子供のお小遣いの平均額はいくら? お小遣いの使い道やあげるときのポイント

子供にはいくらお小遣いをあげるべき?

子供にはいくらお小遣いをあげるべき?
小学校入学前や小学生の子供がいる家庭では、お小遣いについて悩み始める時期ですね。子供のお小遣いはどのくらいが妥当なのでしょうか? 今回はお小遣いに悩んでいるパパママへ向けて、子供の平均額や使い道などを紹介します。

子供には何歳からお小遣いをあげる?

子供には何歳からお小遣いをあげる?
お小遣いは、子供の小学校入学を機にあげる家庭が多いようです。小学校に入ると数字を学び始めるため、子供は自然にお金に興味を持ち始めます。お小遣いをスタートすれば、数字や足し算・引き算に慣れたり、金銭感覚が身についたりと、子供が多くのことを学ぶきっかけになるでしょう。また、お小遣いは親からだけでなく、子供の約4人に1人は祖父母からお小遣いをもらっているという家庭も多いようです。

子供のお小遣いの平均額

子供のお小遣いの平均額
ここからは、子供のお小遣いの平均額を見ていきましょう。

定期的なお小遣いの平均

小学1~3年生 小学4~6年生 中学生
1207円 1996円 2449円

小学校までの定期的なお小遣いは、1ヶ月平均で2000円以内となっています。小学校低学年のうちは、金銭的な感覚がまだつかめていないため、お小遣いが少ない傾向にあります。小学校4〜6年生になると、お金の価値もしっかり理解できるようになるころですね。友達と遊ぶ機会や活動範囲が広がることもあり、お小遣いを増やす家庭が多いようです。

お手伝いのお駄賃など不定期なお小遣いの平均

小学1~3年生 小学4~6年生 中学生
親からもらう平均金額 108円 157円 532円
祖父母からもらう平均金額 448円 706円 1800円

小学生の子供がいる家庭では、親のお手伝いや祖父母からのご褒美など、お駄賃をもらうことも少なくありません。平均金額はパパママよりも、祖父母からもらうお小遣いの方が多いことが分かります。

小学生のおこづかいの平均は? もらい方と渡すタイミング。お小遣いに関する注意点まとめ
小学生のおこづかいの平均は? もらい方と渡すタイミング。お小遣いに関する注意点まとめ
お友達がおこづかいをもらうようになると、そろそろ家もと考えなければいけません。でも、小学生のおこづかいってどれくらいが妥当なのでしょうか。ここでは小学生のおこづかいの平均や渡し方、さらに、おこづかいに関する注意点をまとめてご紹介したいと思います。
帰省ブルーとは? 帰省ブルーの回避方法やママのリアルな体験談を紹介!
帰省ブルーとは? 帰省ブルーの回避方法やママのリアルな体験談を紹介!
年末年始やゴールデンウィーク、お盆にパパもしくはママの実家に帰省する憂鬱さを表した「帰省ブルー」。「義母が家事を分担してくれて楽」と感じるママがいる一方で「ストレスを感じる」と思うママも。実は帰省ブルーに陥るのはママだけではありません。みんなの意見を交えつつ、家族のありかたを考えてみましょう。

小学生の子供のお小遣いの使い道ベスト10

小学生の子供のお小遣いの使い道ベスト10
バンダイこどもアンケートレポートによると、小学生のお小遣いの使い道は、お菓子やジュースなどの飲食物が1位となっています。男女別で見ると、男の子が遊ぶ目的での使い道が多い一方で、女の子の使い道は文房具や服・ファッション、友達へのプレゼントなどもランクインしています。

小学生のお小遣いの使い道
1位 お菓子やジュースなどの飲食物
2位 文房具
3位 マンガ(雑誌・コミック)
4位 貯金
5位 おもちゃ
6位 ゲーム(アミューズメント施設内)
7位 書籍(マンガ以外)
8位 ゲームソフト
9位 カードゲーム
10位 服・アクセサリー

男女別

男子 女子
1位 お菓子やジュースなどの飲食物 お菓子やジュースなどの飲食物
2位 マンガ(雑誌・コミック) 文房具
3位 貯金 マンガ(雑誌・コミック)
4位 ゲームソフト 貯金
5位 文房具 書籍(マンガ以外)
6位 おもちゃ 友達へのプレゼント
7位 ゲーム(アミューズメント施設内) 服・アクセサリー
8位 書籍(マンガ以外) ゲーム(アミューズメント施設内)
9位 カードゲーム 外出時の交通費
10位 外食 映画を観に行く

「小中学生のおこづかいに関する意識調査」結果|バンダイ

次のページでは子供にお小遣いをあげるときのポイントやママたちのお小遣い事情についてご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!