見られるなら、注意が必要です。哺乳瓶を咥えているけど飲んでいないということもありますので、哺乳瓶に入っているミルクが減っているかも気をつけてあげてくださいね

大容量や定期便を賢く活用

赤ちゃんの好みの粉ミルクがみつかったら、まとめ買いや定期購入でお得に購入することをおすすめします。子育て中は、時間がいくらあってもたりません。粉ミルクの在庫を切らしてしまい、自分で買いに行くことは時間も手間もかかります。ネット通販を利用することでポイントを貯めることもできますし、何より時間を節約することができます。こちらで紹介している「明治 ほほえみ 800g 8缶」は多いでしょうか?新生児の粉ミルク消費量で見てみると、1日7回80mlを消費すると約10日で1缶消費することになります。4ヶ月の赤ちゃんで1日5回約200mlを飲むと約6日で1缶なくなりますね。まとめ買いや定期便を上手に利用して、省ける手間はできるだけ省いてしまいましょう。

【ケース販売】明治ほほえみ 6400g

【ケース販売】明治ほほえみ 6400g

参考価格:17,296円
楽天で見る
amazonで見る

自宅用外出用を使い分け

お出かけ時には、持ち歩きに便利なキューブ型やスティックタイプなどの粉ミルクを利用することをおすすめします。赤ちゃん連れでお出かけする時は準備も大変なので、少しでも負担を減らすことができますね。最近では、液体ミルクもあります。常温で保存でき、開封してすぐに飲ませることができるというメリットがありますが、価格が高めです。赤ちゃんによって好みがあるので、慣れないものは飲まないということがあると困ります。お出かけ用で持ち歩く粉ミルクは、前もって飲ませてみて、赤ちゃんがちゃんと飲めるか確認しておきましょう

まとめ

粉ミルクは何を基準に選んだらいいの?注意点と選ぶポイント
種類が多く選ぶ時に迷ってしまう粉ミルクですが、ポイントをまとめてご紹介しました。母乳と粉ミルクを併用している混合育児のママも、完全ミルク育児のママも、基本的に粉ミルクは赤ちゃんに毎日飲ませるものなので、参考にしていただけると幸いです。

また、粉ミルクは飲ませる量や間隔のリズムが決まっているため、赤ちゃんがどれくらいの量を飲んだのかわかりやすいです。そのため、ある程度の目安が付きやすいのではないでしょうか。母乳に比べると腹持ちがいいので、寝る前には粉ミルクを飲ませて、ママが睡眠をとれるように調整することも可能だと思います。便利に利用して快適な子育てライフをお過ごしくださいね。