子供が喜ぶダンボールハウスは手作りできる? ネットで購入できるキットも紹介!

子供はダンボールハウスのような秘密基地が好き!

子供はダンボールハウスのような秘密基地が好き!
子供のころ、秘密基地を作ってワクワクした経験はありませんか? 子供はなぜか壁に囲まれた狭い空間が大好き。そんな子供たちの遊び場に、ダンボールハウスはいかがでしょうか。軽くて丈夫なダンボールハウスは、子供の工作にもぴったりですよ。今回はダンボールハウスの魅力や作り方、ネットで買えるダンボールハウスキットなどをご紹介します。是非参考にしてくださいね。

子供用トランポリンの運動効果とは? おすすめトランポリン11選も紹介
子供用トランポリンの運動効果とは? おすすめトランポリン11選も紹介
ぴょんぴょん跳んで遊ぶトランポリンは、子供が大好きな遊具の一つ。トランポリンは、運動効果も高いのを知っていますか? 期待できる運動効果や、遊び時の注意点、おすすめの家庭用トランポリンを紹介します。

ダンボールハウスには魅力がたくさん

子供と一緒に楽しく作れるダンボールハウスには、工作の楽しさだけではなくメリットがいろいろあります。

家にあるもので作ることができる

ダンボールハウスは、もともと捨てるダンボールを利用して作ります。そのため、コストが抑えられるというメリットがあります。ゴミとして捨てずに、子どもの遊び場として再利用すれば環境にも優しいですね。

部屋に合わせてサイズコントロール可能

ダンボールハウスは子供が入って遊ぶものなので、ある程度のサイズが必要です。しかし、あまり大きすぎると部屋をダンボールボールハウスに専用されてしまうことも。そこで、置き場所が狭ければダンボールは1つだけ使用する、場所が取れるようなら4つ使用するなど、部屋に合わせて出来上がりサイズを調節できるメリットがあります。

いらなくなった時、気軽に処分できる

子供が中に入って遊ぶプレイハウスといった商品の中には、捨てる時に粗大ごみ扱いになることもあります。しかし、ダンボールハウスなら素材がダンボールなので、そのまま解体して通常のダンボールごみとして出すことができるのです。使い終わった後も手間がかからず便利ですね。

ダンボールハウスの作り方

ダンボールハウスの作り方

楽しく遊べてメリットがたくさんあるダンボールハウスを、子供と一緒に作ってみましょう。意外と簡単ですので、工作に自信がないというママも挑戦しやすいですよ。

ダンボールとカッター、ガムテープ、ペットボトルのキャップがあればOK!

ダンボールハウスの作り方をご紹介します。準備するものは、ダンボール2つとカッターとガムテープ、ペットボトルのキャップのみ。まず大きめのダンボールの上下を開きます。上下ともフラップを立てて四隅をガムテープで固定します。これで、縦長の壁が出来上がりです。次に、ドアと窓を大き目にくり抜きます。特にドアは、子供がが出入りする際にケガをしないように、アーチ状にするのがおすすめです。

ドアの取っ手は、ペットボトルのキャップをテープやのりで取りつけます。キャップがない時は、トイレットペーパーやラップの芯を適度な長さに切って使用してもいいでしょう。屋根は、ダンボールを折り曲げて作ります。事前にカッターで切れ目を入れてから折ると、きれいに折り曲がります。屋根を上にのせて見えないところをガムテープなどで軽く接着されば、簡単ダンボールハウスの出来上がりです。

ダンボール 2枚セット

お家にダンボールがない場合は、通販でもダンボールが購入できます。

段ボール用 カッター

通常のカッターでもOKですが、ダンボール用のカッターがあるとダンボールハウス作りには便利です。

手作りダンボールハウスのアレンジ

ダンボールハウスは素材がダンボールなので、切ったり貼ったり、色を塗ったりアレンジがしやすいのも特徴です。子供と一緒に世界にたった一つだけのオリジナルダンボールハウスを作ってみましょう。

屋根や窓に一工夫

屋根や窓をアレンジするだけで、ダンボールハウスがぐっとおしゃれに変わります。例えば、うろこ状にカットして色を塗ったダンボールを瓦のように並べて貼りつけると、おしゃれな屋根に大変身。窓にカウンターを作ったりオーニングをつけたりすれば、お店屋さんごっこにぴったりですよ。

リメイクシートを活用

自宅にあるダンボールを再利用して作る場合、ダンボールに商品名やイラストなとが印刷されていることがあります。絵具でペイントするのもいいですが、100均などで販売されている「リメイクシート」を使うと便利です。サイズに合わせてカットして貼るだけなので、とても簡単ですよ。木目柄やレンガ柄などシートの種類も豊富にあり、お気に入りを見つけてみましょう。

収納を考えて折りたたみ式も

子供が中に入って遊ぶダンボールハウスは、ある程度の大きさがあります。そのため掃除の時や、ちょっとした来客時などたたんで収納できると便利です。手作りダンボールハウスの作り方の中には、収納時を考えて折りたためるものもありますので、参考にしてみましょう。

手作りが難しいならキット購入もあり

頑張っても手作りする自信がない…という方には、組み立てるだけのキットがおすすめ。組み立てたらお好きな装飾をしてくださいね。

HOWAY オンリーハウスシリーズ

安心の日本製! 時計に郵便ポストにひょっこり顔が出せる天窓と、楽しい仕掛けが盛りだくさん!色違いの白もあります。

子供専用秘密基地 すまいるキッズハウス

赤いお屋根が可愛いダンボールハウスです。組み立てたら色づけせずにそのままでもOK!

hacomo ダンボールマイホーム

ダンボール マイホーム

ダンボール マイホーム

3,123円(10/22 05:48時点)
Amazonの情報を掲載しています
ダンボール工作商品で人気のhacomo(ハコモ)から販売されているダンボールハウスです。出窓や郵便受け、煙突つきで屋根には小窓もあります。ベースがシンプルな白なので、色を塗ったり飾りをつけたりしてアレンジを楽しんでみましょう。

まとめ:世界で一つのダンボールハウスで楽しもう

世界で一つのダンボールハウスで楽しもう
いかがでしたか? 引っ越しや家電の購入で捨ててしまいがちなダンボールも、ひと手間かければ立派な遊び場に大変身!親子で共同作業をすると、作る過程も楽しめますよ。世界で一つだけの素敵なダンボールハウスを作ってみてくださいね。

ままごとキッチンのおすすめ5選! 木製やダンボール、カラーボックスで手作りも!
ままごとキッチンのおすすめ5選! 木製やダンボール、カラーボックスで手作りも!
パパママが料理をする姿を見ていると、子供も料理やキッチンセットに興味を持ち始めます。そんな時、パパママの真似をしたがる子供に人気なおもちゃがままごとキッチンです。木製やダンボール素材のものや、カラーボックスで手作りするパパママもいます! ままごとキッチンの選び方やおすすめをご紹介します。
知育とは? 0歳~5歳の子供におすすめな知育教育を年齢別に紹介!
知育とは? 0歳~5歳の子供におすすめな知育教育を年齢別に紹介!
「知育」について子育て中のパパママなら一度は聞いたことがあっても、実際どのように始めればいいか悩む人もいるでしょう。専門の教材がなくても、家にあるおもちゃなどを使って今すぐ始められます。おすすめの教育方法や知育玩具について解説します。
スノードームの作り方! 簡単きれいに作るコツは?
スノードームの作り方! 簡単きれいに作るコツは?
スノードームは見ているだけで癒されますが、子供と手作りしても面白いです。家にある液体のりや水、ビーズなどの身近な素材や100均で手に入る材料を使ったり、手作りキットを使うことで簡単に作れますよ。スノードームの作り方や材料、キレイに作るコツなどをご紹介します。
ぷよぷよボールって何? 100均にもある? 作り方や遊びを紹介
ぷよぷよボールって何? 100均にもある? 作り方や遊びを紹介
夏祭りや縁日の屋台で、子供たちに大人気の「ぷよぷよボール(ぷるぷるボール)すくい」。そんなぷよぷよボールはお家でも楽しめるんです! ぷよぷよボールの作り方や注意点、子供向けの遊び方、大人向けの活用方法をご紹介します。
はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!