「抱き癖がつく」は嘘? 最新の育児論と赤ちゃん抱っこ事情を紹介

赤ちゃんに「抱き癖がつく」ってどういうこと?

「抱き癖がつく」ってどういうこと?
泣いている赤ちゃんを抱っこしていたら、「抱き癖がつくから気をつけてね」と実母やお姑さんに指摘されたという方もいるかもしれません。抱き癖がつくとは、頻繁に赤ちゃんを抱っこすることで癖がつき、抱っこされていない状態だと泣き止まなくなることです。

「赤ちゃんに抱き癖がつくから抱っこはダメ」はもう古い!

「抱き癖がつくから抱っこはダメ」はもう古い!
一昔前と現在では、育児に関するさまざまな常識が変わっています。たとえば、以前はビタミンDの欠乏を防ぐために赤ちゃんの日光浴が推奨されていましたが、紫外線が増えた現在は、日焼けのし過ぎはよくないといわれています。また、「頭の形がよくなる」、「よく寝てくれる」という理由で大流行したうつ伏せ寝も、乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクから、一歳未満は控えるように厚生労働省や多くの医師たちが伝えています。そして「抱き癖がつくのはよくない」という考え方も、今では時代遅れになっているのです。

関連記事

厚生労働省HP 乳幼児突然死症候群(SIDS)について

「赤ちゃんに抱き癖をつける」のが今の主流

抱き癖はつけない方がいいという考え方は、昭和30年代に広まりました。その背景には当時ベストセラーになったアメリカの育児書、『スポック博士の育児書』(ベンジャミン=スポック・マイケル=B=ローゼンバーグ著)の影響があるといわれています。当時の欧米では、「自立心を育てるために泣いてもすぐに抱っこをしない」、「赤ちゃんのうちから両親と別の部屋で寝かせる」という育児方法がスタンダードでした。この欧米式の考え方が国内で広く知れわたったことにより、抱き癖に対するマイナスイメージが浸透していったのです。ですが現在では研究が進み、泣いたら積極的に抱っこをした方がいいという考え方が国内では主流となっています

関連記事

エルゴの抱っこ紐が人気の理由とは?新生児から使えるおすすめのエルゴベビー5選!
おすすめ抱っこ紐10選!抱っこひも選びで知っておくべきポイントとは?

赤ちゃんを抱っこしない方が悪影響に


いくら泣いても親から抱っこをしてもらえなかったり、何の反応も得られなかったりすると、赤ちゃんは大きなストレスを感じてしまいます。そして乳幼児期に抱っこなどのスキンシップが十分に足りないと、情緒不安定な子供や短気な子供、自尊心が低い子供に成長してしまうといわれています。また、赤ちゃんを長期にわたって放置する行為が繰り返されると、赤ちゃんは泣くことを諦めて表情や感情が乏しくなる、いわゆるサイレントベビーになるという説もあります。

そのため、赤ちゃんが泣いたら家族などの周囲に助けてもらいながら、できる範囲で抱っこをしてあげましょう。手が離せないときは優しく声をかけてあげるだけでも赤ちゃんは安心します。※サイレントベビーは医学用語ではなく、その原因や症状、リスクに医学的根拠はありません。泣いている赤ちゃんを一回あやせなかった位ではサイレントベビーになることはないので、パパママは過渡に気にせずストレスを溜め込まないようにしてくださいね。

なぜ「赤ちゃんに抱き癖は悪いこと」とされていたの?

一昔前まで抱っこは甘やかしだと認識されており、赤ちゃんが泣くたびに抱っこをしていたら、わがままな子供や自主性のない子供に成長してしまうと考えられていました。また、抱っこしを続ける状態は親の負担が大きくなってしまうため、抱き癖はつけない方がいいとされていました。

赤ちゃんの抱き癖が子供に与えるプラスの影響

抱き癖が子供に与える影響
近年の研究で、抱っこや肌に触れるスキンシップを積極的に行った赤ちゃんとそうでない赤ちゃんでは、発達や情緒面で違いが生じることが分かっています。また頻繁に抱っこをされた赤ちゃんは、かんしゃくを起こしにくいという研究結果も出ています。

赤ちゃんの自己肯定感が高まり情緒が安定する

赤ちゃんは、お腹が空いたときやオムツが気持ち悪いとき、寂しいときなど、さまざまな感情や要求を泣いて表現します。そしてパパママにその感情を受け止めてもらい、要求を満たしてもらうことで「自分に関心を持ってもらっている」「守られている」と安心し、信頼感が芽生えます。その結果、自己肯定感や愛情形成などが育まれ、情緒が安定した子供へと成長していきます。

赤ちゃんの自立心が育つ

抱っこは赤ちゃんの自立心を育むのにも有効です。抱っこなどのスキンシップをとることで、「オキシトシン」という物質を分泌させることが分かっています。この物質は、親子間の絆形成、好奇心の増加、不安の減少、成長ホルモンの分泌促進、短気的な記憶力や集中力をアップさせるという作用があります。赤ちゃんは抱っこを通して、パパママが自分の『心のより所』であることを認識していきます。『心のより所』をもつことで赤ちゃんの心は安定し、一人遊びをはじめ、好奇心の赴くままにさまざまなことを挑戦できるようになります。そしてそれが自立心の形成へと繋がっていくのです。

赤ちゃんの抱き癖に関するママたちのお悩み

抱き癖に関するママたちのお悩み
「抱っこが好きで、なかなか寝てくれない…」「3歳になっても抱っこをせがむ…」「抱っこを嫌がるのは自閉症だから…?」など、抱き癖に関するパパママたちの悩みや疑問におこたえします!

赤ちゃんに抱き癖がついて寝かしつけが大変…

抱き癖がついて寝かしつけが大変…
寝かしつけの際、抱っこをやめると赤ちゃんが泣き出してしまう…そんな悩みを抱えているパパママも多いのではないでしょうか。抱き癖がついた赤ちゃんを上手に寝かしつけるためには、自分で眠れる力をつけてあげることが大切です。まず寝かしつける少し前から部屋を暗くして、睡眠の環境を整えてあげましょう。そして抱っこをした状態で寝かしつけるのではなく、ベッドや布団の上に横たわらせた状態で寝かしつけるようにしてください。ポイントは、泣いてもすぐにあやさず見守ること。最初はタイミングをつかむのが難しいですが、だんだんと赤ちゃん一人で眠れる力がついていきますよ。

関連記事

子供の寝かしつけにおすすめな方法 上手に寝かせるコツとは?
子供の寝かしつけにおすすめの入眠グッズ 絵本? アプリ? YouTube?

3歳の今も抱っこ好き。抱き癖はいつまで続く?

3歳の今も抱っこ好き。抱き癖はいつまで続く?
赤ちゃんは生後9ヶ月位からハイハイをはじめ、抱っこの要求が少なくなってきます。そして3歳にはほとんどの子供が自分で歩けるようになり、抱き癖がついた赤ちゃんもこの頃には自然に癖が取れます。ですが3歳を過ぎても抱っこをせがむ子供もいます。その理由は、「疲れた」「眠い」の他に、「甘えたい」「不安」「寂しい」などがあります。そのため、日頃から抱っこ以外のスキンシップをたくさんとったり前向きな声がけを行ったりして、「抱っこされていなくても大丈夫」と子供が安心感を得られるようにしてあげましょう

関連記事

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?

「赤ちゃんに抱き癖がつかない=自閉症」なの?

自閉症の赤ちゃんは抱っこを拒否する素振りを見せたり、無理に抱っこをしても落ち着きがなかったりします。そのため「赤ちゃんに抱き癖がつかないのは、自閉症だから?」と疑問を持つパパママが一定数います。ですが、抱き癖の程度やつく時期は赤ちゃんによってさまざま。また、自閉症の症状の出方は個人差が大きく複雑な基準で判断されるため、過度に心配する必要はありません。どうしても不安であれば、小児科などの専門家に相談してみてください。

まとめ

赤ちゃんにとって抱っこは親から愛情を感じることができる大切なスキンシップであり、重要なコミュニケーションでもあります。「愛されている」という概念がまだ分からない赤ちゃんでも、パパママが「自分を大切にしてくれている」ということは、抱っこを通して肌感覚で感じとれます。赤ちゃんが泣くたびにあやしてあげることは大変なことかもしれません。ですがいつかは抱っこをできなくなるときがきます。それまではできる範囲でたくさん抱っこをして、たっぷりの愛情を注いであげたいですね。