子育て世帯の貯金額の平均は? 年収・年齢別の平均貯金額をチェック!

毎月どのくらい貯金すればいいの?

子供の大学進学資金を貯めるためには、毎月どのくらい貯金すればいいのでしょうか。金融広報中央委員会の調査によると、全体の約30%が「貯金していない」と回答しています。貯金していると答えた人の中で一番多かった回答は、「手取り年収の約10~15%を貯金する」で、全体の約20%でした。つまり、手取り年収400万円なら年間で40~60万円を貯金していることになります。
この回答を参考にすると、毎月約3~5万円が貯金額の目安といっていいでしょう。毎月の貯金が難しければ、ボーナスで埋め合わせをするといった方法で、年間で手取り年収の10~15%を貯金できればOKと考えましょう。

幼稚園から大学までの教育費の平均総額は? 教育費のためにいくら貯金すればいいの?
幼稚園から大学までの教育費の平均総額は? 教育費のためにいくら貯金すればいいの?
子供の教育費は、幼稚園(保育園)、小学校、中学校、高校、大学の学費の合計で計算します。子供が各教育課程で公立と私立のどちらに進学するかで金額が大きく変わりますし、塾などの習い事に通えばさらに教育費は増えます。この記事では子供の教育費の平均金額や総額を公立と私立の進路別でご紹介します。

ママ必見! 子育て世帯の貯金額を増やすコツ

子供が小学生のうちは、教育資金もそれほどかかりません。貯金額を増やすなら、なるべく早いうちに計画的に貯金しておきたいものです。でも20代、30代のうちは手取り年収も少ないので、お金がなかなか貯まらず焦ってしまう人も多いはず。そこで、貯金額を増やすコツをいくつか紹介しましょう。

児童手当を貯金に回す

児童手当は、子供が生まれた月から15歳になった3月まで支給されます。総支給額は子供の誕生月によって多少変わってきますが、所得制限以下の世帯なら約15年間で約200万円です。
口座に振り込まれた児童手当を、そのまますべて貯金しておけば、自動的に200万円貯められるのです。民間保険会社の学資保険などとは違って原価割れの心配もなく、確実にお金を手にできます。生活費が厳しくなると、つい児童手当に手を出してしまいたくなるかもしれません。そこをぐっとこらえるために、児童手当が振り込まれる口座と、生活費などの口座をあらかじめ分けておくのもいいでしょう。

児童手当って? 月にいくら、子供が何歳になるまでもらえる? 所得制限に関する最新情報も
児童手当って? 月にいくら、子供が何歳になるまでもらえる? 所得制限に関する最新情報も
児童手当は、0歳から中学生までの子供がいる子育て家庭がもらえる補助金で、子供の年齢や年収による所得制限があります。制度の概要や申請方法、支払日などの基本情報に加え、2020年11月に報道があった所得制限の最新情報についても解説します。

保険を活用する

学資保険や貯蓄型の生命保険を活用するのも、一つの手です。学資保険でも貯蓄型の生命保険でも、どのくらいの金額を貯めるのかは家計に合わせて設定できます。保険料は毎月の自動引き落としなので、つい使い込んでしまう、うっかり貯金し忘れるといったことも防げます。学資保険の場合、保険料を支払う親に万が一のことがあった場合、その後の保険料の支払いが免除されるセーフティーネットの機能もあります。

気をつけたいポイントは、毎月の支払い金額をいくらに設定するかです。最終的な貯蓄金額が高くなるほど、月々の保険料も高くなり、家計を圧迫してしまいます。大学の学費が総額250万円かかるといっても、入学時に全額が必要になるわけではありません。いつごろ、どのくらいの金額が必要になるかを考えて、貯蓄額の設定をしましょう。もう一つの注意点は、途中で解約すると元本割れしてしまうこと。あらかじめ設定した期間よりも早く解約すると、今までに支払った保険料よりも少ない金額しか受け取れなくなります。貯蓄型の保険のほかに、いつでも使える教育資金を定期預金などで用意しておきましょう。

【最新】おすすめの学資保険5選|口コミ・返戻率を徹底比較
【最新】おすすめの学資保険5選|口コミ・返戻率を徹底比較
子供の将来の教育資金をどう準備しておくかは、多くのママが悩んでいることです。そこでおすすめしたいのが学資保険での備え。子供の進学に合わせて計画されているので、入り用な時にお金を受け取れて安心です。各社よく比較して、納得のいく学資保険を選んでいきましょう。

子供名義の口座を作る

子供の教育資金を貯めるなら、子供名義の口座を作るのもいいでしょう。貯金をしようと思っても、生活費との区別があいまいになってしまうことがあります。あらかじめ口座を分けておくことで、お金の管理がしやすくなるというメリットが。さらに口座の名義を子供の名前にすることで、「子供のための貯金」と意識しやすくなり、貯金のモチベーションも上がるでしょう。生活費が足りなくなったときにも、子供名義の口座からお金を引き出すのは、ちょっとハードルが高いと感じるはず。さらに、あえてキャッシュカードを作らないでおけば、引き出すときに手間がかかるため、より貯金しやすくなります。

まとめ

教育資金にどのくらいのお金が必要かは、子供の進路によっても変わってきますが、どんな進路を望んだとしてもパパママならできる限り叶えてあげたいはず。まずは将来的に、いつごろどのくらいのお金が必要なのかを考えてみましょう。ただやみくもに貯金をしようと思うより、目標があったほうがモチベーションも高まります。しっかりと目標が決まったら、現在の手取り年収を踏まえて、どのくらい貯金ができるのかを考えてみましょう。生命保険の見直しやスマートフォンのプラン変更などで、節約できる部分があるかもしれません。貯金を始めるのに、早すぎるということはありません。余裕をもって貯金することで、子供の将来に備えたいものです。

節約したいけど長続きしない人必見! 今日からできる簡単、おすすめの節約術23選
節約したいけど長続きしない人必見! 今日からできる簡単、おすすめの節約術23選
計画的に使っているつもりでも、給料日前になるとお財布の中身が寂しくなるという人も多いのではないでしょうか。少しでも節約する習慣がつけば、と思っていても何から始めたらいいのか分からないものですよね。そこで、今日からすぐにできる節約術をご紹介したいと思います。
【FP監修】扶養の壁を解説 103万と130万はどっちがお得? パート主婦が損しない働き方は?
【FP監修】扶養の壁を解説 103万と130万はどっちがお得? パート主婦が損しない働き方は?
パートやアルバイトをするとき、まず気になるのは「扶養の壁」ではないでしょうか。年収103万円を超えたら所得税課税、130万円を超えたら社会保険に加入など、「壁」は手取り収入にダイレクトに影響します。それぞれの壁と損をしない働き方をFP(ファイナンシャル・プランナー)の鷲田さんが徹底解説します。

はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Instagram・LINEなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!