新生児用ベビーシートって? 種類は? 何歳から何歳まで? おすすめ5選を紹介

目次

ベビーシートとは?

ベビーシートとは?
ベビーシートとはチャイルドシートの1種で、生まれてすぐの新生児から使用できる、乳幼児を寝かせた状態で車に乗せるためのチャイルドシートです。6歳未満の子供は年齢に応じてベビーシートやチャイルドシートの着用する必要があり、道路交通法で着用義務が定められています。

ベビーシートとチャイルドシートは何が違うの?

種類 対象年齢 身長 体重
ベビーシート 1歳頃まで 70cm以下 10kg以下
チャイルドシート 1歳~4歳頃まで 100cm以下 9〜18kg
ジュニアシート 4歳~10歳頃まで 140cm以下 15kg〜36kg

ベビーシートは1歳までの赤ちゃん専用のチャイルドシート

チャイルドシートは子供の年齢や身長、体重に合わせてベビーシート、チャイルドシート、ジュニアシートの3種類に分けることができます。一般的には一括りにチャイルドシートと呼ばれることが多いのですが、上の表のように分けることができるのです。今回紹介するベビーシートは1歳になるまでの赤ちゃん、新生児や乳児を対象としたものだと考えてください。

子供の月齢や年齢によってベビーシート、チャイルドシート、ジュニアシートと使用するシートが違うのは、主に子供の体格と骨格の成長の違いだと考えてください。赤ちゃん、特に新生児の場合は体のサイズが非常に小さく、1歳児以降用のチャイルドシートだと安全に体を包み込むことができません。そのため、月齢の低い時期に使用するベビーシートは、赤ちゃんの体に合わせ、顔や首、体のまわりにクッションが多くつけられています。また、新生児は骨格が未発達で首まわりが特に弱く、安全性の観点から前向きにシートに座ることができません

そのため、ベビーシートではシート部分をリクライニングさせ、衝突時に赤ちゃんの首に負担がかからないよう、進行方向と逆の方向の後ろ向きに寝かせる仕組みになっています。チャイルドシートやジュニアシートは大人と同じように前向き乗車でシートに座るようになっており、ベビーシートの最大の特徴は「シートをリクライニングさせ、後ろ向きに座る」ことだと考えてください

関連記事

チャイルドシートのおすすめ8選! 何歳からいつまで着用義務がある? ISOFIXやシートベルト式の選び方は?
赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?

人気のベビーシートはチャイルドシートとの兼用モデルが多い

上で、チャイルドシートはベビーシート、チャイルドシート、ジュニアシートの3種類に分けられると紹介しましたが、実際はベビーシート・チャイルドシート兼用モデルか、チャイルドシート・ジュニアシート兼用モデルとして販売されているのが一般的です。ベビーシートの機能を持つチャイルドシートはリクライニング機能など、複雑な仕組みが必要になるため、サイズが大きく、販売価格も高額になりがちです。

ベビーシートは何歳から何歳まで使えるの?

何歳から何歳まで使えるの?

ベビーシートの対象年齢は0歳~1歳頃まで

ベビーシートの対象年齢は新生児から1歳頃までで、身長70cm、体重10kg未満が目安とされています。4歳頃まで使用できるものや、着用義務のなくなる6歳頃までずっと使えるようなチャイルドシート兼用のモデルもあります。0歳から6歳までは、ベビーシートやチャイルドシートの着用義務があるため、新生児の赤ちゃんと車で移動する場合ベビーシートは子育ての必須アイテムと言えますね。ベビーシート・チャイルドシート兼用モデルの場合は3~4歳頃まで使用できるタイプが一般的ですが、ベビーシートの対象年齢や規定の身長、体重はモデルにより異なるので、購入する前に確認が必要です。

ベビーシートの種類は?

ベビーシートの種類は?

ベビーシートの種類1:車のみで使用するタイプ

車のみで使用するベビーシートは、基本的には一度車に取り付けたら外すことはなく、そのまま車内のみで使い続けます。車のシートベルトをベビーシートに通して座席に固定するタイプと、車両にある金具にコネクターをはめて固定するISOFIXタイプがあります。たくさんの商品があり、色や形、特徴もさまざまで価格もピンキリなので、ライフスタイルに合わせて選ぶ必要があります。

ベビーシートの種類2:ベビーキャリーやロッキンチェアとして使える持ち運びタイプ


上の動画で紹介されているベビーシートのように、ベビーシートの中には、シート部分を取り外し、ベビーキャリーやロッキンチェアとして使用できるタイプがあります。新生児対応のベビーシート機能を持つチャイルドシートは、車の中ではチャイルドシート、車を降りて移動するときは持ち手のあるベビーキャリーに、室内ではロッキングチェアーとして使えるモデルがあります。ベビーカーブランドによってはベビーキャリー部分をベビーカーに取り付けられるタイプもあり、非常に便利です。

ベビーシートをそっと取り外し、そのままベビーカーに取り付けられるのは育児中のパパママなら誰もが「いいかも」と思うでしょう。車の中で気持ちよく寝ていた赤ちゃんが車を降りるときに起きてしまい、わんわん泣いてしまう…なんてことは多くのパパママが経験しているはずです。

ベビーシートの価格相場は?

ベビーシートの価格相場は?
ベビーシートは産院から退院したらすぐに必要になりますので、車移動をする場合はあらかじめ用意をしておかなければなりません。一体どれくらいの価格で購入することができるのでしょうか? 0歳から1歳頃まで使用できるベビーシート専用のタイプは、およそ2万~4万円の価格帯で購入できます。その後も使えるチャイルドシート兼用のものになると、2万~8万円程だと考えてください。価格幅が大きいのは、機能や性能に違いがあるからです。各ご家庭の状況に合わせて、どのくらいの機能のベビーシートが必要なのかを考えて選ぶといいでしょう。

ベビーシートの台座とベビーカーフレームは別売りなので注意!

なお、ベビーシートは後ほど紹介するシートベルト固定方式とISOFIX固定方式の2パターンの車への固定方式があります。シートベルト固定方式の場合はシート本体だけを購入すれば使用できますが、ISOFIX固定方式のベビーシートの場合、台座部分を別に購入する必要があります。ISOFIX固定方式のベビシートを購入する場合は上で紹介した2万~4万円のシート本体費用以外にも台座部分の費用もかかると考えてください。また、ベビーシートをベビーカーとして使用する場合もベビーシートを載せる専用のベビーカーフレームの購入も別途必要です。ISOFIX固定方式の台座とベビーカーフレームまでを揃えると、総額が非常に高額になるのは覚悟しておきましょう。

ベビーシートの使用頻度が少ない場合はレンタルがおすすめ

使用期間や使用回数が少ない場合はレンタルがおすすめ
ベビーシートを購入するまでもないな…と思うのなら、レンタルという手段もあります。赤ちゃんとの車移動はほとんどしないという家庭は、ベビーシートが必要な時にレンタルする方法で充分かもしれません。ベビーシートの使用目安は1歳頃までなのですが、1歳前でも身長や体重がベビーシートの規定を超えた場合はチャイルドシートに移行する必要があります。大きめの赤ちゃんはさらに使用期間が1年以下になる可能性があるので、ベビシートのレンタルを検討するのもおすすめです。レンタルの場合、使わなくなったら返却するだけなので、収納や処分をする手間がないことがメリットです。兄弟が生まれた時のことを考えればベビーシートを使用する期間や回数は増えるの購入した方が安いと言えますが、ベビー用品の進化は著しいので、常に最新のものを使いたい場合はベビーシートのレンタルを検討するとよいでしょう。

なお、ベビーシートのレンタルの場合、シート本体、台座は別々にレンタルする必要があります。シートベルト固定方式で良ければシート本体のみのレンタルで済みますが、ISOFIX固定方式での使用を考えているパパママは台座部分のレンタルも忘れないようにしてください。

関連記事

チャイルドシートをレンタルする時のポイント! 貸出期間や価格、おすすめ7選を紹介

赤ちゃんのベビーシートの選び方

赤ちゃんのベビーシートの選び方
大切な赤ちゃんの命を守るベビーシートは、種類がたくさんあって迷ってしまいますよね。ベビーシートを選ぶ時に、チェックすべきポイントをあげてみました。

安全基準が満たされているベビーシートか

安全基準が満たされているベビーシートか
国土交通省が認定するチャイルドシートの安全基準マークがあるかどうかを確認しましょう。2006年に見直された新基準なら「Eマーク」。旧基準を満たしたものは「自マーク」がベビーシートの裏側に表示されています。

ベビーシートの固定方式はシートベルト固定式か、ISOFIX固定式か

固定方式はISOFIX式が簡単でおすすめ
ベビーシートやチャイルドシートを車に装着する時の固定方法には「シートベルト固定式」と「ISOFIX固定式」があります。シートベルトでのベビーシートの脱着は慣れていないと難しく、シートがしっかりと車に固定されているのかが心配になることもあります。ISOFIX固定式は、車の後部座席についている金具にISOFIX固定器具を差し込むだけなので装着が簡単です(※)。
※2012年7月以降に販売された車にはISOFIXが装備されていますが、それ以前の車の場合は確認が必要です。

ISOFIX固定式のベビーシートの方が多機能

装着の簡単さ以外にもISOFIX固定式を選ぶメリットはあります。ISOFIX固定方式のベビーシートでは台座部分を360°回転させることができるなど、台座部分にいろいろな便利機能が搭載されているものがあります。ベビーシートを90°回転させることができると、ベビーシートからの上げ下ろしやおむつ替え、ミルクをあげやすいなどのメリットが大きいので、そういった点からISOFIX固定式のベビーシートを選ぶのもいいでしょう。

ベビーシートの使い勝手がよいか

使い勝手がよいか
ベビーシートが車のサイズに合っているかどうかは必ずチェックするようにしてください。軽自動車とバンでは後部座席の広さが違います。単にベビーシートの取り付けが可能かだけではなく、赤ちゃんの乗せ降ろしはしやすいのか、あると便利なドリンクホルダーは装備されているのか、強い日差しから赤ちゃんを守る日よけはあるのか、などもチェックするようにしてください。また、赤ちゃんは汗をかきやすく、ミルクの吐き戻しなども考えられるので、ベビーシートのクッションやシートを取り外して洗うことができるかもチェックしておいた方がいいでしょう。こまめにクッションを洗うことができると、ベビーシートを清潔に保つことができ、赤ちゃんも気持ちよく過ごすことができますよ。

ベビーシートを設置する時の注意点

ベビーシートを設置する時の注意点

ベビーシートは後ろ向きに設定する

ベビーシートは必ず後ろ向きに装着し、赤ちゃんを寝かせた状態で乗せてください。赤ちゃんは頭が大きくて重く、首の骨が未発達なので、生後4ヶ月頃までは首が据わっていません。柔らかな体で重い頭を支えているため、ベビーシートを前向きに取り付けると肩だけが固定された状態になります。その状態で急ブレーキや車の衝突の衝撃を受けると、頭だけが前に行ってしまい赤ちゃんの首に負担がかかってしまうのです。ベビーシートを後ろ向きに取り付けることで、受ける衝撃を頭や首だけでなく、後頭部や背中に分散して受け止められるようになります。また、ベビーシートを車に装着する時は助手席は避け、後部座席への取り付けをおすすめします。どうしても助手席にベビーシートの設置が必要な場合は、助手席エアバッグを必ずオフにして設置するようにしてください。

ベビーシートのおすすめ5選!

それではパパママにおすすめのベビーシートを紹介しましょう。こちらの記事ではあえて赤ちゃんのためだけに設計された、ベビーシート専用モデルをご紹介します。兼用モデルは1歳以上の子供も想定しているため、サイズが大きくなったり、新生児や乳児向け専用設計ではなかったりするため、ベビーシート専用モデルに絞ってご紹介します。ベビーシート・チャイルドシート兼用モデルをお探しの方は下記記事内でおすすめしている製品をご覧ください。

関連記事

チャイルドシートのおすすめ8選! 何歳からいつまで着用義務がある? ISOFIXやシートベルト式の選び方は?

おすすめベビーシート1:日本育児 スマートキャリー ISOFIXベースセット

スマートキャリー ISOFIXベースセット

メーカー名:日本育児
参考価格:22,800円
楽天で見る
amazonで見る

チャイルドシート選びでは必ず選択肢に入る日本育児の人気シリーズです。スマートキャリー ISOFIXベースセットはベビーシート本体とシートを車に固定する台座部分がセットになって2万円代前半と手頃な値段が魅力的です。こちらはベビーシート・チャイルドシート兼用モデルではありませんが、新生児~生後15ヶ月までの体格に合わせてシート部分が設計されているため、兼用モデル以上に赤ちゃんの体にフィットしてくれます。固定方式はISOFIX固定式とシートベルト固定方式のどちらも選択が可能です。スマートキャリーは専用の「トラベルシステム用 ベビーカーフレーム」を購入すれば、ベビーカーとしても使用できます。ベビーシートと新生児向けのA型ベビーカーがこれ1つで対応可能だと考えると決して高い買い物ではないでしょう。兼用モデルのチャイルドシートではなく、赤ちゃん専用の安心できる製品が欲しいというパパママ、孫には安全性の高い製品を使って欲しいと考える祖父母から孫へのプレゼントとしてもおすすめです。

日本育児 スマートキャリー ISOFIXベースセットの商品詳細
固定方式 シートベルト固定方式、ISOFIX固定式
台座部分は別売か、セットか ISOFIX固定式の台座はセット販売のため、購入不要
ベビーカーに装着 可能。別売の「スマートキャリー専用ベビーカーフレーム」の購入が必要です。
適合年齢 新生児~15ヶ月頃まで
適合身長
適合体重 新生児~13kg
製品重量 キャリー:約3.5kg、ベースセット:約5kg
サイズ 幅44cm × 奥行68cm × 高さ58cm
洗濯機での洗濯
メーカーHP こちら

おすすめベビーシート2:Combi(コンビ) EX COMBI グッドキャリー

EX COMBI グッドキャリー

メーカー名:Combi(コンビ)
参考価格:37,800円
楽天で見る
amazonで見る

Combi(コンビ)のチャイルドシートの特徴として、事故時の衝撃から赤ちゃんを守るエッグショックを採用していることがあげられます。グッドキャリーにはさらに赤ちゃんに自然で安定した姿勢を提供し、ストレスの少ないリラックス状態をつくるインナークッション「ダッコシートα」が付いています。車のシートへはISOFIXではなく、シートベルトで固定するタイプになっていますが、説明書を見ながら取り付ければそれほど難しくはないでしょう。グッドキャリーはシートベルト固定式のため、ベビーシートの台座部分は別に購入する必要はありません。ただし、ベビーシートをベビーカーに装着する場合は別途、トラベルシステムキットの購入が必要となります。

Combi(コンビ) EX COMBI グッドキャリーの商品詳細
固定方式 シートベルト固定式
台座部分は別売か、セットか 不要
ベビーカーに装着 可能。別売の「トラベルシステムキット」の購入が必要です。
適合年齢 新生児~1歳頃まで
適合身長
適合体重 新生児~10kg
製品重量 3.3kg
サイズ 幅46cm × 奥行69cm × 高さ35cm
洗濯機での洗濯
メーカーHP こちら

おすすめベビーシート3:マキシコシ(MAXI-COSI) ペブルプラス

マキシコシ ペブルプラス

メーカー名:マキシコシ(MAXI-COSI)
参考価格:37,800円
楽天で見る
amazonで見る

オランダ生まれの人気チャイルドシートメーカー、マキシコシのベビーシートです。シートベルト固定方式で使用する場合は台座部分の購入は不要ですが、ISOFIX固定式で使用したい場合は別売の「2WayFix(2ウェイフィックス)」の購入が必要です。マキシコシのベビーシートに対応するエアバギーなどのトラベルシステムをさらに別途購入すればベビーカーとして使用可能です。赤ちゃんの安全性、快適性、エアバギーにも搭載できる点など魅力が多いベビーシートですが、台座部分とトラベルシステムの両方を購入すると非常に高額になってしまいます。手頃なベビーシートが欲しいというパパママは総額が高くなってしまうことに注意してください。なお、マキシコシ ペブルプラスは欧州の最新の安全基準「i-Size(アイサイズ)R129」に適合しており、現時点で世界最高峰の安全基準をクリアしています。「赤ちゃんにはできるだけ安全なものを与えたい」と考えているパパママは「i-Size(アイサイズ)R129」をクリアしたベビーシートという点に注目してください。

マキシコシ(MAXI-COSI) ペブルプラスの商品詳細
固定方式 シートベルト固定方式、ISOFIX固定式
台座部分は別売か、セットか シートベルト固定方式の場合は台座不要。ISOFIX固定では台座「2WayFix(2ウェイフィックス)」を別途購入する必要あり
ベビーカーに装着 可能。別売の「ベビートラベルシステム」の購入が必要です。
適合年齢 新生児~15ヶ月頃まで
適合身長
適合体重 新生児~13kg
製品重量 13kg
サイズ 幅44cm × 奥行67cm × 高さ56cm
洗濯機での洗濯
メーカーHP こちら

関連記事

マキシコシのチャイルドシートは新生児向け? 選び方とメリット・デメリットのまとめ

おすすめベビーシート4:Aprica(アップリカ) インファントカーシート

インファントカーシート

メーカー名:Aprica(アップリカ)
参考価格:32,400円
楽天で見る
amazonで見る

チャイルドシートブランドとしてはCombi(コンビ)と並ぶ人気の高さを誇る、Aprica(アップリカ)製ベビーシートです。固定方式はシートベルト固定方式とISOFIX固定方式のどちらも選択可能です。こちらのベビーシートは欧州での最新の安全規格「i-Size(アイサイズ)R129」に適合しており、従来の前後からの衝突安全性テスト以外にも左右からの衝突安全性テストもクリアしています。2019年5月時点で世界でもっとも安全性の高いベビーシートの1つと言えるでしょう。具体的には頭部を含めた赤ちゃんの全身を衝撃から守る「全身マモールクッション」やベビーシートの左右からの衝撃吸収を強化する「サイドシールド」など、全方位からの衝撃から赤ちゃんを守る設計となっています。

Aprica(アップリカ) インファントカーシートの商品詳細
固定方式 シートベルト固定方式、ISOFIX固定式
台座部分は別売か、セットか シートベルト固定方式の場合は台座不要。ISOFIX固定では台座「インファントカーシート ベース」を別途購入する必要あり
ベビーカーに装着 可能。別売の「スムーヴ トラベルシステム」の購入が必要。
適合年齢 新生児~1歳頃まで
適合身長 50cm~70cm
適合体重 新生児~13kg
製品重量 2.6kg
サイズ 幅43.7cm × 奥行67cm × 高さ33.9cm
洗濯機での洗濯
メーカーHP こちら

おすすめベビーシート5:ブリタックス・レーマー(Britax Romer) BABY-SAFE i-SIZE

BABY-SAFE i-SIZE

メーカー名:ブリタックス・レーマー(Britax Romer)
参考価格:38,880円
楽天で見る
amazonで見る

日本ではあまり馴染みがないメーカーですが、メルセデスベンツやBMWを抱える自動車大国ドイツのチャイルドシートブランドです。BABY-SAFE i-SIZEはシートベルト固定式で使用するなら台座部分は不要ですが、上げ下ろしやおむつ替えなどで、赤ちゃんの向きを360°で変えるような使い方をする場合はFLEX BASEと呼ばれるISOFIX固定用の台座を購入する必要があります。こちらの製品はベビーシートをベビーカーに装着するオプション製品などは用意されていません。なお、こちらのベビーシートも最新の安全規格「i-Size(アイサイズ)R129」に適合しており、高い安全性能が外部機関でのテストで実証されています。

ブリタックス・レーマー(Britax Romer) BABY-SAFE i-SIZEの商品詳細
固定方式 シートベルト固定方式、ISOFIX固定式(別売りのFLEX BASEが必要)
台座部分は別売か、セットか シートベルト固定方式の場合は台座不要。ISOFIX固定では台座を別途購入する必要あり。
ベビーカーに装着 不可
適合年齢 新生児~15ヶ月頃まで
適合身長 40cm~83cm
適合体重 新生児~13kg
製品重量 2.6kg
サイズ 幅43.7cm × 奥行67cm × 高さ33.9cm
洗濯機での洗濯
メーカーHP こちら

まとめ:赤ちゃんを守るベビーシートは安全性と快適さで選びましょう

まとめ:
赤ちゃんを守ってくれるベビーシートは、取り付け方法や使用方法を守り、万が一に備えてください。また、ベビーシート購入の際は値段ばかりに注目せず、安全性や赤ちゃんの快適さも考えて購入するようにしてください。赤ちゃんが座るのを嫌がらないベビーシートなら、移動中もスヤスヤ寝てくれることが多いため、パパママも楽チンですよ。