英才教育はいつから始めればいい? メリットとデメリット、教育の注意点

英才教育とは?

英才教育とは?
英才教育とは、優れた才能を持つ子供に対して、その能力を最大限発揮できるようにする高度な教育のことを言います。単純に「早いうちから高度な教育を受けさせること」=「英才教育」とみなされがちですが、英才教育は本来6歳以上の子供に対して使われる言葉です。

英才教育と早期教育・才能教育の違いは?

英才教育と早期教育・才能教育の違いは?
英才教育は、6歳以上の子供に対しておこなわれる知的な教育のことを指すのが一般的です。近年では英才教育の概念が拡大し、5歳以下の子供に対して行う教育である「早期教育」やスポーツや芸術分野の才能を育てる教育である「才能教育」も英才教育と呼ぶことがあります

英才教育はいつから始めればいいの?

英才教育はいつから始めればいいの?
小さいお子さんをお持ちのパパママは「子供の可能性を広げるために、早く何かを習わせてあげたほうが良いのでは?」と考えている方も多いかもしれませんが、子供への英才教育は「早く始めればいい」というものではありません。英才教区の詰め込みや親の意向で始めた習い事は子供の興味や好奇心、自然な成長を奪ってしまうこともあります。早いうちから無理な英才教育を行うよりも、子供の「やりたい」という気持ちを大切にしてあげてくださいね。

英才教育のメリット

英才教育のメリット
英才教育にはどのようなメリットがあるのでしょうか?1つずつ見ていきましょう。

感覚や感情を司る右脳が鍛えられる

感覚や感情を司る右脳が鍛えられる
人間の脳は記憶力、想像力やひらめきを司る右脳と言語や計算力、論理的思考を司る左脳に分かれており、英才教育は右脳に働きかける内容になっています。0歳~3歳の脳は右脳が優位と言われており、3歳~6歳は右脳から左脳への転換期です。そのため、3歳までの間に英才教育などで右脳に働きかけることで想像力やひらめき力、美術的センスなどを伸ばすに効果があると言われています。

天才児になれる可能性が高くなる

天才児になれる可能性が高くなる
「子供を天才児にするなら早いうちからの英才教育が大切」と言われることがありますよね。その理由の1つは幼少期の英才教育の方法にあります。幼少期の英才教育は日常生活や遊びの中から学べることを大切にする教育方法が多く、子供自身が「やらされている」という感覚を持ちづらいのが特徴です。子供自身が意欲的に英才教育の学習に取り組めることから、長続きしやすく、能力や才能が伸びやすいこともあるのでしょう。

勉強することが習慣化する

勉強することが習慣化する
前述したとおり、幼少期の英才教育は日常生活や遊びの中から学ぶことが多いため、子供が「学ぶこと」に対して苦手意識を持ちづらいのが特徴です。早いうちから英才教育を始めることで、「自ら学ぶ」ということが習慣化していくため、子供が勉強嫌いになりづらい傾向があります。

経験したことを吸収しやすく記憶力も伸びやすい

経験したことを吸収しやすく記憶力も伸びやすい
英才教育を受けなくても、子供が好きなアニメのキャラクターの名前をたくさん覚えたり、電車好きの子供が大人も知らないような電車や新幹線、路線の名前を言えるということは珍しくありません。子供は、子供の脳はスポンジのように吸収力があり、過去に見たものや経験したことに対する記憶力が高いのです。子供の吸収力や記憶力は特に好きなものに対して発揮されることが多いため、パパやママが幼少期に子供の興味のあるものや好きな物を見つけてあげられるといいですね。

英才教育のデメリット

英才教育のデメリット
英才教育にはたくさんのメリットがある一方で、一歩間違えると子供にとってマイナスな面もあります。英才教育を検討しているパパママは、ぜひデメリットもしっかり把握したうえで始めてくださいね。

子供がストレスを感じることがある

子供がストレスを感じることがある
嫌なものややりたくないことに対して、はっきり「イヤ!」と言えない子供にとっては、親主導の英才教育がストレスになってしまうことがあります。子供が「やりたい!」と言って始めた習い事であっても、教室のお友達や先生と合わない場合などもあるので注意が必要です。

子供がストレスを感じている時は、「急に夜泣きが増える」「食欲がなくなる」「爪を噛むようになる」「腹痛や下痢などが増える」などの様子が見られることがあります。子供の普段と違う様子が見られたら、パパママは子供とゆっくり話す機会を作ったり、英才教育を続けるかどうか考え直してあげてくださいね。

脳の働きに影響がでる

脳の働きに影響がでる
脳に積極的に刺激を与え、子供の成長を促すことは英才教育および早期教育のメリットですが、内容によっては脳にマイナスの影響を与えることもあります。例えば、英才教育のひとつで、一方的に何かを覚える「インプット教育」ばかりを続けていると、子供のやる気がダウンしてしまったり、キレやすい子供になりやすいといったデータもあるようです。

また、子供に英才教育で習い事ばかりをさせてしまうとお友達と遊ぶ機会が少なくなるため、コミュニケーション能力の発達にも影響する可能性があることが指摘されています。子供が英才教育でいっぱいいっぱいになってしまわないように、自由な時間を作ってあげることも大切です。

心が波打たない子になる

心が波打たない子になる
幼少期から子供の意思に関係なく英才教育をおこなっていると、子供が目の前で起きたことに対して「楽しい」「何でこうなるのかな?」と考える機会が少なくなり、やがて心が波打たない子になると言われています。パパママは、子供が自然に育っていく中で芽生える「楽しい」「嬉しい」という感情や、わかることの楽しさを大切にしてあげてください

自分から「やりたい!」と興味を示すのが苦手な子になる

自分から「やりたい!」と興味を示すのが苦手な子になる
幼少期から英才教育を受けてきた子供は、パパママに「次にやること」を指定され続けてきたことが影響し、挑戦する気持ちが育ちづらい傾向があります。子供の成長を後押しする1番の要素は子供自身の「やりたい」「挑戦したい」という気持ちです。いきすぎた英才教育で子供のチャレンジ精神の芽をつぶしてしまわないようにしましょう。

英才教育ではどんなことをするの?

英才教育ではどんなことをするの?
英才教育と言っても、子供の月齢によってさまざまな種類があります。生後0ヶ月から始められる教育だとベビーマッサージが有名ですね。生後3ヶ月~生後4ヶ月頃からだと音楽を聞かせたり、絵本の読み聞かせなども立派な早期教育の1つです。

子供が動けるようになってくるとベビースイミングや運動遊び、リトミックなども楽しめるようになり、これらは子供の五感や身体能力の向上に効果があるとされています。絵や文字の書かれたカードを高速で見せ内容を記憶したり、先生からの質問に答える七田式の「フラッシュカード」も右脳を鍛える英才教育の教材として有名です。

リトミックを自宅でやってみたい。簡単にできるおすすめ教材9選
リトミックを自宅でやってみたい。簡単にできるおすすめ教材9選
すくすくと成長していく我が子の姿を見ると、いろんな体験をさせて、子どもの喜ぶ顔が見たいと思うものです。ここでは、教室やレッスンに通わなくても自宅でできるリトミックについて、おすすめの教材をご紹介したいと思います。
ベビースイミングって何? 赤ちゃん、ママにどんな効果があるの?
ベビースイミングって何? 赤ちゃん、ママにどんな効果があるの?
ベビースイミングが産後のママに大人気なのはご存知でしょうか。ママと赤ちゃんが一緒に楽しめるベビースイミングは産後エクササイズや赤ちゃん成長に欠かせない運動など、いろいろなメリットがあります。ベビースイミングのメリットから、レッスンにどのようなものが必要かまでをご紹介します。
【英語講師推薦】おすすめ幼児向け英語教材! DVDや有名絵本もご紹介
【英語講師推薦】おすすめ幼児向け英語教材! DVDや有名絵本もご紹介
子供が幼い内から英語に触れさせたいというママは多いはず。そんなママに、現役英語講師が数ある幼児向け英語教材の中からおすすめのものを厳選してご紹介。英語講師ならではの視点で、おすすめポイントや学習方法のヒントをお伝えします。
子供の体操教室は何歳から通える? 体操教室の種類やメリット、選び方のポイントを紹介
子供の体操教室は何歳から通える? 体操教室の種類やメリット、選び方のポイントを紹介
子供の初めての習い事に「体操教室」を考えているパパママも多いのではないでしょうか。体操教室って何をするの? 何歳から通えるの? といろいろな疑問がありますよね。今回は体操教室の種類やメリット、選び方のポイントなどを紹介します!

英才教育を受けさせる時の注意点とポイント

英才教育を受けさせる時の注意点とポイント
英才教育にはデメリットもあるため、子供に英才教育を受けさせる場合はいくつか注意すべきポイントがあります。1つずつ確認していきましょう。

子供のペースに合わせる

子供のペースに合わせる
同じ英才教育を受けていても、要領を早く掴むのが上手な子もいれば、ゆっくりな子もいるように、子供にもそれぞれ個性があります。おっとりタイプのお子さんをお持ちのパパママは、つい先回りして子供に答えを教えてしまったり、「早くしなさい」と急かしてしまいたくなってしまうこともあるかもしれませんが、そんな時は「主役は子供」と思い直し、子供のペースを大切にしてあげてくださいね。

周りの子と比較しない

周りの子と比較しない
パパママはどうしても周りの子と自分の子を比べてしまいがちですが、よその子と比べて自分の子のほうができることが少ない・遅いと感じたとしても、子供は子供のペースで毎日着実に成長していますので心配ありません。英才教育以外でも、子供に対して「何であなたはこれができないの?」という言葉をかけてしまうことで、子供が自分を否定された気持ちになり、自信を失わせてしまいます。パパママは「よそはよそ。うちはうち」と考え、子供にとって一番の理解者でいてあげてくださいね。

五感を刺激する体験を積極的に取り入れる

五感を刺激する体験を積極的に取り入れる
「英才教育」と聞くと、つい英語や計算などのいわゆる「勉強」をイメージしてしまいがちですが、子供の自主性や創造性を育みたいなら五感を刺激するような体験を積極的にさせてあげることが大切です。外遊びは自然と触れ合えたり、体の使い方が自然と身につくだけでなく、たくさん体を動かすことでお腹が空き、たくさん食べるようになったり、よく寝るようになったりと子供の成長にとても効果的です

おすすめの幼児教室19選! スポーツ、英語、お受験など人気の教室を紹介!
おすすめの幼児教室19選! スポーツ、英語、お受験など人気の教室を紹介!
幼児教室とひと言で言っても教室ごとに特徴があります。小学校受験に特化していたり、英語教育に特化していたり、といったことです。どの教室が親のニーズを満たしていて、かつ我が子の感性に合うのかを判断するには情報収集がカギとなるでしょう。今回は幼児教室の特徴ごとにわかりやすく紹介します。
砂遊びが子供に与えるメリットを紹介! 砂遊びデビューはいつがおすすめ?
砂遊びが子供に与えるメリットを紹介! 砂遊びデビューはいつがおすすめ?
砂遊びには、子供の能力を高めるようなメリットがたくさんあります! 砂遊びでは、洋服が泥んこになったり、衛生面が気になったりする部分もあるかもしれませんが、子供には思いっきり砂遊びをさせてあげたいですよね。砂遊びの効果や注意点などをご紹介します。
赤ちゃんの英語教育はいつから始めたらいい? メリット、デメリット、0歳からのおすすめの勉強方法を紹介
赤ちゃんの英語教育はいつから始めたらいい? メリット、デメリット、0歳からのおすすめの勉強方法を紹介
英語の勉強は早く始めた方がいいと言われていますが、まだ日本語も話せない0歳の赤ちゃんから始めてもいいのでしょうか? いつから始めたらいいのか、赤ちゃんからでも楽しく学べるおすすめの勉強法などを紹介します!

親と子供が一緒に楽しむ

親と子供が一緒に楽しむ
子供に楽しく学んで欲しいなら、パパママも一緒に英才教育を楽しむことが重要です。パパママが「しっかり教育しなければ」と難しい顔ばかりしていると、子供は親の顔色をうかがって勉強をするようになってしまいます。何事もやらされ仕事は長続きしませんよね。まずは遊びの延長でかまわないので、親子で一緒に楽しく学ぶ時間を作ってみましょう。

結果を期待しない

結果を期待しない
英才教育のコツは「親が結果を期待しないこと」です。子供に習い事などをさせた場合、どうしても「お金がもったいない」などといった想いから親のほうが熱心になってしまいがちですが、親が必死になればなるほど子供にはプレッシャーになってしまいます。「1番にならなくてもいい」「子供が楽しんで学んでくれたらいい」とおおらかな気持ちで見守ってあげてください。

幼児の習い事、人気ランキング! 習い事のメリットや月々の料金はいくらかかる?
幼児の習い事、人気ランキング! 習い事のメリットや月々の料金はいくらかかる?
幼稚園児、保育園児に習い事をさせることについて調査してみました。どのくらいの幼児が習い事をしているのか、人気の習い事、月謝の平均料金、共働き世帯の送迎方法について調べてみました。子供に習い事をさせるかで迷っているママは参考にしてください。

まとめ

まとめ
英才教育を検討しているパパママのほとんどが「かわいいわが子だからこそ、後々苦労せずに人生を送れるようにしてあげたい」という想いが根底にあるのではないでしょうか。しかし子供の成長には個人差があるため、「これをやれば〇〇が身につく!」というものはありません。また、もし優れた子供に成長したとしてもそれが英才教育の効果と言えるかどうかは定かではありません。パパママは子供の好奇心ややる気を大切にしながら、子供の成長を優しく見守ってあげられるといいですね。

知育とは? 0歳~5歳の子供におすすめな知育教育を年齢別に紹介!
知育とは? 0歳~5歳の子供におすすめな知育教育を年齢別に紹介!
「知育」という言葉は子育て中のママなら誰もが一度は聞いたことがあるでしょう。ひょっとして知育玩具を使って遊ぶことだけが知育だと思っていませんか? 家庭にあるもので今日からでも始められる知育について、年齢ごとのおすすめ知育教育の進め方についてもご紹介します。
知育玩具のおすすめ30選! 人気の知育玩具を0歳~5歳の年齢別に紹介
知育玩具のおすすめ30選! 人気の知育玩具を0歳~5歳の年齢別に紹介
知育玩具は子供が頭を使いながら楽しく遊べる教育効果のあるおもちゃです。知育玩具は0歳から赤ちゃんに与えても効果があり、おもちゃの種類も子供の好みにあわせていろいろ販売されています。この記事では、0歳~5歳の年齢別におすすめの知育玩具をご紹介します。
くもんの知育玩具はとっても優秀! 年齢別のおすすめ紹介
くもんの知育玩具はとっても優秀! 年齢別のおすすめ紹介
子育てを始めると、よく耳にするのが「知育」という言葉。取り入れたほうが良さそうな気はするけれど、実際に何をしたら良いのかわからない、という方はいませんか? そんなお悩みを解決してくれるのが、「くもんの知育玩具」です。ぜひ選び方や遊ばせ方をチェックしてみましょう。
小学校入学準備には遊べて学べるドリルおすすめ。簡単にできる入学準備ドリル10選
小学校入学準備には遊べて学べるドリルおすすめ。簡単にできる入学準備ドリル10選
小学校では授業がはじまるので、小学校入学前に学習への意欲を整えておく必要があります。そんな人におすすめなのが、遊べて学べる入学準備のためのドリルです。ここでは、簡単にできる入学準備ドリルのおすすめをご紹介したいと思います。
小学校のお受験準備はいつから始めたら良い? 事前準備と家庭でできる受験対策
小学校のお受験準備はいつから始めたら良い? 事前準備と家庭でできる受験対策
小学校のお受験を考えている人にとって、「いつからはじめたらいいのか」という時期は非常に気になるものです。ここでは、受験対策の習い事をはじめる前にやるべき事前準備についてご紹介したいと思います。そして、家庭でできる受験対策法についてもみていきましょう。
国立小学校の受験が人気の理由とは? 国立小学校のメリットとデメリット、お受験に関する基本情報まとめ
国立小学校の受験が人気の理由とは? 国立小学校のメリットとデメリット、お受験に関する基本情報まとめ
小学校のお受験と言えば、私立の小学校をイメージする人も多いかもしれませんが、国立小学校も高い注目を集めています。しかし、国立小学校で学ぶメリットとはどんなものがあるのでしょうか? ここでは国立小学校にまつわる基本情報として、お受験の倍率や学費、試験内容などを詳しく解説します。
小学校の学費の公立・私立の違いは? 総額でいくら? 教育費の節約ポイントと国の支援制度を紹介!
小学校の学費の公立・私立の違いは? 総額でいくら? 教育費の節約ポイントと国の支援制度を紹介!
年中さんになると、そろそろ子供の小学校入学に向けての準備を始める人もいます。小学校を決める時に大事になってくるのが、公立か私立、どちらに通わせるのかという問題です。ここでは、公立・私立の学費の違いと自治体で利用できる制度についてご紹介したいと思います。
幼稚園から大学までの教育費の平均総額は? 教育費のためにいくら貯金すればいいの?
幼稚園から大学までの教育費の平均総額は? 教育費のためにいくら貯金すればいいの?
子供の教育費は、幼稚園(保育園)、小学校、中学校、高校、大学の学費の合計で計算します。子供が各教育課程で公立と私立のどちらに進学するかで金額が大きく変わりますし、塾などの習い事に通えばさらに教育費は増えます。この記事では子供の教育費の平均金額や総額を公立と私立の進路別でご紹介します。
子供の鉛筆の持ち方が変! 正しい持ち方は? 今からでも間に合う鉛筆の持ち方矯正講座
子供の鉛筆の持ち方が変! 正しい持ち方は? 今からでも間に合う鉛筆の持ち方矯正講座
子供が鉛筆を持ってお絵描きをしている時、「鉛筆の持ち方がなんかおかしい」と思ったことはありませんか?でも、実際に持ってみるとどこがどうおかしいのか分からないものです。そこで、正しい鉛筆の持ち方について、姿勢や角度など基本的な持ち方についてご紹介したいと思います。

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!