赤ちゃんの沐浴のやり方! 必要アイテム、新生児を洗うコツ、わかりやすい動画も紹介!

赤ちゃんの沐浴とは?


新生児のうちは、ベビーバスを使う沐浴という方法でお風呂に入れてあげる必要があります。新生児の赤ちゃんは抵抗力が弱く、へその緒から細菌が入りやすいため、パパママと同じお風呂に入ることはできません。赤ちゃんは汗をかいたり、うんちでおしりが汚れたりするので、沐浴できれいにしてあげましょう。生後1ヶ月健診で医師の許可がでれば、赤ちゃんは大人と同じお風呂に入ることができますよ。

沐浴に必要なアイテムは?


・ベビーバス
・洗面器(お湯をためられるものであればOK)
・ベビーソープ(沐浴剤でもOK)
・ガーゼ2枚(大判と小さめのものを用意)
・温度計(あると便利)

沐浴剤は石鹸を使わなくても汚れが落とせる全身洗浄料で、デリケートな赤ちゃんの肌にも使うことができます。また保湿効果もあり、洗い流す必要もありません。大判のガーゼは沐浴布、小さめのガーゼは洗い布と呼ばれています。温度計があると正確にお湯の温度が把握できるので安心ですし、数百円で手に入る温度計もありますよ。

おすすめの沐浴温度計:ドリテック デジタル湯温計 ガーくん

お湯の温度を測る時は、温度計をベビーバスのお湯に浮かべるだけ。40℃超えると、赤いランプが付きます。デジタルなので温度計のメモリを見る必要がないので便利です。

【2020年最新】ベビーバスのおすすめ21選! エアータイプ、シンクタイプなど人気のベビーバスは?
【2020年最新】ベビーバスのおすすめ21選! エアータイプ、シンクタイプなど人気のベビーバスは?
ベビーバスは赤ちゃんの沐浴で使う育児アイテムです。エアータイプや洗面台をベビーバス代わりにできるアイテム、コンパクトに折りたためるタイプなど、どこで誰が沐浴をするのか、収納場所があるかなども選ぶ際に重要です。タイプ別におすすめのベビーバスを紹介します。
赤ちゃんのお風呂に沐浴剤は必要? ベビーソープは使うの? 効果とおすすめ品も紹介
赤ちゃんのお風呂に沐浴剤は必要? ベビーソープは使うの? 効果とおすすめ品も紹介
新生児期の入浴は、ベビーバスを使った沐浴がメインです。そんなとき、あると便利なのが沐浴剤。体も頭も洗える上に入浴剤と違って上がり湯が不要、さらには保湿効果もあるため、ママにとって嬉しいアイテムです。必要性や効果など沐浴剤の基本から、ママたちの疑問まで解説します。

沐浴の準備(赤ちゃんを裸にする前に)


赤ちゃんを裸にする前に、沐浴の準備をしておきましょう。お風呂から出た後もスムーズに着替えができるよう、赤ちゃんを裸にする前に準備しておくことが大切です。

沐浴の準備1:バスタオル、着替えを準備しておく

沐浴後の赤ちゃんをスムーズに拭いて着替えさせられるよう、バスタオルや肌着、ベビー服、おむつなどをセットしておきましょう。肌着は紐を解いて、下からベビー服、肌着、おむつの順に広げて重ねておきます。バスタオルは着替えセットの上に広げ、お風呂から上がった赤ちゃんをすぐに拭いてあげられるようにしましょう。

お風呂あがりに保湿やスキンケアをする場合は、バスタオルや着替えセットと一緒に準備しておきましょう。

沐浴の準備2:ベビーバスに38℃前後のお湯をはる

沐浴のお湯は38℃前後が適温です。冬はお湯が冷めやすいので40℃くらいのお湯で準備するといいでしょう。沐浴剤を使う場合は、沐浴剤をお湯に溶かしておきましょう。

赤ちゃんのベビーバスはいつまで使うの? 選び方やおすすめはどれ? タイプ別にメリット・デメリットを紹介
赤ちゃんのベビーバスはいつまで使うの? 選び方やおすすめはどれ? タイプ別にメリット・デメリットを紹介
首が座っていない赤ちゃんを片手で支えながら、もう一方の手で石鹸をつけて体を洗ったり流してあげたりするのは大人用の大きなお風呂では難しいですね。そういう方におすすめなのが新生児の赤ちゃん用のベビーバスです。いろいろな種類のものをタイプ別にご紹介します。

赤ちゃんの沐浴のやり方


沐浴の基本的な流れをご紹介します。

沐浴のやり方1:赤ちゃんを正しく持ちましょう

利き手とは反対の手で赤ちゃんの肩から頭にかけて支え、利き手で赤ちゃんのおしりを支えて持ちます。(右利きの人は、左手で赤ちゃんの首から頭にかけて支え、右てで赤ちゃんのおしりを支えます。)沐浴中に赤ちゃんの耳に水が入らないよう、支えている手で両耳をふさいであげましょう。

沐浴のやり方2:赤ちゃんの足先からゆっくりお湯に入れましょう

赤ちゃんの服を脱がせたら足先からそっとお湯に入れ、肩まで浸からせます。赤ちゃんの体がお湯に浸かったら、お腹に大判のガーゼ(沐浴布)をかけてお湯をかけなじませます。

沐浴布は、赤ちゃんを安心させたり、冷えを防止する役目があります。大判のガーゼがない場合は、小さめのガーゼで代用しましょう。

沐浴のやり方3:赤ちゃんの顔・頭・体を洗いましょう

沐浴では、赤ちゃんがベビーバスに浸かっている状態で、顔、頭、体の順番に洗います。赤ちゃんが汗をたくさんかいている時、皮脂の分泌が多い時は、ベビーソープや沐浴剤を使って洗ってあげましょう。「顔」「髪の毛」「首・脇・お腹」「手・足」「背中・おしり・股」と部分による詳しい洗い方は次章でご紹介します。

沐浴のやり方4:お風呂から出る時はきれいなお湯で流しましょう

赤ちゃんがお風呂から出る時は、洗面器や手桶に溜めたきれいなお湯で体を流してあげましょう。石鹸が残っていると、肌トラブルの原因になります。

赤ちゃんのお風呂はいつから? ワンオペで赤ちゃんとお風呂に入る時のコツ!
赤ちゃんのお風呂はいつから? ワンオペで赤ちゃんとお風呂に入る時のコツ!
「赤ちゃんのお風呂の入れ方は、これで合っているのかな?」と悩んでいませんか? シャワーを使っていいのか、1人で入れるときはどうしたらいいのか…赤ちゃんのお風呂に関する悩みは意外ありますよね。いろいろなシーンを想定した赤ちゃんのお風呂の入れ方を紹介するので参考にしてください。

赤ちゃんの顔・頭・体の洗い方


赤ちゃんの顔や体を部分別に、詳しい洗い方を紹介します。

洗面器に溜めたお湯に浸したガーゼを使い、顔を優しく拭いてあげましょう。目のまわり、おでこ、鼻、ほっぺ、口のまわり、あご、と上から順番になるように拭くのがポイントです。赤ちゃんの皮脂が多くベビーソープを使う時は、手でやさしく洗ってあげましょう。

頭・髪の毛

手にせっけんやベビーソープを付け、手でくるくると洗い、しっかり流してあげましょう。赤ちゃんの頭は皮脂の分泌が多いため、湿疹やかさぶたができる「乳児脂漏性湿疹」になりやすいです。そのため、赤ちゃんの頭は特に丁寧に洗ってあげる必要があります。

首・脇・お腹

首・脇・お腹と上から順番に洗っていきます。しわに汚れが溜まるので、手で優しく念入りに洗ってあげましょう。

腕・手のひら・足

腕、手のひら、足の順番で洗います。腕や足は優しく握り、パパママの手をひねるようにして「脇から手首」「足の付け根から足首」にかけて洗いましょう。らせんを描くイメージです。

赤ちゃんは手をぎゅっと握っていることが多く、ほこりが溜まりやすいです。沐浴の際は、手のひらも開いて洗ってあげてくださいね。

背中・おしり・股

体の前面を洗い終わったら、赤ちゃんを下向き持ち替えて背中とおしりを洗います。赤ちゃんを下向きにする際は、今まで洗っていた方の手で、赤ちゃんのあごが腕に乗るようにして支えます。

背中とおしりが洗い終わったら、赤ちゃんが仰向けになるように持ち替えて股を洗います。おしっこやうんちがたまりやすい場所なので、丁寧に洗いましょう。

赤ちゃんの沐浴のやり方を紹介している動画も

助産師で働いているママが、新生児のお風呂の入れ方を紹介しています。動画だと、よりわかりやすくイメージすることができますよ。沐浴のやり方は6:00から流れます

赤ちゃんを沐浴させる時間帯やタイミングは?

  • 1日1回、赤ちゃんの機嫌がいい時に行う
  • 授乳前(空腹時)や授乳直後(満腹時)は避ける
  • 夜なら8時くらいまでには沐浴を済ませる

沐浴は赤ちゃんの機嫌がいい時に1日1回行いましょう。授乳前は赤ちゃんの機嫌が悪くなりやすく、授乳直後は吐き戻してしまう可能性があるので、避けた方がいいでしょう。沐浴をする時間帯に特に決まりはありませんが、午前中か午後かくらいは、パパママの中で決めておくといいですよ。毎日同じ時間帯に沐浴をすることで赤ちゃんも生活リズムもつきます。あまり遅い時間にならないよう、夜の8時くらいまでには沐浴できるといいですね

赤ちゃんの沐浴をしてはいけないのはどんな時?

  • 高熱で食欲や元気がない時
  • 機嫌が悪くいつもと様子が違う時

赤ちゃんの高熱時、機嫌が悪くいつもと様子が違う時、食欲がなく元気がない時、などは沐浴を控えましょう。沐浴をしない時は、汚れやすい場所をお湯で湿らせたガーゼやタオルなどで優しく拭いてあげます。また、汗をかいている時は、こまめに着替えさせることも大切です。1日、2日、沐浴ができなくても大丈夫です。赤ちゃんの体調がよくなったら、沐浴を再開してあげてくださいね。

まとめ

初めての沐浴は誰でも緊張するものです。沐浴の際に赤ちゃんの服を脱がせると泣いてしまうかもしれませんが、お湯に浸かると泣き止んでくれることも多いです。沐浴の流れや洗い方のコツを知っておくだけで、パパママも落ち着いて沐浴を行うことができますよ。

赤ちゃんの温泉デビューはいつから?パパママが注意するポイントや赤ちゃん連れにおすすめの日帰り温泉も紹介
赤ちゃんの温泉デビューはいつから?パパママが注意するポイントや赤ちゃん連れにおすすめの日帰り温泉も紹介
「赤ちゃんはいつから温泉に入っていいの?」と疑問をもつパパママは多くいます。赤ちゃんもルールやマナーを守れば問題なく温泉に入れます。赤ちゃん連れでの温泉のマナーや注意点、おすすめの日帰り温泉をご紹介します。
赤ちゃんをお風呂に入れる際に待たせる方法とは? 入浴時の便利なグッズもご紹介
赤ちゃんをお風呂に入れる際に待たせる方法とは? 入浴時の便利なグッズもご紹介
赤ちゃんを一人でお風呂に入れなければいけない時は、やることがたくさんあって慌ただしくなってしまうものです。特に、1歳未満の乳児は目が離せないので、お風呂に入れる際の注意点などは気になるものですよね。そこで乳児親子向けのお風呂の便利グッズを紹介します。
赤ちゃんが快適な部屋の温度、湿度とは? 赤ちゃんからの暑い・寒いのサインを見逃さないで!
赤ちゃんが快適な部屋の温度、湿度とは? 赤ちゃんからの暑い・寒いのサインを見逃さないで!
赤ちゃんにとって快適な温度や湿度はどのぐらい? 暑い・寒いのサインはどこを見ればいい?など、赤ちゃんスペースの環境づくりについて、おさえておきたいポイントを解説します。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!