子供の血液型は何型? 組み合わせパターンや確立を徹底検証!

子供の血液型、気になりますよね?

子供の血液型、気になりますよね?
子供の血液型は、調べておかないといざというときに困るのでは? 調べるにはどんな方法があるの? このような疑問をお持ちのパパママは多いです。赤ちゃんの頃の検査結果は、成長と共に変化する、もしくは正しい血液型検査結果が出ないなど、さまざまな情報が飛び交っています。この記事では、子供の血液型に関するさまざまな疑問について、詳しく解説します。

子供の血液型組み合わせとその確率

A型 B型 O型 AB型
A型 A型84%・O型16% A型26%・B型23%・AB型34%・O型17% A型60%・O型40% A型50%B型20%AB型30%
B型 A型26%・B型23%・AB型34%・O型17% B型81%・O型19% B型57%・O型43% A型22%・B型50%・AB型28%
O型 A型60%・O型40% B型57%・O型43% O型100% A型50%・B型50%
AB型 A型50%・B型20%・AB型30% A型22%・B型50%・AB型28% A型50%・B型50% A型25%・B型25%・AB型50%

子供の正しい血液型を知るには、医療機関での血液型検査が必要です。しかし現在、生まれたときに子供の血液型を調べてくれる病院はとても少なくなりました。血液型検査をしなくても、パパママの血液型から子供の血液型を推測することはできます。上の表で、縦と横をそれぞれパパママにあてはめ、交わるところが子供の血液型と確率になるので参考にしてみましょう。あくまでも、上表の確率は目安です。「多分うちの子はこの血液型かな?」という目安としてご活用ください。

異例の血液型「シス型」

異例の血液型「シス型」
基本的に、子供の血液型は上表のような結果となり、表にない血液型は生まれません。しかし、表にはない血液型の子が生まれる、異例の場合があります。これは「シス型」と呼ばれる型で、同じ染色体上にAやBの遺伝子を持ちますが、パパママどちらかがO型でもAB型が生まれたり、どちらかがAB型であってもO型の子が生まれることがあります

ごく稀な血液型の例外「ボンベイ型」

ごく稀な血液型の例外「ボンベイ型」
とてもめずらしい血液型で、輸血をするときに血液を確保するのがとても難しい血液型があります。その種類は、日本では20種類以上登録されており、中でも有名なものは「ボンベイ型」と呼ばれる型です。ボンベイ型は、赤血球にあるH抗原がない型になり、AやBの遺伝子を持つにもかかわらず、検査ではO型と判定されます

子供の血液型検査、気になる疑問は?

子供の血液型検査、気になる疑問は?
一部例外もありますが、パパママの血液型によって子供の血液型が予測できます。しかしなぜ、生まれたときの血液型検査が行われなくなったのでしょうか?

生まれたときに血液型検査をしないのはなぜ?

生まれたときに血液型検査をしないのはなぜ?
血液型は、2通りの試験で判定します。赤血球の表面にある「抗原」を確認するオモテ試験と、血清中の赤血球と反応する「抗体」を確認するウラ試験です。ただ、1歳頃までは、その検査結果が安定しません。抗原の反応が弱かったり、抗体が十分にできていない等の理由で、血液型検査の度に異なる結果が出るため、正確な血液型が測れないとされています。これが、現在出生時に血液型検査を行なっていない理由です。

子供の血液型は検査した方が良い?

子供の血液型は検査した方が良い?
子供の血液型を、各家庭で個人的に血液型の検査するのはおすすめできません。特に、生れたばかりの赤ちゃんの場合、検査をしても正確な血液型がはかれない上、赤ちゃんに痛みや心理的負担をかけるだけになるためです。

さらに、実は血液型を知らなくても困ることはないのです。なぜなら、輸血する際はどんなに緊急性があっても、その場で患者の血液型を必ず調べます。血液型にはABO型、Rh型以外にも多くの分類があり、その数は数千種類に及びます。血液型の申告や書類が間違っていたり、パパママの記憶違いや自分たちも知らない珍しい型であったりすることも。型の合わない血液を輸血してしまのは、命にかかわる大変危険なことなのです。そのため、幼稚園や保育園、学校の書類などに「血液型不明」で提出しても問題ありません

子供の血液型、検査するならいつがベスト?

子供の血液型、検査するならいつがベスト?
それでもやはり知っておきたいと思う場合は、少なくとも1歳以上、できれば検査結果が安定すると言われている4歳以上の血液型検査がおすすめです。ただし、血液型検査だけでは断られる病院もありますので、採血の機会があったときに血液型検査もしてもらうと、スムーズです。通常の採血より少し多めに血液をとってもらうだけで、赤ちゃんに余計な痛みや負担をかけることもありません。

子供の血液型検査の方法と費用は?

子供の血液型検査の方法と費用は?
血液型検査の方法は、3~5ccの血液を注射器で採血しますが、保険は適用されません。採血の機会に一緒に調べてもらう場合でも、別に費用がかかります。また、金額は病院により異なり、数百円〜数千円の開きがあります。それをふまえた上で血液型検査をするかどうか検討することも必要ですね。

まとめ:子供の血液型は必須ではない! 検査するなら4歳を目安に

まとめ:子供の血液型は必須ではない!検査するなら4歳を目安に
子供の血液型は、両親の血液型によっておおよその確率が判断できます。例外的に珍しい型であったり、乳児期の血液型検査結果が正しくなかったりする場合もあります。子供の血液型を把握しておくことは、必ずしも必須ではありません。血液型検査を受けさせたい場合は、4歳前後で受けることをおすすめします。