保育ママって何? 保育ママのメリット・デメリットを紹介

保育ママとは? 保育園とはどう違うの?

 
保育ママとは?
保育ママとは、正式には「家庭福祉員」といい、保育園に預ける代わりに、0~2歳の子供を家庭的な環境で預かって保育する福祉員のことをいいます。保育ママの他にも「昼間里親」や「第2のママ」と呼ばれることもあります。保育ママという呼称が一般的ですが、ママといっても女性だけはでなく、男性がしていることもあります。

保育ママは自宅や保育スペースなどで、保育ママ1人につき子供を最大3人までという少人数で預かってくれるため、家庭的な雰囲気で保育をしてくれることが特徴の1つです。また、違う年齢の子供たちが家庭的な環境で兄弟のように生活し、いつも同じ保育者が保育をしてくれます。そのため、一人一人の日々の成長の様子をしっかりとみてもらうことができ、子供との関係を築きやすいことも特徴です。

保育ママには、国が認可している「家庭的保育事業」と自治体が運営する「家庭福祉員制度」の2つの制度があります

国が認可した保育ママ:家庭的保育事業

家庭的保育事業とは、2010年の児童福祉法改正によって定められた制度です。保育園と連携しながら、地域の子供たちを守るために作られました。そして、2015年から施行された子ども・子育て支援新制度によって、地域型保育事業の1つとして幼稚園・保育園・認定こども園に加えて保育ママも認可事業とされました

関連記事

意外と知らない幼稚園と保育園の違い ウチの子はどちらに通わせるべき?
認定こども園って何? 幼稚園、保育園と何が違う? 保育料やメリット、デメリットを解説

自治体が運営する保育ママ:家庭福祉員制度

子ども・子育て支援新制度が施行されるよりも前から、児童福祉法に基づいて自治体によって保育ママが運営されていました。今でも独自の制度によって運営している自治体があります。こちらが家庭福祉員制度です。

保育ママは全員保育士資格を持っているの?

 
保育ママは全員保育士資格を持っているの?
それでは、どんな人が保育ママとして働いているのでしょうか? 保育園と同じように保育士さんが預かってくれるのか、どれくらいの経験がある方なのか、預ける側にとってはとても気になるポイントですよね。

保育士や幼稚園教諭の資格を持つ人が多いが、必須ではない

保育ママは必ずしも資格を持っている人ばかりではありません。保育士や幼稚園教諭、助産師、保健師、看護師など、資格を持っている人が多いですが、資格を持っていなくても自治体の研修を受け子育て支援員の資格を取得すれば保育ママになることができます

保育ママになるには、子育て経験があるのか、保育士・看護師・幼稚園教諭などの資格を持っているか、保育に専念できる状態(副業として取り組むのではない)か、保育専用の部屋の確保などの環境が整っているかなど、いくつかの項目があり、1つ以上当てはまることが必須となります。詳細なルールは自治体によって基準が違うため、事前にお住いの自治体の保育ママになるための条件を調べてみることをオススメします。

関連記事

保育士資格がなくても保育園で働ける子育て支援員ってどんな人?

保育ママが子供を預かってくれる時間、曜日は?

保育ママが子供を預かってくれる時間、曜日は? 
子供を実際に預けたいとなった場合、どれくらいの時間預かってくれるのでしょうか。土日やお盆休みなども預かってくれるのでしょうか。保育園と違いがあるのかなど、働くママにとって気になるポイントもご紹介します。

保育時間は原則8時間、延長可能な場合も

保育ママが子供を預かってくれる時間は、基本的には8時間となります。ただし、自治体やそれぞれの保育ママによって、多少時間が変わることもあります。また、1日8時間を超える場合は、時間外保育として延長保育をおこなってくれる保育ママもいますが、こちらも実施の有無や時間帯が保育ママによって変わってくるため、事前に相談が必要となります。

保育日は月曜~土曜日、土曜日は保育不可な場合もあり

保育ママの保育日は、基本的に月曜~土曜日となります。しかし、保育ママによっては土曜日は子供を預かっていなかったり、通常よりも短い時間で設定しているところもあります。土曜日にお仕事をしていて預けたいと考えている場合は事前に確認しておいた方が良いですね。

また、こちらは保育園とも同じですが、祝日や日曜日、年末年始もお休みとなっています。加えて、保育ママは年次休業という年に20日間の休暇と、夏季休業という7月~9月までで5日間の休暇が定められています。年次休業と夏季休業については日にちが決まっていないため、事前に保護者の方へお知らせするようになっています。保育ママのお休みの日に、どうしてもパパママがお仕事を休めない時に備えて、おじいちゃんおばあちゃんが近くにいる場合は事前に相談したり、一時保育の検討などをしておくことをオススメします。

誰でも保育ママに子供を預けていいの?

誰でも保育ママに子供を預けていいの?
保育ママには誰でも預けることができる訳ではなく、利用するためにはいくつか条件があります。保護者が実質5時間以上、週に4回以上就労していること、もしくは傷病で療養していたり、就学していることです。保育ママを利用する人は、基本的には保育園に子供を預けるパパママと同じ条件だと考えていいでしょう。詳しくは自治体によっても変わってくるので確認してみてくださいね。

保育ママの申し込み方法、保育料金は?

 
保育ママの申し込み方法、保育料金は?
保育ママの申し込み方法は、家庭的保育に申し込む場合と家庭福祉員制度に申し込む場合で違います。また、保育料も少し変わってくるので詳しくご紹介します。

家庭的保育の場合は自治体に利用申し込み

家庭的保育は認可保育事業のため、認可保育園と同じように住んでいる各自治体への申し込みとなります。自治体の保育課や生活支援課などの窓口で相談すれば、必要書類や詳細の説明を受けることができます。申し込みは窓口へ直接が基本ですが、郵送で受け付けている自治体も一部あります。

保育ママの利用締切も各自治体で異なりますが、認可保育園と同様に利用希望日の約1ヶ月前が多いようです。ただし4月利用については通常時と異なるので注意が必要です。保育料金についても認可保育園と同様です。自治体ごとに世帯年収や子供の年齢、兄弟の有無などで設定されている料金があり、それに従って決まります。保育料の計算方法については下記記事を参考にしてください。

関連記事

保育園の料金、費用は世帯年収で違う? ウチの子供の保育料はいくら?

家庭福祉員制度の場合は保育ママと直接契約することも

自治体が独自に運営している家庭福祉員制度の場合は、その自治体によって申し込み方法が異なります。自治体へ申し込みをするケースと、保育ママと面接などをして直接契約をするケースがあります。保育料金についても各自治体が設定しているので、窓口やホームページなどで調べてみると良いでしょう。保育ママによっては、食事代やおやつ代が別料金として設定してあるところもあります。食事代についてはどれくらいかかるのか、前もって聞いておくと良いですね。

保育ママに子供を預けるメリット

保育ママに子供を預けるメリット
これまで保育ママの概要についてご紹介してきました。ここでは保育園や他の選択肢ではなく、保育ママに子供を預ける際のメリットについてご説明します。

アットホームな環境で少人数で保育が受けられる

アットホームな環境で少人数で保育が受けられる
冒頭でもご説明しましたが、保育ママ1人で子供を預かることができる人数は3人までと決まっています。(補助スタッフがいれば5名まで可能です。)そのため、保育ママでは一人一人にしっかりと目が届き、それぞれの成長や個性に合わせた細やかな保育を受けることができます。少し体調を崩したり様子が違ったりした時もすぐに気づいてくれるでしょう。

また、保育ママの自宅などのスペースでの預かりとなるため、アットホームな環境で預かってもらえます。特に0~1歳児のまだ小さい赤ちゃんの頃は、子供たちにとってもストレスなく過ごせるのは魅力的です。ずっと同じ保育ママが預かってくれる分、子供だけでなくパパママと保育ママとの相性も大切なので、信頼して預けることができる方なのかはしっかり見ておきたいところです。

関連記事

赤ちゃんの定義は何歳何ヶ月まで? 赤ちゃんの後は何て呼ぶ?

保育ママは少人数保育なので病気をもらいづらい

保育園に預け始めてすぐに直面する悩みが、風邪や病気をもらいやすくなるということです。手足口病、ヘルパンギーナ、インフルエンザなど、季節ごとに保育園でも流行する病気があり、園内で1人でもかかったというお知らせをもらうと、心配で気が気ではありません。0~1歳児で保育園に預け始めると、毎月何かしらの風邪や病気をもらってくるため、頻繁に会社を休まなければならないことも…。

例外なく我が家もそうでした。しかし、保育ママの場合は預かっている人数が少ないため、他の子供から病気をもらう可能性がとても低くなります。頻繁に仕事を早退したり休んだりできないママにとっては助かりますよね。

パートやフリーランスのパパママでも保育ママは利用しやすい

保育園、特に認可保育園の場合は、入園審査でパパママの勤務時間によって保育指数の点数が決まり、保育園への入りやすさが決まります。自治体にもよりますが、特に都心部では基本的に両親が夫婦共働きである家庭が標準となっており、それでも入園できないケースが多く待機児童につながっています。そうなるとパートやフリーランスのパパママにとっては保育園の入園はとても厳しいものです。しかし、保育ママは基本の保育時間が8時間であったり、年次休業や夏季休業があるため、フルタイムの夫婦共働き世帯では利用しにくい点もあり、認可保育園ほど保活が厳しくありません。そのため、パートやフリーランスのパパママも保育ママには預けやすいのです

関連記事

認可保育園の選考で計算される「保育指数」とは? 点数を加点する方法は?
待機児童問題の原因と対策 東京23区の待機児童数は?
保活はいつからはじめるべき? 後悔しない保活のための4つのポイント
夫婦共働きの世帯ってどれくらいいるの? 専業主婦は何割? 共働き女性の本音を年代別に調査!

保育ママに子供を預けるデメリット

保育ママに子供を預けるデメリット
次に保育ママに子供を預ける際のデメリットについてご紹介します。メリットと合わせてよくみて検討してくださいね。

お弁当、おやつ、おむつなどの持参が必要

お弁当、おやつ、おむつなどの持参が必要
保育ママでは、食事を作ってくれる場合もありますが、お弁当やおやつを持参する場合も多いです。家庭的保育事業では、子ども・子育て支援新制度の基準によって、保育ママが預かり場所で調理することが基本とされましたが、それ以前からお弁当持参で運営していた施設も多く、今もお弁当などの持参が認められている保育ママが多いのが現状です。毎日子供のお弁当とおやつを準備するとなると少し大変さですよね。また、おむつの持参については保育園と同様ですが、中にはオムツを持ち帰る必要がある保育ママもあります。

保育ママでは延長保育がない場合がある

保育ママの保育時間は基本的に8時間となっており、早いところでは17時までと設定されているケースもあります。延長保育については必須ではなく、保育ママの家庭の事情や保育方針などもあるため、時間を超えて預かってもらえない場合もあります。メリットの3点目と同じ内容となるのですが、フルタイムで働く夫婦共働きの家庭にとっては融通がききにくく利用しにくいという側面があります。申し込む前に、しっかりと保育日や保育時間、休日について確認し、どれくらい相談できるのかなどもお話しておくと良いでしょう。

3歳以降は保育ママでは預かってもらえない

保育ママは0~2歳の子供を対象とした保育事業です。そのため、3歳以降は預かってくれる保育園、または幼稚園を探す必要があります。家庭的保育の保育ママに預けている場合は、原則として保育ママの卒園後に連携した保育園や幼稚園に預けられることになっています。小規模保育でも0~2歳までしか預けることができないため、連携施設が設けられていますよね。それと同様の仕組みです。小規模保育については別の記事で紹介しているので、下記リンク先の記事をご覧ください。

しかし、2019年度までは、保育ママに連携施設がなくても良いことになっており、設定されていないケースもまだまだあります。このように3歳以降の預け先の問題を「3歳の壁」といい、保活をやり直したり実際に確保できずに悩むパパママも。保育ママの利用については、将来のことも見据えて検討してみてくださいね。

関連記事

小規模保育って何? 一般の保育園と何が違うの?

保育ママも幼保無償化の対象なの?

保育ママも幼保無償化の対象なの?
2019年からいよいよ開始するといわれている幼保無償化ですが、保育ママも対象となるのでしょうか?

幼保無償化の対象だが、補助が受けられるのは一部の世帯のみ

保育ママも幼保無償化の対象となります。ただし、幼保無償化はそもそも3歳児クラス(3歳になった後の最初の4月以降)から全世帯が対象ですが、0~2歳の子供については住民税非課税世帯のみが補助の対象となります。そのため、一定の年収(約200~300万円)以上の家庭については、幼保無償化での補助はあまり期待できません。住民税非課税世帯であれば、3万7000円を上限に保育料の助成を受けることができます。幼保無償化については別記事で詳しく詳細していますので、下記リンク先の記事をご覧ください。

関連記事

幼保無償化(幼児教育無償化)って? 2019年10月から保育園、幼稚園の保育料が無料になる?

まとめ:保活の際の選択肢として自宅周辺の保育ママも調べておきましょう


保育ママについて、保育園と違う点やメリット・デメリットはご理解いただけましたか? 一概に、ママたち全員に絶対オススメ! とはいえませんが、今の働き方や環境によってはぜひ検討していただきたいところです。まだ0〜2歳と小さいころに、家庭的な環境で細かい保育をしてもらえるのはとても魅力的です。保活が上手くいかず、認可保育園に入れなかったときなどにも非常に頼りになりますよ。何度もでてきましたが、実際の保育日や時間、保育料、その他のサービスなどは保育ママによって違ってくるので、気になる方は是非事前に調べてみてくださいね。