ベビーサークルって赤ちゃんの育児に必要? 中古や手作り品、代用品なども紹介

ベビーサークルとは?

ベビーサークルとは
ベビーサークルは、ハイハイや立ち上がって歩き出すくらいの0歳児~2歳の赤ちゃんを安全に遊ばせる場所を確保するための育児アイテムです。赤ちゃんはハイハイが始まるとビックリするくらい行動範囲が広がります。少し目を離しただけでとんでもないところまで行く事もありますし、なんでも口に入れてしまいます。誰かがみていなければいけませんが、つきっきりで赤ちゃんのお世話だけをすることはできませんよね。そんな時にベビーサークルは力強い味方になってくれますよ。

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均体重と身長、発育ペースは?
赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均体重と身長、発育ペースは?
赤ちゃんが生まれたばかりの新生児から1歳ごろまでは、人生で一番成長する時期です。この時期の赤ちゃんの成長はパパママにとっても心配なはず。そこで赤ちゃんの月齢ごとの平均身長や平均体重、月齢ごとにどのように発育していくのかを見通せるように、まとめて解説します!
赤ちゃんはいつからハイハイをはじめる? しない子もいる? おすすめのハイハイ練習方法5選!
赤ちゃんはいつからハイハイをはじめる? しない子もいる? おすすめのハイハイ練習方法5選!
赤ちゃんがハイハイを始めるのは生後7~8ヶ月といわれますが、赤ちゃんによってかなり個人差があります。「うちの子はなかなかはいはいしない!大丈夫?」と心配するパパママに、赤ちゃんがハイハイをする理由やしない赤ちゃんについてなど、ハイハイについての基礎知識をご紹介します。
赤ちゃんはいつ、つかまり立ちができるようになるの? 練習方法や安全対策を紹介
赤ちゃんはいつ、つかまり立ちができるようになるの? 練習方法や安全対策を紹介
つかまり立ちは赤ちゃんが歩くようになるまでのステップとして、成長の目安になります。ただ、つかまり立ちをするようになれば、転倒の危険があるので安全対策をしておきたいですね。赤ちゃんがなかなかつかまり立ちをしないので心配…というパパママのために、練習方法もご紹介します。

ベビーサークルの高さ

ベビーサークルの高さ
ベビーサークルの高さは60cmくらいからあります。あまり高いと圧迫感がありますし、低すぎるとせっかく中に入れているのに赤ちゃんが這い出てしまいます。子供は大人が思うよりも早く成長します。ある日突然、ベビーサークルを乗り越えてしまう事もあるので、ベビーサークルに入れているからと安心しすぎないように注意しましょうね

ベビーサークルがいらなかったという人も

ベビーサークルがいらなかったという人も
ベビーサークルがいらなかったというパパママもいます。ベビーサークルを設置する場所がなかった、入れると大泣きしてしまって赤ちゃんを入れることができなかった方もいます。活発な子は抜け出してしまったり、予想よりも大人しく使わずにすんだということもあるので、必要かどうかは赤ちゃんの個性にも関係してきますね。使う期間は短かったけど、あると緊急の時に使用できたりもするので、迷っているパパママは、必要かどうかを判断するためにレンタルなどで試してみることをおすすめします。

ベビーサークルの入手法

ベビーサークルの入手法
ベビーサークルが必要だと思うのなら、早めに準備することをおすすめします。子供は成長が早いため、考えている間に、あっという間に成長してしまい使う時期を逃してしまう事もあるからです。では、どのような入手方法があるのでしょうか。ご紹介していきますね。

ベビーサークルの入手法1:新品を購入

ベビーサークルはハイハイが始まる生後8ヶ月頃から2歳頃まで比較的長いこと使うことのできるアイテムです。お家のなかに触って欲しくないものがあふれているけど、なかなか片付けが追いつかない人もいますよね。赤ちゃんを安全に隔離しておきたいなど、長く使う予定がある方は、最初から購入してしまったほうがお得な場合もあります。

ベビーサークルの入手法2:中古を購入

古くてもいいので安く購入したい時に便利です。中古商品を探せるメルカリなどを利用すれば新品のベビーサークルをを購入するより値段を抑える事もできます。

ベビーサークルの入手法3:レンタルする

ベビーサークルが必要かどうか試してみたい時などにおすすめです。長い間借りているとコストがかかりすぎることもあるので上手に利用しましょう。

ベビーサークルの入手法4:手作りする

DIYが得意な方はベビーサークルを自分で作ってしまうという手段もあります。ですが、強度の問題もあるので、その辺りに対応できる道具を購入すると結構な金額がかかってしまうこともあります。一部のみを作成するなど臨機応変に考えるとオリジナルな使い勝手の良いものが作成できるのではないでしょうか。

ベビーサークルの入手法5:何かで代用する

ベビーサークルのように赤ちゃんの空間を確保することはできませんが、入って欲しくない場所だけ近づけないようにするなど代用品で対応することもできます。

段ボールで代用

動かせないように、中にものが入っている段ボールを並べる事で赤ちゃんの行き先をさえぎります。大きさが揃っていると並べやすいので、ペットボトルに入っている水や飲料等の買い置しているものを利用する方法もありますね。倒れると危ないものは避けましょう。

ベビーゲートで代用

ベビーゲート
ベビーサークルを嫌がる赤ちゃんでも、ベビーゲートを利用すればガードできます。ベビーゲートは設置できる場所が限定されますが、台所や階段などどうしても近づいて欲しくない場所に設置できるので、環境によって使い分けると便利ですね。

ベビーゲートおすすめ15選! 人気は? 設置方法は? 選び方や手作り方法も紹介
ベビーゲートおすすめ15選! 人気は? 設置方法は? 選び方や手作り方法も紹介
ハイハイや伝え歩きができるようになったら、赤ちゃんは家のあちこちを探検しはじめます。階段やキッチンなどで赤ちゃんがケガをしたらどうしよう…そんな不安はありませんか? 赤ちゃんの事故を防止してくれるベビーゲートの選び方やおすすめアイテムをご紹介します。

ベビーサークルを購入するならどれがおすすめ?

ベビーサークルを購入するなら
ベビーサークルは使える期間が長いので、愛用するなら最初から購入してしまうほうが結果的にお得になる場合があります。他の方はどのようなベビーサークルを選んでいるのでしょうか?その一部をご紹介していきます。

日本育児 洗えてたためるベビーサークル クラウド 生後5ヶ月~

対象年齢:生後5ヶ月~
サイズ:152x118x70cm
Amazonの人気ランキングで1位の商品です。汚しても洗えるところ、必要ない時には、たたんで片付けておくことができるのでポイントが高いです。急いでいる時にも、広げてロックするだけなので簡単に設置することができます。

Caraz ベビーサークル ベビーゲート パネル

サイズ:140x120x40 cm
韓国No.1のおしゃれなプレイマット通販サイト「プレイマットとベビーサークルの日本総代理店」であるCaraz(カラズ)では、【Carazベビーサークル ベビーゲート パネル 8枚セット】が1番人気でした。色も4色展開でおしゃれなサークルです。必要に応じて形が変えられるので、壁などを利用してスペースを広くすることもできるので、いろいろな使い方ができそうです。

ニトリ 遊具付きカラフル ベビーサークル

ニトリ 遊具付きカラフル ベビーサークル
ニトリではベビーサークルはネット限定で出ています。こちらは見ているだけで楽しくなるようなカラフルな色合いです。壁面に遊具がついているので、赤ちゃんが楽しく遊ぶ事もできます。

ニトリ 遊具付きカラフル ベビーサークル

西松屋 【SmartAngel】 らくらくベビーサークル

サイズ:98.6×19.2×19.2cm
壁面がメッシュになっていて、遠くからでも中の様子が確認しやすいので安心です。折りたたみができるタイプになっていて持ち運びに便利なキャリングバックがついています。ネットは取り外して洗うことができるので衛生的に保つことができます。

次のページではベビーサークルを中古やフリマサイトなどで購入する方法、手作りする方法についてご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!