キッチンシンクの汚れの原因と掃除方法。裏ワザと便利グッズまとめ

キッチンシンクの汚れの原因は? どうして汚れるの?

キッチンシンクの汚れの原因

油汚れ、水垢、雑菌由来のヌメリが汚れの原因

キッチンシンクは毎日使う場所なので、汚れがつきやすく定期的なお掃除は欠かせません。そんなキッチンシンクの汚れの原因は、調理をする際の油汚れと、水道水に含まれるミネラルが原因でできる水垢。そして生ごみから発生する雑菌によるヌメリです。生ごみは掃除を怠るとすぐにカビが生えてしまいます。他にも蛇口やシンクにサビができるケースもありますが、具体的にどのような場所に着目して掃除したらいいのかみていきましょう。

水垢のウロコ汚れを綺麗に落とす方法を知りたい! スッキリ落とす方法と予防策
水垢のウロコ汚れを綺麗に落とす方法を知りたい! スッキリ落とす方法と予防策
お掃除しているはずなのに、気づくとウロコ状の白い汚れを発見するとがっかりしますよね。でも、ウロコ状に見えるあの物体の正体は一体なんなのでしょうか? ウロコ汚れの原因とできやすい場所や落とし方についてご紹介します。

キッチンシンクで掃除しないとダメな場所は?

キッチンシンクで掃除する場所

掃除が必要なのはシンク、三角コーナー、排水溝、蛇口の4ヶ所

キッチンシンクの汚れは、油汚れ・水垢・ヌメリです。油がついたフランパンを洗うとどうしても油汚れがシンクに残りますし、できれば調理後に毎日掃除して、汚れを溜め込まないことがキッチンシンクをきれいに保つ秘訣になります。

具体的に掃除する場所はというと、シンクの全面と三角コーナー、排水口に蛇口回りです。シンクにはステンレスと人工大理石など素材の違いがあるので、素材に合わせた洗剤と道具を使い分ける必要があります

洗面台掃除のコツ! 汚れの原因に合わせた掃除道具と洗剤を紹介
洗面台掃除のコツ! 汚れの原因に合わせた掃除道具と洗剤を紹介
毎日家族全員が使う洗面台は、水垢や石鹸カスなど汚れが溜まりやすい場所のひとつ。でも、どうやって掃除したらいいのか迷うものですよね。そこで、洗面台掃除のコツとして、汚れの原因に合わせた掃除道具と洗剤をご紹介します。

キッチンシンクを掃除する便利グッズ、洗剤

キッチンシンクを掃除する道具と洗剤
キッチンシンクの汚れは、油汚れと水垢、そしてヌメリなのでこれらの汚れに応じた洗剤や道具を使い分けていきます。皆さんも毎日使っているものですが、どんな効果があるのか知ると、掃除の仕方も変わってくるので、ひとつずつみていきましょう。

キッチンシンク掃除の便利グッズ1:スポンジ


各家庭に必ずあるスポンジですが、食器洗い用とは別に掃除用として準備します。スポンジは汚れを落とすための必要不可欠なものなので、汚れても良いものをひとつストックしておきましょう。スポンジは水分を含むと雑菌が繁殖してしまうので、使ったら乾かすことも徹底します。

スポンジワイプが人気な理由とは? キッチンやテーブル、アウトドアでの使い方とおすすめを紹介
スポンジワイプが人気な理由とは? キッチンやテーブル、アウトドアでの使い方とおすすめを紹介
キッチンに1つあると便利なスポンジワイプですが、他にもいろいろな活用法があるのをご存知ですか? ここでは、スポンジワイプの便利な使い方とおすすめの商品をご紹介したいと思います。デザインもいいアイテムなので、キッチンを華やかにしたい人にもオススメですよ。

キッチンシンク掃除の便利グッズ2:クエン酸


水回りのお掃除には、重曹やクエン酸が便利ということは知っている人も多いかもしれませんが、実はその性質に違いがあるので、用途に応じて使い分ける必要があります。水垢汚れはアルカリ性なので、酸性のクエン酸を使って綺麗にしましょう

クエン酸の使い方は、あらかじめ水200mlにクエン酸を小さじ1杯程度溶かしたクエン酸スプレーを作っておきます。気になる場所にクエン酸スプレーをかけて、後はスポンジでこするだけで簡単に水垢を落とすことができます。

食器用の洗剤の隣に、クエン酸スプレーを置いて、食器洗いが終わったら、ササっとスプレーしてシンクの水垢を掃除しましょう。ただし、クエン酸を使う時は、塩素系の漂白剤(例:カビキラー)などと一緒に使うと、有害なガスを発生してしまうので、クエン酸スプレーだけで使うようにしましょう

クエン酸は家中の掃除に使えて便利! 使える場所と基本的な使い方まとめ
クエン酸は家中の掃除に使えて便利! 使える場所と基本的な使い方まとめ
キッチンのお掃除にクエン酸を使う人が増えてきましたが、実はキッチン以外のあらゆる場所の掃除に使うことができるのをご存知ですか?ここでは、万能洗剤のひとつ、クエン酸を掃除に使える場所と基本的な掃除の仕方についてご紹介します。

キッチンシンク掃除の便利グッズ3:重曹


水垢対策にはクエン酸なのに対して、油汚れには重曹が便利です。重曹は弱アルカリ性の性質があり、油汚れには最適なんです。さらに、粒子が固く、水に溶けにくいのでクレンザーのようにこすり洗いをして汚れを落とすことができます。

重曹の使い方は、クエン酸水と同じように重曹水を作っておきます。分量は水100mlに重曹が小さじ1杯程度。ごく少量で油汚れを落としてくれるので、クエン酸水と同じように作ってキッチンに置いておきましょう。100均で色違いのスプレーボトルを買って置いておくとシンク周りのアクセントにもなります。

大掃除にも重曹がおすすめ! 掃除する場所別の使い方11選
大掃除にも重曹がおすすめ! 掃除する場所別の使い方11選
お掃除に重曹が便利ということは広く知られるようになってきましたが、大掃除でも活用できるのをご存知ですか? ここでは重曹が使える場所と使い方、そしてあると便利な重曹グッズについてご紹介したいと思います。

キッチンシンク掃除の便利グッズ4:ジフ


ジフは研磨剤が入ったクリームタイプのクレンザーで ユニリーバが販売する商品名です。白地に緑のキャップのジフはスーパーやドラッグストアに陳列され、多くの人から支持されています。クリームタイプのクレンザーなので、キッチン周りはもちろんのこと、水垢が気になるお風呂や洗面台など、どこでも使えてしかも傷をつけずに汚れを落とすことができます。

ジフの使い方は簡単!気になる場所に直接かけて後はスポンジでこするだけ。ジフのすごい所は、麦茶ポットの茶しぶ汚れもきれいに落とすことができること。油汚れも水垢もこれ1本でキッチンをきれいに掃除できます。いくつも洗剤を使いたくないという人におすすめです。

キッチンシンク掃除の便利グッズ5:オキシクリーン


重曹やクエン酸には、それぞれ得意分野がありますが、ジフは油汚れも水垢も万能な洗剤です。これに加えて最近話題になっているのが、分解・漂白・除菌の効果を持つオキシクリーンです。酸素系漂白剤のオキシクリーンはアメリカで発売され、日本ではコストコで販売されてから話題になりました。

オキシクリーンは万能な洗剤なので、キッチン周り以外にも洗濯やお風呂、そしてトイレなど家中どこでも使えます。しかし、使い方にポイントがあります。一番効果的な使い方は、お湯にオキシクリーンを溶かしたオキシ液を作り、つけ置きして洗うオキシ洗いです。作り置きができないのですが、汚れが溜まってしまった時に、シンクにお湯を溜めて五徳や換気扇などを漬け込むと汚れを落とすことができます。

その際、作ったオキシ液はガス台周りの掃除にも使えますが、汚れがひどい場合や、大掃除の時に使うと便利かもしれません。オキシクリーンは日本製とアメリカ版のものがあり、分量に違いがあります。オキシ液の目安としては、シンクに40~60℃のお湯を入れ、付属のスプーンで1・2杯程度です。弱アルカリ性なので、手荒れを防ぐためにもゴム手袋を着用して扱います。

大掃除はいつやるべき? 大掃除の基本(道具・やり方・コツ)を紹介
大掃除はいつやるべき? 大掃除の基本(道具・やり方・コツ)を紹介
12月に入ると大掃除をしなければいけませんが、でも、大掃除っていつやるのがベストなのか、そして必要な道具や、大掃除のやり方は?など考えると分からないものが多いことに気づきます。そこで、大掃除の基本として大掃除に必要な道具や大掃除のコツなどをご紹介したいと思います。
換気扇のレンジフードの掃除方法は? 種類別に掃除方法を解説!
換気扇のレンジフードの掃除方法は? 種類別に掃除方法を解説!
換気扇のレンジフードの汚れは、油がこびりついているので、どうしても掃除が後回しになってしまうものです。そうならないために、今からレンジフードの掃除法についてチェックしてみませんか? 種類別にレンジフードの掃除の仕方についてご紹介します!

キッチンシンクの掃除の仕方

キッチンシンクの掃除の仕方
キッチンシンクの掃除の仕方は意外と簡単です。食器を洗い終えたら、シンク掃除用のスポンジに洗剤をつけて、全体に円を描くように撫でて汚れを浮かして水で落とします。この時、シンクの周りを囲んでいる壁面から掃除します。壁面が終わったら底となる面を掃除しますが、特に三角コーナーの下と排水口周りは汚れが溜まりやすいので念入りにスポンジを滑らせましょう

最後に水で流します。次に蛇口回りも意外と汚れているので、乾いたタオルで蛇口を囲い左右に滑らせて汚れを拭き取ります。最後に、シンクについた水気を軽く拭き取れば終了です。このひと手間を習慣にすることで、汚れを溜めないシンクになるので、食器洗いが終わったその手で、シンクや排水口、蛇口も一緒に洗ってしまいましょう。

キッチンシンクを簡単に掃除する裏ワザ

キッチンシンクを簡単に掃除する裏ワザ
汚れを溜めないためには日々の掃除が大事ですが、面倒な時や疲れている時にはシンク掃除もパスしたいものですよね。上記でご紹介した掃除グッズの他に、裏ワザを覚えておくと、ほんの少しキッチンシンク掃除が楽になります。ここからはキッチンシンクの掃除を簡単にする裏ワザをご紹介していきましょう。

使い古したストッキングで水垢対策



タオルを蛇口に巻き、左右にこすって水垢対策をするというお話をしましたが、同じ作業をするとどうしても飽きがでてきてしまいます。そこで、タオルよりも目の細かい伝染したストッキングを使ってみましょう。タオルでこする感覚とまた違い、想像以上に汚れも落とせるので、気分もスッキリ! 道具を変えてみるのも新しい発見が見いだせるものですよ。

排水口のぬめり防止にはアルミホイル



油ものを使った日は、どうしても排水口の汚れもひどくなるものです。排水口を開けて汚れがびっしりついていると掃除するテンションも下がってしまうので、アルミホイルを軽く丸めて、排水カゴを取り、排水口のふちに入れてみましょう。個数は四隅に1個ずつの4個ぐらいがベスト。アルミホイルが雑菌の繁殖を防いでくれ、ヌメリ防止にも役立ちます。1週間ほど使ったら次のものに交換します。「アルミホイル入れるだけでいいの?」と思った人はぜひ取り入れてみてください。

三角コーナーのヌメリ対策には10円玉



排水口と同じくらい、汚れが目立つのが三角コーナーの生ごみです。特に夏場はすぐに生ごみから雑菌が繁殖してしまいにおいが発生するようになると、掃除するのも嫌なものです。そんな嫌な場所のお掃除は、テンションを下げないためにもヌメリ防止に10円玉を入れてみましょう。

三角コーナーにネットをつける場合は、ネットの下に10円玉を入れるのがポイントです。10円玉は銅でできているので、消臭殺菌効果があり、ヌメリ防止が期待できるのです。とは言え、大事なお金なので1週間使ったら洗って次の10円玉と交換するなど、入れっぱなしにせず、10円玉も循環させるのがポイントです。2~3枚程度でヌメリ防止が期待できるので、早速取り入れてみましょう。

キッチンシンクを簡単に掃除できる便利グッズ

キッチンシンクを簡単に掃除できる便利グッズ
キッチンシンクのお掃除は毎日しなければいけないので、疲れている時でも簡単にでき、なおかつ習慣になるよう工夫が必要です。そこで、使ってみたくなるような便利なお掃除グッズをご紹介したいと思います。

和気産業 シンク用プロクリーナー

こちらのクリーナーは商品名の通り、プロも使っている研磨剤です。普段のお手入れで汚れは落とせても、くすみまでは取れにくいものです。ステンレス素材専用の研磨剤ですが、超微粒子の研磨剤を使い、つやピカのキッチンに磨き上げることができます。商品には手袋とクリーナー、そしてスポンジがセットになっており、開封後はできるだけ使い切ることが推奨されていますが、お風呂や洗面台でも使えるので、1本持っているとどこでも使えます。

お願いだから5日間待って 排水口用

お願いだから5日間待って 排水口用 20g*2個

お願いだから5日間待って 排水口用 20g*2個

660円(08/09 13:41時点)
Amazonの情報を掲載しています

斬新な商品名が気になるこちらの商品は、今まで、排水口の汚れを見て見ぬふりをしてきたという人におすすめの商品です。使い方はというと、商品名の通り5日間吊るしておくだけ。BN菌という微生物が排水口に溜まった汚れを分解!5日目にお湯で流せばヌメリや汚れが除去されています。さらに、5日目以降は1ヶ月間吊るして使い続けられるので、きれいな状態がキープできます。きれいになったら、上記の日々のお手入れをすると、キッチン掃除にも力が入るのではないでしょうか。

手に優しいウタマロクリーナー

ウタマロ クリーナー 400ml

ウタマロ クリーナー 400ml

380円(08/10 04:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

キッチンの中でも特に厄介な換気扇やコンロ周り、そして意外と汚れている電子レンジやトースターなど、ウタマロ石鹸は、なんでも落とせる万能な洗剤として注目を集めています。その中でもこちらは特に使いやすくスプレータイプとなったクリーナーです。汚れが気になる部分に直接吹きかけ、後は拭き取るだけ。「シンクと一緒に電子レンジや冷蔵庫もまとめてお掃除したい」という人におすすめです。

何もつけずに洗えるシンク用スポンジ

重曹やクエン酸が切れてしまった時や、簡単に済ませたい時におすすめなのが、こちらのシンク用スポンジです。洗剤を含ませて使えるスポンジがついていますが、アルミニウムの粒子を混ぜた不織布部分なら、洗剤を使わずシンクを傷つけずに掃除することができます。スポンジも食器用と普段使い用の他、ちょっと楽をしたい時用に準備しておくと、時短して掃除することができるので便利です。

小さな汚れにはメラミンスポンジ

水回りのお掃除で、特に小さな溝や隙間に便利なのが、こちらのメラミンスポンジです。爪楊枝や綿棒で取るという方法もありますが、小さくカットされたメラミンスポンジを手の届く範囲に置いておけば、わざわざ取りに行かなくてもササっとお掃除できて、水滴も残しません。小さなサイコロ上なので、角が8個ついていますし、どうしても取りたい隅の水垢に重宝します。

まとめ


キッチンは毎日使う所なので、きれいに保ちたいものですが、どこをどのように掃除するかを知っていないと、効率的に掃除ができません。毎日のちょっとしたお掃除で、キッチンの印象も大きく変わるので、今日から実践してみましょう。

ガスコンロ掃除の基本的な方法と必要な掃除グッズは? 頑固なギトギト汚れを落とす方法を紹介!
ガスコンロ掃除の基本的な方法と必要な掃除グッズは? 頑固なギトギト汚れを落とす方法を紹介!
毎日使うガスコンロは、気づくと油がこびりついてしまい、落とすのも苦労するものです。ここでは、ガスコンロを簡単に掃除するために、ガスコンロの掃除の基本と道具を再確認したいと思います。そしてギトギトになった汚れを落とす方法についても解説しています。
子供にも安心! 部屋の消臭剤10選 お部屋の気になるニオイの解決方法
子供にも安心! 部屋の消臭剤10選 お部屋の気になるニオイの解決方法
帰宅したときや部屋を開けたときに臭ってくるあのいやなニオイ。きれいにしているはずなのになぜ臭うのでしょうか。ニオイの原因や、忙しいママにもおすすめな簡単消臭方法を紹介します。小さい子供がいても使える消臭剤ばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
【時短掃除】今日からできる、家を綺麗にキープするコツ、おすすめ掃除グッズを紹介!
【時短掃除】今日からできる、家を綺麗にキープするコツ、おすすめ掃除グッズを紹介!
リビングにトイレ、お風呂に子供部屋と、毎日掃除する場所はたくさんあります。まとめて掃除するのも大変ですし、できれば簡単に済ませつつきれいをキープしたいと思うものですよね。そこで、部屋ごとに時短で掃除するコツをご紹介したいと思います。今日からできるものばかりなので、早速見ていきましょう。
冷蔵庫掃除の方法とコツ。冷蔵庫内の臭いを取る便利グッズを紹介
冷蔵庫掃除の方法とコツ。冷蔵庫内の臭いを取る便利グッズを紹介
毎日使う冷蔵庫ですが、どれくらいの頻度で掃除をしていますか? 意外と冷蔵庫の掃除の仕方など分からないという人も多いのではないでしょうか。そこで、冷蔵庫の掃除のやり方とコツ、冷蔵庫の中の臭いを取る便利グッズをご紹介します。
排水口掃除のやり方とは? 使う洗剤、道具、便利グッズをまとめて紹介
排水口掃除のやり方とは? 使う洗剤、道具、便利グッズをまとめて紹介
毎日使うキッチンは、ちょっと手を抜くと汚れや臭いが目立ってしまうものです。特に排水口は、どうやったら簡単に掃除ができ、キレイをキープすることができるのでしょうか。ここでは、キッチンとキッチン以外の排水口を掃除するための洗剤や道具、便利グッズをご紹介したいと思います。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!