コニー抱っこ紐のおすすめポイントは? 新生児から使えるの? サイズの選び方は?

新生児から使えるコニー抱っこ紐の選び方

新生児の赤ちゃんから使えるコニー抱っこ紐の選び方
ここからは、コニー抱っこ紐の種類と選び方を紹介します。

コニー抱っこ紐の種類は?

コニー抱っこ紐は「オリジナル」と「サマー」の2種類が販売されています。2つの大きな違いは、抱っこ紐の素材にあります。下記を参考に、自分に合うコニー抱っこ紐を選びましょう。どちらも持ち運びに便利なポーチ付きです。

コニー抱っこ紐の種類①:コニー抱っこ紐オリジナル

コニー抱っこ紐オリジナルは、普段使いしたいパパママにぴったり! オールシーズン使用できる柔らかい生地で、外出時や室内での寝かしつけにも最適です。程よく伸び縮みするので安定感があり、赤ちゃんを優しく包み込んで健やかな眠りを誘います。

コニー抱っこ紐の種類②:コニー抱っこ紐サマー

サマーは夏のお出かけ時や汗っかきの赤ちゃんにおすすめです。ひんやり気持ちいい冷感生地を使用していて、通気性や速乾性も抜群。紫外線を85%カットするので肌の弱い赤ちゃんにも安心です。季節やその日の気温に応じてオリジナルとサマーを使い分けるのもいいでしょう。

コニー抱っこ紐のサイズの選び方は?

コニー抱っこ紐のサイズの選び方は?"

抱っこ紐のサイズ 女性(上着) 男性(Tシャツ/胸囲)
XXS 5号
XS 7号
S 9号 S/90cm
M 11号 M/95cm
L 13号 L/100cm
XL 15号 XL/105cm
XXL 17号 XXL/110cm
3XL 19号 3XL/115cm

コニー抱っこ紐は、パパママの身長や体型に合わせられるようにサイズ展開が豊富です。またファブリック生地の特性上、赤ちゃんの成長につれて使いやすく伸びるため、購入時には正確なサイズ選びが肝心です。コニー抱っこ紐は実店舗での取り扱いがなく試着ができないため、サイズ選ぶときは商品情報やレビューを参考にしましょう。ママは妊娠前に着用していた上着のサイズをベースに、コニー抱っこ紐のサイズを選んでください。しかし、ママの体重が産褥期を過ぎても妊娠前と5kg以上の差がある場合は、現在の体型に合ったサイズを選びましょう。使ったときに赤ちゃんのお尻が、パパママのおへその位置にくればサイズ選びは完璧ですよ!

新生児から使えるコニー抱っこ紐の着用方法は?

コニー抱っこ紐の着用方法や使い方、注意点を解説します。

コニー抱っこ紐の着用方法


コニー抱っこ紐を広げ、ロゴが背面に来るようにします。次に洋服を着るときと同じように、コニー抱っこ紐を着てください。最後に腰の位置にロゴが来るようにし、肩の部分の生地を丁寧に広げ、ねじれていないかを確認しましょう。腰の方まで背面部分を下げることが上手に着用するコツです。

コニー抱っこ紐【新生児抱っこ】


生後2週以降で4kg以上の赤ちゃんから、コニー抱っこ紐が使用できます。コニー抱っこ紐を着用し、背面をしっかりと下げ、赤ちゃんが入りやすいように肩部分から生地を広げます。赤ちゃんを支えながら、パパママの左胸の方から赤ちゃんを包みこむように入れてあげましょう。このとき、赤ちゃんの足をカエルのような姿勢にすることが大切です。最後に赤ちゃんの体全体と頭の後ろを包み、転落防止用の外紐を付ければ完成です。赤ちゃんの膝が上に向くように、正しい姿勢で包み込むことがポイントです。

コニー抱っこ紐【対面抱っこ】


肩から肘までを覆うように生地を広げ、背面部分をしっかり下げます。そして赤ちゃんの右足をパパママの左側に入れて引っ掛け、生地を広げて赤ちゃんを包みます。次に左足をパパママの右側に入れ、体全体を包みましょう。転落防止の外紐は忘れずに付けてください。肩紐を伸ばしながら赤ちゃんを入れるとスムーズです。

コニー抱っこ紐の着用時の注意点は?

赤ちゃんの首が座っていない場合は、肩紐の中に赤ちゃんの頭を入れるか、パパママの手で必ず支えてあげてください。また、コニー抱っこ紐はおんぶができません。正しい着用をしないと転落したり、窒息したりするリスクがあるので注意しましょう。試着サービスはないのでサイズ選びの段階でよく検討してください。万が一サイズ合わなかった場合は、14日以内なら返品が可能です。返品後に新しいサイズで購入をしましょう。

コニー抱っこ紐の防寒ケープ

冬の寒い時期は赤ちゃんの防寒のために、抱っこ紐の防寒グッズも必要です。洋服のようにママが着ることができる、おしゃれなコニー抱っこ紐防寒ケープ。ベストのように着て、必要に応じてスナップボタンでとめます。

コニー抱っこ紐を愛用しているママたちの口コミをチェック

コニー抱っこ紐を愛用しているママたちの口コミをチェック
実際の使い心地はどうなのでしょうか? コニー抱っこ紐を愛用しているママたちの声を紹介します。

コニー抱っこ紐の口コミ:寝かしつけがグッと楽に

長女(生後2ヶ月)の寝かしつけに苦労していた矢先に、コニー抱っこ紐を知りました。早速取り寄せて使ってみたのですが、驚くほど寝てくれます! 以前は椅子に座るだけでも起きてしまったのに、コニー抱っこ紐にしてからはごはんを食べたり、ソファで休憩したりしてもグッスリ。おかげで身体の負担がだいぶ減りました。

コニー抱っこ紐の口コミ:オリジナルとサマーを使い分け!

サマーの生地はまるで中学生のときに着ていたバスケのゼッケンそのもの! 直接私の肌に触れている部分からは、風がスースー通り抜け、とっても気持ちがいいです。肌寒いなと感じたらオリジナルの出番。価格が他の抱っこ紐に比べて安かったので、オリジナルとサマーの2種類を購入して、季節や気温に合わせて使い分けています。

コニー抱っこ紐の口コミ:サイズ選びは少しきつめが正解

妊娠中に12kgも太ってしまったので、抱っこ紐のSサイズは無理かなと思い、Mサイズを注文しました。実際にコニー抱っこ紐を使ってみると、赤ちゃんが上下に揺れ、Mサイズでは安定しませんでした。返品してSサイズを新しく購入すると、赤ちゃんが体に密着していい感じに! 公式サイトに「妊娠前のサイズを購入することをおすすめします」と記載されていましたが、まさにその通りでした。サイズ選びは少しきついくらいが正解だと思います。

セカンド抱っこ紐としてコニー抱っこ紐とエアリコで悩むママも

セカンド抱っこ紐としてコニー抱っこ紐とエアリコで悩むママも
人気の高いコニー抱っこ紐とエアリコ。セカンド抱っこ紐におすすめなのは、一体どちらでしょうか?

助産師がおすすめする「エアリコ」って?

腰痛になりにくく、コンパクトで軽いと人気の「エアリコ」は、助産師さんが考案し、先輩ママと一緒に作り上げた抱っこ紐です。ママの抱っこを再現しているので、赤ちゃんが眠りにつくのをサポートしてくれます。ちなみに、エアリコは東北、東海、関西で試着ができますよ。

エアリコ抱っこひも

コニー抱っこ紐とエアリコを徹底比較

コニー抱っこ紐のオリジナル、サマー、エアリコの3種類を比べてみました。

商品名 コニー抱っこ紐オリジナル コニー抱っこ紐サマー エアリコ
値段 6880〜7380円 6880円 7980〜11980円
対象月齢 新生児から20kgまで 新生児から20kgまで 3ヶ月〜3歳
(スタンダードは20kg。プレミアムは25kgまで)
首を支えれば1ヶ月から使える。
返品 条件を満たしていれば返品可能。
商品到着後14日以内に手続き。※送料は自己負担
条件を満たしていれば返品可能。
商品到着後14日以内に手続き。※送料は自己負担
商品到着後8日以内に連絡、手続き完了で返品可能。
交換 なし。
返品をしてから新規購入の対応。
なし。
返品をしてから新規購入の対応。
サイズ交換は商品到着後8日以内に連絡、手続き完了で交換可能。
※送料・手数料は無料。(北海道・沖縄・離島は再送送料のみ無料)
素材 poly62%
cotton33%
span5%
poly87%
span13%
【スタンダード】
表地・裏地綿100%
表地綿50%/FLAX(リネン)50%・裏地綿100%
表地・裏地オーガニックコットン100%
【プレミアム】
表地綿100%・裏地オーガニックコットン100%
表地綿61%/レクセル39%・裏地綿100%
表地リネン100%・裏地綿100%
カラー展開 12パターン 6パターン 時期により常に20パターン以上
こんな方におすすめ ・ファッションを楽しみたい
・体の負担を軽減させたい
・リーズナブルな価格を求めている
・オールシーズン使いたい
・ファッションを楽しみたい
・体の負担を軽減させたい
・リーズナブルな価格を求めている
・汗っかき
・夏用の抱っこ紐が欲しい
・助産師が推奨する信頼感のある抱っこ紐が欲しい
・腰痛になりにくいもの
・デザイン性が高いもの
・試着して買いたい

まとめ

まとめ
話題のコニー抱っこ紐はパパママの体の負担を減らし、赤ちゃんのお世話をサポートしてくれるアイテムです。おしゃれで長く使えるコニー抱っこ紐を保育園の送迎や寝かしつけ、外出時などに、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

エルゴの抱っこ紐は新生児から使えるの? 人気のインファントインサートの使い方とよくある悩みについて
エルゴの抱っこ紐は新生児から使えるの? 人気のインファントインサートの使い方とよくある悩みについて
抱っこ紐を買おうと思う時、気になるのが安全面とどれくらいまで使えるのかという点ですよね。でもどこを選んだらいいのか分からないという人のために、ママたちから人気があるエルゴのインファントインサートの使い方や注意点についてご紹介します。
アップリカの抱っこ紐のおすすめは?特徴と使い方からあなたに合ったモデルを紹介
アップリカの抱っこ紐のおすすめは?特徴と使い方からあなたに合ったモデルを紹介
ベビーブランドとして有名なアップリカですが、抱っこ紐にもさまざまなラインアップがあるのをご存知ですか?種類が多いと何を基準に選んだらいいのか分からないものですよね。そこで、アップリカの特徴と目的別におすすめの抱っこ紐をご紹介したいと思います。
アップリカの人気抱っこ紐「コアラ」「コラン」を大特集! 使い方も解説
アップリカの人気抱っこ紐「コアラ」「コラン」を大特集! 使い方も解説
数ある抱っこ紐メーカーの中でもママたち人気の高いアップリカ。アップリカの抱っこ紐は機能性が高く、赤ちゃんにもママにもやさしいつくりになっています。アップリカの抱っこ紐のラインアップやママたちの口コミを紹介していきます。
ベビービョルン抱っこ紐「ONE KAI」と「MINI」を徹底紹介
ベビービョルン抱っこ紐「ONE KAI」と「MINI」を徹底紹介
ベビービョルンはママたちからの支持が高い抱っこ紐メーカーのひとつです。 大きく「ONE KAI」と「MINI」の2シリーズが展開されていて、新生児から使える点が特徴です。ベビービョルン抱っこ紐の人気の秘密やママたちの実際の口コミを紹介します。
ヒップシートおすすめ11選! 人気商品を徹底比較! 抱っこ紐との違いは?
ヒップシートおすすめ11選! 人気商品を徹底比較! 抱っこ紐との違いは?
赤ちゃんを抱っこするときに活躍するヒップシート。最近では使っているパパママも増えているので、街で見かけたことがある方もいるのではないでしょうか? 抱っこ紐との違いや、人気商品を詳しく紹介します!
なぜモンベルの抱っこ紐が人気? ポケッタブルベビーキャリアが選ばれる理由とは?
なぜモンベルの抱っこ紐が人気? ポケッタブルベビーキャリアが選ばれる理由とは?
数ある抱っこ紐の中でもパパママに人気なのが、モンベルの「ポケッタブルベビーキャリア」です。アウトドアメーカーのイメージが強いモンベルのアイテムが、なぜ子育ての場で選ばれているのか。その理由を、特徴や口コミから見ていきます。

はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Instagram・LINEなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!