洗面台掃除のコツ! 汚れの原因に合わせた掃除道具と洗剤を紹介

洗面台の汚れの原因

洗面台は、歯磨きや洗顔・手洗いなど一日に何度も使用する場所です。水も溜まりやすく湿度も上がりやすいため、家の中でもカビや水垢が発生しやすい場所でしょう。石鹸かすや皮脂は、カビにとっても栄養になりやすいため、わずかに付着した汚れをエサに、さらに広がっていきます。洗面台の汚れは主に3つに分類できます。

  1. 黒ずみ
  2. まず空気中に存在する「カビ菌」によって発生する黒ずみ。黒ずみは洗面台に残った石鹸カスや皮脂汚れを栄養源とし、どんどん広がります。栄養源となる汚れを取り除くことで、発生を防げます。カビの種類に「赤カビ」がありますが、黒カビに比べ繁殖スピードが早いのが特徴です。

  3. 水垢
  4. 水道の蛇口や鏡に付着した白いうろこ状の汚れが水垢です。水道水にはカルキやカルシウムが含まれており、成分が固まることで、うろこ状の汚れが付着します。

  5. 油汚れ
  6. 油汚れは洗面台に触れた際に付着する皮脂や化粧品が飛び散ったものが付着し、発生します。洗面台には多くの汚れが付きますが、ほとんどがスポンジで軽く擦れば取れるものばかりです。

水垢のウロコ汚れを綺麗に落とす方法を知りたい! スッキリ落とす方法と予防策
水垢のウロコ汚れを綺麗に落とす方法を知りたい! スッキリ落とす方法と予防策
お掃除しているはずなのに、気づくとウロコ状の白い汚れを発見するとがっかりしますよね。でも、ウロコ状に見えるあの物体の正体は一体なんなのでしょうか? ウロコ汚れの原因とできやすい場所や落とし方についてご紹介します。

洗面台掃除に必要なグッズ

洗面台の掃除には特別な道具は必要ありません。基本的には家にあるものや市販されている道具で十分です。洗面台の掃除に必要な道具を紹介します。

スポンジ

スポンジは食器洗い用のスポンジでかまいません。できればザラザラ面がついたものがいいでしょう。洗面台や周辺の壁など、広い範囲の掃除に最適です。軽い汚れは柔らかい面で拭き取るようにし、ガンコな汚れはザラザラした面で擦り落とすなど、使い分けると効率的です。

メラミンスポンジ

洗剤は必要なく、水を含ませるだけで汚れが落ちるので気軽に使えます。ハサミでカットして使えるので、蛇口の根元やゴム栓周りなどの細かい場所の作業にも最適です。汚れを落とすコツは、たっぷりと濡らすこと。水滴がしたたるくらい濡らし、軽く絞ってから使うのがいいでしょう。メラミンスポンジで擦った後は、布巾で水拭きやから拭きをすると、仕上がりが綺麗になります。

ブラシ

ブラシは中サイズ程度とロングタイプの2つがあると便利です。中サイズは洗面ボウルや棚など広い範囲の汚れを擦り落とします。ロングタイプのブラシは、オーバーフロー穴(洗面ボウルに空いている水を排水するための穴)や排水口、その他細かい部分の掃除に便利です。

中性洗剤

中性洗剤はアルカリ性と酸性、どちらの効力も併せ持っているため、洗面台の掃除に大活躍します。素材を痛めにくく、手が荒れにくいのも大きな特徴です。アルカリ性や酸性の洗剤の中には「混ぜるな危険」と書かれた危ないものもありますが、中性洗剤は他の洗剤と混ぜても反応しないので、安全に使えます。

洗面台を掃除に便利な洗剤

洗面台の汚れは、メラミンスポンジやブラシなど洗剤がなくても落ちる汚れがたくさんあります。しかし中には、頑固なものも…。中性洗剤で落ちない! と感じたら、重曹やクエン酸を使ってみましょう。いずれも食べ物なので安心して使用できます。

重曹

手垢やカビなど酸性の汚れにはアルカリ性の重曹が大活躍します。空のスプレーに水200mlと重曹小さじ2杯を入れた重曹水を作ってみましょう。汚れた部分にシュシュッとスプレーして拭き取るだけで、綺麗になります。汚れがひどい部分には重曹3:水1の割合で混ぜた重曹ペーストを塗ってみてください。さっと水拭きするだけで、汚れが落ちます。

クエン酸

アルカリ性の汚れである水垢や黒ずみには、酸性のクエン酸を使いましょう。空のスプレーに水200mlとクエン酸小さじ1杯を入れたクエン酸水がおすすめです。粉末がなければ、レモン汁でも代用できます。汚れにシュッとスプレーしたら、さっと拭き取ります。 100円ショップでもクエン酸を溶かしたスプレーが売っているので、チェックしてみましょう。

クエン酸は家中の掃除に使えて便利! 使える場所と基本的な使い方まとめ
クエン酸は家中の掃除に使えて便利! 使える場所と基本的な使い方まとめ
キッチンのお掃除にクエン酸を使う人が増えてきましたが、実はキッチン以外のあらゆる場所の掃除に使うことができるのをご存知ですか?ここでは、万能洗剤のひとつ、クエン酸を掃除に使える場所と基本的な掃除の仕方についてご紹介します。

お酢には「酢酸(さくさん)」と呼ばれる酸性の物質を含んでいます。ツーンとした臭いは酢酸が原因です。酢酸は菌の繁殖を防ぐ効果があるため、雑菌が原因のドロドロ・ヌルヌル汚れにパワーを発揮します。アルカリを中和するため、アルカリの性質をもつ水垢もよく落ちます。市販の空ボトルに1:1の割合で水と酢を混ぜ、汚れに吹きかけても。ポン酢やすし酢を使うとべたつきの原因となるので避けましょう。

洗面台を掃除する場所

洗面台には排水溝や鏡・水栓・ゴミ受けなど、掃除が必要な箇所がたくさんあります。それぞれの場所と、汚れの特徴を見ていきましょう。

鏡は白いうろこ状の汚れが付き、鏡全体が曇ってしまうことも。歯磨き粉や化粧品・水道水のカルシウム・カルキなどが付着し、カピカピになってしまうこともあります。

鏡を掃除する方法


鏡にクエン酸スプレーをたっぷりと吹きかけ、サランラップで覆います。そのまま2~3時間程度放置し、ラップを剥がしましょう。仕上げに丸めたラップでくるくると磨くと、水垢が取れ、きれいな状態になります。

排水口

排水口を覗き込むと、髪の毛や小さなゴミ・ヘドロがびっしり詰まっていてゾッとした人もいるのでは? 排水口は放置しておくとやがて水が流れなく恐れがあります。水道管が完全に詰まってしまった場合、素人では掃除が難しくなります。プロのハウスクリーニングを依頼するなどし、徹底的に排水口の掃除をするのもおすすめです。

排水口を掃除する方法

まず、排水口から見える範囲の髪の毛やごみをなるべく取ります。謝ってごみを奥に押し込まないように注意しましょう。掃除の際には粉の重曹を1カップ分、排水口にまんべんなく振りかけます。上から1カップのお湯にクエン酸小さじ2を混ぜたものを注ぎこみます。発泡するので、そのまま30分程度放置します。泡が排水口についた汚れを柔らかくし、浮かせて落とします。最後にお湯をかけて洗い流したら完了です。

排水口掃除のやり方とは? 使う洗剤、道具、便利グッズをまとめて紹介
排水口掃除のやり方とは? 使う洗剤、道具、便利グッズをまとめて紹介
毎日使うキッチンは、ちょっと手を抜くと汚れや臭いが目立ってしまうものです。特に排水口は、どうやったら簡単に掃除ができ、キレイをキープすることができるのでしょうか。ここでは、キッチンとキッチン以外の排水口を掃除するための洗剤や道具、便利グッズをご紹介したいと思います。

オーバーフロー口(くち)

オーバーフロー口とは、洗面台に空いている穴のこと。洗面台で栓をした状態で水を止め忘れても、オーバーフロー穴から排出し、水が溢れるのを防ぎます。ぱっと見は見づきにくいですが、穴の縁や縁裏にヌメリのあるカビや汚れが付くことが多いです。

オーバーフローロを掃除する方法

オーバーフロー口は、入り組んだ構造になっているため汚れが溜まりやすく、洗面台の臭いの原因にもなりやすい部分です。入り口の汚れをメラミンスポンジやロングタイプのブラシで擦り落としたら、塩素系の泡スプレーを穴に向かって吹き付けます。そのまま1時間程度放置し、水を注ぎこみましょう。奥まで汚れが綺麗に落ちます。

ゴミ受け

排水口に設置しているごみ受には、たくさんのゴミが集まります。特に髪の毛は網目に入り込んで絡みつくことも。また流れ込んだ石鹸カスや歯磨き粉が、穴を塞ぐこともあります。日常的にゴミが溜まりやすい箇所のため、念入りな掃除が必要です。

ゴミ受けを掃除する方法

ごみ受けを外したら、綿棒や爪楊枝でで汚れを取ります。汚れが落ち切らない場合は、塩素系泡スプレーを全体を覆うようにスプレーし、20分程度放置して洗い流す方法もおすすめ。最後に汚れが残っていないかチェックして完了です。ゴミが残っていたら、歯ブラシなどで擦り落としましょう。洗剤を使う際には、換気も忘れずに行ってください。

水栓

水栓は蛇口を捻ったら水が出てくる部分です。普段は下を向いているため、気付きずらいですが、けっこう汚れていることが多いです。ためしに覗き込んでみてください。黒カビや水垢がびっしりついていて、驚くことでしょう。なるべく清潔な水を使うためにも、こまめに掃除をしたい部分です。

水栓を掃除する方法

水栓の汚れで一番多い水垢(カルキ汚れ)には、クエン酸が一番です。まず紙コップにお湯を入れ、大さじ1の重曹を溶かします。溶けたら小さじ1のクエン酸を投入します。すると化学反応が起こり、二酸化炭素によって発泡します! 十分発泡したら、水栓を漬け置きしましょう。数時間~一晩程度放置し、よく洗い流します。残った汚れはブラシやスポンジで擦って仕上げます。

洗面台横・壁や洗濯機との隙間

掃除は見える部分に集中しがちですが、洗面台横も掃除しましょう。普段は水が飛び散ったり、垂れたりするため、水垢やカビが発生しやすい場所でもあります。壁の隙間はほこりが溜まりやすく、掃除もしにくい厄介な場所です。

洗面台横や壁や洗濯機との隙間を掃除する方法

洗面台横は重曹スプレーをまんべんなく吹き付け、かたく絞ったタオルでよく拭き取りましょう。水分が残っていると、カビの原因になるためしっかりとから拭きをして仕上げます。狭い隙間は水拭きが難しい場所です。そのためハンディモップなどを使ってほこりを取り除きましょう。ハンガーにストッキングをかぶせても、簡易的なハンディモップができます。

洗濯機の掃除をする場所と方法、注意点 楽にお掃除するための便利グッズまとめ
洗濯機の掃除をする場所と方法、注意点 楽にお掃除するための便利グッズまとめ
生活にはなくてはならない洗濯機ですが、どこをどうやって掃除したらいいのでしょうか。ここでは、洗濯機の掃除をする場所と注意点、お掃除するための便利グッズまとめてご紹介しています。排水ホースや排水パンなどパーツの掃除の仕方についても見ていきましょう。

洗面台を掃除する頻度

毎日使う洗面台は、どのくらいの頻度で掃除するべきか悩みます。掃除がそこまで嫌いでなければ、週に1回のペース、もしくは毎日気付いた時にちょこちょこと掃除するだけできれいな状態を保てるでしょう。
掃除が苦手なら、定期的な掃除を無理にする必要はありません。気付いた時に掃除するだけでも十分です。無理なく、パパママのペースで行いましょう。洗面台の汚れは水分が原因で発生することも多いです。そのため使った後に零れた水分をさっと拭き取るだけでもきれいな状態をキープできます。

まとめ

洗面台は家族みんなが使う場所です。掃除をママに任せっぱなしにするのではなく、家族みんなが気付いた時に少し掃除を習慣づけるだけでも、見違えるほどきれいな状態をキープできます。使った後は水滴を拭く、歯磨き粉や整髪料をこぼしたらその場ですぐに拭くなど小さなことからでかまいません。家族が協力し合って綺麗にしましょう。

キッチンシンクの汚れの原因と掃除方法。裏ワザと便利グッズまとめ
キッチンシンクの汚れの原因と掃除方法。裏ワザと便利グッズまとめ
毎日使うキッチンシンクはできれば簡単に掃除を済ませたいものですよね。ここでは、キッチンシンクの汚れに着目し、汚れに合わせた掃除のやり方と、キッチンシンクを簡単に掃除する裏ワザ、そして便利グッズをご紹介したいと思います。
トイレ掃除はどのくらいの頻度でどうやればいい? 基本的な知識、道具選びと掃除を簡単に済ませる方法
トイレ掃除はどのくらいの頻度でどうやればいい? 基本的な知識、道具選びと掃除を簡単に済ませる方法
トイレ掃除をやらなくてはいけないと思っていても、なるべく楽にできないかと考えている人も多いのではないでしょうか。そこで、トイレ掃除の基本と必要な道具、そしてトイレ掃除に関する悩みや簡単にできる便利グッズをご紹介していきたいと思います。
お風呂掃除を簡単に済ませたい。楽にお掃除ができるグッズと掃除のコツ
お風呂掃除を簡単に済ませたい。楽にお掃除ができるグッズと掃除のコツ
お風呂掃除はやらなきゃいけないと分かっていても、やる気が出ないという人も多いのではないでしょうか。でも、汚れと場所に応じて洗剤を使い分ければ意外と簡単にできるのです。そこで、楽にお掃除ができるお風呂掃除グッズを紹介したいと思います。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!