あると便利なおんぶ紐! おんぶ育児のメリットやデメリット、おすすめ4選を紹介!

おんぶ紐ってどんなもの? 絶対に必要?

おんぶ紐ってどんなもの? 絶対に必要?

おんぶ紐は赤ちゃんをあやしながら家事ができるので便利

おんぶ紐とは、赤ちゃんをおんぶする時に赤ちゃんを背中で固定することができるアイテムです。おんぶ紐は赤ちゃんを背負う形になるので、抱っこ紐を使う時のようにパパママの前方を妨げることがなく、家事や作業がしやすくなります。おんぶ紐は赤ちゃんを背中で支えるため、抱っこ紐で抱っこをする時よりパパママの腰や肩に負担が少なく疲れにくいです。「赤ちゃんの体重が重くなればなるほどおんぶ紐を使う方が楽だった。」というパパママの声もあります。おんぶ紐は絶対に必要なものではないですが、あると便利な育児アイテムです!

おんぶ紐はいつから使えるの?

おんぶ紐はいつから使えるの?

生後4ヶ月頃から使えるおんぶ紐が多い

おんぶ紐は、赤ちゃんの首が座った生後4ヶ月頃から使うことができます。ただし、商品によっては対象年齢が生後6ヶ月以降のタイプもあるので、その場合はおんぶ紐の対象年齢の規定を守って使ってくださいね。おんぶ紐では赤ちゃんの首を支えることができないので、首が座っていないうちに使うと赤ちゃんの首がぐらぐらしてしまい危険です。月齢の低い赤ちゃんは、おんぶ紐の間に隙間ができてしまうため、赤ちゃんが転落する事故も起こりやすいです。おんぶ紐をすると、パパママは赤ちゃんの様子を把握しにくくなるので、対象年齢や使用方法、装着方法をしっかり守って使うようにしましょう。

関連記事

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?

おんぶ紐を使ったおんぶ育児のメリット

おんぶ紐を使ったおんぶ育児のメリット
おんぶ紐を使ったおんぶ育児のメリットは大きく2つあります。おんぶ紐での育児は、パパママにとってだけでなく、赤ちゃんにとってもメリットがあるんですよ。

おんぶ育児のメリット1:パパママの両手と前方が空くので家事や作業がしやすい

おんぶ育児のメリット1:ママが両手を使える
おんぶ紐で育児をするメリットの1つは、赤ちゃんをおんぶをすることでパパママの両手が空いて自由に使えるようになることです。赤ちゃんが泣くたびに抱っこしたりあやしたりしていると、なかなか家事も進みませんよね。赤ちゃんをおんぶしていれば空いた両手で、掃除・洗濯・料理もできます。おんぶ紐をした状態でパパママが動いていると、赤ちゃんもゆらゆらと揺られるため、気持ちよくなっていつの間にか背中で寝てくれるなんてこともあります。

赤ちゃんの黄昏泣きが始まってなかなか手が離せなかったり、後追いが始まって、料理中にキッチンまでついてきてしまう時などは、おんぶで赤ちゃんをあやしながら家事をすることができます。おんぶ紐をしていると、パパママと赤ちゃんは密着した状態なので、お互いに体温や鼓動を感じ安心できる効果もあります。抱っこ紐で抱っこしている状態だと、前に赤ちゃんがいて少し動くのも大変ですが、おんぶ紐ならやりたい作業と育児が同時にできるのでとても便利ですよ。

おんぶ育児のメリット2:赤ちゃんの視野が広くなる

おんぶ育児のメリット2:赤ちゃんの視野が広くなる
おんぶ育児のメリット2つ目は、おんぶ紐でおんぶされた赤ちゃんの視野が広くなることです。抱っこ紐で抱っこした状態の赤ちゃんは目の前にパパママがいて安心することができますが、周りがよく見えません。おんぶ紐でおんぶをすることで、いつもより赤ちゃんの視線が上がり、パパママと同じ目線で周りを見ることができるようになります。そうすることで赤ちゃんが好奇心を高めたり、いろんな景色から刺激を与えることができます。おんぶ紐によっては赤ちゃんが埋もれてしまうものもあるので、できれば赤ちゃんの視野が広くなるように、赤ちゃんの頭がしっかりとパパママの首あたりに出るようなおんぶ紐を選ぶと良いでしょう

おんぶ紐を使ったおんぶ育児のデメリット

おんぶ紐をつかったおんぶ育児のデメリット
おんぶ紐を使ったおんぶ育児にはデメリットもあります。まずは使い方が難しいということです。おんぶの仕方がよく分からないので、おんぶ紐を使わなかったというパパママの意見も多いようです。おんぶ紐の使用方法を守って、ちゃんとおんぶ紐を装着できているか、赤ちゃんが居心地よくおんぶされているかを確認することが大切です。

おんぶ紐でおんぶをすると、背負っている赤ちゃんの様子をパパママが確認できないこともデメリットです。そんな時は鏡を見て、赤ちゃんがどんな様子でいるかを確認してみましょう。おんぶ紐を使うとパパママの両手が空き自由に動くことができますが、うっかり家具や壁などに後ろの赤ちゃんをぶつけないように注意する必要があります。背中に赤ちゃんがいることを常に意識しながらおんぶするようにしましょう。

おんぶ紐の種類

おんぶ紐の種類
おんぶ紐はいろいろなメーカーからたくさんの種類の商品が販売されていますが、大きく分けると2つの種類があります。

おんぶ紐の種類1:おんぶ専用タイプ

おんぶ紐の種類1:おんぶ専用
おんぶ専用のおんぶ紐は昔ながらのおんぶ紐とも呼ばれます。昔ながらのおんぶ紐は、おんぶだけに特化しているためシンプルなものが多く、家事をするのにおすすめです。おんぶ紐のやり方を覚えれば簡単に装着ができるので、家の中でさっと取り出して使うことができます。おんぶ紐の紐を結ぶ長さで赤ちゃんの頭の位置や、パパママと赤ちゃんのフィット感を調節できるので便利です。昔ながらのおんぶ紐は胸元で紐をばってんで結ぶものが多かったですが、最近は胸元で紐をばってんに結ぶ必要がないタイプもあります。おんぶ紐に肩パットが入っていてママの負担を減らすことができるタイプも販売されていますよ。

おんぶ紐の種類2:抱っこ紐と兼用タイプ

おんぶ紐の種類2:抱っこ紐と兼用
抱っこ紐と兼用できるタイプのおんぶ紐もあります。抱っこ紐と兼用のおんぶ紐は、抱っこ紐として新生児の頃から使えるものも多いため、長い期間で使うことができます。また、コンパクトに収納できるものが多く持ち運びやすいので、抱っこ紐と兼用のおんぶ紐は外出する時にもおすすめです。外出先で、はじめはおんぶをしていたけれど子供が寝てしまったので抱っこに変えたい…という場合も対応することができます。

関連記事

おすすめ抱っこ紐10選!抱っこひも選びで知っておくべきポイントとは?

おんぶ紐のおすすめ4選!

おすすめのおんぶ紐1:LUCKY 1934 おんぶ紐

おすすめのおんぶ紐1:LUCKY 1934 おんぶ紐

対象年齢:【おんぶ・抱っこ】首が据わってから2歳頃まで(体重13kgまで)
参考価格:3,780円
楽天で見る

クッション性のある肩パットが入ているため、赤ちゃんをおんぶをしても肩が痛くなりにくい作りになっています。おんぶ紐の結び方は2通りあり、お腹の前で結ぶクロス結びと、胸を強調しない結び方ができます。こちらのおんぶ紐は、前抱っこにも対応しており、生後4ヶ月頃の首が据わってから使うことができます。デニム素材でスタイリッシュなデザインです。

おすすめのおんぶ紐2:昔ながらのおんぶひも

昔ながらのおんぶひも

対象年齢:【おんぶ】首が据わってから2歳6ヶ月頃まで(体重14.9Kgまで)、【抱っこ】首が据わってから1歳頃まで(体重11.3kgまで)
参考価格:3,218円
楽天で見る
Amazonで見る

昔ながらのおんぶ紐です。こちらのおんぶ紐はカラーバリエーションが豊富なので、お家用にカラフルなおんぶ紐を選んでみても良いですね。おんぶ紐でパパママの肩に当たる部分にはクッションが入っており、長時間おんぶしても肩が痛くなりにくい作りになっています。赤ちゃんのおしり受けはゆったりしているので、おんぶされている赤ちゃんも疲れにくい楽な姿勢をキープできます。抱っこにも対応しています。

おすすめのおんぶ紐3:北極しろくま堂 昔ながらのおんぶひも

北極しろくま堂 昔ながらのおんぶひも

対象年齢:【おんぶ】首が据わってから3歳頃まで(体重14.9kgまで)
参考価格:5,940円
楽天で見る
Amazonで見る

北極しろくま堂のおんぶ紐は、昭和30年代の型紙をリバイバルして作られました。胸元がばってんになるので、お家で家事をする時に重宝しそうです! こちらのおんぶ紐には赤ちゃんの足を通すところがないので、おんぶ紐で赤ちゃんが寝てしまっても、そのまま降ろして寝かせることができます。肩紐が太くできているので、肩への食い込みを押さえてくれます。昔ながらのおんぶ紐は赤ちゃんを高くおんぶできるのがポイントです。

おすすめのおんぶ紐4:エルゴ ベビーキャリー おんぶ紐

エルゴ ファムキャリー おんぶ紐

対象年齢:【おんぶ・抱っこ】首が据わってから3歳頃まで
参考価格:14,194円
楽天で見る

エルゴのファムキャリーは、おんぶが欠かせないパパママのために作られました。赤ちゃんの体重を肩と腰で支えるため、パパママの負担を軽減してくれます。おんぶ紐には、メッシュ素材のおなかホルダーが付いているので、おんぶする時に赤ちゃんがずれることなく簡単におんぶすることができます。取り外し可能な頭あてをすれば、赤ちゃんがおんぶで寝てしまっても、首を支えることができます。フードカバーも付いているので、外出時の日よけにも使えます。こちらのおんぶ紐は、胸元でバッテンにならないタイプで、メッシュ素材なので外出時にも活躍しそうです!

まとめ:おんぶ紐は1つ持っておくと便利! 使い方に合わせて選ぼう

まとめ:おんぶ紐は1つ持っておくと便利! 使い方に合わせて選ぼう
おんぶ紐はパパママにとっても赤ちゃんにとってもメリットがある便利な育児グッズです。赤ちゃんが日中ずっとグズグズしていてなかなか家事が進まない…と悩んでいるパパママは、赤ちゃんの首が座ってきたらぜひおんぶ紐を試してみてください。抱っこ紐は1万円以上のものが多いですが、おんぶだけができるシンプルなおんぶ紐は安価なものが多いですよ。