進学塾と補習塾は何が違う? どっちがおすすめ? 学習塾の違いと塾選びの基本情報まとめ

子供の学習塾にはどんな種類がある?

学習塾の種類
学習塾と一口に言っても、規模や授業の内容などでさまざまなタイプがあり、それぞれ異なる特徴を持っています。まずは、「何のために塾に通うか」という目的で大まかに次のような種類に分けられます。

学習塾の種類1:補習塾

名称の通り、学校での学習について「補う」のが補習塾です。授業についていけるか不安な場合や、通知表・定期テストの成績を上げたいと考える子供に適しています。公立校受験や推薦入試などを見据えて、内申点をしっかり保つ目的で通う生徒もいるでしょう。具体的には、教科書や授業内容を復習中心にフォローすること、および学校での定期テスト対策に主眼が置かれることになります。

補習塾のメリットとデメリット

今やっている授業の理解・成績という身近なところに目標があるため、個人に合った指導が期待でき、結果が目に見えやすいメリットがあります。反面、受験を考える場合や、先取り学習をしたい場合には補習塾だけでは十分ではない可能性があります

学習塾の種類2:進学塾

受験に向けて、入試で点数を取れることを目指すのが進学塾です。名門校への合格実績をアピールする有名塾の広告を目にする機会も多いのではないでしょうか。私立校受験に強い塾、公立一貫校受験に強い塾のように、業者によって得意分野が異なる例もあります。「新3年生」「新5年生」のようにコースの開講タイミングが決まっている塾もありますので、進学目的の場合は早めにリサーチしておいたほうがよいかもしれません。

進学塾のメリットとデメリット

受験を目指す家庭にとって、入試という目的に直結するカリキュラムはもちろんのこと、進路に関する情報を得やすい点も大きなメリットです。また、同じ目標あるいは近いレベルの生徒が進学塾に集まることで、切磋琢磨し意欲を保つことが期待できます。しかし、裏を返すと、競争がプレッシャーになるなど、子供によっては負担が大きなものとなる可能性があります。合格数という実績を出したい塾に対し、本人の意欲や進路希望が折り合わないケースも起こるかもしれません。

学習塾の種類3:総合塾

上記に述べた、補習塾と進学塾の特性を併せ持つのが総合塾とよばれる塾です。総合塾の規模にもよりますが、多くは、学力や目標に応じて補習クラス/進学クラス/難関進学クラスのようにクラス分けがされるようです。

総合塾のメリットとデメリット

受験の有無は決めていないがとりあえず塾で勉強はさせておきたいというような場合、対応してもらえる幅が広いというのは安心材料になりますね。ただ、補習をメインの目的として通っている生徒が途中で入試対策に切り替えることには、同じ塾内であってもハードルがある可能性は意識しておいたほうがよいでしょう。なぜなら、進学クラスは学校の授業よりずっと進んだ学習内容を扱うなど、補習クラスとは難易度に隔たりがあることも見られるためです。

子供の指導形態による学習塾の違い

指導形態による違い
塾のタイプについて、次は指導形態という観点で見てみましょう。講師と生徒の人数比や関わり方といった指導体制が子供に合っているかということも、塾通いの効果に大きく関わります。

学習塾の指導形態1:集団で授業を行う

学校の授業のように、1人の講師が大人数に対し同時に指導する形態です。仲間がいることで塾通いのモチベーションが保ちやすいですし、周囲から刺激を受けて学習意欲が高まることも期待できます。カリキュラムに則った授業で計画的に勉強できる反面、学力レベルやペースが本人に合わない場合は、思うように結果に結びつかない恐れがあります。

学習塾の指導形態2:個別指導

家庭教師のように、生徒に対し講師がマンツーマンに近い形で指導する形態が個別指導です。個人に合った教え方を考慮してもらえ、周囲のペースを気にすることなく質問や相談がその場でできるので、効率的に学習が進められます。集団指導と比較すると費用は高めになる傾向があります。

学習塾の指導形態3:自習型

生徒が各々主体的に学習を進めていき、必要に応じて講師の指導や進捗管理のサポートを受ける形態です。単元の理解には参考書や映像などの教材を使い、カリキュラムに沿った量の問題演習をこなすという進め方が多いようです。自分のペースで集中して学習に取組みつつ、他の生徒がいることで適度な緊張感を保つことが期待できます。疑問があればすぐフィードバックを受けられるという点も大きなメリットです。自習型の塾は主体的な姿勢が求められるため、子供の性格によって向き不向きはあるかもしれません。

学習塾の規模の違い

規模による違い
続いては塾の規模による違いです。全国的に展開する大手塾から地元の子供ばかりが通う小規模な個人塾まで、さまざまな規模があり、それぞれにメリットが考えられます。

大手塾

大規模で実績が豊富な大手塾は、標準的な学習内容や有名校入試についてノウハウがあり、信頼できるカリキュラムが組まれていることが大きな利点となります。教室が通いやすい立地に展開されていることも魅力です。マニュアルがしっかりしている反面、個人に即した対応という面では場合によっては不足を感じる場合があるかもしれません。

中規模塾

さまざまな規模・特色をもつ塾があるため、目的や環境に合う教室を選べば強い味方になるでしょう。例えば、特定の地域内で複数教室を展開しているような塾は、地元校の入試に強みを持つと考えられます。中には英語やプログラミングなど、特定の教科に特化した専門塾と呼ばれる塾もあります。また、大手塾で大人数の普通クラスに入るよりも、人数の限られた中規模塾でより上位クラスの指導をみっちりと受けることを狙うという選択肢も聞かれます。大手塾と比べると費用が抑えられる傾向にあります。

個人塾

個人経営の塾は、生徒数が少なく、そのぶん個人に寄り添ったフォローが期待できます。地元の学校にしっかり対応した指導を受けたい場合にも有力な選択肢となります。先生との関係も深くなりますし、友達と一緒に通えるなど、子供が塾に馴染みやすいことも魅力ですね。ただ、小規模であるほど合格実績などは限られた範囲になり、難関校対策のノウハウ蓄積といった面では大手塾に利があることは否めません。

学習塾選びのポイント

学習塾選びのポイント
実際に学習塾を選ぶにあたっては、通える立地にあること、費用が折り合うことが、当然ながら前提となります。入校試験が厳しい塾や受講生募集のタイミングが限られている塾もありますので、塾通いを始めたい時期と合致するかということも考慮が必要です。

また、部活や習い事と両立したい子供にとっては、授業の振替え制度があるかどうかも学習塾選びの重要な要素になります。以上のようなハード面の条件をクリアした上で、子供に合った塾選びをできるとよいですね。例えば、本記事で見てきたように、塾に通う目的(補習塾/進学塾/総合塾)、指導・管理体制が子供の性格に合うか(集団指導/個別指導/自習型)、などの観点が考えられます。講師との相性や実際の雰囲気を知るには、見学や体験入学、身近で実際に通っている人からの口コミも活用するとよいでしょう。

まとめ


小学生から学習塾に通うことが一般的になった現代では、いずれ塾通いをさせる予定という家庭は多いでしょう。ただ、進路を考えるときになって慌てて塾を探したり、友達が通っているから何となく自分も……という選び方になってしまうと、より適した塾に出会う機会を逃してしまうかもしれません。情報収集の手始めとして、塾にはいくつかのタイプがあるということを本記事で少し心にとめておいていただき、納得いく塾選びにつなげていただければと思います。

小学生の塾選びはどうすればいい? 補習塾、進学塾? 個別指導塾? チェックしておきたい10のポイント
小学生の塾選びはどうすればいい? 補習塾、進学塾? 個別指導塾? チェックしておきたい10のポイント
友達が塾に通うようになったと聞くと、そろそろ家も塾に行かせるべきかどうか迷う人も多いのではないでしょうか。でもどんな点に注意して塾を選んだらいいのか分からないものですよね。ここでは塾選びを検討している人のために、注意して欲しいポイントを10個ご紹介したいと思います。
小学1年生の問題集の選び方。漢字ドリルと算数ドリルのおすすめを紹介
小学1年生の問題集の選び方。漢字ドリルと算数ドリルのおすすめを紹介
子供が小学校に入学するとさまざまな教科を学ぶことになりますが、きちんと授業についていけているのかどうか不安もありますよね。そこで、小学1年生の問題集の選び方について、漢字と算数に絞っておすすめのドリルをご紹介したいと思います。
小学校2年生の問題集の選び方。おすすめの教材、ドリルまとめ15選
小学校2年生の問題集の選び方。おすすめの教材、ドリルまとめ15選
小学2年生になると学校生活にも慣れてきて楽しいと思える場面が増えるものです。でも、2年生になって学習面がちょっと心配と思っているパパママも多いのではないでしょうか。そこで2年生の問題集についておすすめの教材を種類別にご紹介したいと思います。
小学校3年生の問題集の選び方。国語・算数・理科・社会を科目別に紹介
小学校3年生の問題集の選び方。国語・算数・理科・社会を科目別に紹介
小学校3年生になると、理科と社会が増えるので、毎日の勉強の積み重ねが大事になってきます。宿題に加え、家庭学習でも学んだものを定着させるべく、問題集を検討している人も多いのではないでしょうか。ここでは小学校3年生におすすめの問題集を科目別にご紹介したいと思います。
小学校4年生の問題集、ドリルの選び方。国語・算数・理科・社会を科目別に紹介
小学校4年生の問題集、ドリルの選び方。国語・算数・理科・社会を科目別に紹介
小学校の中学年にあたる4年生は、少しずつ勉強も難しくなっていくものです。そこで、苦手科目の克服や中学受験も視野に入れ、科目別におすすめの問題集をご紹介したいと思います。国語・算数・理科・社会の4つをまとめていますので、早速見ていきましょう。
【徹底比較】プログラミング教室 VS 家庭学習! 小学生の子供のママ必見
【徹底比較】プログラミング教室 VS 家庭学習! 小学生の子供のママ必見
2020年から小学校のプログラミング科目が必修化となり、プログラミング教室も近年人気の習い事へ。とはいえ、実際の授業が始まっていないので、実態はぼんやりしていますよね。今回はプログラミング教育の内容や、習い事と家庭学習を比較しご紹介します。
2020年から小学校での英語教育が義務化。授業内容と保護者が意識しておきたいポイントを紹介!
2020年から小学校での英語教育が義務化。授業内容と保護者が意識しておきたいポイントを紹介!
2020年から英語教育が大きく変わり、どのように変わるのか気になっている人も多いのではないでしょうか。ここでは2020年から小学校での英語教育がどのように変わるのか、子供の将来に向けて保護者が意識しておきたいポイントについてご紹介したいと思います。
個別指導塾と集団塾メリットとデメリットから見る塾選びのポイント
個別指導塾と集団塾メリットとデメリットから見る塾選びのポイント
学習塾を検討しているが、個別指導塾かそれとも集団塾かは迷うものですよね。ここでは失敗しない塾選びの参考になるよう、個別指導塾と集団塾の違いをメリットとデメリットに分けて解説しています。どのようなタイプが向いているのかも紹介しているので早速見ていきましょう。

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!