お正月前に知りたい、年齢別お年玉の金額相場一覧【親があげるときは? 親戚は?】

お年玉のルーツって?

お年玉のルーツって?

神様に捧げたおもちを子供に分け与えた習慣がルーツ

お年玉のルーツはお正月に神様にささげたおもちを子供に分け与える習慣だと言われています。江戸時代にはお餅ではなく、お金をあげる習慣に変わっており、それが現在まで受け継がれ、ポチ袋にいれたお金を子供にあげる習慣として現代に伝わりました。

お年玉は何歳頃からあげるものなの?

お年玉は何歳頃からあげるものなの?

決まったルールはない 兄弟、親族のルールに合わせるべき

お年玉は子供が幼稚園に通う頃、3歳頃から渡す家庭が増えてきます。小学校に上がってから渡す家庭もありますね。では、お年玉は赤ちゃんには渡さないのでしょうか? お年玉のルーツを辿れば、数え年で年を取った(数え年では正月を迎えると年齢が上がります)ことをお祝いする縁起物ですから、赤ちゃんにもお年玉を渡す家庭もあります。お金の代わりにベビー用品をプレゼントする場合もあります。何歳からお年玉を渡すのかは一般平均ではなく、兄弟、親族のルールに従った方がいいでしょう。

保育園、幼稚園に通う子供へのお年玉の金額相場

では、年齢ごと、渡す人ごとのお年玉の金額相場をご紹介します。ただし、下記相場はあくまで平均的な数字です。お金持ちが多い親族だともっと金額が大きくなるでしょうし、地域によっても違うかもしれないのでご注意ください。

パパママ 祖父母 親戚
相場 1000円 1000円 1000円

子供が小学校に上がるまではお金は渡さず、お菓子やおもちゃなどをプレゼントする家庭があるくらいですから、お金を渡す場合でも高額なお年玉を渡すことはありません。お年玉は親、祖父母、親戚でお年玉相場は違いますが、未就学児へのお年玉は一人で使うことはまずありません。お気持ち程度を渡せば充分で、1000円が相場となっています。保育園、幼稚園に通う子供ですから、500円硬貨でも充分に喜んでもらえるでしょう。

小学校生へのお年玉の金額相場

相場 パパママ 祖父母 親戚
小学1、2年生 2000円 2000~3000円 1000円
小学3、4年生 3000~5000円 3000~5000円 2000円
小学5、6年生 5000円~1万円 5000円~1万円 3000~5000円

年齢、学年ごとのお年玉相場は上の表をご覧ください。子供が小学校に上がる頃にはお金の価値も理解しはじめます。お年玉をもらうと子供たちは大喜び。渡す側もいくら渡せばいいのかでヤキモキしてしまうでしょう。お年玉は祖父母がパパママと同じくらいか少し高い金額、親しい親戚はパパママの半額くらいを渡せばいいでしょう。

小学校低学年の子供はあまりに大きな金額を渡しても上手に使うことはできません。2000円くらいのお年玉を渡すのが一般的です。小学3、4年生になると欲しいものもあるでしょうけれど、子供だけで使わせるのはまだ心配です。いただいたお年玉は一度、パパママが預かって、欲しいものを聞いた上で買ってあげるといいでしょう。

小学校高学年になると、もらうお年玉の金額が大きくなりますが、そろそろ子供を信頼して使い道を任せてみるのもいいかもしれません。ただし、何にいくら使ったのかは確認し、無駄遣いをしないように教育してあげましょう。

中学生へのお年玉の金額相場

パパママ 祖父母 親戚
相場 1万円 1万円 5000円

中学生になると毎月のお小遣いをもらっていて、お金の使い方はある程度学んでいるはずです。お年玉をあてにして欲しいものをリストアップしている子供もいます。無駄遣いをしないように注意しつつも、子供の自主性に任せてお年玉を使わせてもいいでしょう。同級生と遊びに行ったり、好きな洋服を買いに行ったり、中学生は意外とお金がかかる時期です。

高校生へのお年玉の金額相場

パパママ 祖父母 親戚
相場 1万円~15000円 1万円~2万円 5000円

パパママや祖父母は1万円以上を渡すのが一般的です。反抗期真っ盛りな子供もいると思いますが、中学生以上に高校生は欲しいものがたくさんあります。お年玉を渡して少しくらいぶっきらぼうな返事をされても気にしないようにしましょう。親戚の子供にお年玉を渡す場合は高校生であっても5000円くらいを渡せば充分です。

お年玉はなぜポチ袋に入れるの? ポチ袋がないときはお金を手渡しでもいい?

接点の少ない親戚へのお年玉はどうすればいい?
子供にお金を手渡しはあまりマナーのいいことだとされていません。ポチ袋がないときは折り紙やティッシュに包んだり、お金が見えないようにして渡すのがいいでしょう。ポチ袋はお正月が近づくとコンビニやスーパー、100円ショップで売られています。親戚と会うときはあらかじめポチ袋を購入し、お札の両替もしておいた方がいいでしょう。1000円札がないと、5000円、1万円を渡すことになるかもしれませんよ。

ポチ袋のポチは「少しだけ」を意味する関西の言葉から来ていると言われています。少額のお金を包んで旅館や料亭の人に渡す包み紙のことをポチ袋と呼んでいて、お年玉袋も同じような包み紙で渡していたので、お年玉袋のことを関西ではポチ袋と言っていました。関西以外の地域にもポチ袋という言葉が伝わったのは、ポチ袋だと高額なお金を入れなくても大丈夫、という気持ちがあったとも言われています。

遠い親戚へのお年玉はどうすればいい?

お年玉を渡すときに悩ましいのが滅多に会うことのない、接点があまりない親戚の子供にお年玉をいくら渡すべきなのかです。上で紹介した親戚のお年玉相場に合わせる必要はありません。少し少ないくらいの金額を渡してあげましょう。

なお、昔、自分の子供がお年玉をもらっていた場合は相手の子供にお年玉を渡すのがお年玉の礼儀とされています。昔もらったお年玉の金額を覚えたり、記録する必要はありませんが、いただいたお年玉はお返しするのを忘れないようにしてください。

いまどきのお年玉の貯金事情

いまどきのお年玉の貯金事情
昔はもらったお年玉はすべてパパママが預かり、貯金している家庭も多くありました。「我が家がそうだった」と心当たりがあるパパママもいるでしょう。大学生や大人になり、お金の使い方を理解してから貯金を子供に渡したり、教育資金の積み立てに回したり、家庭によってお年玉の貯金事情はさまざまでした。

最近では、お金の使い方、お金の価値を勉強してもらうために、お年玉はあえて貯金に回さず、子供に自分で使い道を考えさせる家庭が多いようです。賢いお年玉の使い方ができない時もあるでしょう。でも、それも勉強です。「もっと上手な使い方をすれば良かった…」と反省してくれるなら、それもいい機会だと思いませんか?

まとめ:親族のお年玉事情も知っておきましょう

一般平均でのお年玉相場についてご紹介しましたが、お年玉相場は親族や周囲にいる人によって変わります。この記事の相場表を見て「思っていたより安い」と思った人は、そちらに合わせてお年玉を渡した方がいいでしょう。子供がもらったお年玉は親が必ず金額の確認をしています。自分の子供がもらった金額を見て、渡すお年玉の金額を決めたり、将来お返しするお年玉の金額を把握するからです。

こういった大人同士の配慮のしあいで、親族のお年玉相場が平均より高くなっている場合もあるので、自分の子供がお年玉をもらった場合、金額の確認は忘れずに行いましょう。当然ですが、他の人から見えない場所でこっそり確認してくださいね。