子供にストライダーがおすすめな理由とは? 乗れるのは何歳から何歳まで?

ストライダーってどんな乗り物?

ストライダーってどんな乗り物?
子供がストライダーを楽しんでいる姿をあちこちで見かけますが、ストライダーは2007年にアメリカで生まれた乗り物で、誕生してからまだ10年ほどしか経っていまない、新しい乗り物です。ストライダー社の創業者が、自分の息子のために作った軽くて、コンパクトで、カッコいい、1台のペダルのない自転車がストライダーのはじまりです。日本には2009年に紹介され、今では日本各地に専門店があり、ストライダーだけの子供たちのレースが行われたり、部品を交換して世界に1台だけのストライダーを作って遊ぶのも盛んになっています。

自転車デビューにおすすめの子供用自転車9選 失敗しない選び方も解説
自転車デビューにおすすめの子供用自転車9選 失敗しない選び方も解説
一口に子供用自転車といっても、実は細かくサイズが分かれています。安全性のために、そして何より子供が楽しんで乗ってくれるよう、成長に合った自転車を選んであげましょう。おすすめの自転車、安全に自転車にのるポイントを紹介していきます。

子供にストライダーがおすすめな理由とは? メリットと効果について

子供にストライダーがおすすめな理由とは?

ストライダーは軽量でタフ、メンテナンスも簡単

2歳前後の子供がストライダーに乗ることができるのは、ストライダーは3kgほどと非常に軽量だから。小さな子供がストライダーを自分で起こして、またがるのは簡単です。それだけ軽量なのに何度も倒しても頑丈なパイプで作られたストライダーはまず壊れません。自転車のようにタイヤを交換することもなく、ブレーキもないので、整備しなければいけない箇所もほとんどありません。一度、購入してしまえば、よほどのことがない限り、整備や修理にお金がかからない乗り物です

ストライダーなら小さなうちからバランス感覚を養うことができる

ペダルのない自転車、ストライダーは子供の成長にどんなメリットがあるのでしょうか。よく知られているのが、子供が小さいうちからバランス感覚を養えることでしょう。ストライダーで遊びながら養ったバランス感覚は自転車に乗るときに役立ちますし、大きくなって他のスポーツを始めるときにも役立つでしょう。

ストライダーは楽しみながら全身を使った運動ができる

自転車で同じ効果は得られないの? と思うかもしれません。自転車は平均すると5~6歳になってから乗るのが一般的で、ストライダーは後でもご紹介しますが、1歳半から乗ることができます。まだ子供が小さいうちからバランス感覚を養うことができるのです。また、ペダルがないことで、子供は自分の足で地面を蹴り、バランスを取りながら前に進みます。自転車と比較すると「ペダルがない」ため、ストライダーを前に進ませるのに全身を使う必要があります。ブレーキもないので、ストライダーを停車させるときは足を使う必要もあります。2歳前後の子供が全身を使いながら、ここまで遊べる乗り物は他には見当たりません

ストライダーは何歳から何歳まで乗るもの?

ストライダーは何歳から何歳まで乗るもの?
子供たちが公園で楽しそうに遊んでいるストライダーは、一体何歳から何歳まで乗れるのか気になるパパママも多いのではないでしょうか? この記事では、商品規格や乗りこなせる年齢などについて、詳しくお伝えします。

ストライダーの対象年齢は1歳半~5歳まで

ストライダーの対象年齢は1歳半~5歳まで
ストライダーの対象年齢は「1歳半~5歳まで」です。対象年齢は、メーカーや種類によって異なるため、使用前に確認しましょう。ストライダーは補助輪やスタンドがなく不安定な乗り物。単体で自立できないため、歩き始めたばかりの子供には不向きです。自転車の中では比較的軽量(約3キロ)なので、1歳半くらいになるとコントロールできるようになります。ただし、まだ力のついていない小さな子供にスライダーを使わせるのには危険が伴います。転倒防止のために必ずヘルメットを被らせ、パパママはスライダーが倒れないように支えてあげましょう。

関連記事

子供用の自転車向けヘルメットは義務!人気のヘルメットやおすすめのヘルメットを紹介

自転車への乗り換えを機に、ストライダーを卒業する子が多い

自転車への乗り換えを機に、ストライダーを卒業する子が多い
ストライダーは早くから利用できる乗り物ですが、子供が自転車へ乗り換えるタイミングで卒業する子が多いようです。理由は、自転車のペダルをこぐ練習ができないためです。成長と共に、ペダルをこいで進む動きを覚える必要があり、そのタイミングで卒業するケースが多くなっています。

ストライダーには、何歳から乗せるのがベスト?


ストライダーの対象年齢は1歳半からと早いですが、そのくらいの年齢だと、まだ歩きはじめたばかりの子供もいることでしょう。対象年齢とは関係なく、ストライダーは何歳から乗せるのがよいのでしょうか。

ストライダーにしっかりと乗れるのは、2歳過ぎから

ストライダーにしっかりと乗れるのは、2歳過ぎから
多くの子供は、2歳を過ぎてからストライダーに乗れています。2歳児といえば、ヨチヨチ歩きだった1歳ちょっとの頃と比べ、パパママが支えなくても1人でしっかり歩く姿が見られます。中には、走り回ったりジャンプしたりする子供もいますね。2歳を過ぎる頃には、少しずつ力がついてくるため、ストライダーも両手でしっかり支えられるようになるでしょう。

関連記事

赤ちゃんが歩きはじめるのはいつから? 歩く練習は本当に必要なの?

子供自身が興味を持ったときが、ストライダーの始めどき!

子供自身が興味を持ったときが、ストライダーの始めどき!
ストライダーは無理に乗せる必要はありません。子供は好奇心旺盛なので、ストライダーの乗り方は自然と上達しますが、パパママが無理に乗せて転んでしまうとトラウマになって「乗らない」と拒否される可能性もあります。ストライダーは対象年齢に関係なく、子供が興味を持ち始めたときに乗せるのが最適のタイミングといえます。まずはストライダーを子供に見せて、自分から乗りたがるか様子を見てみましょう。子供がストライダーに乗りたい気持ちが強いようなら、パパママは転倒しないようにサポートしてあげるのがポイントです。

ストライダーに関するよくある疑問

ストライダーに関するよくある疑問
ストライダーで楽しみながら反射神経を高められるのは、パパママにとってありがたい話ですが「安全性への問題は?」「三輪車の方がいいのでは?」などの悩みもあることでしょう。そこで、ストライダーを利用する際のよくある質問をいくつかまとめました。

ストライダー、3歳からではもう遅い?

ストライダー、3歳からではもう遅い?
ストライダーは1歳半から乗れますが、3歳からのスタートでも全然遅くありません。むしろ、言葉でハッキリ物事を伝えることができ、チャレンジ精神旺盛な3歳前後が、ストライダーの乗り方をいちばんマスターしやすい年齢です。ただ、これまでバランス感覚の必要な乗り物を使用したことがなければ、1回で乗りこなすのは難しいでしょう。初めはストライダーにまたがり、左右の足で地面を蹴って前へ進む程度しかできません。しかし、パパママはできないことに決して焦らないでください。子供は自然と乗り方をマスターし、少しずつ地面を蹴ってスイスイ乗れるようになりますよ。

ストライダーと三輪車、どっちに乗せるのがよい?

ストライダーと三輪車、どっちに乗せるのがよい?
ストライダーにはペダルがついていないため、脚力を鍛えたいなら三輪車がおすすめです。三輪車はペダルをこがないと前へ進めません。ストライダーのように地面を蹴って進むこともできますが、ペダルが足につっかえてケガをする可能性があるので気をつけましょう。ペダルがないストライダーは「こぐ」ことはできませんが、バランス感覚や反射神経が自然と身につきます。ストライダーと三輪車は特徴がまったく違うため、子供が興味を持つ乗り物から始めるといいですよ。

関連記事

赤ちゃんが三輪車に乗れるのはいつから? 失敗しない三輪車の選び方
2歳の子供が乗るなら、三輪車とストライダーどっちがおすすめ?

「へんしんバイク」は何歳まで? ストライダーとの違いは?

ストライダー へんしんバイク
対象年齢 1歳半~5歳 3歳~6歳
ブレーキ なし あり
ペダル なし あり
使用目的 バランス感覚を高める バランス感覚を高める・自転車の練習

ストライダーとへんしんバイクには「対象年齢と機能性」に違いがあります。へんしんバイクは1台で2役ですが、ストライダーより値段が約4,000円高いです。目的と料金を比較して、検討してみましょう。

ストライダーの安全性に問題はないの?

ストライダーの安全性に問題はないの?
ストライダーは機能面や安全性に配慮されていますが、残念ながら過去に4歳児の死亡事故が起こっています。ストライダーに乗るときは、必ずパパママが安全性を確かめることが必要です。ストライダーは自転車ではないため「公道禁止」です。駐車場や車が行き交う道で乗せないようにしましょう。また、ストライダーに乗るときは、パパママは子供から目を離さず、近くで付き添うようにしてください。

・ヘルメット
・プロテクター
・手袋
・動きやすい服装

このように、子供の体を保護したり、柔軟な動きに対応できる装備をすることもお忘れなく。

ストライダーデビューに! おすすめ商品3選

ストライダーデビューに! おすすめ商品3選
ストライダーは1種類だけと思っていませんか?実は、複数のメーカーから発売されており、それぞれデザインや特徴、価格などに大きな違いがあるのです。これからストライダーを探すパパママのために、おすすめ商品を3つご紹介します。

お手頃価格で人気「ストライダークラシックモデル」

ストライダー クラシックモデル

重量:3.0kg
対象年齢:1歳半〜5歳
体重制限:27kg迄
全4色:グリーン・レッド
ブルー・ピンク
参考価格:11,772円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

ストライダークラシックモデルは、一番はじめに発売されたモデル。ほかのモデルに比べてシンプルデザインで、価格が安いのも特長です。品質管理チームがさまざまな製品試験や検査をおこない、安全面に配慮されています。2年保証がついているため、壊れてしまったときも安心です。

高機能スポーツモデル ストライダー

ストライダー スポーツモデル

重量:3.0kg
対象年齢:1歳半〜5歳
体重制限:27kg迄
カラー:全7色
グリーン・レッド・ブルー
ピンク・オレンジ
イエロー・ブラック
参考価格:14,580円(税込)

楽天で見る

amazonで見る

ストライダースポーツモデルは、ハンドル部分が握りやすいように細くフィット感を高めています。柔らかいラバー素材なので、まだ不安定な2才児も快適に乗りこなせるのが特徴的です。また、サドルはクッション性と防水性のある素材を使い、クラシックモデル(サドルはプラスチック製)と違い長時間乗ってもお尻が痛くありません。

軽くなった「ストライダープロモデル」

ストライダー プロモデル

重量:2.5kg
対象年齢:1歳半~5歳
カラー:シルバーのみ
参考価格:22,140円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

シンプルさと軽さを重視したストライダーです。フレームやハンドルバーを軽量アルミ製にしたことで、重量が500g軽くなりました。また、フットステップ部分に専用パフォーマンスフットステップ(フットステップカバー)を取り付け。両足を乗せたときにバランスがとりやすい設計になっているのも特長です。

まとめ:子供が興味を持ったら、ストライダーライフを始めよう!

まとめ:子供が興味を持ったら、ストライダーライフを始めよう!
ストライダーの対象年齢は1歳半から5歳までと幅が広くなっています。多くの家庭では2歳を過ぎたあたりから購入を検討していますが、子供が興味を持ち始めた頃に乗せるのがベスト。ストライダーにはブレーキやペダルがないため、公道で乗ることを禁止されています。乗る際は、パパママが目を離さずにしっかりサポートしてあげることが大切です。ストライダーのモデルによってカラーや重量が違うため、それぞれ比較して選んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

キックボードの選び方とは? 幼児や小学生におすすめの人気キックボードを紹介