母乳パッドはいつからいつまで使う? 布製と紙製の違いを徹底比較

母乳パッドはいつからいつまで必要?

母乳パッドはいつからいつまで必要?

赤ちゃんが断乳か卒乳するまで使用するのがおすすめ

母乳パッドは基本的に母乳が出始めた時から、断乳や卒乳するまで使用します。しかし、母乳の出方には個人差があるので、必ずしもその時期までやらなければいけないことはありません。母乳パッドを使用しなくなる目安としては、母乳パッドが長時間濡れなくなり、授乳の回数が減ってきて母乳があまり出なくなったら使用をやめても良いでしょう。

最初は母乳があまり出ずに母乳パッドが必要でない場合でも、赤ちゃんのおっぱいを吸う力が強くなれば、母乳が出る量も多くなってきます。母乳がたくさん出る時期は、おっぱいが服や下着に触れただけでも母乳が出てしまうことがあるので、母乳パッドを使用する頻度も高くなるかと思います。

一方で、母乳の出方には個人差があるので、絶対に母乳パッドが必要と言うわけではありません。母乳の出方をみて、母乳パッドを使用するか決めてみてくださいね。  

関連記事

赤ちゃんの授乳間隔の目安ってどれくらい? 授乳でよくあるトラブルと対処法
赤ちゃんが卒乳するタイミングはいつ? 卒乳の進め方やポイントを紹介!
断乳はいつからどんな方法で進めるの? 卒乳との違いは?

母乳パッドの種類と選び方

母乳パッドの種類と選び方
母乳パッドには使用したものを捨てて新しいものと交換できる使い捨てタイプと、繰り返し洗って使える布製タイプの2種類があります

使い捨てタイプは吸収率が高くお手軽に使用することができ、布製タイプは肌への負担が少なく費用がかからないという特徴があります。自分にあわないタイプを使用してしまうと、ストレスがたまり肌荒れをおこしてしまうので、自分の好みや肌の状態・母乳の出方などを基準にして自分にあったタイプを選んでみましょう。

吸収力の高い使い捨て母乳パッド

吸収力の高い使い捨て
使い捨てタイプは布製よりも吸収率が高いので、母乳がたくさん出るママや授乳回数が多いママに適しています。吸収率が高いと濡れる心配が減り、ストレスも削減されます。吸収率が良いので、長時間使用することができ、忙しいママにもぴったりです。

使い捨て母乳パッドのメリット

  • 手軽に使用できる
  • 衛生的
  • ずれにくい

・手軽に使用できる
使い捨てタイプの便利なところは、手軽に使用できることです。使用したらそのまま捨てることができるうえに、新しいのとつけ替えるだけなのでとても楽です。また外出先でもささっと取り替えられるので、服が濡れる心配もありません。

・洗う手間がなく衛生的に使用できる
使い捨てタイプは使用するたびに新しいのと取り替えるので、洗う手間がはぶけます。また衛生的に使用できるので、おっぱいを清潔に保つことができます。

・ずれにくい
母乳パッドを使用していると、吸収された母乳の重みでずれてきてしまうことがあります。使い捨てタイプは接着テープで止めて使用するので、ずれを防いでくれます。なかにはテープが5本ついているものもあるので、その日の行動で選んでみましょう。

使い捨て母乳パッドのデメリット

  • コストがかかる
  • 肌のトラブルがある

・コストがかかる
母乳パッドの使用量は母乳の出方によって変わりますが、1日に何回も替えるとコストがかかってしまいます。メーカーや販売店によって価格が違いますが、大体120枚程のパックで700〜1000円前後になります。

・肌のトラブルがある
使い捨てタイプは製品によっては肌に合わず、トラブルがおきてしまうことがあります。産後は肌が敏感になっているので合わないものを使用していると、かぶれてかゆくなってしまいます。夏場は特に肌トラブルが多いので、敏感肌なママは通気性が良いものや肌触りが良いものを選んでください。

使い捨て母乳パッドのつけ方

母乳パッドを個包装から取り出し、ブラジャーの内側に張り付けます。何度も付けたり張り替えしたりしてしまうと粘着力が弱くなってしまうので、1回で貼りましょう。

肌への負担が少ない布製の母乳パッド

肌への負担が少ない布製
布製の母乳パッドは肌に優しいオーガニック素材を使用しているものが多いので、肌への負担が少なく敏感肌なママに適しています。布製タイプだと表面がべたつかないか心配になりますが、最近はべたつかない工夫がしてあるのも多く出ているので、安心して使用することができます。

布製の母乳パッドのメリット

  • 経済的
  • 肌に優しい

・繰り返し使えて経済的
母乳パッドは母乳の出が良いと、1日に何回も替える必要があります。そうすると経済的に気になるところですが、最初に費用はかかるものの繰り返し使えることができるので、安心して使用することができます。また、布製タイプだと吸収性が良いタオルで作ることができるので、さらに経済的に使用することができます。

・肌に優しい
先ほどもふれましたが、布製タイプには肌に優しいオーガニックコットンを使用しているのが多くあります。初めての授乳は乳首へのダメージが大きいもの。肌に優しくつけ心地が優しい布製タイプを使用することでダメージも少なく済み、肌が荒れるのも防いでくれます。

布製の母乳パッドのデメリット

  • 毎回洗濯が必要
  • ずれやすい

・毎回洗濯が必要
布製タイプは使うたびに洗わなければいけないので、こまめな洗濯が必要になります。洗濯が乾かない時や、梅雨の時期はきちんと洗わないとカビが生えてしまうことがあるので、注意してください。また、洗濯をする際は洗い方にも気をつけてましょう。

・ずれやすい
布製は接着テープが付いていないので、ずれやすくなっています。ずれてしまうと母乳が漏れることがあるので、選ぶ時はおっぱいの形にあったのを選びましょう。なかには紐やゴムで固定するタイプもありますよ。

布製の母乳パッドのつけ方

そのままブラジャーの内側に挟みます。基本的に使い捨てタイプも布製タイプも付け方は同じです。どちらもきちんと付いているのか、確認しながら使用してください。

薬局でも買えるおすすめの使い捨て母乳パッド

使い捨てタイプは多くのメーカーから発売されているので、どれが良いのか悩んでしまいますよね。そこで薬局で手軽に買えるおすすめの商品をご紹介したいと思います。

ピジョン「フィットアップ」

素材:表面 不織布・吸収剤 吸収ポリマー
参考価格:880円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

軽いつけ心地で薄く、持ち運びにも便利なフィットアップは多くのママに人気がある商品です。瞬間吸収ポリマーを使用しているので母乳をすばやく吸収し、逆戻りも防いでくれます。価格もお手頃なので、コスパも良いところも嬉しいですよね。薬局の他にもベビー用品店で購入することができます。

dacco「マミーパッド」

素材:不織布、高分子吸収ポリマー、ポリエチレン
参考価格:849円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

ふんわりとしてさらさらなこちらの商品はふつうタイプと多めタイプの2種類があり、その日の量や出かける日によって選ぶことができます。また通気性が良く、蒸れにくくなっているので敏感肌のママにおすすめです。ずれ防止テープも4本付いているのでずれたり漏れたりするのを防いでくれますし、形もサイドカット形状なのでブラジャーからはみ出しにくくなっています。

チュチュベビー「ミルクパッド」

素材:吸収部分 高吸水性ポリマー、パルプ・表面 複合不織布
参考価格:802円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

高吸収ポリマーを使用しているので母乳の逆戻りを防ぎ、さらさらな状態を保ってくれます。プリーツ加工もされているのでおっぱいにフィットし、漏れる心配もありません。こちらもずれ防止テープが付いているので、忙しいママも安心できます。また、コンパクトにできているので外出時にかさばらず、荷物が多いママにぴったりです。

おすすめの布製母乳パッド

布製タイプは繰り返し使用するので、それなりに枚数が必要になってきます。それぞれ特徴や素材があるので、きちんと把握してから選んでみましょう。

犬印本舗「母乳パッド」

素材:ポリエステル100%
参考価格:1320円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

こちらの商品は、4層構造になっているので吸収率と防水力が強く、母乳が多い時に重宝します。立体設計なので胸の形にフィットし、母乳の漏れも防いでくれます。素材もポリエステル100%なので、洗濯しても乾きが早いのも嬉しいですよね。何度も繰り返し洗っても、形が崩れにくいのも特徴です。

スウィートマミー「ふわふわオーガニックコットン100%」

素材:オーガニックコットン100%
サイズ:
Sサイズ 直径12cm
Mサイズ 直径13cm
Lサイズ 直径14cm
参考価格:972円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

100%オーガニックコットンなので、敏感肌なママにぴったり。使い心地の良いパイルやガーゼの生地を6層重ねているので、通気性や吸収率が抜群です。サイズもS.M.Lの3種類があり、おっぱいの大きさに合わせて購入することができます。防水布入りタイプも発売されていて、内側はスムース素材、中はパイルが3層重ねられ、外側はガーゼでできています。こちらもサイズはS.M.Lと豊富にそろえてあります。

ALoveSoul「フィットアップ母乳パッド」

素材:竹繊維
参考価格:1500円(税込)
amazonで見る

12枚6色セットで販売しているこの商品は、柔らかい素材を使用しているのでふわふわ感があり、おっぱいを優しく包んでくれます。円錐タイプと平らなタイプの2種類から選べるので、自分にあったタイプを選びましょう。洗濯ネットも付いているのでお得感がいっぱいです。

まとめ

母乳パッドは赤ちゃんの月齢や、母乳の量によっていつまで使用するのかが変わってきます。使い捨てタイプか、布製タイプか悩むところですが、どちらも試してから決めても良いですよね。また家にいる時と外出している時で使い分けしているママも多くいます。自分にあった母乳パッドを選んで、快適な毎日を過ごしてくださいね。