トイレトレーニングはいつからやる? 進め方、便利グッズ、嫌がるときの対処法を紹介!

トイレトレーニングはいつから始める?

子供の成長に合わせた開始時期

トイレトレーニングには「いつから始めましょう!」という決まりはありません。1番は子供の成長に合わせることです。トイレトレーニングが始められる子供の成長目安は、以下で確認してみてください。

  • 1人で歩くことができる
  • 簡単な言葉が理解できる、話せる
  • おしっこの間隔が2時間以上あいている

トイレに1人で歩いて行ける、パパママの問いかけに「うん」「やだ」などの受け答えができれば、トイレトレーニングを始めてもいいサインです。そろそろトイレトレーニングを始める時期かな?と思ったら、赤ちゃんのおむつを1日こまめに確認し、おしっこの間隔が2時間以上あいているかも確認してみましょう。

年齢の目安

トイレトレーニングを始める年齢は「2歳~2歳半頃」の家庭が多いですが、歩けるようになった1歳頃から、3歳頃に始める家庭もあります。

周りの子供がトイレトレーニングを始めたり、完了したりする話を聞くと焦ってしまうパパママもいるかもしれませんね。トイレトレーニングの開始時期、終了時期が早ければいいというものではありませんので、年齢は目安として考えてくださいね

後でトイレトレーニングの進め方でも紹介しますが、トイレに関する絵本や動画を見せることもトイレトレーニングです。トイレトレーニングは、少しずつできるところから、子供のペースに合わせて進めてあげるのがいいでしょう。

進めやすい季節

トイレトレーニングは春~夏に始めるのがいいと聞いたことがあるママもいるでしょうか。春や夏にトイレトレーニングを開始すると、「洗濯物が乾きやすい」「薄手の衣類を着ているので脱がせやすい(脱ぎやすい)」「お漏らしした時に体が冷えにくい」などのメリットがあります

トイレトレーニング中はお漏らしで洗濯物が増えたり、布団が濡れたりします。薄い衣服の方が脱ぎ着もしやすいので、ズボンを下ろすのに時間がかかり漏れてしまう…ということも防ぐことができます。

「春や夏頃にトイレトレーニングを開始しよう」とパパママの中でタイミングの目安を決めておいてもいいでしょう。

一方、冬の寒い時期はお漏らしすると寒さや気持ち悪さを強く感じるので、トイレトレーニングが短期間で終わったというママの声もありますよ。

保育園に通っている子供のトイレトレーニングはどう進める?


保育園では保育士さんがトイレトレーニングを行ってくれますが、家でもしっかりサポートを行うことが大切です。保育園でトイレに行く習慣がついたり成功していたりしても、パパママが忙しいからと家でトイレトレーニングを怠ってしまうとなかなか進みません

早生まれだと同じクラスの子供と約1年差がある場合もあるので、周りの子がどんどんパンツになっても焦らなくて大丈夫ですよ。保育士さんは、複数の子供のトイレトレーニングを経験しているので、不安なことは保育士さんに相談してみてくださいね。必要であれば保育士さんから「そろそろトイレトレーニングをはじめましょう」と声がかかることもあります。

家での様子も報告しながら、保育園と家庭で協力しながらトイレトレーニングで進めていきましょう。

保育園ではトイレトレーニングはどうしてるの? 家庭でもできるトイレトレーニングのコツ
保育園ではトイレトレーニングはどうしてるの? 家庭でもできるトイレトレーニングのコツ
トイレトレーニングっていつから始めるの? どうやって?幼稚園や保育園に丸投げってありなの? 夏はトイトレ絶好のチャンス! 今年の夏にトライ!保育士経験のあるママライターが保育園のノウハウでトイレトレーニングをご紹介します。

幼稚園の入園までにおむつがはずれなかったら?


幼稚園の入園までに「トイレトレーニングを終えて1人でトイレに行けるようにしてください」と説明されることが多いでしょう。早生まれだと3歳の誕生日を迎えたばかりの子供もいます。入園までにトイレトレーニングが終わらなかった場合は、幼稚園でも協力してもらうことはできるので、焦らなくても大丈夫です

年少組の子供全員がトイレトレーニングを終えているとは限りませんし、幼稚園に入園して環境が変わることでまたオムツが必要になる子供もいます。また入園して周りの友達の影響を受けて、1人でトイレに行けるようになる場合もありますよ。

トイレトレーニングに時間がかかってしまう場合でも、いつかおむつは取れるもの。パパママは焦らず気長に付き合ってあげることも大切です。

トイレトレーニングの進め方


一般的なトイレトレーニングは以下のような流れで進めていきます。

  1. 絵本や動画で「トイレが何か」を意識させる
  2. 子供に「トイレに行ってみよう」と誘う
  3. トイレに座ることに慣れさせる(おまるや補助便座を使ってもいい)
  4. 1日に何回かトイレにいく習慣をつける
  5. トイレでおしっこやうんちをする
  6. 自分から「トイレに行きたい」と教えられる
  7. まずは家の中でパンツを履いて過ごしてみる
  8. おでかけや寝ている時もパンツで過ごせたら完了

この流れがスムーズにいくことばかりでなく、途中で上手くいかなくなったら前のステップに戻してみたり、1度中断して休むことも大切です。細かい進め方は、これから紹介する内容を確認してくださいね。

1、絵本や動画で「トイレでする」を意識する

トイレトレーニングの最初のステップは、「おしっこやうんちはトイレでする」ことを理解してもらうことです。絵本や動画では「トイレってどんなところ?」を理解してもらうのに効果的です

普段のおむつ替えから、「おしっこしたね!」「うんち出たね!」と声をかけてあげれば、おしっこやうんちが何かを子供に理解してもらうことができますよ。

トイレトレーニングにおすすめな絵本1:ノンタンおしっこしーしー

ノンタンおしっこしーしー (赤ちゃん版 ノンタン3)

ノンタンおしっこしーしー (赤ちゃん版 ノンタン3)

幸子, 大友, キヨノ サチコ
660円(07/04 10:51時点)
発売日: 1987/08/27
Amazonの情報を掲載しています

「おしっこしーしー」や繰り返しのフレーズが楽しい絵本です。ノンタンがお漏らししてしまうシーンもありますが、「しっぱいしっぱい」と前向きなところも、子供に失敗しても大丈夫と思わせてくれます。

トイレトレーニングにおすすめな絵本2:ひとりでうんちできるかな

ひとりでうんちできるかな (あかちゃんのあそびえほん( 4))

ひとりでうんちできるかな (あかちゃんのあそびえほん( 4))

きむら ゆういち
748円(07/05 00:49時点)
発売日: 1989/11/01
Amazonの情報を掲載しています

しかけ絵本なのでしかけをめくる楽しみもあります。うんちはトイレでどうやってするのか、トイレをしたら流して手を洗うまで描かれています。

2、トイレに座ることに慣れる

子供がトイレはどんなところかを理解してきたら、実際にトイレに座らせてみましょう。初めはおむつを替えるタイミングでトイレに座らせてみるといいでしょう。

大人用の便座は2歳前後の子供にはまだ大きいので、嫌がる場合も多いです。トイレに座るのを嫌がる場合は、おまるや補助便座を使うといいですよ

おまるは子供がまたがっても足が床につくので安心感があります。1歳頃からトイレトレーニングを始める場合はおまるから始めてもいいでしょう。おまるでおしっこやうんちをする場合は毎回洗う手間が発生します。

補助便座は子供のおしりのサイズに合わせて作られており、便座に重ねて使います。持ち手が付いているものも多く、子供はつかまってトイレができれば安心感もありますね。

おまるのおすすめ:アンパンマン 5WAYおまる おしゃべり付

おまる(取っ手あり・なし)、補助便座(取っ手あり・なし)、踏み台の5種類の使い方ができるおまるです。子供に人気なアンパンマンのデザインで、アンパンマンがおしゃべりしたり、音楽や流水音が流れます。トイレに行くのも楽しくなりそうですね。

補助便座のおすすめ:PIYO 踏み台付き 補助便座

踏み台とセットの補助便座です。子供の座りやすさや快適さにこだわり、持ち手もついていてトイレがしやすい工夫がされています。補助便座は家の便座の形に合うかもチェックして購入してくださいね。

トイレトレーニングに踏み台は必要? おすすめタイプと購入時のポイントを解説
トイレトレーニングに踏み台は必要? おすすめタイプと購入時のポイントを解説
子供のトイレトレーニングでは、おまるから補助便座や大人と同じトイレへ移行するときに、トイレに踏み台を導入する家庭もあります。子供にとって踏み台があるとどう便利なのでしょうか? タイプ別のおすすめの踏み台も紹介します。

3、トイレに行く習慣をつける

トイレに座ることに慣れてきたら、生活リズムに合わせてトイレに行けるようにパパママが声掛けをして誘いましょう。

おむつにおしっこやうんちをしていない時にトイレに座らせたら、おしっこやうんちが出る場合もあります。小さな成功体験の積み重ねで、子供も自信を持つことができますよ

トイレに誘う目安としては、以下のようなタイミングがあげられます。
・朝や昼寝から起きた後
・食事の前や後
・外出前
・寝る前

1日のどのタイミングでトイレに行くか習慣づけることも大切です。

4、自分からトイレに行きたいと言える

トイレに行く習慣がつき、トイレでおしっこやうんちができるようになると、子供が自ら「トイレに行きたい」と言えるようになってきます。

子供によって、「おしっこはトイレでできるけど、うんちはおむつじゃないとできない」などトイレトレーニングの進み方にも個人差があるので、子供のペースに合わせてあげてくださいね。

トイレでおしっこやうんちができた時、トイレに行きたいと言えた時、などは子供をたくさんほめてあげましょう。

5、家の中はパンツ(トレーニングパンツ)で過ごす

子供の中で「トイレに行きたい」というタイミングが少しずつわかってきたら、家の中ではパンツ(トレーニングパンツ)で過ごしてみましょう。

初めはお漏らしをすることもあるので、日中に家の中で慣らしていくのがいいでしょう。パンツが濡れたり、パンツでうんちをしてしまった時の不快感は子供にとっても嫌なものです。

そのような経験から「おしっこやうんちはトイレでしたい」と思うようになり、トイレに行きたいタイミングをちゃんと知らせることができるようになります。

トレーニングパンツのおすすめ

子供がパンツを嫌がることはよくあることです。子供が好きなキャラクターのトレーニングパンツだと、「パンツを履きたい!」と思わせることができますね。

トイレトレーニングパンツのサイズや6層式など選び方は? 男女別おすすめも
トイレトレーニングパンツのサイズや6層式など選び方は? 男女別おすすめも
トイレトレーニング中はトレーニングパンツを履いて徐々にお兄さんお姉さんパンツに移行していきます。トレーニングパンツはどんなサイズを選べば良いのか、6層式や4層式、3層式はどのように使い分けたら良いのかなどをご紹介します。

7、おでかけ、寝る時もパンツで過ごす

家の中でパンツで過ごせるようになってきたら、おでかけする時もパンツを履いて過ごしてみる、次に寝る時もパンツで過ごしてみる…など徐々に進めていきましょう

寝ている時はどうしてもお漏らししてしまいがちです。寝る前はトイレに行き、朝までおむつが濡れていない日が続いたら、寝る時もパンツにして大丈夫でしょう。膀胱におしっこがためられる量がだんだん増えてきた証拠です。

布団が汚れるのが心配な場合は、おねしょケットやおねしょズボン、防水シーツなどを使うと便利です。布団乾燥機があれば、雨の日でも布団を乾燥させることができますよ。

おもらし対策:おねしょズボン

おねしょズボンは寝相が悪くても寝ている間にめくれる心配がありません。防水生地なのでしっかり水分を吸収してくれます。

おねしょパンツ(ズボン&ケット)のおすすめ5選 選び方は? 簡単にできる手作り方法も紹介
おねしょパンツ(ズボン&ケット)のおすすめ5選 選び方は? 簡単にできる手作り方法も紹介
子供のオムツ、昼は完璧に取れたけれど、夜はまだうまくいかない…。そんな悩みはありませんか? トイレトレーニング期間と割り切っていても、布団が濡れてしまうとママの負担は大きいですよね。そんなときにおすすめな「おねしょパンツ(ズボン&ケット)」です。その機能やおすすめ品を紹介します。
子供のおねしょ対策! おねしょの悩みはどう解決したらいい? 気を付けること、対策グッズを紹介
子供のおねしょ対策! おねしょの悩みはどう解決したらいい? 気を付けること、対策グッズを紹介
おねしょは成長段階の子供なら誰もが通る道です。パパママが子供のおねしょの原因を知っていれば、焦らずに対応できるでしょう。おねしょ対策グッズの防水機能が付いたシーツやパンツなどを使うことで、パパママの負担も減らすことができますよ。それではおねしょの基礎知識と対処方法をご紹介しましょう。
おねしょシーツのおすすめ10選! おねしょシーツの選び方や保育園におすすめタイプも紹介
おねしょシーツのおすすめ10選! おねしょシーツの選び方や保育園におすすめタイプも紹介
シーツを頻繁に洗濯するのは大変なのに、忙しい朝に限って子供のおねしょでぐったりした経験があるママも多いでしょうか? おねしょシーツはそんなママにはおすすめのアイテムです! おねしょシーツの選び方やおすすめ、おねしょ対策アイテムなどをご紹介します。

おもらし対策:布団乾燥機

布団乾燥機を使うと布団がふかふかになるので、お漏らし対策だけでなく、長く活躍してくれるアイテムです。

布団の効果的な干し方と注意点、時短お手入れグッズまとめ
布団の効果的な干し方と注意点、時短お手入れグッズまとめ
毎日使う布団は、想像以上に汗をかいているため、定期的にお手入れしないといけません。ここでは布団の種類別干し方や布団干しに適した時間帯など布団干しの注意点やポイント、布団のお手入れグッズなどを紹介しています。

トイレトレーニングを上手く進めるコツ

できたら必ずほめる、できなくても叱らない

子供のトイレトレーニングが上手くいったら「よくできたね~!」と精いっぱい褒めてあげてください。できたことを褒められると嬉しいですよね。トイレトレーニングでは、子供のやる気が重要です

トイレができなくてパパママに叱られてばかりいたら、だんだんトイレに行きたくなくなってしまいます。

嫌がらずにトイレに行けた、トイレに座れた、トイレでおしっこやうんちができた、自分からトイレに行きたいと伝えられた…など、トイレトレーニングでは「子供を褒める」ことを意識してみてくださいね。

子供の褒め方としかり方!自己肯定感や自信を育てるためにはどうすればいい?
子供の褒め方としかり方!自己肯定感や自信を育てるためにはどうすればいい?
子供の褒め方やしかり方がわからないと悩むパパママは多いのではないでしょうか。子供を褒める時やしかる時の声掛けは、子供の自己肯定感や自信を育てるのに大きな影響があります。子供の上手な褒め方やしかり方のポイントを紹介しますので、参考にしてみてください!

やる気アップ!「できたよシール」作戦

「できたよシール」作戦は、子供がトイレでおしっこやうんちができたら、シールを貼っていく方法です。

トイレでおしっこやうんちができたらシールを貼れる楽しみがあると、トイレトレーニングも楽しく進められますね。トイレに行きたがらなかった子供に、「できたよシール」作戦を試したところ進んでトイレに行ってくれるようになったというママの声もありますよ。

パンツは子供が好きなキャラクターや柄を選ぶ

パンツやトレーニングパンツは子供が好きなキャラクターや絵柄を選ぶのがおすすめです。パパママの好みでおしゃれな柄を選んでしまうこともあるかもしれませんが、トイレトレーニング中はキャラクターもののパンツで子供のやる気をアップさせることを優先に考えると、スムーズにいくこともありますよ。

トイレを楽しい空間にする

トイレが臭かったり、汚かったりする場所だと子供が行きたい場所、楽しい場所にはなりません。トイレは清潔な空間に保つようにしてくださいね。子供が好きなものでトイレを飾るとより楽しい場所だと感じてくれるので、大好きなキャラクターを置くなどの工夫もしてみましょう。

パパママの余裕がある時に始めるのもポイント

子供がトイレトレーニングを始められる条件が揃っていても、パパママが付き合ってあげる時間や気持ちに余裕がなければ、スムーズに進めるのは難しいでしょう。

子供のイヤイヤ期がひどい時にさらにトイレトレーニングを進めなければいけない、となるとパパママも疲れてしまい子供を叱りたくなってしまうこともあるかもしれません。

トイレトレーニングは子供のペースに合わせることも大切ですが、パパママと子供が協力して進めていかなければなりません。子供のトイレトレーニングを始める時は、パパママにも余裕があるかと、よしやるぞ!という心構えも必要ですね。

魔の2歳児って何? イヤイヤ期はいつまで続くの? 正しい対応方法は?
魔の2歳児って何? イヤイヤ期はいつまで続くの? 正しい対応方法は?
2歳頃になったあるときから、子供が何でも嫌がったり、駄々をこねるようになったり…。いわゆるイヤイヤ期のこの時期は「魔の2歳児」ともいわれ、多くのママが直面する悩みでもあります。子供の成長を促す対応方法やママたちが経験した魔の2歳児エピソードも紹介します。

子供がトイレを嫌がる時はどうすればいい?


トイレトレーニング中に急にトイレを嫌がるようになる子供もいます。トイレトレーニングは子供の気持ちが大切です。パパママが焦ってしまいきつく叱ってしまうのはよくありません。トイレトレーニングが上手くいかず子供もパパママも疲れてしまった時は、一度トイレトレーニングを中断してみましょう

一度、トイレトレーニングを中断したからと言って、またゼロからのトイレトレーニングにはなりません。子供はそれまでに学んだことを意外なほど覚えているものです。一度、中断してパパやママの気持ちを切り替えてから改めて取り組むと、スムーズにトイレトレーニングが進んだという家庭もありますよ。

先輩ママのトイレトレーニング体験談

プールに入りたい!というやる気がきっかけに

子供が3歳になった頃は、トイレトレーニングが終わらず悩んでいました。夏になり子供がプールに行きたいと言うので「おむつがはずれていないとプールは入れないよ」と伝えたところ、その日のうちにトイレトレーニングが終わりました。びっくりしましたが、「頭ではわかっていたけどやる気がでなかった」だけだったんだと気付きました。

1歳から始め途中休憩しながら3歳で終わりました

1歳からトイレトレーニングをしようと、意気込んで始めました。初めはおむつ替えの時に補助便座に座らせたり、絵本も読んだりしていましたが、なかなかトイレでおしっこができずに1度中断。

2歳半頃に再開しようと思い、1日家で過ごす日を作りパンツを履かせてみたところ、「トイレに行きたい!」と教えてくれ感動しました。のんびりやさんかな、と思いながらも子供のペースで進めていき、3歳前でトイレトレーニングが完了しました。

まとめ


子供は親の思い通りにはいかない生き物です。自分のペースでのびのびと成長してもらうためには、パパママも余裕を持って接する必要があります。少しくらいトイレトレーニングに時間がかかったとしても、いつかは一人でトイレでおしっこやうんちができるようになります。保育園や幼稚園でお友達がトイレをする姿を見れば「私もトイレに行きたい」と思うようになるでしょう。何かのきっかけで子供は急に成長することもあります。それまでは優しく気長に子供を見守ってあげてください。

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!