子供と一緒におひな様を手作りできる? パパママ向け、ハンドメイトのヒントも紹介

子供と一緒に手作りするおひな様

子供と一緒に手作りするおひな様
ひな祭りには欠かせないおひな様。その作りはとても丁寧で緻密で、職人さんの技が光っていますよね。でも、素材や作り方を工夫することで、おうちでもオリジナルな手作りのおひな様を作ることができますよ。まずは、子供と一緒に作ることのできるおひな様をご紹介します。

関連記事

ひな祭りの由来と初節句、行事食とひな人形の基本

並べて作るアイロンビーズ

アイロンビーズは専用のビーズとペグボードと呼ばれる専用のボードを使って作ります。ボードの上にビーズを並べ、専用のシートを乗せてからアイロンで加熱すると、ビーズが溶けてくっつきます。溶け具合はビーズの種類によって異なるので、様子を見ながら行うと良いでしょう。ピンセットなどを使用すると作りやすいです。ママが下絵を作ってあげることで、小さな子供でも思い通りに作りやすく、達成感にも繋がります。

フェルトでガーランドやリースの小物

フェルトを使えばボンドなどで貼り付けることもできますし、子供が大きければ針と糸を使って縫っても良いですね。まずは土台となる輪っかや紐の部分を作り、好みの飾りをあしらっていきます。独特の柔らかな手触りと、子供の年齢に応じて作り方を変えられるのもフェルトの魅力です。おひな様といえば台座に座った人形を思い浮かべがちですが、壁に掛けて飾れるガーランドタイプやリースタイプも人気が高いです。小さな子供が壊してしまったり、口に入れてしまう心配もありません。

綿棒でミニおひな様

なんと、綿棒でもおひな様を作ることができますよ。綿棒雛といい、綿棒をおひな様の顔に見立てて鮮やかな布や折り紙などを重ねていきます。髪の毛の部分には黒い紙を使い、人形の顔に見えるように作っていきます。おひな様の着物のような柄の和紙を重ねると、とても綺麗ですよ。また、顔になる部分にガーゼなどを当てると、質感が変わりより本格的に仕上がります。

余った布も活用できる

小さなおひな様であれば、少し余っていた布を活用しても作れます。ちりめん生地など和風の生地があると更におひな様っぽく仕上がりますね。布であれば貼っても良いし、縫っても良いし、好きな形に仕上げることができます。立体に縫い上げるような難しい部分はママ、飾りを貼り付けるように簡単な部分は子供と作業を分担し、子供も満足ができるようにしてあげましょう。

折り紙なら簡単なものから立体的なものまで

折り紙を使えば、平面的なものはもちろんのこと、かなり本格的な立体のものまで自由自在です。最近ではYouTubeなどで、折り紙の折り方の無料動画も上がっていますので参考にしてみてはいかがでしょうか。子供の年齢に合わせて難易度を調整してあげると良いでしょう。

紙粘土は作りたい大きさも自由自在

紙粘土であれば、小さな子供でも自由に作ることができます。まずは紙粘土で形を作るのですが、乾燥に注意しましょう。形を作ってからは、置いておけば自然に固くなります。その後で絵の具を使って色付けをすれば、あっという間に完成ですよ。

はさみとのりでペーパークラフト

特別な材料がなくても、お家にある材料に、紙とはさみとのりさえあればこんなにかわいらしい雛人形が作れます。プリンカップなどの形を利用して工夫をすることで、想像力も豊かになりますし、子供の個性が光る作品になることでしょう。

おひな様手作りキット

手作りキットを使えば、少々難易度の高そうなものでも挑戦しやすくなりますね。大作を仕上げるにはコツコツと時間をかける必要がありますが、ママと一緒なら子供も楽しく作ることができるでしょう。インターネットショップでもたくさん取り扱っていますので、子供と一緒に選ぶのも良いですね。

大人が作るおひな様

大人が作るおひな様
子供と一緒に作るだけでなく、大人の楽しみとしておひな様を作るのも人気がでてきています。かなり本格的なものもたくさんありますので、取り組みやすいものから挑戦してみてはいかがでしょうか。

切り絵

最近は切り絵アートもはやっていますよね。カッターや専用の小刀で丁寧に切り取っていくことで非常に繊細な作品に仕上がります。決まった形はないですが、まるで影絵のように枠だけで表現される独特の美しさがありますね。切り抜いた後の絵を、イメージしていたものとどこまで近づけられるかが腕の見せどころです。

刺繍

このような日本刺繍には専用の針や糸を使用します。どういった色合いで仕上げるか、色使いがセンスを要します。かなり根気のいる作業ですが、出来上がったときの達成感も格別ですね。まっさらな布に刺繍して額に入れても素敵ですし、手持ちの雛人形の着物に刺繍するだけでも良いでしょう。

View this post on Instagram

昨日投稿したお殿様に対するお姫様です。 唐衣の袖には手刺繍で貝桶を。 表着は紫、五衣は小町(オレンジのグラデーション)、単は萌黄。 メインの唐衣と、表着・五衣・単で構成されるかさね色目の組み合わせで、いかようにも表現可能な十二単。 昔のお姫様達は、四季の移ろいを十二単に反映させてファッションを楽しんでいたようです。 タイムスリップしてこの目で見てみたい。 ・ ・ ・ #ひいな#清水久遊#蒲郡#愛知#雛人形#お雛様#ひな祭り#桃の節句#赤ちゃん#ベビー#ママ#日本#工芸#職人#着物#かわいい#花#なげいれ#四季#ファッション #japanese#culture#interior#armor#fashion#design#flower#decor#garden#art

A post shared by 雛人形 有職工房ひいな (@hiina1986) on

クロスステッチ

クロスステッチはヨーロッパで生まれた刺繍方法です。刺繍糸を使ってクロス状に刺繍をしていきます。最初はカラフルなモザイクのように見えますが、出来上がっていくに連れてどんどん形が見えてくるのが楽しいですね。細かなデザインにすると、それなりに大きな作品になるので計画が大切です。

View this post on Instagram

すっかり久しぶりになってしまいました。 . 今日からまた、ゆるゆる綴っていこうと思います♡ . . ジメジメな梅雨真っ只中。 湿気はすごくて力を奪われますが、紫陽花が綺麗な季節ですね。 . . そんな雨にも負けず、まったく季節外れな刺繍をしています☆ . お雛様♡ . この前の3月に渡したかったのに、私のノロノロペースでは間に合わず…. 来年のため今からやっています! . . これ半分くらいきたかな… いや、3分の1くらいか… . . 色とりどりの衣装を纏っているから、刺していてとっても楽しい。 . #刺繍 #クロスステッチ #梅雨 #季節外れ #お雛様

A post shared by @ kulum_home on

親子でおひな様を手作りしよう

親子でおひな様を手作りしよう
昔はおひな様といえば、おじいちゃんおばあちゃんが買ってくれることが多かったですよね。ママが子供の頃はきっとそうだったのではないでしょうか。でもおひな様は、購入しようと思うとかなりお値段が張りますよね。更に、飾るにもスペースが必要で、最近では持て余してしまっている家庭も多いのです。そういった背景もあり、身の丈に合ったおひな様を手作りする人が増えています。思い切って本格的なおひな様を揃えるのももちろん素敵ですが、世界に一つだけのおひな様を子供と一緒に手作りしてみてはいかがでしょうか。親子のコミュニケーションにもなりますし、子供のモノづくりへの才能を発見できるかもしれませんよ。

まとめ


いかがでしたか? みなさん本当にいろいろな工夫をしておひな様を手作りしていますよね。子供の作品には子供らしい大胆さがあり、大人の作品には大人らしい繊細さがあります。どちらにしても、子供にとっては世界にひとつしかないオーダーメイドのおひな様ですので、きっと大切な思い出になることでしょう。

関連記事

ごっこ遊びの種類や遊び方は? ごっこ遊びが広がるおもちゃもご紹介