女の子の初節句のお祝いはどんなことをするの? 雛人形の意味やお祝いメニューも紹介

女の子の初節句はいつ?

生まれて初めて迎える3月3日の桃の節句

女の子が、生まれて最初に迎える3月3日の桃の節句のことを初節句といいます。しかし、1月や2月生まれの赤ちゃんの場合は、まだ生後1~2ヶ月の状態で初節句を迎えることになります。赤ちゃんもママもまだ体調が整っていない状態の中、ひな人形を選びに外出したり、お祝いの準備をしたりするのは大変でしょう。その場合は翌年の3月3日を初節句としてお祝いしても構いません。ママや赤ちゃんに調度いいタイミングでお祝いしましょう。

関連記事

男の子の初節句のお祝いをしよう! 兜や鯉のぼり、料理、お返しの準備は?

桃の節句(ひな祭り)の由来


3月3日のひな祭りは、正しくは「上巳(じょうし、じょうみ)の節句」といいます。紙やわらで作った人形(ひとがた)を厄災の身代わり人形として川に流してお祓いをしていた行事と、平安時代から始まったおままごと遊びの原型となる「ひいな遊び」が結びついたのが、現在の「ひな祭り」です。

江戸時代になると、上巳の節句は女の子の節句とされるようになり、3月3日に桃の花が咲くことや、長生きするように百歳(ももとせ)という意味も込められ、3月3日が「桃の節句」と呼ばれるようになったのです。このような背景から、ひな人形は女の子の厄災を引き受けることが役目となり、女の子の桃の節句には「ひな人形が娘の災いを引き受け、美しく成長し幸せに暮らせますように」という願いが込められるようになりました。ひな人形は結婚式を表現しているともいわれ、女の子の幸せな結婚を願うという意味も込められているようです。

ひな人形の意味や役割の違い


江戸時代以降、ひな人形は「七段飾り」がもっとも壮麗な飾りでした。もともと「七」という数字は縁起の良いものとされていたため、七段となったようです。七段飾りにはそれぞれ役割があります。一番上段には親王(内裏様とも言う)の男雛と女雛がおり、二段目はその内裏様に仕えてお世話をする三人官女がいます。三段目は元気な子供に育つようにと、楽器を演奏して応援する五人囃子、四段目には悪党が近づかないように守ってくれる随臣(右大臣、左大臣)がいます。そして五段目には内裏様のお供や雑用をする仕丁で、笑い上戸、泣上戸、怒り上戸の3人がおり、表情豊かな子供に育つようにとの願いが込められています。

ひな人形はいつ、誰が買う?

2月初旬までに、両親か自分たちで購入する

ひな人形が本格的に店頭に並び出すのはお正月明けからです。ひな人形は基本的には1点物なので、人気のひな人形は早く売れてしまいます。ひな人形にこだわりたい場合には早めに見に行くのがおすすめです。ひな人形はママの両親が購入するのが一般的でしたが、最近ではパパの両親と折半することもありますし、地域によってもルールが異なります。予め確認しておくと安心ですね。両家の両親のどちらが購入するかで揉めるような場合には、パパママが自分たちで購入するという選択もあります。

姉妹がいる場合はひな人形を人数分買うべき?

姉妹それぞれに人形を贈るのが一般的

ひな人形の役割は女の子を災いから守ることなので、姉妹の初節句にはそれぞれに新しいひな人形を買ってあげるのが良いでしょう。しかし、ひな人形は高価なものですし、収納にも場所を取ります。そのため長女は親王飾り、次女は三人官女など買い足していくというケースもあります。長女の初節句でひな人形を一式買ってしまったという場合には、立雛や小さく飾れるタイプのひな人形でも良いですね。またママのひな人形を引き継ぎたいという場合もあるでしょう。その際は子供用のひな人形を買い足して一緒に飾ってあげてください。

関連記事

子供と一緒におひな様を手作りできる? パパママ向け、ハンドメイトのヒントも紹介

ひな人形はいつからいつまで飾る?

2月4日から飾りはじめ、3月3日に片付ける

ひな人形は、立春(2月4日頃)から飾り始めることができます。桃の節句の前日にひな人形を飾ると「一夜限り」となり、縁起が悪いとされているためできるだけ早めに飾るようにしてください。「3月3日を過ぎてもお雛様を飾っていると女の子の婚期が遅れる」と聞いたことがある方もいるかもしれませんが、昔ほど気にされなくなってきました。縁起を気にする場合にはひな人形を飾り始める時期、片付ける時期に気をつけてましょう。

女の子の初節句のお祝いの仕方


初節句のお祝いは家庭によってさまざまです。お祝いの席におじいちゃんやおばあちゃん、親戚などを招待する場合もあれば、パパママと子供だけでお祝いする場合もあります。そのためお祝いの形式は予めパパママで話し合っておくと安心です。おじいちゃんおばあちゃんにひな人形を贈ってもらった場合には、お祝いのお返しとしてお祝いの席に招待するのが一般的です。当日は一緒に食事をしたり、写真撮影をしたりなどが初節句のお祝いとしては多いでしょう。初節句のお祝いの日は、女の子に被布を着せたり、袴のロンパースやベビードレスを着せてあげるのもよいですね。

女の子の初節句のお祝いのメニュー


女の子の初節句の代表的なメニューと言えば「ちらし寿司」「はまぐりのお吸い物」「ひなあられ」「菱餅」「白酒」です。ちらし寿司は使われている食材には、「えび=腰が曲がるまで長生きするように」「れんこん=将来の見通しがきくように」「まめ=健康でまめに働ける」といった意味が込められています。はまぐりのお吸い物は、はまぐり自体が仲の良い夫婦を表すことから、「1人の人と添い遂げられますように」という願いが込められています。

ひなあられは、「ひな人形に春の景色を見せてあげる」という昔の風習から、ごちそうに添えられるものとして定着しました。菱餅は、色に意味を持ち、緑はよもぎで「健康」、赤は桃で「魔除け」、白は菱で「子孫繁栄」と雪で「清浄」となります。また、中国では桃の花をお酒にひたした「桃花酒」を3月3日に飲んでおり、日本に伝わった際に白酒に変わったといわれています。

女の子の初節句のお祝いの内祝いは必要?

初節句のお祝いの席への招待が内祝いとなる

初節句のお祝いを頂いた場合には、初節句のお祝いの席に招待することでお返しとします。お祝いを頂いた方が初節句のお祝いの席には出席できないという場合には、初節句から1週間以内にお返しをするようにしてください。難しい場合には、遅くても3月中にはお返しをしましょう。内祝いは、慶事のお祝い熨斗で水引は紅白の蝶結び、表書きは上段に「内祝い」下段に「子供の下の名前」を書きます。お礼状や初節句の際の写真を添えると丁寧な印象になります。

まとめ


女の子が生まれて初めて迎える桃の節句。ひな人形には昔からの習わしや意味がたくさんありますが、これからの健やかな成長と幸せを願う大切なイベントです。ぜひ家族みんなで初節句を楽しんでくださいね。

関連記事

お食い初めはいつ、どうやればいいの? お食い初めの献立に決まりはある?
お食い初めセットって何? 通販で頼めるおすすめのお食い初めセット10選
お宮参りっていつ、誰を呼んで行うものなの? 赤ちゃんやパパ、ママの衣装選びのポイントは?
お宮参りとは? 失敗しないための服装やマナーを解説
節分はいつ? 豆まきの由来は? 子供と楽しく豆まきする方法ご紹介
小学校の入学祝いは何がおすすめ?相場と定番、喜ばれるプレゼントを男女別に紹介