胎児のしゃっくりは元気な証拠? 長い・止まらない・多いしゃっくりのワケ

胎児がしゃっくりをする理由

胎児がしゃっくりする理由
まだ目に見ぬ赤ちゃんも、胎動一つでお腹の中の様子をうかがえます。たとえば、強い胎動は赤ちゃんがお腹の中で元気よくキックしたり、左右の向きを変えたり、さまざまな場面を想像できます。中には、ピクッピクッと一定リズムの胎動を感じた経験を持つママも多いのではないでしょうか。この胎動はお腹の中で赤ちゃんがしゃっくりしているといわれています。なぜ赤ちゃんはしゃっくりするのか、その理由を詳しく解説します。

赤ちゃんの胎動はいつからどんな風に感じる? 赤ちゃんは胎内で何をしているの? 注意点も紹介
赤ちゃんの胎動はいつからどんな風に感じる? 赤ちゃんは胎内で何をしているの? 注意点も紹介
妊娠すると赤ちゃんの胎動はまだかな? 赤ちゃんはちゃんと動いているかな? とママが心配になることも多いでしょうか。胎動を感じる時期には個人差があります。赤ちゃんがお腹の中で何をしているかや胎動を感じやすい状況、胎動を感じなくなった時の注意点なども紹介します。

胎児がしゃっくりをする理由1:飲み込んだ異物を吐き出すため

胎児のしゃっくりは、飲み込んでしまった異物を吐き出すために起こるという説が有力です。胎児には、すでに私たちと同じような「あくび」や「くしゃみ」などの生理現象があります。その様子は妊婦健診の超音波検査(経腹エコー)で見られるケースがあるほど。お腹の赤ちゃんは羊水の中で過ごすため、あくびをしたときなどに羊水を飲み込んでしまうこともあります。羊水の中には異物が混ざっていることがあるため、吐き出すときに横隔膜の痙攣にが起こり、しゃっくりが出てしまうのです。

胎児がしゃっくりをする理由2:呼吸の練習

呼吸の練習をするときに、横隔膜が振動することでしゃっくりのような現象が起こるともいわれています。お腹の赤ちゃんは、妊娠後期になるにつれて少しずつ腎臓や肺機能が成長していきます。その間、外で呼吸できるように、横隔膜を上下に動かして呼吸の練習をしているのです。練習の際、羊水を飲み込んで肺機能を高めていくのですが、横隔膜を振動させるときにピクッピクッという胎動を感じるケースがあるともいわれています。

胎児がしゃっくりするのはいつから?

胎児がしゃっくりするのはいつから?
胎児のしゃっくりは呼吸の練習が関係しているといわれているため、肺機能が発達し始める妊娠中期(妊娠5ヶ月~7ヶ月)の間には体感できる人が多いです。多くのママは妊娠4~6ヶ月の間に胎動を感じ始めています。お腹の赤ちゃんのしゃっくりは、胎動を感じはじめてから少ししてからピクッピクと一定のリズムを体感できるため、妊娠6ヶ月を過ぎたころにはしゃっくりをしているのがわかるでしょう。

胎児がしゃっくりしてるってどうしてわかるの?

しゃっくりしてるってどうしてわかるの?
妊婦さんは、お腹の中の様子が見られないのにもかかわらず「今しゃっくりしている!」と様子がわかる場合があります。いつもの胎動としゃっくりの胎動、なにが違うのでしょうか。しゃっくりを感じる場所や、胎動の特徴などを詳しくお伝えします。

胎児のしゃっくりを感じる場所

赤ちゃんはお腹のあちこちで感じますが、赤ちゃんのしゃっくりは恥骨周辺やおしり、おへその方で感じるケースが多いです。赤ちゃんは、羊水で満たされたお腹の中で動き回っているため、しゃっくりを感じる場所がみんな同じとは限りません。

しゃっくりのスピード

私達がしゃっくりをするときのリズムと同じように、お腹の赤ちゃんも「ピクッピクッ」「トクントクン」といった一定のスピードで起こります。その振動はお腹の外まで伝わるため、同じリズムで胎動を感じたらしゃっくりの可能性が高いです。

胎動としゃっくりの違い

普通の胎動は、お腹を内側から蹴られたようなドンッという衝撃やモニョモニョと羊水の中を動き回るような感覚です。胎動の感じ方はママによって異なりますが、お腹の赤ちゃんの動き方によって少しくすぐったいときもあるでしょう。胎児のしゃっくりは、このような胎動とまったく違います。一定のスピードで、ずっとピクッピクといった胎動を感じるため、何度か似たようなリズムがあると「しゃっくりしている!」とわかります

次のページでは胎児のしゃっくりが長続きした場合について、ママの胎児のしゃっくり体験談をご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!