2人乗りベビーカーの選び方やおすすめ8選! 双子や年子、兄弟のおでかけに便利なのはどれ?

2人乗りベビーカーの種類は?

2人乗りベビーカーの種類は?

2人乗りベビーカーには縦型と横型の2種類がある

2人乗りベビーカーには、大きく分けると縦型と横型の2種類のタイプがあります。縦型の2人乗りベビーカーは子供を前後に乗せることができ、1人乗り用のベビーカーと幅がほぼ変わらないため狭い道を通ることができたり、横型より小回りが利いたりという点が特徴です。ただ、子供が前後や上下に座るため、子供2人の様子を一度に見づらく、お世話をする際に不便なこともあります。

一方、横型の2人乗りベビーカーは、ベビーカーシートが横並びになっているタイプで、子供2人の様子をひと目で確認することができます。しかし、横型の2人乗りベビーカーは電車の改札や狭い道は通れなかったり、横型に子供を1人だけを乗せるとバランスが悪く操作が難しくなる不便さがあります

2人乗りベビーカーの選び方

2人乗りベビーカーの選び方
2人乗りベビーカーは1人乗りベビーカーに比べると大きくかさばるため、おでかけ場所によっては不便で使いづらいこともあります。そのため、購入前には、どんな場所で2人乗りベビーカーを使うのかを想定して選ぶことをおすすめします。例えば、電車移動やスーパーでの買い物が多い場合は、狭い場所を通ることが多いため、縦型でコンパクトな2人乗りベビーカーがおすすめです。一方、車移動が多い場合には、横型ベビーカーでも問題ない場合が多いでしょう。ただし、車内の収納スペースを考慮する必要はあるため、折りたたんだ際のベビーカーの大きさを確認しておくと安心です。

2人乗りベビーカーのおすすめ5選

2人乗りベビーカーのおすすめ5選
それではいろいろなタイプの2人乗りベビーカーをご紹介します。実際に皆さんが2人乗りベビーカーを使用しているところを想像しながら、どれが最適なものかをイメージしてみてください。

KATOJI(カトージ) 二人でゴー

上の写真で見ると1人乗りベビーカーのように見えますが、後部にも座席が用意されており、ママと向かいあって座ることができます。双子で利用する2人乗りベビーカーというより、まだしっかり歩けない少し年の離れた兄弟、姉妹も移動中に後部に座ることができるタイプのベビーカーです。赤ちゃんのベビーカーを押しながら、お兄ちゃん、お姉ちゃんと手を繋いで歩くなんてママは大変ですよね。この2人乗りベビーカーなら、ママの目の前にお兄ちゃん、お姉ちゃんが座ってくれるのでお出かけ時も安心です

種別 縦型
対象年齢 前席:生後4ヶ月~
後席:2歳半(生後30ヶ月)~
対象体重 20kg/人まで
本体サイズ 幅×奥行×高さ:54cm × 112cm × 107cm×
本体重量 10.1kg
メーカーWebサイト こちら

Newox 2人乗りベビーカー

値段が手頃なことから人気の縦型2人乗りベビーカーです。2万円を切る価格でありながら、前後座席ともにリクライニングが可能だったり、幌を3段階で調整できたり、ワンタッチで開閉できたりと充分な機能を備えています。後部座席の高さを前より少し高くしてあることで、赤ちゃんの乗せ降ろしがしやすいのもママに人気のポイントです。

種別 縦型
対象年齢 生後6ヶ月~3歳
対象体重 15kg/人まで
本体サイズ 幅×奥行×高さ:51cm × 99cm × 103cm×
本体重量 8.9kg
メーカーWebサイト

エンドー COOL KIDS CK バギーツイン

1万円強の値段に注目しがちな横型2人乗りベビーカーですが、実際に使ってみて有難いのはアルミフレームを採用し4.95kgと軽量なことと、コンパクトに折りたためる点でしょう。軽自動車にもすっきり収納できるサイズに折りたためるのは、家の玄関などに置いて置く際にも嬉しいポイントになるでしょう。

種別 横型
対象年齢 生後7ヶ月~2歳頃まで
対象体重 15kg/人まで
本体サイズ 幅×奥行×高さ:76cm × 64cm × 93cm×
本体重量 4.95kg
メーカーWebサイト こちら

GRACO (グレコ) デュオスポーツ ジェミニ

少々高めの価格ですが、一般のベビーカーでも人気なメーカー、GRACO (グレコ) 製2人乗りベビーカーです。ベビーカーに赤ちゃんを2人載せると、ベビーカーの押し引きは当然重くなり、段差を越えたり、押し引きが重くなったりします。そういった状況でも大型の車輪を採用しているデュオスポーツなら軽快に操作が可能です。また、タイヤストッパーが左右連動式になっており、片方だけタイヤストッパーをかけ忘れることがないなど、ママには嬉しい工夫が盛りだくさんの2人乗りベビーカーです。

種別 横型
対象年齢 生後1ヶ月~3歳頃まで
対象体重 15kg/人まで
本体サイズ 幅×奥行×高さ:77cm × 78cm × 102cm×
本体重量 10.1kg
メーカーWebサイト こちら

Joie(ジョイー) エアツイン

こちらも1人乗りベビーカーで人気のメーカーになります。赤ちゃんの乗せ降ろしがしやすい脱着簡単なアームバーや、シート下の大容量バスケットなど使い勝手が非常にいい点が人気です。また、レインカバーやリバーシブルマットが標準装備で販売されているのも、ママには嬉しいポイントではないでしょうか。

種別 横型
対象年齢 生後1ヶ月~3歳頃まで
対象体重 15kg/人まで
本体サイズ 幅×奥行×高さ:75.5cm × 79cm × 102.5cm×
本体重量 11.3kg
メーカーWebサイト

別売りのジョイントパーツで2人乗りにできるベビーカーも便利

1人乗り用のベビーカーをジョイントパーツでつなげたり、シートを追加で取り付けたりすることで、後から2人乗りベビーカーに作り変えられるタイプもあります。年子の場合や年の差がある兄弟でも、2人乗りができるため便利なパーツです。では、どのような商品があるのかご紹介しましょう。

コンビ F2・F2 plus

「コンビ F2」「コンビF2 plus」は、専用のジョイントパーツを使うことで1人乗り用のベビーカーを横並びでくっつけて2人乗りベビーカーにすることができます。生後1ヶ月~使用できるベビーカー「コンビF2 plus」と生後7ヶ月~使用できる「コンビ F2」をくっつけることもできるため、双子でも年の差のある兄弟でも、どちらの場合にも2人乗りができる便利なアイテムです。また、おでかけ先で別々に移動する時は、ジョイントパーツを取り外して1人乗り用として使えるので使い勝手が良く人気です。

エアバギー ココ プレミア・スタンダード・ブレーキ

「エアバギー ココ プレミア」「エアバギー ココ プレミア スタンダード」「エアバギー ココ プレミア ブレーキ」は、ハンドル下の車輪位置に2WAYボードを取り付けることで、2人乗りベビーカーに変身させることができます。2WAYボードは、子供が座っても立っても移動することができ、生後15ヶ月以上で、体重が25kgまでの子供が対象です。7歳頃の平均体重が25kg位のため、小学校低学年でも体重によっては乗せることができますよ。兄弟の年齢が離れていても使えるため非常に便利なベビーカーです。

ストッケ クルージ シャーシ・ストローラーシート・シブリングシート

「ストッケ クルージ シャーシ(本体フレーム)」「ストローラーシート」「シブリングシート」を組み合わせることで2人乗りベビーカー仕様にすることができます。「ストッケ クルージ シブリングシート」はセカンドシートとして「ストッケ クルージ ストローラーシート」の下に取り付けることで2人乗りが可能になります。「ストッケ クルージ シブリングシート」は、生後6ヶ月以上で体重15kgまでの子供に対応しています。ストッケのカスタマイズは2人乗りベビーカー仕様にしてもスリムに使えるという点がポイントです。

まとめ


育児では、いかに使いやすいベビーカーを選ぶかという点が重要です。2人乗りベビーカーは場所も取るためなかなか手軽に購入できるものでもありません。また双子の場合か、年の差のある兄弟で使うのかによっても、2人乗りベビーカーの使い方は変わってきます。今は子供は2人いないけれど、2人目を作るのを考えている家庭では、ジョイントパーツで2人乗りにできるタイプのベビーカーを選ぶのもいいですね。

関連記事

ベビーカーの選び方のポイントを徹底解説!アップリカ?コンビ?おすすめベビーカー10選
育児中のベビーカー事情をアンケート調査! パパママの生の声を聴いてみました!
ベビーカーのレンタルと購入でお得なのは? メリット・デメリット、レンタルおすすめ店を紹介