トイレトレーニングはいつから? 進め方、便利グッズ、嫌がるときの対処法を紹介!

トイレトレーニングは1歳半~3歳になるまでに始めるのが一般的です。でも、何からスタートすればいいのか、どういうやり方がおすすめなのか、子供のイヤイヤ期と重なったらどうすればいい?など、わからないことだらけ。こちらの記事では子供のトイレトレーニングについての基礎知識をご紹介します。

目次

トイレトレーニングはいつからスタート? いつ終わるの?

トイレトレーニングはいつからスタート? いつ終わるの?
子供のトイレトレーニングはいつから始めた方がいいのでしょうか。平均するとだいたい1歳半~3歳の間にトイレトレーニングを始める家庭が多いのですが、どういう基準で子供のトイレトレーニングをスタートさせるのかを決めればいいのでしょう?

トイレトレーニング開始は1歳半前後が目安

トイレトレーニングはパパやママに自分の意思表示ができるくらいに子供が成長した頃にはじめるといいでしょう。トイレトレーニングの最初の目標は「おしっこやうんちが出そうだから、トイレに行かなきゃ」と子供が自分で自覚し、「トイレに行きたい」とパパママに自分から言えるようになること。その準備をスタートさせるには、下記のようなことができるようになったかどうかが目安になります。

  1. 自分で歩けるようになった
  2. 少し話せるようになった
  3. おしっこの間隔が2時間くらいあくようになった

この3つができるようになるのは、子供によって個人差はありますが1歳半前後でしょう。この頃になると子供の脳はおしっこやうんちを我慢できるくらいに発達、膀胱(ぼうこう)も成長しておしっこを貯めておけるように成長、トイレトレーニングを開始する準備が整います。

トイレトレーニングが終わるまで、どのくらい時間がかかるの?

平均すると3ヶ月ほどはかかります。早い子供だと1週間でトイレトレーニングが終わったという話も聞きますが、1年くらいかかる子もいて個人差が大きいと考えてください。

トイレトレーニングは一度できるようになった!と思っても、逆戻りしてまたオムツが必要になることもよくあります。パパママはそんな時にヤキモキしたり、イライラすることがあるかもしれません。

逆戻りしたり、時間がかかったりしても、そういう子供もたくさんいて、自分の子供だけがダメだと思わないでください。子供のペースに合わせて気長にトイレトレーニングに付き合ってあげましょう。

トイレトレーニングに最適な季節は? 夏がいいってどういうこと?

トイレトレーニング中は子供がおもらしをしてしまい、服が濡れたり、汚れたりすることがあり、洗濯物がどうしても増えてしまいます。重ね着をする季節だと服を脱がしたり着せたりするのも大変です。そのため、子供が薄着でいられる夏前後の季節がトイレトレーニングには最適です。トレーニングに少し時間がかかることを考えると、春から夏にかけての時期にトイレトレーニングをスタートするのがいいでしょう。

保育園、幼稚園でのトイレトレーニングについて

保育園、幼稚園でのトイレトレーニングについて
0歳や1歳から子供を保育園に預けている家庭では、保育園がトイレトレーニングに協力してくれることもあるでしょう。幼稚園に子供を通わせる過程では、入園前にトレーニングを終わらせなければ、と焦るパパママもいます。この2点についても触れておきましょう。

1歳児、2歳児で保育園に預けている場合は園にお任せでいいの?

保育園でのトイレトレーニングは家庭の補助的役割だと考えてください。家でも保育園でも同じようにトレーニングをすることで、子供は自然とトイレでおしっこやうんちをするようになります。保育園任せにしてしまったり、家庭と園でのトイレトレーニングのルールが違ったりすると、子供が混乱してしまうかもしれません。

また、子供の意思を尊重しながら「トイレでおしっこやうんちをしたい」という気持ちに誘導していくのがトイレトレーニングです。パパやママが忙しいからなどの理由で家庭でトイレトレーニングを怠ると、せっかくトイレに行きたいと思い始めた子供の気持ちをダメにしてしまうかもしれません。

最初はトイレに座るだけで、すぐにおしっこはできないかもしれません。でも、トイレに行くのが好きになってくれるだけでも成長です。保育士さんに報告や相談しながら、園と家庭で協力しあって取り組むようにしましょう。

幼稚園の入園前までにトレーニングが終わっていないとダメ?

幼稚園の入園前にまだトイレトレーニングが終わっていないとパパもママも焦るかもしれません。でも、年少組の全員がトイレトレーニングを終えているわけではありません。幼稚園に入園して環境が変わることで、またオムツが必要になる子供もいます。

入園前の面接などで、園の先生にいい方法がないかを相談してみるのもいいと思いますが、トイレトレーニングが終わっていなくても心配する必要はありません。トイレトレーニングを焦り過ぎて、パパママがイライラしてしまう方が子供に悪影響が出てしまうので、気長につきあってあげましょう。

自宅でのトイレトレーニングの進め方

自宅でのトイレトレーニングの進め方
時間をかけて行うトイレトレーニングにはいくつかのステップがあります。慌ててトイレトレーニングを進めようとすると逆に上手くいかないこともあるので、これから紹介するステップを子供のペースで進めてあげてください。

ステップ1、トイレって? おしっこやうんちって何?を理解してもらう

おしっこやうんちにが何かを子供に理解してもらうのは、普段のオムツ交換のときに「おしっこしたね!」、「うんち出たね!」と声をかけてあげればスムーズにできるでしょう。ただ、トイレがどういう場所なのかを理解してもらうのは、家庭ではそれまで見せたことがない場所なので、少し時間がかかるかもしれません。

そういう時には下記のようなトイレトレーニングにおすすめな絵本を買って読み聞かせてみるのもいいでしょう。

どの絵本もトイレについて楽しく教えてくれるので、絵本でトイレに興味を持ってもらってから、トイレに連れていってみてください。きっと喜んでくれるはずです。ちなみに、左側のかいじゅうシリーズの絵本には「はみがきバージョン」もあります。子供の教育には非常にありがたいシリーズですよ。

トイレトレーニングに適した絵本は他にもいろいろな種類があるので、本屋さんやネット通販などで調べてみてください。子供が好きなタイプの絵本を選んで、まずはトイレに興味を持ってもらいましょう。

ステップ2、おまるやトイレの便座に座らせる

トイレに興味を持ってもらえたら、おまるや家のトイレに子供を座らせてみてください。おしっこやうんちをいきなりできるのを期待してはいけません。絵本で見た場所に来たんだよ、と伝えておまるやトイレは楽しい場所だと思うようなればOKです。

このステップをおまるで行うか、実際のトイレで行うかは悩みどころです。おまるを置くには充分なスペースがない場合もあるでしょうし、洗うのも手間がかかります。使わなくなってから処分するのも大変です。

編集部員の家庭では子供が喜びそうな補助便座と、補助便座に自分で上がるための踏み台を用意しました。補助便座も踏み台も下記以外にもいろいろなデザイン、価格帯のものがあるので、トイレの雰囲気に合ったものを選んでください。

ステップ3、座り慣れてきたら、おしっこやうんちを排泄してもらう

トイレにいるときにタイミング良く、おしっこやうんちをしてもらうのは最初は大変でしょう。ご飯の前後や起きた直後、寝る前など排泄しやすいタイミングにトイレに連れていってみてください。おしっこの場合は排泄のタイミングがある程度わかりやすいので、そろそろかなと思ったら「おしっこ行こう!」と声をかけて連れていってみるのもいいでしょう。

おしっこやうんちが出たときは「すごいね、おしっこできたね!」、「うんちできたね」とたくさん褒めてあげてください。褒められると子供はトイレをどんどん好きになってくれます。

ステップ4、自分からトイレに行きたいと言えるようにする

トイレでの排泄を子供が覚えたら、次は「トイレに行きたい」、「おしっこがしたい」、「うんちがしたい」と自分から言えるようにしましょう。最初は「おしっこしたい?」などとパパやママが確認することから始めて「うん」と言ったらトイレに連れていくことからスタートします。次第に自分から言ってくるようになるでしょう。

ステップ5、トレーニングパンツを履く

ある程度、自分の意志でおしっこやうんちができるようになれば、続いてはトレーニングパンツを履かせるステップです。トレーニングパンツを履いて中でおしっこをすると子供は「濡れて気持ち悪い」と感じるようになります。この結果、子供は「おしっこやうんちはトイレでしなきゃ」という気持ちが芽生えます。

ステップ4が上手くいっている場合、トレーニングパンツを使う期間は非常に短い場合もあります。トレーニングパンツには汚れたらオムツのように捨てられる紙製と、洗って何度も使える布製のものがあります。どちらがいいとは一概に言えませんが、短期間でトレーニングパンツを卒業できそうなら使い捨てができる紙製が楽でしょう。ただし、紙のトレーニングパンツだと長期間履かせると費用が高くつきますし、オムツのようにゴミもたくさん出てしまいます。

ステップ6、外出先や夜間もトイレトレーニングをしてみる

ここまでくればトイレトレーニングも最終段階です。外出先でのトイレトレーニングは、ショッピングセンターなど、子供用トイレの多い場所にお出かけして行うと安心です。充分な着替えを持って出かける必要があるので、夏前後の薄着の季節だと他の季節よりパパもママも非常に楽ですよ。

夜間のトイレトレーニングは少し時間がかかるかもしれません。最初の頃は夜だけオムツを履かせておいた方がいいでしょう。朝までオムツにおしっこをしないようになってきたら、ついにオムツは卒業です。ただし、小学校に上がっても子供がおねしょをしてしまうこともあります。

おねしょは脳や膀胱の成長に関係しているので、トイレトレーニングが終わった後におねしょをしても怒らないでください。子供が大きくなるまではおねしょに備えて、下のようなコンパクトサイズの布団乾燥機があると助かりますよ。

2歳前後のイヤイヤ期とトイレトレーニングの時期が重なったら、どうすればいい?

イヤイヤ期とトイレトレーニングの時期が重なったら、どうすればいい?
イヤイヤ期のトイレトレーニングに参ってしまうパパママは多いのですが、こういうときのために1~6のステップを段階的に踏んでトイレトレーニングを行ってきました。絵本やトイレの中を飾ることで、トイレ好きになってもらい、トレーニングパンツでトイレに行かないと気持ち悪いと感じてもらう、成功したらその都度褒めることで気長にトイレ好きになってもらうしかありません。

もし、どうしてもトイレトレーニングが上手くいかない場合は思い切って、トレーニングを中断するのも手です。一度、トイレトレーニングを中断したからと言って、再開したときにゼロからのスタートにはなりません。子供はそれまでに学んだことを意外なほど覚えているものです。一度、中断してパパやママの気持ちを切り替えてから改めて取り組むとスムーズにトイレトレーニングが進んだ家庭もありますよ。

編集部員の先輩ママのトイレトレーニング体験談

編集部員の先輩ママの家庭での話をご紹介しましょう。3歳になってもトイレトレーニングが終わらずヤキモキしていました。でも、夏に子供がプールに行きたいと言ってきたときに「オムツが外れていないとプールには入れないよ」と伝えたら、その日のうちにトイレトレーニングが終わったとのこと。

それまでのトイレトレーニングで必要なことは学んで頭には入っていたのでしょう。子供がやる気になっていなかっただけで、本人がやりたいと思ったらすぐにトイレトレーニングは終わりました。そんな例もあるので、上手くトイレトレーニングができなくても、きっかけ1つで急にできるようになるかもしれません。

失敗しないトイレトレーニングのコツ

失敗しないトイレトレーニングのコツ
上手にトイレトレーニングを終わらせた家庭では、下で紹介するような心構えやコツを実践していることが多いです。最初からトイレトレーニングが上手くできる子供はいないので、もしイライラしてしまったら、1~6のポイントを思い出してみてください。

ポイント1、パパママがあせらない

パパやママが早くトイレトレーニングを終わらそうとすると、イライラしたり、怖い顔になってしまいがちです。子供はパパママのそういう感情を敏感に受け止めてしまいます。トイレトレーニングに少々時間がかかったとしても、仕方ありません。あせらずゆっくりと子供に向き合ってあげてください。

ポイント2、できなくてもしからない

1にも通じる内容ですが、トイレトレーニングが上手くできなくても、できていたのに逆戻りして失敗するようになっても怒らないようにしてください。子供にとってトイレは楽しい場所です。怒られて悲しい思いをする場所にはしないでくださいね。

ポイント3、できたら必ずほめてあげる

トイレトレーニングが上手くいったら「よくできたね~」と精いっぱい褒めてあげてください。小さな子供は褒められると嬉しくなり、また頑張って褒められたいと思うようになります。トイレトレーニングに限らずですが、どんどん褒めて、パパとママといると楽しい、嬉しいと思えるような子育てがしたいですね。

ポイント4、トイレを清潔にする、子供の好きなもので飾る

臭かったり、汚かったりする場所だと子供が行きたい場所、楽しい場所にはなりません。トイレは清潔な空間に保つようにしてください。子供が好きなものでトイレを飾ると、より楽しい場所だと感じてくれるので、大好きなキャラクターを置くなどの工夫もしてみましょう。

まとめ:トイレトレーニングは子供のペースに合わせて慌てず気長に

トイレトレーニングは子供のペースに合わせて慌てずに
子供は親の思い通りにはいかない生き物です。自分のペースでのびのびと成長してもらうためには、パパママも余裕を持って接する必要があります。少しくらいトイレトレーニングに時間がかかったとしても、いつかはできるようになります。保育園や幼稚園でお友達がトイレをする姿を見れば「私もトイレに行きたい」と思うようになるでしょう。何かのきっかけで子供は急に成長することもあります。それまでは優しく気長に見守ってあげてください。

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!