スワドルミーってどう使うの? おくるみは必要? いつまで使える? ママの疑問を解決

スワドルミーとは?

スワドルミーとは
スワドルミーとは赤ちゃんをくるむ育児グッズです。swaddleとは細長い布でくるむ、という意味でスワドルミーとはそのままほぼ直訳で”(私を)くるんでね”という意味です。ベビー用品を広く扱うSummer Infant社の製品の一つです。その中でも日本でスワドルミーが特に評価されているということは赤ちゃんの寝かしつけの難しさが世界共通であることの証拠であるといえるでしょう。

子供の寝かしつけにおすすめな方法 上手に寝かせるコツとは?
子供の寝かしつけにおすすめな方法 上手に寝かせるコツとは?
育児をしていてどのパパママも経験するのが、子供がなかなか寝てくれず、寝かしつけに苦労すること。どうして子供がなかなか寝ない日があるのでしょうか? その原因がわかれば寝かしつけがスムーズになるはず。寝かしつけのコツもご紹介します。

なぜスワドルミーはママたちに選ばれるのか

なぜスワドルミーはママたちに選ばれるのか
具体的になぜスワドルミーはママ達に選ばれるのでしょうか。ポピュラーであるおくるみなどではなくスワドルミーが選ばれるからにはいくつか理由があります。その具体的な理由を説明していきます。

スワドルミーでくるむと赤ちゃんが安心する

スワドルミーでくるむと赤ちゃんが安心するといわれています。スワドルミーでくるむと、赤ちゃんは少しきつめに締め付けられます。パパママが見ると苦しそうにみえますが、この適度な締め付けがママの子宮のなかにいるときの感覚と同じような感覚で、赤ちゃんは安心してくれるのです。安心感は赤ちゃんが健やかに育っていくためには必須ですので、スワドルミーを選ぶママが少なくないのですね。

スワドルミーでくるむと赤ちゃんの手足が動きづらくなり、モロー反射を防止できる

スワドルミーでくるむと赤ちゃんの手足が動きづらくなります。そうすることでモロー反射を防止することができます。モロー反射は大きな音を立てたときに赤ちゃんが両手を広げて抱きつくような反射動作を指します。気をつけていたつもりでも生活していくなかでどうしても音は出てしまいます。そんな時にスワドルミーがあればモロー反射を防止することができ赤ちゃんが寝付きやすくなる効果があるのです。

赤ちゃんがビクっとするモロー反射って何? いつからいつまで? 点頭てんかんとの違いは?
赤ちゃんがビクっとするモロー反射って何? いつからいつまで? 点頭てんかんとの違いは?
生まれたばかりの赤ちゃんが、急にビクッとすることはありませんか? その動きは、モロー反射といいます。モロー反射が起こる理由、どんな時に起こるのか、いつまで起こるのかなどを解説します。

赤ちゃんをくるむことに特化された設計

赤ちゃんをくるむという点においてはタオルケットやブランケットでも代用できます。俗に言うおくるみですね。しかしスワドルミーは赤ちゃんをくるむことに特化されています。特化されているということはそれだけ赤ちゃんを「くるむ」こと、寝かしつけをすることにママをフォローする効果を発揮しやすいのです。そのためママにとってとても使いやすい仕様となっています。

おくるみは生後何ヶ月から何歳まで使えるの? 赤ちゃんにおくるみは必要? おすすめ10選!
おくるみは生後何ヶ月から何歳まで使えるの? 赤ちゃんにおくるみは必要? おすすめ10選!
ベビー用品として人気なおくるみ。赤ちゃんをおくるみで包み込んであげることで、赤ちゃんを安心させる効果があります。赤ちゃんがおくるみですっぽり包まれている姿も可愛いですよね。この記事では、おくるみのメリットや選び方、おすすめのおくるみをご紹介します。

スワドルミーを使うことで期待できるメリット

スワドルミーを使うことで期待できるメリット
スワドルミーを使ってどのようなメリットがあるのか? 本当に寝かしつけに有効なの? 普通のおくるみと変わらないんじゃない? というママは少なくないのではないでしょうか。次にスワドルミーについてのメリットを説明していきましょう。

適度なホールド感

先述の通りスワドルミーはモロー反射を防止することはできます。一方で赤ちゃんをガチガチにくるんでしまうことはありません。足はある程度動かせるように設計されています。そのため、赤ちゃんの股関節脱臼を予防することができます。また、上半身を包んだままおむつ替えすることができますので、おむつ替えの際にわさわざスワドルミーを取る必要がありません。スワドルミーは育児に手間がかからない設計になっているのです。子育ては時間勝負なので、これもスワドルミーの大きなメリットです。

赤ちゃんを包みやすい設計

スワドルミーで赤ちゃんを包む方法はとてもシンプルです。

  1. 広げたスワドルミーに赤ちゃんの下半身を入れる
  2. スワドルミーの左羽根で赤ちゃんの胴体を包み、赤ちゃんの右腕の下に挟む
  3. スワドルミーの右側の羽根を赤ちゃんの左側に巻き付ける
  4. 面ファスナーをとめる

スワドルミーで赤ちゃんを包む方法はこの4ステップのみです。あまり時間がかかりすぎると赤ちゃんが動き出してしまうことがあるためたった4ステップだけで包むことができるのは大きなメリットです。

スワドルミーの商品バリエーションとサイズ展開

スワドルミーの商品バリエーションとサイズ展開
スワドルミーはどんなバリエーションがあるのでしょうか。またサイズ展開もどの程度あるのかも気になりますよね。今までおくるみの類を購入したことがないパパママにとってはたくさんの種類があるなかどうやって選べばいいのかわからないでしょう。次に商品バリエーションとサイズ展開について紹介していきますね。

スワドルミーの商品バリエーション

スワドルミーには、「スワドルミー」と「スワドルミーラップサック」があります。「スワドルミー ラップサック」は赤ちゃんの両腕を出して使用できる仕様になっています。赤ちゃんが生後3ヶ月頃になると半ぐるみとして活用することもできます。手足の自由がきかないために赤ちゃんによってはおくるみを嫌がることがあります。そんな時にスワドルミーラップサックがあれば寝かしつけに活躍するでしょう。

スワドルミーのサイズ展開

スワドルミーの対象サイズはS、M、Lがあります。SとMは体重約3~6kg、身長48~66cmでLは体重約6.5~10kg 身長48-66cmが対象です。赤ちゃんの月齢でサイズを決めることもできるますが、あくまで赤ちゃんの身長を参考にすることが大切です。月齢よりも赤ちゃんの大きさに合わせたものを選んでくださいね。

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?
赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?
赤ちゃんが生まれたばかりの新生児から1歳頃までは、人生で一番成長する時期です。この時期の赤ちゃんの成長はパパママにとっても心配なはず。そこで、赤ちゃんの月齢ごとの平均身長や平均体重、月齢ごとにどのように発育していくのかについてご紹介します。

次のページではスワドルミーはいつまで赤ちゃんに使えるのか、おすすめのスワドルミーをご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!