産後のお腹はいつ戻る? お腹の引き締めにおすすめの筋トレやガードル・クリームを紹介!

産後のお腹はぽっこりやしわしわに

産後のお腹はぽっこりやしわしわに
1年近くも待ちわびて、やっと出会えた赤ちゃん。その嬉しさの後に、妊娠前のように戻らないお腹を見て、愕然としたことはありませんか? 皮は伸びてしわしわになり、産後もなぜかぽっこりとしています。おまけに妊娠線までできていることもあるでしょう。しかたがないことと分かってはいても、悲しくなってしまいますよね。では、どうすれば、産前の元のお腹に戻れるのでしょうか。おすすめの運動方法や商品などを、ご紹介していきます。

ママの産後ダイエットはいつから始めればいい? おすすめの運動や食生活の改善方法などを紹介
ママの産後ダイエットはいつから始めればいい? おすすめの運動や食生活の改善方法などを紹介
妊娠前と出産後で体重や体型が変化し、妊娠前の体重や体型に戻りたいと思っているママも多いですよね。では、出産後のママはいつからダイエットを開始してよいのでしょうか。育児や家事などで忙しいママでもお家で無理なくできる産後ダイエット方法を中心にご紹介します。
妊娠線は消える? 妊娠線クリーム&オイルの選び方は? おすすめ5選
妊娠線は消える? 妊娠線クリーム&オイルの選び方は? おすすめ5選
できてしまった妊娠線の消し方に悩んでいませんか? 妊娠線は妊娠前のようにキレイな状態へ戻せませんが、お手入れ次第で薄くすることは可能です。産後、妊娠線を消すためにどんなケアが必要なのか、詳しく紹介します。

産後のお腹はなぜ元に戻るのに時間がかかる?

産後のお腹はなぜ元に戻るのに時間がかかる?
赤ちゃんが産まれたのに、お腹がなかなか元に戻らないのはなぜなのでしょうか。それは、子宮と骨盤に関係があります。子宮は妊娠期間中、徐々に大きくなり続けます。そして骨盤は、出産に備え、大きく広がっていきます。子宮のサイズと骨盤の広がりは、出産後2~3ヶ月ほどの時間をかけて、徐々に元に戻ります。これが、出産後のぽっこりお腹が、なかなか元に戻らない理由です

お腹を引き締める筋トレはいつから?

産後の引き締めには適度な運動がおすすめ
長く続く育児は、体力が無ければ何も始まりません。産後のお腹を引き締めるには食事制限などではなく運動がおすすめです。とくに母乳育児中のママは、授乳によって体力が落ちていたりエネルギーを消費するので、食事制限をするのは避けましょう。運動を始める目安は、産後のママの1ヶ月健診で問題がなければ軽い運動から始められます。しかし、産後は体力や筋力共に衰えているため、無理は禁物です。医師や体力と相談し、無理のない範囲で運動を取り入れていきましょう。

産後の家事や運動はいつからはじめたらいいの? 目的別の目安とおすすめを紹介
産後の家事や運動はいつからはじめたらいいの? 目的別の目安とおすすめを紹介
産後1ヶ月前後になると、そろそろ家事や運動をしたいと思っている人も多いのではないでしょうか。でも、いつからはじめたらいいのか気になるものですよね。そこで、産後の家事や運動をはじめる目安についてご紹介したいと思います。

お腹引き締めにおすすめの運動1:すべり台のポーズ

  1. あおむけに寝て、両膝をまげて腰幅に開く
  2. 両手は手のひらを下にして両脇におく
  3. 息を吐きながら膝から肩が一直線になるように腰を上げる
  4. 息を吸いながら姿勢をキープする
  5. 息を吐きながらゆっくり腰を下ろす

すべり台のポーズは寝転びながらできるため、運動が面倒なときでも気楽に行うことができます。お尻や骨盤底筋をひきしめにも効果があるため、尿漏れ予防にもなります。産後1ヶ月ごろ~が目安ですが、つらいと感じたら一旦お休みしましょう。

産後の骨盤体操はいつから? 寝ながらや座ってできる体操と効果を紹介
産後の骨盤体操はいつから? 寝ながらや座ってできる体操と効果を紹介
産後の骨盤体操は、妊娠・出産を経て負担のかかった骨盤を矯正するために大切なものです。寝ながらや座ってできる体操など、産後でもやりやすいものを動画とともにお伝えします。また骨盤体操をする際に一緒に使いたいアイテムやおすすめDVDや本もご紹介。

お腹引き締めにおすすめの運動2:スクワット

筋トレの代表格とも言えるスクワット。スクワットは、太い太ももの筋肉を鍛えることができます。そのため、高い運動効果が望め、ダイエットの成功を望めます。また、体力増強を期待できるため、体力が必要な育児にも最適ということができるでしょう。今回は、産後の体に負担の少ないスクワットをご紹介します。基本的なやり方としては、

  1. 足を肩幅より少し広めに開く
  2. 両手で、お腹と腰を挟みこむように押さえる
  3. 膝がつま先より前に出ないよう注意しながら、腰を下ろす(この際、背筋が前のめりにならないように注意する)
  4. 数セット、繰り返す

スクワットで筋肉量が増えると、基礎代謝が上がります。基礎代謝が上がることで、脂肪は燃えやすくなります。その反面、骨盤体操などに比べるとスクワットの体への負荷は大きいため、無理しないようにしてください。体調と相談の上、負担になり過ぎない程度に留めるようにしましょう。

お腹引き締めにおすすめの運動3:散歩

有酸素運動も、産後の引き締めにおすすめです。有酸素運動と言えば、ジョギングやランニングなどが浮かびますが、散歩も立派な有酸素運動の一つです。歩幅を大きくする・足を動かす・手を大きく振るなどで、充分な運動効果を得ることができます。赤ちゃんの散歩もかねて、ゆったりとした気持ちで散歩を日課にしてみましょう。ママと赤ちゃんのリフレッシュと共に、体型も徐々に戻っていきますよ。

次のページでは産後のお腹を引き締めるガードルやコルセット&引き締めクリームを紹介!

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!