あると便利なおんぶ紐! おんぶ育児のメリットやデメリット、おすすめ4選を紹介!

おんぶ紐ってどんなもの? 絶対に必要?

おんぶ紐ってどんなもの? 絶対に必要?

おんぶ紐は赤ちゃんをあやしながら家事ができるので便利

おんぶ紐とは、赤ちゃんをおんぶする時に赤ちゃんを背中で固定することができるアイテムです。おんぶ紐は赤ちゃんを背負う形になるので、抱っこ紐を使う時のようにパパママの前方を妨げることがなく、家事や作業がしやすくなります。

おんぶ紐は赤ちゃんを背中で支えるため、抱っこ紐で抱っこをする時よりパパママの腰や肩に負担が少なく疲れにくいです。「赤ちゃんの体重が重くなればなるほどおんぶ紐を使う方が楽だった。」というパパママの声もあります。おんぶ紐は絶対に必要なものではないですが、あると便利な育児アイテムです!

「抱き癖がつく」は嘘? 最新の育児論と赤ちゃん抱っこ事情を紹介
「抱き癖がつく」は嘘? 最新の育児論と赤ちゃん抱っこ事情を紹介
「抱き癖がつくから抱っこはダメ!」うるさく言われたことがあるママも多いのではないでしょうか。一昔前は「抱き癖がつくのは良くない」とされていましたが、今は違います。むしろ抱き癖をつけた方が良いことばかり!どんなプラスがあるのか詳しく解説します。

おんぶ紐はいつから使えるの?

おんぶ紐はいつから使えるの?

生後4ヶ月頃から使えるおんぶ紐が多い

おんぶ紐は、赤ちゃんの首が座った生後4ヶ月頃から使うことができます。ただし、商品によっては対象年齢が生後6ヶ月以降のタイプもあるので、その場合はおんぶ紐の対象年齢の規定を守って使ってくださいね。おんぶ紐では赤ちゃんの首を支えることができないので、首が座っていないうちに使うと赤ちゃんの首がぐらぐらしてしまい危険です。

月齢の低い赤ちゃんは、おんぶ紐の間に隙間ができてしまうため、赤ちゃんが転落する事故も起こりやすいです。おんぶ紐をすると、パパママは赤ちゃんの様子を把握しにくくなるので、対象年齢や使用方法、装着方法をしっかり守って使うようにしましょう。

【管理栄養士が記事監修】赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 離乳初期、離乳中期、離乳後期、離乳完了期それぞれを紹介!
【管理栄養士が記事監修】赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 離乳初期、離乳中期、離乳後期、離乳完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんが生後5ヶ月、生後6ヶ月になった頃から離乳食はスタートします。ちょうど下の前歯が生えはじめる頃ですね。しかし、初めて子育てをするママは初めての離乳食でどんなものを食べさせればいいのか、不安ですよね。この記事では離乳食の基本的な内容を離乳初期、中期、後期、完了期に分けてご紹介します。

おんぶ紐を使ったおんぶ育児のメリット

おんぶ紐を使ったおんぶ育児のメリット
おんぶ紐を使ったおんぶ育児のメリットは大きく2つあります。おんぶ紐での育児は、パパママにとってだけでなく、赤ちゃんにとってもメリットがあるんですよ。

おんぶ育児のメリット1:パパママの両手と前方が空くので家事や作業がしやすい

おんぶ育児のメリット1:ママが両手を使える
おんぶ紐で育児をするメリットの1つは、赤ちゃんをおんぶをすることでパパママの両手が空いて自由に使えるようになることです。赤ちゃんが泣くたびに抱っこしたりあやしたりしていると、なかなか家事も進みませんよね。赤ちゃんをおんぶしていれば空いた両手で、掃除・洗濯・料理もできます。おんぶ紐をした状態でパパママが動いていると、赤ちゃんもゆらゆらと揺られるため、気持ちよくなっていつの間にか背中で寝てくれるなんてこともあります。

赤ちゃんの黄昏泣きが始まってなかなか手が離せなかったり、後追いが始まって、料理中にキッチンまでついてきてしまう時などは、おんぶで赤ちゃんをあやしながら家事をすることができます。おんぶ紐をしていると、パパママと赤ちゃんは密着した状態なので、お互いに体温や鼓動を感じ安心できる効果もあります。抱っこ紐で抱っこしている状態だと、前に赤ちゃんがいて少し動くのも大変ですが、おんぶ紐ならやりたい作業と育児が同時にできるのでとても便利ですよ。

赤ちゃんの後追いはいつからいつまで? 理由や注意点・対処法を紹介!
赤ちゃんの後追いはいつからいつまで? 理由や注意点・対処法を紹介!
赤ちゃんの後追いが始まると、トイレもゆっくりできない…家事も思うように進まない…などママがストレスに感じることもありますよね。赤ちゃんが後追いする理由や、いつからいつまで続くのか、後追いの対処法などをご紹介します。

おんぶ育児のメリット2:赤ちゃんの視野が広くなる

おんぶ育児のメリット2:赤ちゃんの視野が広くなる
おんぶ育児のメリット2つ目は、おんぶ紐でおんぶされた赤ちゃんの視野が広くなることです。抱っこ紐で抱っこした状態の赤ちゃんは目の前にパパママがいて安心することができますが、周りがよく見えません。おんぶ紐でおんぶをすることで、いつもより赤ちゃんの視線が上がり、パパママと同じ目線で周りを見ることができるようになります。そうすることで赤ちゃんが好奇心を高めたり、いろんな景色から刺激を与えることができます。おんぶ紐によっては赤ちゃんが埋もれてしまうものもあるので、できれば赤ちゃんの視野が広くなるように、赤ちゃんの頭がしっかりとパパママの首あたりに出るようなおんぶ紐を選ぶと良いでしょう

次のページではおんぶ紐育児のデメリット、おんぶ紐の種類やおすすめ製品についてご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!