クリスマスプレゼントを靴下に入れるのはなぜ? 手作り方法とおすすめ5選

なぜクリスマスプレゼントは靴下に入れるの?

なぜクリスマスプレゼントは靴下に入れるの?
クリスマスプレゼントを靴下に入れる風習は、サンタクロースのモデルとされるキリスト教の司教・聖ニコラス(セント・ニコラス)がある家族へプレゼントした逸話がルーツになっています。

聖ニコラスは両親が残した遺産により大層な大金持ちでありながら、人々に対してとても優しい心を持っていました。聖ニコラスは両親が残した財産を自分のためでなく、貧しい人々の生活を救うためにお金を授けたり、子供たちにプレゼントを渡したりしていたのです。
ある時聖ニコラスはある貧しい家族の話を聞きました。その家族は寒くて厳しい冬をなんとか越すような毎日を過ごしており、娘の結婚のための資金が用意できず困っていました。そこで聖ニコラスは彼らを助けたいという気持ちから、袋にたくさんの金貨を入れてその家の煙突から落としたのです。落とした金貨は、ちょうど暖炉の近くで乾かしていた靴下の中にすっぽりと入りました。

これがクリスマスプレゼントを靴下に入れるようになった由来とされています。聖ニコラスは莫大な遺産を残しながら若くして亡くなり、この靴下のエピソードが称えられるようになりました。

クリスマスのルーツって? 何のお祝いなの? なぜチキンやプレゼントを用意するの? 
クリスマスのルーツって? 何のお祝いなの? なぜチキンやプレゼントを用意するの? 
「なぜクリスマスはお祝いをするの?」と子供に聞かれたとき、すぐに答えてあげられますか? 毎年クリスマスパーティーをしているものの、改めて聞かれるとその理由はいまいちわからいこともありますよね。本記事では、そんなクリスマスにまつわる基本知識や疑問を解説します!
クリスマスパーティーの準備は何をする? 子供が喜ぶ飾りつけやメニューのアイデアを解説!
クリスマスパーティーの準備は何をする? 子供が喜ぶ飾りつけやメニューのアイデアを解説!
11月になると街中のクリスマスムード一色になり、大人も子供もワクワクしますね。早めに準備を始めればクリスマス当日まで存分に楽しめます。部屋の飾りつけや料理など、クリスマスパーティーに向けて簡単にできるアイデアを解説します。

プレゼントに合わせて大きな靴下を用意すべき?

中身に合わせて大きな靴下を用意するべき?
クリスマスプレゼントが大きい場合、靴下に入れずクリスマスツリーの下に置くのがおすすめです。アメリカでは小さいプレゼントを靴下に、大きなプレゼントをツリーの下に置く方法が主流です。クリスマスプレゼントは子供にとって大きな楽しみの1つ、年に1度のイベントにパパママもついたくさんのプレゼントを用意してしまうことでしょう。大きなプレゼントがクリスマスツリーの下に置いてあったら、子供も喜んでくれますね。

【2020年最新】素敵なクリスマスプレゼントを贈ろう! 1歳の女の子向けおすすめ16選
【2020年最新】素敵なクリスマスプレゼントを贈ろう! 1歳の女の子向けおすすめ16選
1歳の女の子のクリスマスプレゼント。なにを贈ればいいのか迷ってしまいますよね。1歳は、興味の幅が広がり好みもはっきりしてくる時期です。そこで子供にピッタリのプレゼントを選んでみましょう。アンケート結果も見ながら、1歳の女の子におすすめの商品を紹介します。
【英語・日本語】クリスマスカードのメッセージ例文集と書き方のコツ!
【英語・日本語】クリスマスカードのメッセージ例文集と書き方のコツ!
今年のクリスマスは、プレゼントにカードを添えて送ってみませんか?パパママからはもちろん「サンタさん」からなど、シチュエーションに合わせたメッセージフレーズを「日本語版・英語版」で紹介します。気持ちのこもったカードを贈り、思い出に残るクリスマスを過ごしましょう。

クリスマスの靴下はどうやって準備する?

クリスマスの靴下はどうやって準備する?
クリスマスシーズンになるとクリスマス用のアイテムが特集され、靴下もインテリアショップやネット通販でも幅広く扱われます。手作りする場合、100均や手芸用品店などで材料を手軽に揃えられます。クリスマスの靴下は大きさやデザインなどに決まりがないため、子供の好みに合わせて用意してあげるのがポイントです

先述の通り、クリスマスに靴下を用意するのは暖炉で乾かしていた靴下にプレゼントが入ったエピソードに由来しますが、日本で自宅に暖炉がある家庭は多くないでしょう。由来通り靴下を「暖炉にかける」ことは難しいので、クリスマスの靴下はクリスマスツリーの下や子供部屋などに置くのが一般的です。クリスマスプレゼントと違って靴下は子供たちに見られても問題ないので、家族みんなでクリスマスの靴下選びをするのもいいですね。

2歳の男の子が喜ぶクリスマスプレゼント23選【2020年最新版】
2歳の男の子が喜ぶクリスマスプレゼント23選【2020年最新版】
イヤイヤ期まっさかりの2歳の男の子でも、とびっきりの笑顔で大喜び間違いなし! のおすすめクリスマスプレゼントを大特集! アンパンマンなどの人気キャラクターものから、思わず触りたくなるようなおもしろ知育玩具まで幅広く紹介します。
【2020年最新版】5歳男の子のクリスマスプレゼントおすすめ18選
【2020年最新版】5歳男の子のクリスマスプレゼントおすすめ18選
5歳は友達との関わりも多くなり、頭も体も大きく成長する時期です。特に男の子は体もしっかりして体力が付き、より活発さも増してきます。おもちゃもこれまでより発展した物に興味を持ち始めるでしょう。そんな5歳男の子におすすめのクリスマスプレゼントを紹介します。

クリスマスの靴下を手作りしてみよう!

クリスマスの靴下を手作りしてみよう!
クリスマスの靴下を自分たちで手作りすれば、好きな大きさやデザインにアレンジできます。市販の靴下は赤と白のクリスマスカラーが多いですが、手作りならカラフルに作れますよ。クリスマスの靴下を手作りする方法を解説します。

簡単! 折り紙でクリスマス飾りの作り方動画17選
簡単! 折り紙でクリスマス飾りの作り方動画17選
クリスマスの雰囲気を盛り上てげてくれるオーナメントを折り紙で作ってみませんか? ツリーやリース、ブーツなどを折り紙で簡単に作ることができます。子供も一緒に作って楽しむことができるでしょう。クリスマス飾りを折り紙で作る方法を動画付きでご紹介します!

デザインを決める

イラストを参考にデザインを決める
まずは靴下をどのようなデザインにするのか、子供と一緒に考えていきましょう。インターネットで検索すると、クリスマスに関するさまざまなイラストが見られます。子供にサンタクロースの絵やクリスマスのイラストを紙に描いてもらうのもおすすめです。子供が作ったデザインを元にクリスマスの靴下を作ってみてもいいですね。

型紙と素材を用意する

型紙と素材を用意する
デザインが決まったらクリスマスの靴下の型紙を用意しましょう。型紙を使わずにいきなり布を切ってしまうと失敗する可能性があります。型紙で靴下の大きさをある程度決めたら素材を準備します。布やフェルト、毛糸などさまざまな素材があるので、好みの素材を選んでオリジナルの靴下を手作りしてください。

クリスマスの靴下の作り方1:フェルトを使う

フェルトでの作り方
フェルトを使ってクリスマスの靴下を作る場合に必要な物は以下の通りです。すべて100均でも揃えられます。

  • フェルト(型紙に合わせた大きさ分)
  • 布用ボンド
  • ハサミ

クリスマスプレゼントを入れた時に縫い目が取れないよう、フェルトは「厚手タイプ」がおすすめです。用意した型紙に合わせてフェルトをカットし、上の部分のクリスマスプレゼントを入れる箇所以外をすべて縫い合わせます。靴下の外側にデザインを加える時は、布用ボンドを使うと子供でも簡単に貼りつけられます。靴下のメイン部分をフェルトで作り、毛糸やリボンなどで飾りつけてもいいですね。

クリスマスの靴下の作り方2:毛糸で編んで作る

毛糸での編み方
毛糸でクリスマスの靴下を作る場合、以下の物を用意しましょう。

  • 好みの毛糸
  • かぎ針
  • とじ針
  • ハサミ

これらの材料もすべて100均で揃えられます。編み物初心者の人にとってかぎ針は一見難しそうですが、流れさえ覚えれば比較的簡単に作れるでしょう。大きなサイズに編むのが大変そうであれば、ミニチュアサイズにするもおすすめです。靴下には小さなお菓子などを入れ、本命のクリスマスプレゼントはツリーの下や枕元に置いておく方法もあります。

【動画で見るクリスマスの靴下の作り方】

動画ではかぎ針編みでミニチュアサイズの靴下を作っています。ポイントごとに一時停止しながら解説しているので、確認しつつチャレンジできそうです。クリスマスツリーのオーナメントにしてもいいですね。

クリスマスの飾り付けはどうする? 100均グッズから手作りまでアイデアを紹介
クリスマスの飾り付けはどうする? 100均グッズから手作りまでアイデアを紹介
クリスマスには、かわいくおしゃれな飾り付けで子供をもっと喜ばせてあげたいですよね。 100均グッズや、毛糸・折り紙を使った手作りの飾りなど、クリスマスが盛り上がること間違いなしのアイデアを紹介します。

次のページでは、市販のクリスマス靴下を紹介します!

続きを読む
はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!