ベビーカーのレンタルと購入でお得なのは? メリット・デメリット、レンタルおすすめ店を紹介

目次

赤ちゃんのベビーカーはレンタルと購入、どっちがお得?

赤ちゃんのベビーカーはレンタルと購入、どっちがお得?
買い物やお散歩、おでかけなど、赤ちゃんと一緒に移動するときに役に立つのがベビーカーです。最近では抱っこ紐の機能も向上し、お洒落でパパママの腰への負荷が少ない抱っこ紐もたくさん登場しているものの、荷物を持ちながら一日中抱っこ紐の状態だとパパママはクタクタになってしまいます。長時間の外出や移動距離が長い場合にはベビーカーがあると便利ですよね。

ベビーカーを用意するには、購入するかレンタルするかの大きく2パターンがありますが、どちらがお得なのかと悩むパパママもいるでしょう。ベビーカーは決して安い買い物ではないので、どちらを選ぶのかは慎重になりますよね。もちろん、ベビーカーの購入、レンタルのどちらにもメリット、デメリットがあります。ベビーカーの使い方や利用頻度によっても、どちらがお得かは変わってきます。また、ベビーカーには子供の月齢や用途に合ったさまざまな種類があります。ベビーカーの機能や用途をしっかり理解して、そのベビーカーを購入するのか、レンタルするのかを判断するようにしましょう

関連記事

おすすめ抱っこひも10選!抱っこひも選びで知っておくべきポイントとは?

赤ちゃんのベビーカーにはどんな種類があるの? レンタルできる種類は?

A型ベビーカー B型ベビーカー ベビーバギー
対象年齢 新生児~2、3歳頃 生後7ヶ月~3、4歳頃まで 生後7ヶ月~3、4歳頃まで
リクライニング角度 125~170度 120~130度くらいまで可能 調整機能なし
着座の向き 背面式、対面式どちらも可能なことが多い 背面式 背面式
折りたたみ可能か 可能 可能 可能
シートのクッション性 あり あり 無いことが多い
ベビーカーの重量、サイズ 重く、かさばる 軽量、コンパクト 軽量、コンパクト
価格 やや高額 手頃 安い

ベビーカーは大きく分けてA型、B型、ベビーバギーの3種類

ベビーカーには使う用途に合わせていくつか種類があります。まずは「A型」と呼ばれるベビーカーについてご紹介します。A型のベビーカーは生後1ヶ月の赤ちゃんから乗せることができます。A型ベビーカーは、首の据わらない赤ちゃんを安全に運べるようリクライニング機能が付いており、座面をフルフラットに出来るタイプもあります。「まだ小さな赤ちゃんだから移動中も心配」というパパママのために、移動中も赤ちゃんの顔が見えるような「両対面式」のA型ベビーカーと、赤ちゃんの後ろに立ち、ママも赤ちゃんも進行方向を向く「前面式」のA型ベビーカーがあります。A型ベビーカーは、小さな赤ちゃんを乗せるため衝撃吸収機能が優れているものが多く、そのため少し重量がありママが一人で持ち上げるのが困難という場合もあり、機能が充実しているため価格も高めになっています。

生後7ヶ月くらいで赤ちゃんの腰が据わってから利用できるのが、「B型」ベビーカーです。B型ベビーカーはA型ベビーカーよりもサイズが小さく軽量となっており、小回りが利くのが特徴です。軽量化されているためクッション性は少ないですが、何よりも持ち運びが楽という点が特徴でしょう。そしてB型ベビーカーの中でも更に軽量なものを「バギー」と呼びます。バギーは傘のように折り畳めるためママでも片手で楽に抱えることができます。ベビーカーには、A型ベビーカーの機能を持ちながら軽量化されたものあり、それは「AB型」と呼ばれています。

関連記事

ベビーカーの選び方のポイントを徹底解説!アップリカ?コンビ?おすすめベビーカー10選
セカンドベビーカーにベビーバギーがいい? B型ベビーカーとの違いやおすすめを紹介
B型ベビーカーって本当に必要? 選び方のポイントやおすすめのB型ベビーカーを紹介

A型、B型、ベビーバギー、どのタイプのベビーカーもレンタル可能

レンタルショップによりますが、A型、B型、バギー、AB型のどのタイプのベビーカーもレンタルすることが可能です。すべてのベビーカーをレンタルするのもできますが、筆者のおすすめは高額なA型タイプをレンタルで、赤ちゃんの腰が据わってから利用するB型やベビーバギーは購入する方法です。B型やベビーバギーはA型ほど高額ではないですし、利用期間も長いため、購入した方がお得でしょう。B型やベビーバギーで悩んでいるベビーカーが複数あり、借りて試してみたい、車のトランクルームに欲しいベビーカーが収納できるのかチェックしてから購入したいなどがあるなら、B型やベビーバギーをレンタルするのも賢い利用方法ですね。

赤ちゃんのベビーカーをレンタルするメリット


赤ちゃんのベビーカーを購入ではなく、レンタルをするメリットは何なのでしょうか? 以下より4つご紹介します。

ベビーカーレンタルのメリット1:ベビーカーの使用期間が短いとレンタルの方がお得


ベビーカーの料金はピンからキリまでありますが、安い買い物ではありません。特に首の座っていない赤ちゃんが利用するA型ベビーカーは高機能なため高額で、5~6万円するのが一般的でしょう。A型ベビーカーを長期間利用し続けるのであれば、購入しても元を取れますが、A型ベビーカーは重く、かさばるため、子供が1歳前後になるともっと軽くてコンパクトなベビーカーが欲しくなるパパママが多いですね。このように、A型ベビーカーからB型に買い替えるなどでベビーカーの使用期間が短い方はレンタルの方がお得になるかもしれません

子供が生まれる前にA型ベビーカーを購入したものの、生まれた子供を乗せようとしたら嫌がって泣くので結局抱っこ紐ばかりを利用することになった、というパパママは多いようです。そういった場合はA型ベビーカーをまずはレンタルして、赤ちゃんが嫌がらないか試してみるのもいいでしょう。

また、実家に帰省するときに実家用にベビーカーをレンタルするというのも便利です。筆者は実家への帰省は車で帰っているのですが、A型ベビーカーは折りたたんでもかさばるため、トランクルームに入れると荷室のかなりの部分を取られてしまいます。そのため、リサイクルショップで買ったベビーカーを実家に送って帰省用に使っていました。この使い方にまさしくベビーカーレンタルが適していた…と今、後悔しています。実家に置いているベビーカーはトータルでも2週間ほどしか使われず、実家でほこりをかぶっています。

また、筆者の子供は1歳を過ぎて自分で歩くようになるとベビーカーに乗るのを嫌がるようになりました。疲れてもベビーカーではなく「抱っこ! 」と言われるため、1歳過ぎからベビーカーは使わなくなってしまいました。そういった子供の場合、B型ベビーカーも購入ではなく、レンタルの方がおすすめかもしれません。また、車移動が多いなど、ベビーカーを使う機会が少ないという家庭もベビーカーを使用する期間だけのレンタルの方がお得です。

ベビーカーレンタルのメリット2:育児で複数のベビーカーを使いたい場合、トータルコストが安く抑えられる


ご紹介したように、ベビーカーは子供の月齢に応じてA型ベビーカーやB型ベビーカーと利用できる種類が変わっていきます。まだ、赤ちゃんの首が据わっておらず、子供への地面から伝わる衝撃を減らしたい場合にはA型ベビーカーを利用します。赤ちゃんの腰が据わる生後7ヶ月頃からB型ベビーカーに乗り換えできるのですが、この場合、A型ベビーカーの使用期間は6ヶ月程度となってしまいます。もちろん、A型ベビーカーをずっと使用することも可能ですが、子供が大きくなるにつれ使い勝手も変わってくるため、ベビーカーの買い替えを検討することも多いでしょう。子供の成長に合わせてベビーカーを買い替える場合には、レンタルと購入を使い分けるとお得に利用することができますよ

関連記事

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?

ベビーカーレンタルのメリット3:新品や最新モデルのベビーカーもレンタルできる


レンタルと言われると「使い古した中古品が貸し出されるのでは? 」と心配してしまいますが、新品のベビーカーもレンタルすることができます。最新モデルのベビーカーもレンタル対象となるサービスもあるため、機能やデザインが気に入っているけれども購入するにはちょっと高すぎるという場合でも、手に届く価格でレンタルすることができます。ベビーカーに子供が乗らないもしれないという不安を抱えながら、ベビーカーに高いお金を掛けるのはためらってしまいますよね。最新モデルのベビーカーを気軽に試せることもレンタルのメリットです。

ベビーカーレンタルのメリット4:使わなくなったベビーカーの処分や収納に困らない


ベビーカーを収納するにはそれなりのスペースが必要です。子供が乗らなくなったベビーカーは、倉庫の奥にしまい込んだり玄関先にずっと置いているというパターンも多いのではないでしょうか。ベビーカーは処分するときには粗大ゴミ扱いとなるため手間もお金も掛かります。その点、レンタルベビーカーなら使わなくなったら返却するだけなので、収納場所も処理費用も掛かりません。子供用品は日に日に増えていき、収納スペースを圧迫していくため、大きくかさばるベビーカーに場所を取られないのは大きなメリットになります。

ベビーカーレンタルのデメリット


一方、ベビーカーをレンタルには、デメリットもあります。知らないとトラブルになることもあるため、ベビーカーレンタルのデメリットもしっかり理解しておきましょう。

ベビーカーレンタルのデメリット1:レンタル期間が長いと購入より高額になる


当然ですがレンタルには貸出期間が決められており、1週間や1ヶ月など貸出期間に応じて料金設定がされています。レンタル期間が長引く程、レンタル料金もどんどん上積みされていきます。レンタルするベビーカーを長期間使う場合には購入した方がお得ということになりますね。ベビーカーをレンタルする場合にはトータルでどの位の期間を利用し、レンタル料金がいくら位になるのかを事前に試算しておいた方がよいでしょう。

ベビーカーレンタルのデメリット2:人気のベビーカーは在庫切れでレンタルできない場合がある


レンタルベビーカーは、誰かが利用している場合には「貸出中」となり返却されるまで借りることはできません。同じモデルのベビーカーがいくつかストックされている場合もありますが、やはり最新モデルなど人気のベビーカーは在庫切れが多くなります。ベビーカーをレンタルしたい時に好きなベビーカーが借りられないこともあるという点はレンタルのデメリットのひとつです。

ベビーカーレンタルのデメリット3:傷や破損など取扱いに注意する必要がある


ベビーカーは子供を乗せて屋外で使用するため、ぶつかって傷がついたり汚れたりすることは日常茶飯事です。購入したベビーカーであればあまり気になりませんが、レンタル品となると場合によっては修理費用が掛かってしまうこともあります。そのため、レンタルしたベビーカーが壊れてしまった際の保障や費用などはレンタル前にレンタル会社に確認しておくのをおすすめします。

使用期間が短いA型ベビーカーはレンタルがおすすめ


ベビーカーのレンタルについてメリットやデメリットをご紹介しましたが、レンタルである以上、長期間借り続けることにメリットはありません。赤ちゃんの首が据わらないうちはリクライニングできるA型ベビーカーをレンタルし、赤ちゃんの腰が据わり一人で座れるようになればB型ベビーカーを購入し長く利用するというように使い分けるのがおすすめです。ただし、兄弟でA型ベビーカーを使用する場合には、トータルの利用期間が長くなるため購入したほうがお得でしょう。

赤ちゃんのベビーカーの選び方


ベビーカーを選ぶ際には、子供と一緒に出掛ける時の移動手段を想定してみましょう。車移動が多い場合には、車に積めるようなコンパクトタイプのベビーカーが適していますし、チャイルドシートのシート部分を取り外せばベビーカーになるモデルも登場しています。一方、電車移動が多い場合には、ちょっとした段差を乗り越えられるような可動性の良さや、万が一エレベーターが止まっていた際にはママでも担げるような軽量モデルのベビーカーが人気となっています。別記事でベビーカーの選び方について紹介しているので、詳しくはこちらをご覧ください。

関連記事

チャイルドシートのおすすめ8選! 何歳からいつまで着用義務がある? ISOFIXやシートベルト式の選び方は?
育児中のベビーカー事情をアンケート調査! パパママの生の声を聴いてみました!

ベビーカーレンタルサイトおすすめ3選!

ベビーカーのレンタルを行っている、おすすめのレンタルショップを3つご紹介します。こちらで紹介している会社以外にもベビーカーレンタルを行っている会社はいくつかあります。また、お近くのリサイクルショップなどで欲しいベビーカーが格安で売られている可能性もあるので、そういうお店もチェックして比較検討してもいいですね。

おすすめベビーカーレンタルサイト1:ベビレンタ

元保育士、赤ちゃんのプロが運営する、ベビー用品レンタルショップです。レンタルの商品数が多いのが特徴です。レンタルした商品を気に入ればそのまま購入することもできます。レンタル商品は、北海道、沖縄、離島以外の全国に配送が可能です。通常利用範囲内での傷や汚れでは修理費用はかかりませんが、破損や故障させた場合は修理費をレンタル費用とは別で負担する必要があります。

外部リンク

ベビレンタ

おすすめベビーカーレンタルサイト2:DMM.com

育児用品以外にも、家電やカメラなどいろいろなものをレンタルできルノが特徴です。ベビーカーの種類も豊富で、2人乗りのベビーカーのレンタルもしています。レンタル商品は沖縄県以外に発送が可能ですが、大型発送商品だと一部発送できない地域があります。ベビーカーをレンタルする前に、自宅が発送可能地域かどうか確認が必要です。レンタル商品を破損や汚してしまった場合でも、修理で直せる範囲内のものだったら修理費はレンタルショップが負担してくれます。ただし、修理でも直せない場合は、商品代金をお客様側が負担する負担します。

外部リンク

DMM.com

おすすめベビーカーレンタルサイト3:ダスキンレントオール かしてネッと

お掃除商品の販売や清掃サービスで有名なダスキンが運営するレンタルサイトです。レンタル商品を発送以外の方法だと、全国の店舗で受け取り返却できるのが特徴です。ベビー用品を急いでレンタルしたい場合や、送料をかけたくない場合におすすめです。ベビーカーのレンタル商品数は他のサイトに比べて少ないです。通常利用の傷や汚れについては、費用を負担する必要はありませんが、故障や破損の場合は修理費がかかります。清掃サービスを行なっているダスキンが運営するレンタルショップなので、衛生面などメンテナンスの面は安心できますね。

外部リンク

ダスキンレントオールかしてネッと

まとめ:ベビーカーの利用期間が短い場合はレンタルがおすすめ


レンタルを利用する基準として重要なのはそのベビーカーの利用期間です。ベビーカーの購入を検討しているパパママは「どの位利用するだろうか? 」という点を一度考えてみてください。あまり長く使わないベビーカーはレンタルの検討もおすすめです。また、購入するかどうかで迷っているベビーカーをレンタルで試してみる、子供がベビーカーを嫌がらないか乗せてみる、そんなベビーカーレンタルの利用もおすすめです。ベビーカーレンタルと購入、それぞれのメリット・デメリットを理解して、無駄なく購入・レンタルを選択していきましょう!

関連記事

便利でおしゃれなベビーカーフックのおすすめ5選! カラビナ、S字フックどっちを選ぶ?
ベビーカーのブランケットクリップの選び方! おすすめBEST5
ベビーカーおもちゃで知育サポート。1歳までのおすすめおもちゃ10選
軽量ベビーカーのおすすめ14選! ママの利用シーンに合うものを選ぼう
ベビー用品の準備リスト。新生児に必要なものとあったら良いものをまとめました
ママにおすすめのベビーカーはエアバギー? マキシコシが取り付けられるの?

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!