チャイルドシートの着用義務は何歳から何歳まで? 大人用シートベルトはいつから使えるの?

チャイルドシートの着用義務、法律では0歳~6歳まで

チャイルドシートは新生児から使える? 何歳まで着用義務があるの?

日本では生まれたばかりの赤ちゃんから6歳未満までの子供を車に乗せるときは、チャイルドシートの着用義務があります。これは道路交通法で定められており、チャイルドシートの着用義務に違反した際は違反点数1となります(反則金は無し)
チャイルドシートの着用が義務づけられるようになったのは2000年4月からです。2000年以前は交通事故での子供の死亡数、死亡率は今以上に高く、交通事故での子供の怪我や死亡事故を防止するために義務化されました。

骨格や筋肉が未発達な赤ちゃんはチャイルドシート無しでは危険

骨格や筋肉が未発達な赤ちゃんはチャイルドシート無しでは危険
1歳頃までの赤ちゃんは首の骨や筋肉が未発達で、急ブレーキや車の衝突時の衝撃を体全体に分散して受け止めることができません。そのため、新生児用のチャイルドシートは赤ちゃんを寝かせた状態で使用し、赤ちゃんに伝わる衝撃を後頭部や背中に分散して受け止められるように設計されています

チャイルドシートを正しく着用した子供は事故での死亡率が1/16に下がる

チャイルドシートは子供の安全を守るため、子供の年齢や体格に合わせて適切に作られています。首が座っていない新生児は寝かせて固定したり、まだ体が小さい子供に合わせて設計されたクッションで体全体を包み込むようにホールドしたり、子供にあったサイズのベルトでしっかりと体を固定してくれたり、などです。子供のために作られたチャイルドシートを着用していると、万が一交通事故に遭っても死亡率が1/16まで減少するというデータが警視庁から発表されています。

身長140cm未満の子供はシートベルトも危険

上記はJAFが作成した動画で、これを見るとチャイルドシートを使用せずに交通事故に遭った場合、子供がいかに危険なのかがよくわかります。大人のひざの上で子供を抱っこするのはもちろん危険ですが、チャイルドシートを使わずに子供を大人用の座席に座らせ、大人用のシートベルトで体を固定するのも大変危険です
車に備え付けられた安全装備にはシートベルトがありますが、シートベルトは身長140cm以上の大人を想定して開発されています。140cm以上の人がシートベルトを正しく着用すると、肩から腰にかけての部分と左右の骨盤をシートベルトがしっかりと支えてくれます。しかし、140cm以下の子供がシートベルトを使用した場合、適切に体を固定できないどころか、シートベルトを着用すると首にベルトがかかってしまうなど危険な状態になってしまいます

バスやタクシーではチャイルドシートの着用義務が免除

タクシーやバスでもチャイルドシート着用は必要?
チャイルドシートは、公共交通機関ややむを得ない事情があるときは、チャイルドシートの着用義務が免除されます。タクシーやバスなどの公共交通機関は子供が必ず乗るとは限らず、子供が乗る際にチャイルドシートをその都度用意して脱着するのも大変なためです。また、怪我をした子供を病院へ連れて行かなければならない時など、やむを得ない理由がある緊急時も着用が免除されます。

チャイルドシートの着用義務が免除されるケース

  • 座席の構造の問題でチャイルドシートを固定させることが出来ないとき(車内のどの座席にも固定できない場合のみ)
  • 座席数以上の数の人を乗せるため、乗車する子供の数と同じ数のチャイルドシートを固定することができないとき(ただし乗車人員の制限を超えない範囲で)
  • 負傷や障害がある子供で、チャイルドシートを使うと健康によくないとき
  • 肥満などの身体的な理由によってチャイルドシートが体に合わないとき
  • 運転者以外が授乳などチャイルドシートをつけたままではできないお世話を行っている子供を乗せるとき
  • タクシーやバスなどに子供が乗るとき
  • 許可を受けて人の運送用に自家用車を使い、運転者が当該運送のため子供を乗車させるとき
  • 応急救護のための医療機関や官公署などに緊急に搬送の必要があるとき

チャイルドシートは年齢や身長で3種類にわけられる

チャイルドシートは厳密には3種類にわけられる
チャイルドシートは年齢や体格に合わせて「ベビーシート」、「チャイルドシート」、「ジュニアシート」の3つの種類に分けられます。法律上はこの3種類のシートを「幼児用補助装置」(通称チャイルドシート)と呼びます。安全のためにも年齢や体格に合わせたものを選びましょう。

チャイルドシートの種類を年齢、身長、体重で比較

種類 対象年齢 身長 体重
ベビーシート 1歳頃まで 70cm以下 10kg以下
チャイルドシート 1歳~4歳頃まで 100cm以下 9〜18kg
ジュニアシート 4歳~10歳頃まで 140cm以下 15kg〜36kg

ベビーシートはおもに新生児や乳児が対象で、身長70cm以下までの1歳前後の赤ちゃんに使用することができます。チャイルドシートは身長65cm~100cm、年齢は1歳~4歳頃までの幼児が対象です。最後にジュニアシートですが、身長100cm~140cm、年齢は4歳~10歳頃までが対象で、おもに就学前から小学校4、5年くらいまでの子供が使用します。各シートを選ぶ際には上記表の身長と年齢を基準にしてください。

次のページでは、チャイルドシートを設置するときの注意点を解説します!

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!