ブレイブボードって何? 特徴や種類、乗り方、子供に人気のおすすめな商品を紹介!

ブレイブボードとは? どんなおもちゃ?


ブレイブボードはアメリカで爆発的な人気を集め、2008年に日本に上陸した次世代型ボードです。アメリカのRazor社が製造する「リップスティック」というボードを日本の正規代理店であるビタミンiファクトリーが販売する際に「ブレイブボード」と名付けたのが始まりです。日本では、リップスティックに限らず、同じ構造を持つボードを総称して「ブレイブボード」と呼ぶことが多いですね。

ブレイブボードの特徴、スケボーとの違いとは?

ブレイブボードの特徴
スケートボードが1枚のボードに4つのウィールがついているのに対して、ブレイブボードは2枚のボードにそれぞれ1つのウィールがついていて、ボード同士がパイプでつながっています。このパイプを軸に、ボードが別々の方向にしなる独特の構造によって、地面を蹴ることなく、身体をひねることで前に進むことができます。サーフィンやスノーボードと動きが近いため、トレーニングとしてブレイブボードを活用することもあります。

ブレイブボードの種類は?

サイズ、価格の違いでいくつかの種類に分けられます

ブレイブボードには「リップスティック」の他に、リップスティックを小型・軽量化した子供向けの「リップスター」や「リップスティックデラックスミニ」があります。その他、リーズナブルな価格で購入できる「エスボード」「ジェイボード」と呼ばれるものもあります。これらはメーカーが違いますが、基本的な構造は同じです。

ブレイブボードの対象年齢

ブレイブボードの対象年齢

対象年齢は8歳以上のことがほとんど

ブレイブボードは8歳以上が対象となっているものがほとんどです。8歳から12歳は、身体能力が急激に伸びる「ゴールデンエイジ」と呼ばれますが、遊びながら運動能力を伸ばせるブレイブボードは、この年代の子供にぴったり。キッズ向けモデルとされるものでも耐荷重が70〜80kgのものが多いので、大人が使うこともできますよ。

ブレイブボードの乗り方

ブレイブボードに乗るときは、前方のボードの真ん中に左足をのせてボードを起こします。その後、右足で地面を蹴って後方のボードの真ん中にのせたら、身体をひねる動きで前に進みます。止まるときは、足先を前に倒し、地面にボードの側面をつけます。

はじめてブレイブボードにチャレンジするときは、手すりやつかまるところのある場所で、ボードに両足を乗せるところから練習を始めましょう。はじめてなら上の動画が参考になりますよ。基本的な乗り方、止まり方をわかりやすく教えてくれています。

8歳以上の子供におすすめのブレイブボード7選

8歳以上の子供におすすめのブレイブボード7選
子供が楽しめるおすすめのブレイブボードを7つご紹介します。 男の子はもちろん、女の子におすすめのデザインもピックアップしてみました。

リップスティックの子供向けモデル

  • 対象年齢:8 歳以上
  • 重さ:2.05kg
  • 耐荷重:79kg
  • カラーバリエーション:ブルー、レッド、ブラック

アメリカのRazor社正規代理店「ラングスジャパン」から発売されているリップスティックの子供向けモデル。摩擦抵抗が少ないため、スムーズに走ることができます。

女の子におすすめのかわいいデザイン

  • 対象年齢:8 歳以上
  • 重さ:2.05kg
  • 耐荷重:79kg
  • カラーバリエーション:ピンク

リップスティックデラックスミニの中でも、特に女の子におすすめのピンクのブレイブボード。かわいらしさ満点です。長さが68cmとサイズも小さめで、乗りやすいのもいいですね。

単色と迷彩色のエスボード

  • 対象年齢:8歳以上
  • 重さ:2.1kg
  • 耐荷重:79kg
  • カラーバリエーション:レッド、ピンク、グリーン、パープル、ブルー(単色と迷彩色あり)

長さが約67cmと小さいので、子供が遊ぶのに適しています。単色カラーだけでなく、迷彩柄バージョンもあってバリエーション豊富。携帯に便利な収納バッグが付いています。

プロテクター付きの大きめエスボード

  • 対象年齢:6歳以上
  • 重さ:2.7kg
  • 耐荷重:80kg
  • カラーバリエーション: レッド、イエロー、グリーン、ブラック、ブルー

ひじ、ひざ、手のひらにつけるプロテクター3点付き。長さ87.5cmと子供用としては大きめです。対象年齢6歳以上ですが、ボードの大きさとしては高学年の子や背が高い子におすすめ。

盗難補償・DVD付きのリップスター

  • 対象年齢:8歳以上
  • 重さ:2kg
  • 耐荷重:80kg
  • カラーバリエーション:レッド、ブルー

長さが約68cmで、身長110〜120cmの子供に合わせて作られています。小回りがきいて、乗りやすいのが特徴。盗難補償がついているので安心です。乗り方を学べるDVDがついているのもうれしいですね。

軽くて低学年にぴったりのジェイボード

JD RAZOR Piaoo EX mini 別注パープル

JD RAZOR Piaoo EX mini 別注パープル

5,710円(11/14 21:54時点)
Amazonの情報を掲載しています
  • 対象年齢:8歳以上
  • 重さ:1.5kg
  • 耐荷重:80kg
  • カラーバリエーション:パープル

従来のJ BOARD EXよりもさらに小さく軽量化。オリジナルデザインなので、特別感も味わえます。前輪がブルー、後輪がイエローと違う色なのもおしゃれ。女の子にもおすすめです。

カラーバリエーション豊富なエスボード

  • 対象年齢:8歳以上
  • 重さ:2kg
  • 耐荷重:70kg
  • カラーバリエーション:あお/アクアマリン、あお/マゼンタ、スキューバブルー/アクアマリン、スキューバブルー/マゼンタ、ブラック/アクアマリン、ブラック/マゼンタ

長さ約70cmで、ウィールが回ると光ります。ボード裏側の一番こすれて傷ができる箇所に保護ラバーがついていて、ボード保護とブレーキの役目を果たします。迷彩柄の収納バッグ付き。

ブレイブボードのテクニック

ブレイブボードには、さまざまなテクニックがあります。子供がブレイブボードに慣れてきたら、この動画で紹介している技に挑戦してみてはいかがでしょうか?

まとめ


小学生にぴったりのブレイブボード。誕生日やクリスマスのプレゼントにもおすすめです。親子で一緒にトライしてみてもいいですね。

自転車デビューにおすすめの子供用自転車9選 失敗しない選び方も解説
自転車デビューにおすすめの子供用自転車9選 失敗しない選び方も解説
一口に子供用自転車といっても、実は細かくサイズが分かれています。安全性のために、そして何より子供が楽しんで乗ってくれるよう、成長に合った自転車を選んであげましょう。おすすめの自転車、安全に自転車にのるポイントを紹介していきます。
キックボードの選び方とは? 幼児や小学生におすすめの人気キックボードを紹介
キックボードの選び方とは? 幼児や小学生におすすめの人気キックボードを紹介
公園で子供がキックボードに乗っている姿を見ると、我が子にも買ってあげたいと思うパパママも多いのではないでしょうか。でも、キックボードを買う前に先に三輪車を買ってあげるべきかなど、迷いますよね。そこで、幼児向けのキックボードの選び方やおすすめキックボードをご紹介します。
子供にストライダーがおすすめな理由とは? 乗れるのは何歳から何歳まで?
子供にストライダーがおすすめな理由とは? 乗れるのは何歳から何歳まで?
ストライダーには対象年齢が設定されています。とはいえ、子供自身が興味を持たなかったり、上手に扱えなくて乗りたがらなくなったりすることも。実際には、何歳から何歳まで乗れるのでしょうか? ストライダーを始める適齢期や卒業するタイミングを解説します。
赤ちゃんが三輪車に乗れるのはいつから? 失敗しない三輪車の選び方
赤ちゃんが三輪車に乗れるのはいつから? 失敗しない三輪車の選び方
三輪車はヨチヨチ歩きの赤ちゃんでも乗れるものからおしゃれなものまでラインナップが豊富です。「どれも大して変わらない」と思ったら大間違い! 適当に選んでしまうと使い勝手が悪く後悔することも。赤ちゃんもママも嬉しい三輪車の選び方を解説します。
トランポリンの子供への効果と選び方、家庭用とマンション向けおすすめトランポリン10選
トランポリンの子供への効果と選び方、家庭用とマンション向けおすすめトランポリン10選
子供が大好きなトランポリンは身体や運動能力の発達にも効果的ですが、遊べる場所は限られていますよね。そこで、家庭用におすすめのトランポリンについてご紹介します。マンションにお住いの方でも安心して使えるものもご紹介しているので、チェックしていきましょう。
室内用ジャングルジムは子供に必要? おすすめ商品とママたちの口コミを紹介
室内用ジャングルジムは子供に必要? おすすめ商品とママたちの口コミを紹介
室内用ジャングルジムでの遊びは子供の発達に良いといわれています。では何歳頃から遊ばせるとよいのでしょうか? 選び方やおすすめ商品とともに紹介していきます。実際のママたちの口コミも取り上げるので、購入を検討しているパパママはぜひ参考にしてみてくださいね。

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!