赤ちゃんのベビーマットはいつから使う? おしゃれなベビーマット15選&選び方のコツ

おすすめの布製ベビーマット8選

布製ベビーマットは円形やおもちゃ付きなど、なんといってもデザインの豊富さが魅力です。インスタ映えを狙うなら布製マットが断然おすすめ。最近では、厚みがあり防音や防寒にも使えるものも増えてきました。

おすすめのベビーマット1:PUPPAPUPO サニーラグマット

赤ちゃんの写真がとても可愛く撮れると話題のベビーマットです。お部屋がパッとセンス良くなりますよ。丸型のマットは、四隅がないので多少位置がずれても気にならないのもメリット。インテリアにもこだわりたい、オシャレなパパママにおすすめです。

おすすめの布製ベビーマット2:ニトリ ベビーマット

パパママにおなじみの家具メーカー「ニトリ」もベビーグッズに力を入れていて、ベビーマットも展開しています。ニトリのベビーマットは赤ちゃんが大好きな「タグ」つき。リーズナブルな価格ながら、シンプルでどんなインテリアにも合わせやすいデザインです。洗濯は手洗いのみです。

おすすめの布製ベビーマット3:wuudi ベビーマット

動物柄のキュートなwuudiのベビーマットは撮影小物にもぴったり。厚み約2cmの中綿2層構造なので、ふんわりしているのに作りはしっかりしています。裏面は毛足の短いフェイクファーで、寒さ対策にも。裏側は滑り止め付きでフローリングでも安心して使えます。汚れたら薄めた洗剤で手洗いできるのも、嬉しいポイントです。

おすすめの布製ベビーマット4:イブル

イブルとは韓国語で「ふとん」の意味です。綿100%で柔らかく肌ざわりがいいため、マットやカバーなどに広く使われています。ベビーサイズも豊富で、ナチュラル志向のママやインスタ好きのママの愛用者も多いのが特徴。もちろん洗濯機でじゃぶじゃぶ洗えてリーズナブルなので、使い勝手も抜群。

おすすめの布製ベビーマット5:I LOVE BABY アイラブベビー おひるね クラウドマット

赤ちゃんを寝かせるだけで、お昼寝アートが完成しちゃうかわいいマットです。コンパクトで赤ちゃんが寝てしまったら、そのままマットごとくるんでお布団に連れて行くことも可能。裏面は洗濯しても乾きが早いメッシュ素材を採用。 表面と裏面、マットはリバーシブルで使えます。

おすすめの布製ベビーマット6:Winthomeベビープレイマット

円形でかわいいデザインながら、キュッと端を引っ張ると巾着型にもなるプレイマットです。赤ちゃんが成長して、ブロック遊びなどをするようになったら、ここで遊ばせればブロックの片付けもらくらく。持ち運べるように、取り外し可能な持ち手つき。もちろん洗濯機で洗えます。

おすすめの布製ベビーマット7:西川リビング やわらか ブルーナ ミッフィー ふれあいマット

ミッフィー型のベビーマットは思わず「かわいい!」と言ってしまう大胆なデザイン。布団で有名なメーカー、西川のもので品質も安心ですよね。もちろん洗濯機でっさっと洗えるので、汚してしまっても安心。子供部屋に置くのにおすすめのベビーマットです。

おすすめの布製ベビーマット8:フィッシャープライス ベビージム 感覚を育てよう!パンダのプレイマット

アメリカのおもちゃメーカー、フィッシャーブライスのベビーマットです。カシャカシャ音のする布おもちゃ、葉っぱ型の歯固め、カラカラ音が鳴るカラフルビーズリングのさまざまな取り外し可能のおもちゃが、赤ちゃんの五感を刺激します。コンパクトなサイズで持ち運びしやすく、洗濯機で丸洗いできるのも安心です。

ベビーマットを手作りしてみよう!

布製のベビーマットは、手作りすることも可能です。縫う長さが長いため、ミシンを使ったほうがおすすすめですが手縫いでも作ることは可能です。いくつか作り方をご紹介します。

ベビーマットの作り方1:サニーマット

元祖・ベビーマットの流行を作ったサニーマット。お日様やたんぽぽのような明るく元気なイメージが演出できます。手芸店のオカダヤが作り方をくわしく紹介しています。色味を変えれば男の子っぽくしたり、モノトーンで落ち着いた雰囲気にも。布を選ぶのも楽しくなりそうですね。

サニーマットの作り方

ベビーマットの作り方2:フリルマット

インスタグラムを中心に流行しているフリルマット。赤ちゃんを真ん中に寝かせるだけで、とってもかわいい写真が撮れますよね。ただし、フリルマットは布を寄せてフリルを作るため、かなりの布を使います。裁縫初心者のママは布の長さに余裕をもって準備しましょう。

サニーマットの進化版!フリルマットの作り方【その1】

【2020年最新】おすすめのミシンの選び方! 初心者におすすめのメーカー&ママに欲しい機能は?
【2020年最新】おすすめのミシンの選び方! 初心者におすすめのメーカー&ママに欲しい機能は?
子供の入園準備のためにミシンを買いたいけれど、初めて買うのでどれを選べばいいのかわからないという裁縫初心者のママ向けに、ミシンの選び方とおすすめのミシンを紹介します。

まとめ

まとめ
赤ちゃんが安全に過ごせるベビーマットは、いまや子育てに必要不可欠なものになっています。毎日、家事に仕事にがんばっているパパママにとっても、赤ちゃんのお世話がしやすくなり育児ストレスも軽減されますよ。「我が家にはこれだ」というべビーマットが見つかりますように。

ジョイントマットの選び方やおすすめ25選! 大判などデザイン別にご紹介
ジョイントマットの選び方やおすすめ25選! 大判などデザイン別にご紹介
ジョイントマットはクッション性があるので、お部屋で過ごす赤ちゃんの安全対策になります。また、部屋の広さや用途に合わせてパズルのように自由に組み合わせ、敷く範囲を調整できる点もジョイントマットの特長です。ジョイントマットの選び方やおすすめ商品をご紹介します。
ベビージムはいつから? おすすめ10選! メリットやデメリットも紹介
ベビージムはいつから? おすすめ10選! メリットやデメリットも紹介
ベビージムはねんね期の赤ちゃんから楽しめますが、いつからいつまで使えるのでしょうか? メリット・デメリット、人気商品やおしゃれなデザインなどおすすめをご紹介します。
赤ちゃん、新生児のためのお部屋って? 赤ちゃんが安全で快適なスペースの作り方を紹介!
赤ちゃん、新生児のためのお部屋って? 赤ちゃんが安全で快適なスペースの作り方を紹介!
赤ちゃんと過ごす期間は長い人生の中でごくわずか。幸せと、夢がいっぱいですが、毎日のお世話、はじめての連続で、どんなパパママもあたふたしがち。使いやすいレイアウトや先輩ママのお部屋作りの実例を見ながら、快適で安全な赤ちゃんの部屋を作りましょう。
赤ちゃんの部屋作りのポイントは? 失敗しないコツとレイアウトの実例
赤ちゃんの部屋作りのポイントは? 失敗しないコツとレイアウトの実例
赤ちゃんの部屋作りを前に「快適に過ごすポイントは?」「注意点は?」と疑問が多くありませんか? 生まれたばかりの赤ちゃんは温度調整ができないため、温度や室温に注意が必要です。赤ちゃんの部屋作りのコツやおしゃれなレイアウトの実例を紹介します。

はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Instagram・LINEなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!